Alba


フィンランドのプロデューサー、ティモ・ルオッティネン Timo Ruottinen が創設したレーベルです。"Alba" (アルバ) は、イタリア語で “夜明け”。フィンランドから新しい音楽を世界にという期待がこめられました。

レパートリーの中心は、フィンランドの新しい作品とアーリー・ミュージック。主にシベリウス音楽院出身の演奏家を起用。トランペットのヨウコ・ハルヤンネ、オルガンのホーカン・ヴィークマン、ピアノのリスト・ラウリアラとヤンネ・メルタネン、時代楽器アンサンブルのバッタリア……。彼らの演奏は欧米各国で高い評価を得ています。エストニアの指揮者アルヴォ・ヴォルメルによるエドゥアルド・トゥビンの交響曲全曲録音 (エストニア国立交響楽団) とレーヴィ・マデトヤの管弦楽作品シリーズ (オウル交響楽団) も Alba を代表するシリーズです。

Official website: http://www.alba-records.fi

ABCD151 - ABCD200  ABCD201 - ABCD250  ABCD251 - ABCD300  ABCD301 - ABCD350  ABCD351 - ABCD400

NCD-series


ABOX1 4CD's special price ルメン・ヴァロ
オルランドゥス・ラッスス (c.1532-1594) 暁の光は赤く染まり (Aurora lucis rutilat)
 マニフィカト「暁の光は赤く染まり (Aurora lucis rutilat)
グレゴリオ聖歌 (アンティフォネ) めでたき暁の星よ (Ave stella matutina)
ジョスカン・デ・プレ (c.1440-1521) おとこを知らぬ母 (Nesciens Mater) アヴェ・マリア (Ave Maria)
ジャン・ムートン (c.1459-1522) アヴェ・マリア…清らかな処女よ (Ave Maria...virgo serena)
 おとこを知らぬ母 (Nesciens Mater)
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ (1425/6-1594) スターバト・マーテル (Stabat Mater)
グレゴリオ聖歌 (セクエンツァ) アヴェ・マリア…清らかな処女よ (Ave Maria...virgo serena)
 出奔するであろう、強き若者よ (Acognimini filii potentes)
トマース・ルイス・デ・ビクトリア (1548-1611) テネブレ・レスポンソリウム (Tenebrae Responsorium) (1585)
ヤン・ディスマス・ゼレンカ (1679-1745) 聖木曜日のためのレスポンソリウム
 聖金曜日のためのレスポンソリウム 聖土曜日のためのレスポンソリウム
  ルメン・ヴァロ [NCD8, NCD10, NCD14:1-2]

ABOX2 3CD's for price of 2 フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノ・アルバム
 21の夜想曲 夜想曲 変ロ短調 作品9-1 夜想曲 ホ短調 作品72-1 カンタービレ 変ロ長調 (1834)
 マズルカ ト短調 作品67-2 マズルカ 変ロ長調 作品7-1 マズルカ イ短調 作品7-2
 マズルカ ヘ短調 作品7-3 マズルカ ハ長調 作品68-1 マズルカ イ短調 作品68-2
 マズルカ イ短調 作品67-4 マズルカ ロ短調 作品30-2 マズルカ 変ニ長調 作品30-3
 マズルカ ヘ短調 作品63-2 前奏曲 変ニ長調 作品28-15 練習曲 ハ長調 作品10-1
 3つの新しい練習曲第3番 変イ長調 練習曲 ハ短調 作品25-12
  ヤンネ・メルタネン (ピアノ) [ABCD138, ABCD160, ABCD190]


ABCD101 2CD's JS・バッハ (1685-1750) パルティータ BWV825-830
  リスト・ラウリアラ (ピアノ)

ABCD102 青春の魅力と情熱 − ブラスアンサンブルのためのフィンランド作品集
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 序曲 (Overture) ヘ短調 (1889-91) (金管七重奏のための)
 小組曲 (Petite Suite) (1889-91) (金管七重奏のための)
 アレグロ (Allegro) (1889) (金管七重奏のための)
 音詩《ティエラ (Tiera)(1892) (金管七重奏と打楽器のための)
ウスコ・メリライネン (1930-2004)
 金管楽器のためのパルティータ (Partita for Brass) (1954)
エイノユハニ・ラウタヴァーラ (1928-) われらの時代のレクイエム (Requiem in Our Time) 作品3 (1953)
  フィンランド・ブラス・アンサンブル ユッカ=ペッカ・サラステ (指揮)

ABCD103 JS・バッハ (1685-1750) ゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV988
  リスト・ラウリアラ (ピアノ)

ABCD104 カレヴィ・アホ (1949-) アコーディオンのための作品集
 アコーディオンソナタ第1(1984/1989)
 アコーディオンソナタ第2番 《黒い鳥たち (Mustat linnut)(1990)
  マルユット・テュンキュネン (アコーディオン)

ABCD105 ブラスタイム − 金管四重奏のための作品集
スティーグ・グスタフ・シェーンベリ (1933-) トゥーンムシーク (Tornmusik) (1962)
パウル・ヒンデミット (1895-1963) プレーン音楽祭 (1932) − 朝の音楽
レオニード・バシュマコフ (1927-)
 幻想曲《女神テルプシコラーの跡を (Terpsichoren jalanjäljillä)(1993)
アツソ・アルミラ (1953-) 魔法のランプ (The Magic Lantern)
ロビン・スティーヴンスン 金管四重奏のための6つのイントラーダ
ユッカ・リンコラ (1955-)
 金管四重奏のための3枚の絵 (Three Pictures for Brass Quartet) (1993)
  ブラスタイム・カルテット
   ヨウコ・ハルヤンネ (トランペット) ヨルマ・ラウタコスキ (トランペット)
   テッポ・アレスタロ (トロンボーン) ヨン・コトカ (トロンボーン)

ABCD106 ウスコ・メリライネン (1930-2004) ピアノ作品集
 蝶々 (Papillons) (2台のピアノのための) (1969) ピアノソナタ第2(1966)
 ピアノソナタ第4番《小叙事詩 II (Epyllion II)(1974) ピアノソナタ第5(1992)
  ヤーナ・カルッカイネン (ピアノ) イルモ・ランタ (ピアノ)

ABCD107 マラン・マレ (1656-1728) ヴィオール曲集 第4巻 − 異国風趣味の組曲
  マルック・ルオラヤン=ミッコラ (ヴィオラダガンバ)
  バッタリア通奏低音グループ
   アンナマリ・ポルホ (チェンバロ) ミカ・スイフコネン (ヴィオラダガンバ)
   エーロ・パルヴィアイネン (アーチリュート、バロックギター)

ABCD108 ハルヤンネとトランペット体験を
ユッカ・リンコラ (1955-) トランペット協奏曲第2(1993)
レオニード・バシュマコフ (1927-) ピッコロトランペット協奏曲 (1992)
パウル・ヒンデミット (1895-1963) トランペット、バスーンと弦楽合奏のための協奏曲 (1949)
アーロン・コープランド (1900-1990) 静かな都会 (1939)
  ヨウコ・ハルヤンネ (トランペット) サトゥ・アラ (コールアングレ)
  エルッキ・スオマライネン (バスーン) スピリトゥス・フォルティス室内管弦楽団 ヨルマ・パヌラ (指揮)

ABCD109 フランツ・シューベルト (1797-1828)
 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D960 3つのピアノの小品 D946
  リスト・ラウリアラ (ピアノ)

ABCD110 ピアソラ・イン・タイム − アストル・ピアソラ (1921-1992)
 アディオス・ノニーノ ビユイハ ブエノスアイレスの冬 天使の死 リベルタンゴ
 ミケランジェロ 天使のミロンガ ロカ・ミロンガ タンガータ タンゲディア ブエノスアイレスの夏
  インタイム・クインテット

ABCD111 ジュピター − アントワーヌ・フォルクレ (1672-1745) ヴィオール組曲
 ヴィオール組曲第5番 ホ短調 ヴィオール組曲第1番 ニ短調
  マルック・ルオラヤン=ミッコラ (ヴィオール) アンシ・マッティラ (ハープシコード)
  ミカ・スイフコネン (ヴィオール)

ABCD112 バッタリア − イタリア初期バロック作品集
ジョヴァンニ・バッティスタ・ブオナメンテ (?-1642) Sonata Ottava Sopra la Romanesca
ダリオ・カステッロ (17th Cent.) Sonata terza (1625)
マウリツィオ・カッツァーティ (c.1620-1677) Sonata Settima la Rossella 作品18
ジョヴァンニ・パオロ・チーマ (1570-1622) 3声のソナタ (1610)
アルカンジェロ・コレッリ (1653-1713) 12の3声の室内ソナタ 作品2 − 第12番 ト長調《シャコンヌ》
アンドレア・ファルコニエリ (1585/86-1656) Battaglia de Barbaso yerno
ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンターナ (?-1630) 3声のソナタ第15番
ジロラーモ・フレスコバルディ (1583-1643) カンツォーナ《トデスキーナ》
ジョヴァンニ・バッティスタ・レグレンツィ (1620-1690) ラ・ベナリア 作品4-3
ビアジオ・マリーニ (c.1587-1663) パッサカリオ (1655)
タルクイニオ・メルーラ (1594/95-1665) シャコンヌ
サラモーネ・ロッシ (c.1570-1630) ルッジェーロのアリアによるソナタ
フランチェスコ・トゥリーニ (c.1589-1656) Sonata seconda a doi Violini e basso, Secondo Tuono
マルコ・ウッチェリーニ (c.1603-1680) アリア・ソプラ・ラ・ベルガマスカ (1642)
  バッタリア

ABCD113 めまい − フランス・クラヴサン曲集
ジョゼフ=ニコラ=パンクラース・ロワイエ (1700-1755)
 クラヴサン曲集 (1746)
  アルマンド 飾らないひと スキタイ人の行進
ジャン=フィリープ・ラモー (1683-1764)
 新クラヴサン組曲 (1728) 第4組曲
  アルマンド クーラント サラバンド 三つの手 ファンファリネット 勝ち誇った女
ジョゼフ=ニコラ=パンクラース・ロワイエ
 クラヴサン曲集 (1746)
  気まぐれ 気だてのいい人 とるにたらないこと バガテル組曲 優しい気持ち めまい 中庸
  アンナマリ・ポルホ (ハープシコード)

◇アンナマリ・ポルホ Annamari Pölhö はバッタリアのメンバー。シベリウス・アカデミーを卒業後、ユトレヒト音楽院に留学し、ミッツィ・マイヤソンとイェスパー・クリステンセン(通奏低音)に師事。その後、イタリアとフランスの通奏低音様式を考察した論文によりシベリウス・アカデミーの博士号を取得しました。おそめのテンポで落ち着いた優雅さを表現するラモーの《新クラヴサン小曲集》からの6曲。ポルホは、じっくり作品に取り組み、曲によっては内省的な味わいを感じさせます。

ABCD114 気晴らし − ギター・トラヴェルソできくオペラの音楽
ドメニコ・チマローザ (1749-1801) オペラ《秘密の結婚》序曲
カスパル・クンマー (1795-1870) 気晴らし 作品63
 (オベールのオペラ《ポルティチの口のきけない娘》の主題による、フルートとギターのための)
WA・モーツァルト (1756-1791) (JG・ブッシュ 編) オペラ《フィガロの結婚》人気曲集
ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868) (M・ジュリアーニ 編)  オペラ《セミラーミデ》から 五重奏曲
フェルナンド・ソル (1778-1839) モーツァルトの《魔笛》の主題による変奏曲 作品9
  ヤリ・S・プハッカ (ギター・トラヴェルソ) イルッカ・ヴィルタ (ギター・トラヴェルソ)

ABCD115 サティエリーク − エリーク・サティ (1866-1925) ピアノ作品集
 3つのジムノペディ (1888) ジュ・トゥ・ヴ (あなたが欲しい) (1904)
 3つのグノシエンヌ (1890) グノシエンヌ第4(1891)
 グノシエンヌ第5(1889)  ピカデリー (1904)
 壁掛けとしての前奏曲 (1906) 最後から二番目の思想 (1915)
 冷たい小品 (1897)
  3つの逃げ出したくなる歌 3つのゆがんだ踊り
 いやな気取り屋の3つのワルツ (1914) 貧しい者の夢 (1900)
  ヤンネ・メルタネン (ピアノ)

ABCD116 アウグスト・ゴットフリート・リッター (1811-1885) オルガンソナタ全集
 第1番 ニ短調 作品11 第2番 ホ短調 作品19 第3番 イ短調 作品25 第4番 イ長調 作品31
  マルック・ヒエタハルユ (オルガン) [リガ教会のヴァルッケル・オルガン]

ABCD117 JS・バッハ (1685-1750) オルガン作品集
 前奏曲 (トッカータ) とフーガ ニ短調 《ドリア旋法》 BWV538
 オルガン小曲集 − おお汚れなき神の小羊 BWV618
 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV531
 25のコラール前奏曲 − われらを幸せにするキリストよ BWV747
 カンツォーナ ニ短調 BWV588 トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
 25のコラール前奏曲 − 天にいますわれらの父よ BWV762
 トッカータ (前奏曲) とフーガ ホ長調 BWV566
  ホーカン・ヴィークマン (オルガン) [ハンブルク聖ヤコビ教会のアルプ・シュニトガー・オルガン]

ABCD118 フィンランドのユーフォニアム
ユッカ・リンコラ (1955-) ユーフォニアム協奏曲 (1996)
ユハ・T・コスキネン (1972-) Destination (行き先) (1994) (ユーフォニアムとピアノのための)
オリヴァー・コーレンベリ (1957-)
 Blue Gleam of Arctic Hysteria (北極のヒステリーの青いきらめき) (1995) (バリトンホルン、打楽器とピアノのための)
  ユッカ・ミュリュス (ユーフォニアム) ハンヌ・ヒルヴェラ (ピアノ) アキ・ヴィルタネン (打楽器)
  オウル交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD119 ピアソラ・イン・タイム 第2集 − アストル・ピアソラ (1921-1992)
 鮫 レヴィラード ロ・ケ・ヴェンドラ ブエノスアイレスの秋  孤独 クインテットのコンシエルト
 デカリシモ カリエンテ ブエノスアイレスの春 チン・チン
  インタイム・グインテット

ABCD120 室内アンサンブルのための音楽
イーゴリ・ストラヴィンスキー (1882-1971)
 組曲《兵士の物語》 (1918/24) 管楽八重奏曲 (1923 rev.1952)
レオシュ・ヤナーチェク (1854-1928)
 カプリッチョ《挑戦》 (1924) (左手のピアノと管楽器のための)
  ユハニ・ラーゲルスペツ (ピアノ) フィンランド放送交響楽団室内アンサンブル ペトリ・サカリ (指揮)

ABCD121 ヨハネス・ブラームス (1833-1897) オルガン作品全集
 前奏曲とフーガ イ短調 WoO9 (1856) フーガ 変イ短調 WoO8 (1856)
 コラール前奏曲とフーガ《おお嘆き、おお心の苦しみ》 WoO7 (1856)
 前奏曲とフーガ ト短調 WoO10 (1857) 11のコラール前奏曲 作品122 (1896)
  カリ・ヴオラ (オルガン) [ケラヴァ教会のオルガン]

ABCD122 チェロ協奏曲集
ロベルト・シューマン (1810-1856) チェロ協奏曲 イ短調 作品129
アントニーン・ドヴォルジャーク (1841-1904) チェロ協奏曲 ロ短調 B191 作品104
  エルッキ・ラウティオ (チェロ) シベリウス・アカデミー交響楽団 エリ・クラス (指揮)

ABCD123 ディズリク・フクステフーデ (1637-1707) オルガン作品集
 前奏曲とフーガ ハ長調 BuxWV136 前奏曲とフーガ ト長調 BuxWV147
 カンツォネッタ イ短調 BuxWV225 前奏曲とフーガ ヘ長調 BuxWV144
 前奏曲とフーガ ホ短調 BuxWV152 カンツォネッタ ト短調 BuxWV173
 前奏曲とフーガ ト短調 BuxWV149 前奏曲とフーガ イ長調 BuxWV151
 幻想曲とフーガ ト長調 BuxWV162 カンツォネッタ ニ短調 BuxWV168
 フーガ ハ長調 BuxWV174 前奏曲とフーガ ニ長調 BuxWV139
 コラール前奏曲《われに来たれと神の子は言いたもう》 BuxWV201
  ホーカン・ヴィークマン (オルガン) [ヴァンター (フィンランド) ミュルマキ教会のカンガサラ・オルガン]

ABCD124 2CD's マウロ・ジュリアーニ (1781-1829)
 ヴァイオリン、ギターとチェロのための二重奏曲・三重奏曲 (全曲)
 ポロネーズ イ長調 (ヨーセフ・マイセーダー 曲)
 変奏曲 作品24a 6つの変奏曲 作品63
 ポロネーズ ト長調 (ヨーセフ・マイセーダー 曲)
 セレナード イ長調 作品19 (ギター、ヴァイオリンとチェロのための)
 協奏的二重奏曲 (大ソナタ) 作品52
  エルッキ・パロラ (ヴァイオリン) イルッカ・ヴィルタ (ギター)
  マルック・ルオラヤン=ミッコラ (チェロ)

ABCD125 ミメシス − フルートとオルガンのためのドイツバロック作品集
CPE・バッハ (1714-1788) ソナタ ハ長調 H515
ヨハン・ルートヴィヒ・クレプス (1713-178) 幻想曲 ト短調 幻想曲 ニ長調
GP・テレマン (1681-1767) 三重奏曲 ホ短調
ヨハン・ヴィルヘルム・ヘルテル (1727-1789) パルティータ第3番 ニ短調
CPE・バッハ (1714-1788) ソナタ ト長調 H509
  ヤリ・S・プハッカ (フラウトトラヴェルソ) オッリ・ポルトハン (オルガン)

ABCD126 フィンランドのクラリネット
パーヴォ・ヘイニネン (b.1938) Short I (ショートT) 作品58a (クラリネット独奏のための)
ユッカ・ティエンスー (b.1948)
 Le Tombeau de Mozart (モーツァルトの墓) (クラリネット、ヴァイオリンとピアノのための)
マグヌス・リンドベリ (b.1958)
 Steamboat Bill Junior (蒸気船ビル・ジュニア) (1990) (クラリネットとピアノのための)
エサ=ペッカ・サロネン (b.1958) Nachtlieder (夜の歌) (1978) (クラリネットとピアノのための)
タウノ・ピュルッカネン (1918-1980) 田園詩 (Pastoraali)
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 劇音楽《国王クリスチャン二世》作品27 − ミュゼット (Musette)
 (2本のクラリネットと2本のバスーンのための)
ベルンハード・ヘンリク・クルーセル (1775-1838)
 序奏とスウェーデンの旋律による変奏曲 (Introduction et Air Suèdois varié) 作品12
  (クラリネットとピアノのための版)
  グレゴリー・バレット (クラリネット) マイケル・ミルトン (ヴァイオリン) ラウラ・ミッコラ (ピアノ)
  ヘレン・レンデーン (チェロ) 錦織 文 (ピアノ) ターシャ・ズバイ (クラリネット)
  ケヴィン・ベンフィールド (バスーン) デボラ・ボイド (バスーン)

ABCD127 ヨーナス・コッコネン (1921-1996) ピアノ作品集
 5つのバガテル (Viisi bagatellia) (1969) レリジョーゾ (Religioso) (1956)
 ソナティナ (Sonatina) (1953) 2つの小前奏曲 (Kaksi pientä preludia) (1943)
 《ピエラヴェシ (Pielavesi)》組曲 (1939) 即興曲 (Impromptu) (1938)
  ヤンネ・メルタネン (ピアノ)

ABCD128 チェロとピアノのための音楽
レーヴィ・マデトヤ (1887-1947) 抒情組曲 (Suite Lyrique)
フランシス・プーランク (1899-1963) チェロソナタ (1948)
アンリ・デュティユー (b.1916) ザッヒャーの名による3つのストロペ
マグヌス・リンドベリ (b.1958) Moto (1988-1990)
  エーヴァ・リサ (チェロ) ヨウコ・ライヴオリ (ピアノ)

ABCD129
ゲオルク・ディートリヒ・ライディング (1664-1710) 前奏曲 ハ長調 前奏曲 変ホ長調
  われは神より離れず 暁の星のいと美しきかな 前奏曲 ロ長調
ヘンリク・フィリップ・ヨンセン (1717-1779)  フーガ ハ長調 フーガ ニ長調
 フーガ 変ホ長調 フーガ ト長調 フーガ ニ短調 フーガ ハ短調
  ホーカン・ヴィークマン (オルガン) [フィンランド教会 (ストックホルム) のオルガン]

ABCD130 ウラニア − 宇宙のハープシコード
ゴットリープ・ムファット (1690-1770) シャコンナ
ヨーハン・カスパル・フェルディナント・フィッシャー (1665-1746)
 音楽のパルナッソス山 − 組曲《ウラニア》
ジャック・デュフリ (1715-1789) ラ・フォルクレ、ロンドー シャコンヌ
フランソワ・クープラン (1668-1733)
 クラヴサン小曲集第24巻 − 二重生活者 (パッサカリアの動き)
アントワーヌ・フォルクレ (1671/2-1745) ラ・ビュイッソン (茂み) (シャコンヌ)
ジャン=バプティスト・フォルクレ (1699-1782)
 ラ・モランジ、またはラ・プリセ (シャコンヌの動き)
  アンシ・マッティラ (ハープシコード)
  [ヘンク・ヴァン・シェヴィホーヴェン、コピー (1989/1995)]

ABCD131 ヘンリー・パーセル (1659-1695) 
 ベドラムのベス (1683) 《結婚した伊達男》(1694) − 行進曲
 《インドの女王》(1695) − セベル (トランペットの調べ) 《予言者》(1690) − 踊ろう、歌おう
 わが運命のいと悲しきことよ 聖チェチーリアの祝日の頌歌《美よ、なんじ愛の情景よ》(1692)
 聖チェチーリアの祝日の頌歌《いま神々が認める》(1692) 音楽が愛の糧であるなら (1692)
 《ドン・キホーテの滑稽な物語》(1694) − 永遠の肉欲のおそろしき責め具を
 組曲 ニ短調 聖母マリアの戒め 「憐れみ深い天使よ、われに語れ」(1693)
 《アーサー王》(1691) − シャコンヌ 主よ、人とは何か (1693) ガンマウトのグラウンド
 天のいと高きところにホザンナ グラウンドによる夕べの賛美歌
  パイヴィ・ヤルヴィオ (メッツォソプラノ) アンナマリ・ポルホ (ハープシコード、オルガン)
  エーロ・パルヴィアイネン (リュート) ラウリ・プラッカ (ピッコロチェロ、ヴィオラダガンバ、チェロ)

ABCD132 レーヴィ・マデトヤ (1887-1947) 管弦楽作品全集 第1
 交響曲第2番 作品35 オペラ《ポホヤの人々 (Pohjalaisia)》組曲 作品52
 オペラ《ユハ (Juha)》作品74 − 悲劇のエピソード (Traagillinen episodi)
  急流くだり (Koskenlasku)
  オウル交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD133 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827)
 ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲 作品120 (1819-23)
  リスト・ラウリアラ (ピアノ)

ABCD134 エーロ・ハメーンニエミ (b.1951) 作品集
 Blues (ブルース) Music for Mani IV (マニのための音楽W)
 Music for Mani II (マニのための音楽U) 年齢 (Alter)
 タキタ・タカ・タキタ・タキタ・タカ
  NADA アンサンブル
   ヘイッキ・ニクラ (バスクラリネット) ペンッティ・ラハティ (サクソフォーン)
   サンポ・ラッシラ (ベース) エーロ・ハメーンニエミ (ピアノ) マークス・ケトラ (ドラムズ)

ABCD135 無伴奏チェロのための作品集
ゾルターン・コダーイ (1882-1967) 無伴奏チェロソナタ 作品8
ジョージ・クラム (b.1929) 無伴奏チェロソナタ (1955)
ジョナサン・ディーン・ハーヴィ (b.1939) プラトー曲線 (1982)
マグヌス・リンドベリ (b.1958) Stroke (ストローク) (1984)
  パヌ・ルオスト (チェロ)

ABCD136 2CD's J・S・バッハ (1685-1750) フランス組曲 BWV812-817
  エリーナ・ムストネン (ハープシコード)

ABCD137 シンシア・マクリス − イタリアオペラ・アリア集
ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) 《マクベス》《トロヴァトーレ》《トラヴィアータ》から
ヴィンチェンツォ・ベッリーニ (1801-1835)《ノルマ》から
ジャコモ・プッチーニ (18588-1924) 《トスカ》《トゥーランドット》《マノン・レスコー》から
  シンシア・マクリス (ソプラノ) オウル交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD138 フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノ作品集
 夜想曲 変ロ短調 作品9-1 夜想曲 ホ短調 作品72-1 カンタービレ 変ロ長調 (1834)
 マズルカ ト短調 作品67-2 マズルカ 変ロ長調 作品7-1 マズルカ イ短調 作品7-2
 マズルカ ヘ短調 作品7-3 マズルカ ハ長調 作品68-1 マズルカ イ短調 作品68-2
 マズルカ イ短調 作品67-4 マズルカ ロ短調 作品30-2 マズルカ 変ニ長調 作品30-3
 マズルカ ヘ短調 作品63-2 前奏曲 変ニ長調 作品28-15
 練習曲 ハ長調 作品10-1 3つの新しい練習曲第3番 変イ長調 練習曲 ハ短調 作品25-12
  ヤンネ・メルタネン (ピアノ)

ABCD139 バッタリア 第2集
ジョン・ブル (c.1562-1628) 戦いと平穏
ウィリアムズ・ローズ (1602-1645) 幻想曲 (組曲) ト短調 幻想曲 (組曲) ト長調
クリストファー・シンプソン (1605-1669) 前奏曲とグラウンド ニ長調
マシュー・ロック (c.1621-1677) 組曲第4番 ハ長調
作者不詳 パウルス・スティープル、またはノーフォーク公爵
ジョン・ウィルソン (1595-1674) 幻想曲第26番 幻想曲第27番
ヘンリー・パーセル (1659-1695) シャコンヌ (グラウンドによる1つの音譜の上の2声の)
 10の4声のソナタ ト短調 Z807
トマス・ボルツァー (1630-1663) ヴァイオリンのための前奏曲 さあジョン、キスして
  バッタリア

ABCD140 アクラブ (AcLab)
クラフトヴェルク ポケット計算機 (Pocket Calculator) コンピュータ・ラヴ (Computer Love)
 ロボット (The Robots) モデル (Model) トランジスタ (Transistor)
ユハニ・ヌオルヴァラ (b.1961)
 "What's a Nice Chord like You Doing in a Piece like This?"
  (「こんな風な曲であなたのやってる素敵なコードは何?」)
ユッカ・ティエンスー (b.1948) フラ・タンゴ (Fra Tango)
キンモ・ハコラ (b.1958) アララ (Aarara')
ヘルマン・レヒベルガー (b.1947) カラデニス (Kradeniz)
  トリオ・フラトレス (アコーディオン三重奏団)

ABCD141 エドゥアルド・トゥビン (1905-1982) 交響曲全集 第1
 交響曲第2番 ロ短調 ETW2 《伝説的 (Légendaire/Legendaarne
)
 交響曲第5番 ロ短調 ETW5
  エストニア国立交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD142 アントン・ディアベッリ (1781-1858) ピアノとギターのためのソナティナとソナタ全集
 ソナティナ 作品68 ソナティナ 作品70 ソナタ 作品71
 華麗な大ソナタ 作品102 (オリジナル版)
  ミクローシュ・シュパーニ (フォルテピアノ) イルッカ・ヴィルタ (ギター)
  [楽器 K・グラーフ (1827年) (フォルテピアノ)、ファブリカトーレ (1818年) のコピー (ヴィルタ (1997) 製作) (ギター)]

ABCD143 2CD's JS・バッハ (1685-1750) リュート作品全集
 組曲 BWV996 組曲 BWV995 フーガとアレグロ BWV998 パルティータ BWV1006a
 パルティータ BWV997 前奏曲 BWV999 フーガ BWV1000
  ヘイッキ・マトリク (ギター)

ABCD144 レーヴィ・マデトヤ (1887-1947) 管弦楽作品全集 第2
 交響曲第1番 ヘ長調 作品29 演奏会用序曲 (Konserttialkusoitto) 作品7
 田園組曲 (Pastoraalisarja) 作品34 田舎の情景 (Maalaiskuvia) 作品77
  オウル交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD145 フレデリク・ショパン (1810-1849)
 24の前奏曲 作品28 4つのスケルツォ 作品20, 31, 39, 54
  アンネ・カウッピ (ピアノ)

ABCD146 アストル・ピアソラ (1921-1992) 作品集
 ならず者 天使の死 ブエノスアイレスの冬 リベルタンゴ ソレダード 鮫
 五重奏による協奏曲 ビユーヤ アディオス・ノニーノ 小雨 ミケランジェロ タンガータ
  インタイム・クインテット [ライヴ録音]

ABCD147 エドゥアルド・トゥビン (1905-1982) 交響曲全集 第2
 交響曲第3番 ニ短調 ETW3 《英雄的 (Heroiline/Heroic)
 交響曲第6ETW6
  エストニア国立交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

ABCD148 ウィリアム・バード (1543-1623) ヴァージナルのための作品集
 前奏曲 MB115 パヴァーンとガリアード MB60 ラクリメのパヴァン MB54 (ダウランド作品の編曲)
 前奏曲 MB116 エコーのガリアード MB114 前奏曲 MB12 ファンタジア イ短調 MB13
 ララバイ BK110 ファンタジア ニ短調 MB46 クァドランのパヴァンとガリアード MB70
 ウゥルシンガム (変奏曲) MB8 アルメイン MB117 おやすみのグラウンド MB42  
  アーポ・ハッキネン (ハープシコード) [楽器 ヴィトー・トラスンティーノ (c.1575)]

ABCD149 フィリッポ・グラニャーニ (1767-1820) ヴァイオリンとギターのための3つの二重奏曲 作品8
  エルッキ・パロラ (ヴァイオリン) イルッカ・ヴィルタ (ギター)

◇グラニャーニはイタリア、リヴォルノの音楽一家に生まれたギターの名手。1810年にはパリに移り、フェルディナンド・カルッリに学びました。3つの二重奏曲は、彼のもっともよく知られている作品だとか。フィンランド放送交響楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニックを経てソロイストとして活躍しているエルッキ・パロラ Erkki Palola (1957-) とギター奏者のイルッカ・ヴィルタ Ilkka Virta は、ジュリアーニの二重奏曲全集 (ABCD124) を録音したコンビ。ピリオド楽器による演奏です。

ABCD150 シチリアの一夜 − ベルナルド・ストラーチェ (17世紀後期) 作品集
 ルッジェーロによるカプリッチオ パッサガーリ トッカータとカンツォン コッレンテ モニカ
 《スパニョレッタ》によるアリア A・ラ・ミ・レによるパッサガーリ トッカータとカンツォン チャコンナ
  アンナマリ・ポルホ (ハープシコード)
  バッロ・デッラ・バッタリア
   エーロ・パイヴィアイネン (リュート) テッポ・ヒルヴィネン (バロックギター)
   ヤルモ・ユルクネン (ヴィウエラ) ミカ・スイヒコネン (ヴィオラダガンバ)
   リカルド・パディッラ (打楽器)

◇フィンランドの古楽グループ、バッタリア Battalia による、17世紀末に活躍した作曲家ストラーチェ Bernardo Storace の作品集。好評だった、ブオナメンテ、カステッロ、コレッリら初期イタリア・バロックの作品を集めたアルバム (ABCD112) と、ジョン・ブル、パーセルら17世紀イギリス作品集 (ABCD139) の2枚につづく Alba への録音。ハープシコード・ソロのアンナマリ・ポルホ Annamari Pölhö もバッタリアのメンバー。

NEXT


HOME

Artwork © Alba (Finland)