Altara


Altara (アルタラ) は、スウェーデンのピアニスト、ペーテル・ヤブロンスキ Peter Jablonski (1971-)、弟パトリック Patrik Jabloski (1974-)、友人のハリー・ミルズ Harry Mills2000年にスタートさせたレーベル。ファースト・アルバムは、ヤブロンスキ兄弟共演によるストラヴィンスキーの〈春の祭典〉 (2台のピアノのための版) (ALT1001)。現代の音楽シーンで活躍するミュージシャンを起用し、クオリティの高いクラシカル音楽アルバムを制作することが目的。幅広い聴衆に伝わること、とりわけ、若い人たちにアピールすることを重視しています。

ラインナップは3つのシリーズに分かれます。"Altara Classic" は、若手、そしてすでに名のあるアーティストによる新録音。"Altara Archive" は、これまでリリースされたことのない、ポーランド放送のアーカイヴに残されている過去のアーティストによる録音。“今日のライフスタイルのためのイージーリスニング” を謳う、コンピレーションアルバムのシリーズが "Altara Inlife" です。

主なアーティストは、ヤブロンスキ兄弟の他、チェロのマッツ・ロンディン Mats Rondin、スタファン・シェーヤ Staffan Scheja ら。メージャーレーベルから無視され、実力と音楽センスがありながら、それにふさわしい知名度のないミュージシャンたち。彼らに録音の機会を与え、優れたアーティストの“ファミリー”を作ることが、Altara の役割です。ポール・マイアーズ Paul Myers がシニアプロデューサー兼芸術監督。彼は CBS Masterworks/Sony Classical などのアルバムを制作、録音したことで知られています。

20059月現在、カタログに載っているディスクは9枚。このたびスウェーデンの会社と提携することが決まったおかげで、今後は速いペースのアルバム・リリースが予定されています (In Brief 参照)。

Official website: http://www.altaramusic.com/


Altara Classic

ALT1001
フランク・マルタン (1890-1974) 序曲とフォックストロット (4手のピアノのための)
アルテュール・オネゲル (1892-1955) パルティータ (4手のピアノのための)
イーゴリ・ストラヴィンスキー (1882-1971) 春の祭典 (2台のピアノのための)
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ) パトリック・ヤブロンスキ (ピアノ)
  [録音 200113日−5日 ポットン・ホール (サフォーク)]

ALT1008 ヨハネス・ブラームス (1833-1897) チェロソナタ集
 チェロソナタ第1番 ホ短調 作品38 チェロソナタ第2番 ヘ長調 作品99
 ヴァイオリンソナタ第2番 ニ長調 (イ長調) 作品78 《雨の歌》 (チェロとピアノのための)
  (パウル・クレンゲル 編曲) 
  マッツ・ロンディン (チェロ) ハンス・ポールソン (ピアノ)
  [録音 2003317日−20日]

ALT1010 No borders − グスタフ・シェークヴィスト室内合唱団10周年記念アルバム
ヨハネス・ブラームス (1833-1897) 2つのモテット 作品74 (混声合唱のための)
サミュエル・バーバー (1910-1981) アニュス・デイ 作品11
ヤン・カールステット (1926-2004)
 フィンマーク、オルサの夕べの賛美歌 (Aftonpsalm från Orsa Finnmark) (混声合唱のための)
 4つの愛の詩 (4 kärlekspoem) 作品37 (混声合唱のための) − 愛の時間 (Hours of love)
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) (編曲) 空にある星のように (Som stjärnan uppå himmelen)
 リム、リム、リーマ (Limu, limu, lima)
黒人霊歌 遅すぎた 誰も知らない私の悩み 死んでる暇もない 誰かが扉をたたいている がんばろう!
 おまえはそこにいたか?
 他 (全16曲)
  グスタフ・シェークヴィスト室内合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮) バーバラ・ヘンドリクス (ソプラノ)

ALT1012 ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927) ピアノ作品集
 晩夏の夜 (Sensommarnätter) 作品33
 3つの幻想曲 (Tre fantasier) 作品11 ピアノソナタ ト短調 (1890)
  スタファン・シェーヤ (ピアノ)

ALT1013
モデスト・ムソルグスキー (1839-1881) 組曲〈展覧会の絵〉 (1874)
フェレンツ・リスト (1811-1886) ハンガリー・ラプソディ第11番 イ短調 S244-11
 バラード第2番 ロ短調 S171 イゾルデの愛の死 S447 夜想曲〈夢のなかに〉 S207
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ)
  [録音 200512月 (ムソルグスキー) ソウル (ライヴ)、20046月]

ALT1017 WA・モーツァルト (1756-1791) ピアノ・デュエット作品集
 ソナタ ハ長調 K521 (4手のための) ソナタ ニ長調 K381/123a (4手のための)
 ソナタ ハ長調 K19d (4手のための) ソナタ 変ロ長調 K385/186c (4手のための)
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ) パトリック・ヤブロンスキ (ピアノ)

ALT1018
アラム・ハチャトゥリャン (1903-1978) ピアノ協奏曲 変ニ長調 (1936)
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) ピアノ協奏曲第2番 ヘ長調 作品102
リチャード・アディンセル (1904-1977) ワルシャワ・コンチェルト (1941)
  パトリック・ヤブロンスキ (ピアノ) ポーランド放送管弦楽団 ヴォイチェフ・ライスキ (指揮)

ALT1019
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) チェロソナタ ハ長調 作品119
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) チェロソナタ ニ短調 作品40
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ヴォカリーズ 作品34-14
  ラルフ・カーシュボーム (キルシュバウム) (チェロ) ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ)

ALT1030 マズルカ
フレデリク・ショパン (1818-1849) 4つのマズルカ 作品6 4つのマズルカ 作品24
 3つのマズルカ 作品50 4つのマズルカ 作品68
カロル・シマノフスキ (1882-1937)
 20のマズルカ 作品50 − 第1曲−第4曲 2つのマズルカ 作品62
ロマン・マチェイェフスキ (1910-1998) マズルカ第6
 マズルカ第9番《タトラ山のこだま》 マズルカ第10
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ)

ISCD2 2CD's ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) チェロソナタ全集
 チェロソナタ第1番 ヘ長調 作品5-1 チェロソナタ第2番 ト短調 作品5-2
 チェロソナタ第3番 イ長調 作品69 チェロソナタ第4番 ハ長調 作品102-1
 チェロソナタ第5番 ニ長調 作品102-2
  マッツ・ロンディン (チェロ) ハンス・ポールソン (ピアノ)

◇「ひたむき、清潔。ベートーヴェンの音楽を演奏する歓びが伝わってくる」という評判を耳にする録音。マッツ・ロンディン Mats Rondin (1960-)、ハンス・ポールソン Hans Pålsson (1949-)、ともに音楽シーンには欠かせない素敵な音楽家です。


Altara Archive

ALT1005 ベネデッティ=ミケランジェリ、ワルシャワ・リサイタル 1955
ドメニコ・スカルラッティ (1685-1757) ソナタ ハ短調 K11 ソナタ ニ短調 K9 ソナタ イ長調 K322
 ソナタ ロ短調 K27
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ピアノソナタ第3番 ハ長調 作品2-3
フレデリク・ショパン (1818-1849) ワルツ ホ短調 (1830)
ロベルト・シューマン (1810-1856) ウィーンの謝肉祭の道化芝居 作品26
クロード・ドビュッシー (1862-1918) ラモーを讃えて (映像第1集 から)
フェデリーコ・モンポウ (1893-1987) 歌と踊り第1
  アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ (ピアノ) [録音 19552月 国立フィルハーモニックホール (ライヴ)]

ALT1006 ヨハネス・ブラームス (1833-1897) 交響曲集
 交響曲第1番 ハ短調 作品68 [録音 1961年] 交響曲第3番 ヘ長調 作品90 [録音 1962年]
  ワルシャワ・フィルハーモニック管弦楽団 ヴィトルト・ロヴィツキ (指揮)

ALT1007
ロベルト・シューマン (1810-1856) ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
JS・バッハ (1685-1750) (フェルッチョ・ブゾーニ (1866-1924) 編曲) シャコンヌ ニ短調
ヨハネス・ブラームス (1833-1897) パガニーニの主題による変奏曲 作品35 (抜粋)
  アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ (ピアノ) ワルシャワ・フィルハーモニック管弦楽団
  ヴィトルト・ロヴィツキ (指揮)
  [録音 19553月 国立フィルハーモニックホール (ワルシャワ) (ライヴ)]

ALT1009  ヨハネス・ブラームス (1833-1897) 交響曲集
 交響曲第2番 ニ長調 作品73 [録音 1962年] 交響曲第4番 ホ短調 作品98 [録音 1960年]
  ワルシャワ・フィルハーモニック管弦楽団 ヴィトルト・ロヴィツキ (指揮)

ALT1014 フレデリク・ショパン (1818-1849)
 ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
  モーリツ・ローゼンタール (ピアノ) ベルリン国立オペラ管弦楽団 フリーダー・ヴァイスマン (指揮)
  [録音 1931年 (ライヴ) ポーランド放送所蔵音源]
 ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
  ヨーゼフ・ホフマン (ピアノ) ニューヨーク・フィルハーモニック ジョン・バルビローリ (指揮)
  [録音 1936年 (ライヴ) ポーランド放送所蔵音源]


Altara Inlife

ALT1004 In Life − ヤブロンスキ兄弟と仲間たち
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893)
 くるみ割り人形 (2台のピアノのための) − こんぺいとうの踊り アラビアの踊り
  中国の踊り
フェレンツ・リスト (1811-1886) ハンガリー・ラプソディ第11番 イ短調
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ヴォカリーズ (チェロとピアノのための)
 組曲第1番 《幻想的絵画》 作品5 − 涙 (2台のピアノのための)
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907)
 抒情小曲集 (Lyriske stykker) − エロティック (Erotikk) (愛の歌) ワルツ (Vals) 憂鬱 (Melankoli)
  ハリング (Halling) あなたのそばで (For dine føtter)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) 愛の歌 作品27-1 墓地で 作品51-2 わたしたちの愛 作品23-2
 夢のあとに 作品7-1 (チェロとピアノのための)
クロード・ドビュッシー (1862-1918) アラベスク ホ長調
コンスタンチン・ヴィレンスキー (1949-) ウクライナの遊び (ピアノのための)
リチャード・ロドニー・ベネット (1936-) 4つの小品組曲 (1974) (2台のピアノのための) − フィナーレ
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ) パトリック・ヤブロンスキ (ピアノ) シェシュティン/アヴェモ (ソプラノ)
  マッツ・ロンディン (チェロ) スタファン・シェーヤ (ピアノ)


HOME

Artwork © Altara Music (UK)