Bluebell


プロデューサー、フランク・ヘードマン Frank Hedman 氏のレーベル。彼は、ハンス・ペーテル・ケンペの後、Swedish Society Discofil を引き継いだことで有名です。Bluebell (ブルーベル) のアルバムには、ヘードマン氏と一緒に経営にかかわり、彼の没後は、製作に携わるハンナ・ヘードマン Hanna Hedman 夫人の趣味が強く反映し、古き良きスウェーデンの香りが漂います。ユシー・ビョーリング (ユッシ・ビョルリング)、ビルギット・ニルソン、ニコライ・イェッダ (ゲッダ)、レーナ・ヌーディンら、スウェーデンを代表する歌手たちの録音のいくつかは、スウェーデン放送の音源をライセンス契約したものです。

Bluebell のもうひとつの柱はスウェーデンの作曲家たちの作品の録音。アルヴェーンの交響曲第4番 (ヴェステルベリ指揮) と歌曲集、ペッテション=ベリエルの合唱曲集や歌曲集、ニルス・リンドベリの「おお、わが愛しの人よ」などはスウェーデン音楽を愛好する人たちにとって極めて貴重な録音となっています。

ABCD051-


ABCD3001 クリスマスの歌
 民謡 みなさん、こんばんわ ルチアの歌 小さなルチア スタファンの歌
 イタリア民謡 サンタルチア
 グスタフ・ヌードクヴィスト (1886-1949) クリスマス、輝くクリスマス
 ドイツ民謡 もみの木
 ルーベン・リリエフォシュ(1871-1936) クリスマスが近づいてくる
 エミー・シェーレル (1858-1925) たくさんのキャンドルに灯がともった 
  アードルフ・フレードリク少年少女合唱団
 民謡 クリスマスの朝が明けると (När juldagsmorgon glimmar)
 フランツ・グルーバー (1787-1863) 聖しこの夜
 マックス・レーガー (1873-1916) マリアの子守歌
  マリ=アンネ・ヘッガンデル(ソプラノ)
 ジャン・シベリウス (1865-1957) 栄誉はいらない 
 セザール・フランク (1822-1890) 天使の糧 
  トゥルド・スレットゴード(テノール)
 アリス・テグール (1864-1943) ベツレヘムの星
  ヘレーナ・ドーセ(ソプラノ)
 J・S・バッハ (1685-1750)/シャルル・グノー (1818-1893) アヴェ・マリア
  ビルギット・ニルソン(ソプラノ)
 エミー・シェーレル (1858-1925) これがわが愛する息子
  ニコライ・イェッダ(ゲッダ)(テノール)
 アドルフ・アダン (1803-1856) クリスマスの歌“ 聖らに星すむ今宵”
  ユシー・ビョーリング (ユッシ・ビョルリング) (テノール)

ABCD3002 ウィーンのこだま
 レオポルト・ゴドフスキー (1870-1938) 古きウィーン
 モーリツ・モスコフスキー (1854-1925) ワルツ 作品34-1
 ミーシャ・レヴィツキ (1898-1941) ワルツ 作品2
 エミール・フォン・ザウアー (1862-1942) ウィーンのこだま
 フリッツ・クライスラー (1875-1962)(ユーリウス・ヤコブセン 編曲) 美しきロスマリン
 イグナーツ・フリートマン (1882-1948) ワルツ
  ワルツ第1番 ワルツ第2番(原曲 エードゥアルト・ゲルトナー)
  古きウィーン第1番 古きウィーン第2番 (原曲 フランツ・シューベルト)
 レオ・ドリーブ (1836-1891)(エルネ・フォン・ドホナーニ 編曲) ネーラのワルツ
 ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) 感傷的なワルツ 作品51-6 サロンのワルツ 作品51-1
  ラーシュ・ルース(ピアノ)

ABCD3003 ヴァイオリン協奏曲集
 アレクサンドル・グラズノフ (1865-1936) ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品82
  ゲオルク・クーレンカンプフ(ヴァイオリン)
  スウェーデン放送交響楽団 トゥール・マン(指揮)
       [1948年3月30日 スウェーデン放送]
 トゥール・アウリン (1866-1914) ヴァイオリン協奏曲第3番 ハ短調 作品14
  チャールズ・バーケル(ヴァイオリン)
  スウェーデン放送交響楽団 トゥール・マン(指揮)
       [1947年9月18-19日 スウェーデン放送]
 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 
 ヴァイオリンソナタ第3番 ハ短調 作品45 − 第1楽章
  チャールズ・バーケル(ヴァイオリン) ナタナエル・ブルーマン(ピアノ)
       [1943年1月30日 スウェーデン放送]

ABCD3006 ストックホルム少年合唱団
 アウグスト・セーデルマン (1832-1976) 魂の歌 (pub.1872)
 ジョルジウス・デアクバルドス エリ、エリ(わが神、わが神)
 グスターヴ・ホルスト (1874-1934) 引き返せ、人よ
 ジョン・ラター (b.1945) 主はなんじを祝福し心に留めおいてくださる
 ジェラルド・フィンジ (1901-1956) 見よ、全き、終局の犠牲を
 ウィリアム・マシアス (1934-1992) ひとりの幼子が生まれた
 ガブリエラ・グリン (b.1961) ベツレヘムの星 (1992)
 ジョージ・ラズボーン 主はつねにあり
 スヴェン=エーリク・ユーハンセン (1919-1997)
  歌曲集〈ファンシー〉 − シルヴィア ファンシー おお、わが愛しの人よ
   恋人たちは春を愛す
 ガブリエル・フォーレ (1845-1924) マドリガル
 フランツ・シューベルト (1797-1828) 誕生日賛歌 D.763
 ロベルト・スンド (b.1942) いくつかの風変わりな小曲
  幸福な演奏者 わがままな人 小妖精と気のふれた男 僕の虫君たちへ
  ストックホルム少年合唱団 ローランド・ニルソン(指揮)
  エーリク・ヴァドマン(オルガン、ピアノ)

ABCD3008 ベリの町の夏のアンサンブル (Bergs sommarensemble)
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1987) 小セレナード (Liten serenad) 作品12
ジェラルド・フィンジ (1901-1956) ピアノと弦楽のためのエクローグ (牧歌) (Eclogue for piano and strings) 作品10
アルフレード・シュニトケ (1935-1998) ヴァイオリンと室内オーケストラのためのソナタ
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) (オーロフ・リンドグレン 編曲)
 ロマンス (Romans) ニ短調 (1915) (ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための)
カール・ニルセン (1865-1931) 小組曲 (Liten suite) FS6 作品1
  ベンクト・フォシュベリ (ピアノ、ハープシコード) モーシェ・ベン=ドゥール (ヴィオラ)
  ベリ・ソンマルアンサンブル カール=ウーヴェ・マンベリ (指揮、ヴァイオリン)

ABCD3009 お気に召すまま (Som Ni Behagar)
フレデリク・ショパン (1810-1849) ワルツ 嬰ハ短調 作品64-2
イサーク・アルベニス (1860-1909) タンゴ ニ長調 作品165-2
エンリケ・グラナドス (1867-1916) アンダルーサ (祈り) 作品37-5
クロード・ドビュッシー (1862-1918) 月の光
マヌエル・デ・ファリャ (1876-1946) 火祭りの踊り
ジョージ・ガーシュウィン (1898-1937) 2つのキーの即興曲
ドメニコ・スカルラッティ (1685-1757) ソナタ ニ短調 K9 (L413)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942)
 ピアノ曲集〈フローセの花 (Frösöblomster)〉− 夏の歌 (Sommarsång)
  ダーグ・アカーツ (ピアノ)
カール・ニルセン (1865-1931) 小組曲 (Liten suite) FS6 作品1 − 間奏曲
  ベリ・ソンマルアンサンブル カール=ウーヴェ・マンベリ (指揮) [ABCD3008]
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986)
 田園組曲 (Pastoralsvit) 作品19 − スケルツォ ロマンス
  オレブルー交響楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮) [ABCD003]
ヨハン・スヴェンセン (1840-1911) (O・リンドグレン 編曲) ロマンス (Romanze) 作品26
  ダーラナ室内管弦楽団 カール=ウーヴェ・マンベリ (ヴァイオリン)
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987) 田園組曲 (Pastoral svit) 作品13b − 前奏曲
ペール・ブラント (1713-1767) シンフォニア ニ短調 − アンダンテ
  ベルント・アンデション (フルート) オレブルー室内管弦楽団
  ヨーラン・W・ニルソン (指揮) [ABCD019]
セルゲイ・クーセヴィツキー (1874-1951) ダブルベース協奏曲 作品3 − アレグロ
  エンチョ・ラドゥカノフ (ダブルベース) スウェーデン室内管弦楽団
  ロナルド・ゾルマン (指揮) [ABCD067]
オットリーノ・レスピーギ (1879-1936) 組曲〈鳥〉 − めんどり
  スウェーデン室内管弦楽団 シクステン・エールリング (指揮) [ABCD068]
ニルス・リンドベリ (b.1933) 君があるがまま (As You Are) (1964)
  プッテ・ヴィクマン (クラリネット) ニルス・リンドベリ (ピアノ)
  ノールショーピング交響楽団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮) [ABCD008]

ABCD001 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960)
 交響曲第4番 ハ短調 作品39 《海辺の岩礁から (Från havsbandet)
  エリーサベト・セーデシュトレム (ソプラノ) ヨースタ・ヴィンベリ (テノール)
  ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団 スティーグ・ヴェステルベリ (指揮)

ABCD002 ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901)
 オペラ〈リゴレット〉(1851)(抜粋)
  ユシー・ビョーリン(ユッシ・ビョルリング)(テノール) エヴァ・プリュッツ(ソプラノ)
  エーリク・スンドクヴィスト(バリトン) シェシュティン・メイエル(メッツォソプラノ)
  ストックホルム王立オペラ管弦楽団 クット・ベンディクス(指揮)
    [ライヴ録音 1957年1月5日ストックホルム王立オペラ]
 オペラ〈トロヴァトーレ〉(1853)(抜粋)
  ユシー・ビョーリン(ユッシ・ビョルリング)(テノール)
  ヨールディス・シュムベリ(ソプラノ) ヒゥーゴ・ハッスロ(バリトン)
  エーリク・セデーン(バス) シェシュティン・メイエル(メッツォソプラノ)
  ストックホルム王立オペラ合唱団・管弦楽団 ヘルベルト・サンドベリ(指揮)
    [ライヴ録音 1960年3月6日ストックホルム王立オペラ]

ABCD003 
アウグスト・セーデルマン (1831-1876) スウェーデン祝祭音楽 (Svenskt festspel)
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) 田園組曲 (Pastoralsvit) 作品19
トゥルビョン・イヴァン・ルンドクヴィスト (1920-2000)
 ヴァイオリン協奏曲 《プラハ幻想曲 (Fantasia Pragense)
  カレル・シュネーベルガー (ヴァイオリン) オレブルー交響楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)

ABCD004 オペラ作曲家たちの歌曲集
 ヴィンチェンツォ・ベッリーニ (1801-1835) 行け、幸せならば 愛をもたらすうるわしのニーチェ
 ガエターノ・ドニゼッティ (1797-1848) たそがれ ああ、思い出しておくれ、美しいイレーネ
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) 夢見る男の歌 君の心を開いてくれ
 リヒャルト・ヴァーグナー (1813-1883) 二人の擲弾兵 (1840)(フランス語版)
 シャルル・グノー (1818-1893) ナイチンゲール 花にそえて おお君はどこへ
 ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868) La lontananza 赤ん坊の歌
 ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) 星に 石だたみの道(小さな煙突掃除屋)
 ジュール・マスネ (1842-1912) 悲歌(エレジー)
 ルッジェーロ・レオンカヴァッロ (1858-1919) 朝の歌(マッティナータ)
  ニコライ・イェッダ(ゲッダ)(テノール) ヤン・エイロン(ピアノ)

ABCD006 ユシー・ビョーリン(ユッシ・ビョルリング)、ライヴ!
 ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) レクイエム − インジェミスコ
 ジャコモ・マイアベーア (1791-1864) オペラ〈アフリカの女〉− おお、海から現れた楽園よ
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈カルメン〉− 花の歌“おまえが投げたこの花は”
 ジュール・マスネ (1842-1912) オペラ〈マノン〉− 夢の歌“目を閉じると”
 シャルル・グノー (1818-1893) オペラ〈ファウスト〉− Salut! Demeure
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈ボエーム〉− 冷たい手を
  ユシー・ビョーリング(テノール) ヒルヴェルスム放送管弦楽団
  フリーデル・ヴァイスマン(指揮)
    [1939年6月8日 ヒルヴェルスム(オランダ)]
 G・F・ヘンデル (1685-1759) オペラ〈セルセ(クセルクセス)〉− なつかしい木陰よ
 ルイ・ニーダーマイヤー (1802-1861) 主よ憐れみたまえ
 ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) レクイエム − インジェミスコ
 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 森は眠る 作品28-6 
 ジャン・シベリウス (1865-1957) 葦よそよげ 作品36-4
 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 白鳥 作品25-2 君を愛す 作品5-3
  ユシー・ビョーリング(テノール) ベルゲン交響楽団(ハルモニエン)
  カール・フォン・ガラグリー(指揮) 
    [1954年6月9日 ベルゲン]

ABCD007 ストックホルム・フィルハーモニック・パームコート・オーケストラ
 チャールズ・アンクリフ (1880-1952)(アードルフ・ロフテル 編曲) 喜びの夜
 フランツ・シューベルト (1797-1828)(A・エールシュレーゲル 編曲) 軍隊行進曲 D733-1
 アイリス・テイラー ドリーミー・アフタヌーン(夢見るような午後)
 ジョン・フィリップ・スーザ (1854-1932) 星条旗
 リヒャルト・ホイベルガー (1850-1914) オペレッタ〈オペラ舞踏会〉− 別室へ行きましょう
 モーリッツ・モシュコフスキ (1854-1925) スペイン舞曲 作品12-1 スペイン舞曲 作品12-2
 エルネスト・ブカロッシ (1863-1933) バッタの踊り
 イーセルバート・ネヴィン (1862-1901)(ヴィリー・グロー 編曲) 水仙 作品13-4
 イサーク・アルベニス (1860-1909)(L・アートク 編曲) タンゴ ニ長調
 オスカル・メリカント (1868-1924) ゆっくりしたワルツ
 ジョニー・ヘイケンズ (1884-1945)(E・ヘンシュ 編曲) セレナード 作品21
 W・ラムトール(レーオポルド・ヴェニンゲル 編曲) 銀の鈴
 エルネスト・ジエ (1856-1940) 舞踏会ははるか
 F・J・ゴセック (1734-1829) ガヴォット
 パウル・リンケ (1866-1946) ベルリンの香り
  ストックホルム・フィルハーモニック・パームコート・オーケストラ
  ラーシュ・アルムグレン(指揮)

ABCD008 ニルス・リンドベリ (1933-)
 ラッポニア組曲 (Lapponian Suite) (1969) (クラリネット、ピアノ、リズムセクションと交響楽団のための)
 徒歩の歌 (Gånglåt) (フィドルと管弦楽のための)
 ダーラナ調の合奏協奏曲 (Concerto grosso i dalaton)
 As You Are (君があるがまま) (1964) (クラリネット、ピアノ、リズムセクションと交響楽団のための)
  プッテ・ヴィクマン (クラリネット) ニルス・リンドベリ (ピアノ)
  アーニー・エングルンド (リード・トランペット) トゥールニ・ニルソン (リード・トロンボーン)
  ルーネ・グスタフソン (ギター) マス・ヴィニング (ベース) レンナット・グルヴステット (ドラムズ)
  ノールショーピング交響楽団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

ABCD009 ビルギット・ニルソン ストックホルム・ライヴ
リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) 歌曲集〈4つの最後の歌〉(1948)
  ビルギット・ニルソン (ソプラノ) スウェーデン放送交響楽団 レイフ・セーゲルスタム (指揮)
  [録音 197013日 ストックホルム・コンサートホール (ライヴ)]
ジャン・シベリウス (1865-1957) 夕べに (Illalle) 作品17-6
 初めてのくちづけ (Den första kyssen) 作品37-1
 夢だったのか (Var det en dröm?) 作品37-4
 春はいそぎ過ぎゆく (Våren flyktar hästigt) 作品13-4
リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) あすの朝 (Morgen) 作品27-4 夜 (Die Nacht) 作品10-3
 子守歌 (Wiegenlied) 作品41-1 献身 (Zueignung) 作品10-1 
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987) 波のように (Som en våg) 作品27-6
 君が私の目を閉じてくれると (När du sluter mina ögon) 作品27-1
テューレ・ラングストレム (1884-1947) 新月の下の乙女 (Flickan under nymånen)
 戦の女神 (Sköldmön)
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) そうだとも、恋人がほしい (Og jeg vil ha mig en hjertenskjær) 作品60-5
 待つうちに (Mens jeg venter) (小舟にて) 作品60-3 白鳥 (En svane) 作品25-2
 ある夢 (Ein Traum/En drøm) 作品48-6
エルッキ・メラルティン (1875-1937) 20 (Tjugo år) 作品162-5
ルドルフ・シーチンスキ (1879-1952) ウィーンわが夢の町 (Wien du Stadt meiner Träume)
  ビルギット・ニルソン (ソプラノ) ジェフリー・パースンズ (ピアノ)
  [録音 197498日 ストックホルム・コンサートホール (ライヴ)]

ABCD010 シャルル・トゥルヌミール (1870-1939)
 十字架上のキリストの最後の7つの言葉に寄せるオルガンのコラール詩曲 作品67
  ウッラ・オルソン(オルガン) [聖ペテロ教会(マルメ)のオルガン]

ABCD011 ウプサラ室内ソロイスツ
 ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893)
  弦楽六重奏曲 ニ短調《フィレンツェの思い出》 作品70
 リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) オペラ〈カプリッチオ〉の六重奏曲 作品85
 フーゴ・ヴォルフ (1860-1903) イタリア風セレナード (1887)
  ウプサラ室内ソロイスツ

ABCD012 ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) 弦楽オーケストラのための音楽
 弦楽オーケストラのためのシンフォニエッタ 作品10
 弦楽オーケストラのための小セレナード 作品12
 弦楽オーケストラのためのアダージョ 作品48
 ヴァイオリン小協奏曲 作品45-8 ピアノ小協奏曲 作品45-12
  スヴェン=オーレ・スヴァルヴァー (ヴァイオリン) アルベナ・サハリエヴァ (ピアノ)
  オレブルー室内管弦楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)

ABCD013
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈ボエーム〉(抜粋)
      [ライヴ録音 1940年3月21日 ストックホルム王立オペラ]
 シャルル・グノー (1818-1893) オペラ〈ロメオとジュリエット〉(抜粋)
      [ライヴ録音 1940年3月27日 ストックホルム王立オペラ]
  ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)(テノール)
  ヨールディス・シュムベリ(ソプラノ) スヴェン・ヘルデンベリ(バリトン)
  カール・リクテル(バリトン) レオン・ビョーケル(バス)
  ストックホルム王立管弦楽団 ニルス・グレヴィリウス(指揮)

ABCD014 ニコライ・イェッダ(ゲッダ)、タティアーナ・イェッダ
 ヨハン・シュトラウス二世 (1825-1899) 
 オペレッタ〈インディゴと40人の盗賊〉− インディゴ行進曲 作品319
  オペレッタ〈ウィーン気質〉− Ich war ein echtes Wiener Blut
  オペレッタ〈ヴェニツィアの一夜〉− Sie mir gegr sst, du holdes Venetia
  オペレッタ〈こうもり〉− クワドリル 作品363 チャールダッシュ“ふるさとの調べよ”
  オペレッタ〈千夜一夜物語〉− 間奏曲 作品346
 フランツ・レハール (1870-1948)
  オペレッタ〈パガニーニ〉− Gern hab' ich die Frau'en geküsst Liebe, du Himmel auf Erden
   Niemand liebt dich so wie ich
  ワルツ〈金と銀〉作品75
  オペレッタ〈メリー・ウィドウ〉− マクシムへ行ったが ヴィリアの歌“昔ヴィリアがいた”
   唇は黙っていても、ヴァイオリンはささやく 女房たちの行進曲
  ニコライ・イェッダ(テノール) タティアーナ・イェッダ(ソプラノ)  
  ストックホルム・フィルハーモニック・パームコート・オーケストラ
  ラーシュ・アルムグレン(指揮)

ABCD015 アッラン・ペッテション (1911-1980) 交響曲第5
  ベルリン・シベリウス管弦楽団 アンドレーアス・ペール・ケーラー (指揮)

ABCD016 ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)、稀少録音と別テイク 1920-1949
 アレクサンドル・ボロディン (1833-1887) オペラ〈イーゴリ公〉− ヴラディミールのカヴァティーナ
 アドリアン・ダール (1864-1935) バッカナール
 カール・ヨーラン・ニューブルム (1867-1920) 燃える金色の流れ
 オーロフ・ティール (1892-1976) 夢だったのか
 イェオリ・エンデシュ (1898-1954) 小さな王女
 ヨハン・シュトラウス二世 (1825-1899) オペレッタ〈ジプシー男爵〉− われわれに頼る人は
 カール・ミレッカー (1842-1899) オペレッタ〈乞食学生〉− 金もなく追放の身
 ジャック・オッフェンバック (1819-1880) オペレッタ〈美しきエレーヌ〉− パリの魅惑の歌
 ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868)
  スターバト・マーテル(悲しみの聖母) − クユス・アニマム
 ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901)
  オペラ〈トロヴァトーレ〉− Ah sí, ben mio 見よ、薪の恐ろしい火を
  オペラ〈リゴレット〉− É il sol dell'anima
 ピエトロ・マスカーニ (1863-1945)
  オペラ〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉− お母さん、あの酒は強いね 
 シャルル・グノー (1818-1893) オペラ〈ロメオとジュリエット〉− ああ、太陽よ昇れ
 スティーヴン・フォスター (1826-1864) 金髪のジェニー
 ギー・ダルドロ (1858-1936) ビコーズ(なぜかといえば)
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈マノン・レスコー〉− 見たこともないすばらしい美人
 ピエトロ・マスカーニ (1863-1945)
  オペラ〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉− おおローラよ、おまえは花のように美しい
 シャルル・グノー (1818-1893) オペラ〈ロメオとジュリエット〉− かわいらしい天使
 ポール・ドレッサー (1857-1906) ウォーバシュの堤で
 民謡 天国で 神の汚れない子羊 
 フリートリヒ・ブクハルト・ベーネケン (1760-1818) おお、なんと穏やかに
 グンナル・ヴェンネルベリ (1817-1901) 詩篇第4番“お聞きください”
  ユシー・ビョーリング(テノール) ウッレ・ビョーリング(テノール)
  ヨースタ・ビョーリング(テノール) ヨールディス・シュムベリ(ソプラノ)
  ストックホルム王立管弦楽団 ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団
  ニルス・グレヴィリウス(指揮) スーネ・ヴァルディミル(指揮)

ABCD017 マヌエラ・ヴィースラー
フランツ・シューベルト (1797-1828) 「しぼめる花」による変奏曲 ホ短調 D802
カール・ライネッケ (1924-1910) フルートソナタ ホ短調 作品167《ウンディーネ(水の精)》
テーオバルト・ベーム (1794-1881) ドイツの旋律“Du, du liegst”による幻想曲 作品22
  マヌエラ・ヴィースラー(フルート) ユリアン・ヤコブソン(ピアノ)

ABCD018 ダブルベースのための作品集
ヘンリー・エクルズ (c.1662-c.1742) ソナタ
ヨーゼフ・ハイドン (1732-1809) ディヴェルティメント
ジョヴァンニ・ボッテジーニ (1821-1889) 悲歌 ニ長調
 パイジェッロのアリア〈わが心もはやうつろになりて〉による変奏曲
ダニエル・ファン・ヘンス (Dainiel van Goens) スケルツォ
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) アダージョ 作品39(〈バレエ組曲第2番〉 から)
ヴィクトル・セルヴァンティ (Victor Serventi b.1907 アルジェリア) ラルゴとスケルツァンド 作品44
ボリス・カラディムチェフ (Boris Karadimchev b.1933 ブルガリア) 主題、変奏曲とフーガ 
  エンチョ・ラドゥカノフ(ダブルベース) イングリド・リンドグレン(ピアノ)

ABCD019 オレブルー室内管弦楽団
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987) 田園組曲 (Pastoralsvit) 作品13b
ダーグ・ヴィレーン (1905-1983) 弦楽オーケストラのためのセレナード 作品11
ペール・ブラント (1713-1767) シンフォニア ニ短調
クヌート・ホーカンソン (1887-1929) セレナード 作品15
テューレ・ラングストレム (1884-1947) アン・プティ・リアン (Un petit rien)
イングヴァル・リードホルム (1921-) 弦楽オーケストラのための協奏曲
オスカル・リンドベリ (1887-1955) アダージョ (Adagio) (合唱曲〈聖霊降臨節 (Pingst)〉)
  オレブルー室内管弦楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)
  ベルント・アンデション (フルート) マリー・エーリクソン (ハープ)

ABCD020 ユシー・ビョーリング、アトランタ・リサイタル 1959年4月13日
 G・F・ヘンデル (1685-1759) オペラ〈セルセ(クセルクセス)〉− なつかしい木陰よ
 フランツ・シューベルト (1797-1828) 春の想い D686 ます D550 セレナード D957-4
 リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) たそがれの夢 作品29-1 献身 作品10-1
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈カルメン〉− 花の歌“おまえが投げたこの花は”
 ウンベルト・ジョルダーノ (1867-1948) オペラ〈フェードラ〉− 愛さずにはいられぬこの思い
 セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) リラの花 作品21-5 夜の静けさに 作品4-3
 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 森は眠る 作品28-6 
 エミール・シェーグレン (1853-1918) 君は夢の中でそばに
 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 菩提樹の下の乙女 作品10-1
 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 白鳥 作品25-2 ある夢 作品48-6
 カール・シェーベリ (1861-1900) トゥーネナ(音楽)
 ウンベルト・ジョルダーノ (1867-1948) オペラ〈アンドレア・シャニエ〉− 五月の晴れた日のように
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈ボエーム〉− 冷たい手を
  オペラ〈トゥーランドット〉− 誰も寝てはならぬ
  ユシー・ビョーリング(テノール) フレデリック・ショーウェッカー(ピアノ)

ABCD021 フェレンツ(フランツ)・リスト (1811-1886) 歌曲リサイタル 第1集
 ペトラルカの3つのソネット
 ハイネの詩による歌曲 − ラインの美しき流れのほとり 君は花のごとく 私の歌は毒されている
  毎朝わたしは起き、そして問う
 シラーの「ヴィルヘルム・テル」の3つの歌
 ヴィクトル・ユゴーの詩による歌曲 − どうした、と彼らは言った おお、わたしが眠るとき
  わが子よ、わたしがもし王だったら もし美しい芝生があるなら
 ヴァルトブルク歌曲集 − ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン
  ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ ライマル老人
  ニコライ・イェッダ(テノール) ラーシュ・ルース(ピアノ)

ABCD022 フェレンツ(フランツ)・リスト (1811-1886) 歌曲リサイタル 第2集
 金色の髪の天使 あなたはそよ風のようにやわらかく 風はそよぐ おお、愛しうるかぎり愛せ
 やさしく響け、わが歌 わたしは死んだ 愛し合うことはすばらしいことだろう 
 Ich m chte hingehn 三人のジプシー 愛の喜びのなかに 君を愛す 幸福な男 
 幸福な日よ、行かないで
  ニコライ・イェッダ(テノール) ラーシュ・ルース(ピアノ)

ABCD023 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960)
 バレエ〈放蕩息子 (Den forlorade sonen)〉 組曲 (1957) (管弦楽のための)
  − 前奏曲 (Förspel) サバの女王の祝祭行進曲 (Drottinngens av Saba festmarsch)
  ルースラーゲンのポルスカ (Polska från Roslagen)
  馬に乗った4人の男 (De fyra ryttarna)
  終曲:ヨッセ・アンデシュのポルスカ (Final: Gösse Anders polska)
  王立管弦楽団ストックホルム ヴァルヤン・コジアン (指揮)
 スウェーデン・ラプソディ第1番《夏至祭の夜明かし (Midsommarvaka)》 作品19 (
4手のピアノのための)
  インゲル・ヴィークストレム (ピアノ) コニー・アルヴィドソン (ピアノ)
 家のそばで (Ved huset) (歌曲集〈マリアの歌〉作品21 から) 
 夏の香り (Sommardofter) 作品8-2 わが心を汝 (な) が御手に (Saa tag mit Hjerte) 作品54
 ウタツグミ (Taltrasten) (1941) 君は静けき憩い (Du är stilla ro) 作品28-4
  マーゴット・ローディン (メッツォソプラノ) ヤン・エイロン (ピアノ)
 ヴァイオリンソナタ 作品1
  ミルセア・サウレスコ (ヴァイオリン) ヤーノシュ・ソリヨム (ピアノ)

ABCD024 カール・ミカエル・ベルマン (1740-1795)
 フレードマンの手紙
  第6番“親愛なる兄弟、姉妹、友人たちよ” 第72番“光り輝くニンフ” 
  第43番“もっとビールを温めろ” 第58番“こころが締めつけられる”
  第63番“ベリストレム神父” 第80番“羊飼いの娘のように”
  第54番“決してアイリスではない” 第27番“わたしは老人になった”
  第81番“わたしたちの影を見ろ”
 フレードマンの歌
  第24番“旅籠” 第11番“ポルトガル、スペイン”
  第5a番“そしてわれらの強き男は行ってしまう” 第5b番“黒い波の白いおりを見ろ”
  第5c番“だから今、グロックはふたを閉める” 第16番“生まれたからには”
  第31番“起きろアマリリス” 第64番“ハーガで蝶々が飛んでいるのが見える”
  第58番“いや、むなしい” 第38番“ポティファーの妻” 第63番“ペートルス親方”
  第32番“姿を見せろ、なんじ夜の神よ”
   ロルフ・レアンデション(バリトン) レンナット・ヘードヴァル(フォルテピアノ)

ABCD025 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) カンタータ〈主の祈り (Herrens bön)〉作品15
  イーヴァ・ソーレンソン (ソプラノ) ビルギッタ・スヴェンデーン (メッツォソプラノ)
  クリステル・スー
レーン (テノール) ロルフ・レアンデション (バリトン)
  ストックホルム・モテット合唱団 ノールショーピング交響楽団
  グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

ABCD026 ストックホルム・アカデミー男声合唱団
アントニーン・ドヴォルジャーク (1841-1904)
 男声合唱のための5つの歌 − マルヨランの花の冠 スズメとフクロウ
カール・オルフ (1895-1982) カルミナ・ブラーナ − まもなく輝きと美は もし少年が少女と
リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) 夢の光
エーリク・ベリマン (b.1911) Das grosse Laulula
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 海辺の夜明け (Gryning vid havet)
モーリス・カーコフ (b.1927) 花咲くアーモンドの木のように (Som ett blommande mandelträd)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) 小姓マスグレイヴとバーナード卿夫人のバラード
黒人霊歌 (ウィリアム・ドーソン 編曲) もうじき私の命は
ダリユス・ミヨー (1892-1974) 詩篇122番「主の家に行こう」
フランシス・プーランク (1899-1963) 4つの小さな祈り
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921) サルタレッロ 作品74
民謡 (バーバーショップ) ぶらついている間に
民謡 (カリプソ) 君よりもぶさいくな女と結婚を
民謡 (ロベルト・スンド 編曲) フールガローテン (Horgalåten)
カール・ミカエル・ベルマン (1740-1795) さあクラリネットといっしょに響け (Klinga nu med klarinetter)
  ストックホルム・アカデミー男声合唱団 ラーシュ・ブルーム (指揮) ヨーテ・ヴィードルンド (指揮)

ABCD027 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 歌曲集
 歌曲集〈10の歌曲〉作品4 − 夕べの気分 波が海をつき進んでいく 静かに
  ヘルシングランドの古い歌
 ああ君が寒風の中にいたなら 作品6
 歌曲集〈2つの抒情的な気分〉作品8 黒いばら 夏の香り
 歌曲集〈幸せの歌〉作品9 − 二匹の蝶々
 歌曲集〈マリアの歌〉作品21  家のそばで 耐えた試練 まなざし 苦悩
 祈り 作品16 ボタンの花 作品22
 歌曲集〈エルネスト・ティールの7つの詩〉作品28 − 君は静けき憩い 君に焦がれて
  森は眠る ごらん、君は嬉しくて大声で歌いながら
 玄関でささやく声 (1911) 子守歌 (1933) 子守歌 (1939) 静寂の時に (1940)
 ウタツグミ (1941) わが心を汝(な)が御手に (1946)
  マリ=アンネ・ヘッガンデル (ソプラノ) ラーシュ・ルース (ピアノ)

ABCD028 ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)、ストックホルムオペラ・ライヴ
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈マノン・レスコー〉から
 ピエトロ・マスカーニ (1863-1945) オペラ〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉から
 ルッジェーロ・レオンカヴァッロ (1858-1919) オペラ〈道化師〉から
  ユシー・ビョーリング(テノール) ヨルディス・シュンベリ(ソプラノ)
  ヒゥーゴ・ハッスロ(バリトン) ベッテ・ビョーリング(アルト)
  イェオリ・スヴェーデンブラント(バリトン) ルート・ムーベリ(ソプラノ)
  ストックホルム王立管弦楽団 王立オペラ合唱団 ニルス・グレヴィリウス(指揮)
  クット・ベンディクス(指揮) ランベルト・ガルデッリ(指揮)

ABCD029 カーリン・マルムレーヴ=フォシュリング (b.1916) 作品集
 歌曲集〈リタニア〉(1966)  最初の夏の日 トンボ 尺取り虫
 歌曲集〈光と闇の6つの歌〉(1975)  夜 手紙 逃亡者 つらい思い出 日の光 天国の絵
 歌曲集〈満月〉(俳句による3つの歌)(1979)  お正月 春の月 秋の嵐
   マーガレータ・ヨント(ソプラノ) シェシュティン・オーベリ(ピアノ)
 歌曲集〈3つの経験〉(1976)  悲しみ あなたの透明なばらくちづけを ブルース
   マーガレータ・ヨント(ソプラノ) ジョージア・モハマー(フルート)
 ソナタ・スヴッケル (1964)  ジョージア・モハマー(フルート)
 オリッツォンテ (1981)(ホルンのための)  イブ・ランスキ=オトー(ホルン)
 ラレンド (1970)(独奏チェロのための)  エレーメル・ラヴォータ(チェロ)

ABCD030 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 混声合唱作品集
 アーネの5つの詩 (1891)
  アーネの歌 母の歌 ヴェネヴィル インゲレド・スレッテン あの木
 混声合唱のための8つの歌 作品11
  九月(気分) 松林で 海辺で 山の小道で 小さな花 小さな雄山羊 誘惑ごっこ
  フィドルは踊りをさそう
 10の歌 − 青春の夢 夏の思い出 夏がくる 山の夕べ 誘惑の旋律 僕の野望 王女
 混声合唱のための歌 − 水の精 金色の鳥 春の歌T 春の歌U 春の歌V
  六月の夜 気分U 森の憩い
  ミカエリ室内合唱団 アンデシュ・エビ (指揮)

ABCD031 モーツァルトと同時代の作曲家たち
WA・モーツァルト (1756-1791) ピアノと管弦楽のためのロンド イ長調 K386
ユーセフ・マッティン・クラウス (1756-1792) (クロード・ジェネテー 編曲)
 オペラ〈オリュンピア〉序曲 VB29 シンフォニア 嬰ハ短調 VB140
ゲーオルク・ヨーゼフ・フォーグラー (1749-1814)
 マールバラの歌による変奏曲とカプリッチオ (1791)
ユーハン・ゴトフリード・ベールヴァルド (1737-1814) シンフォニア ハ長調 (1760?)
  ラーシュ・ルース (ピアノ) オレブルー室内管弦楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)

ABCD032 ニルス・リンドベリ (1933-)
 O Mistress mine (おおわが愛しの人よ)
  Cousel to girls (娘たちへの助言)
  Not, Celia, that I juster am (けれども、シーリア、わたしはただ)
 
 A Madrigal (あるマドリガル) Carpe Diem (現在を楽しめ)
 
 Go, lovely Rose (行け、美しいバラよ)
  Shall I compare thee to a summer's day (きみを夏の一日にくらべたらどうだろう)
  To Anthea who may command him anything (何であれ彼に命じるアテーネーへ)
  Cherry-Ripe (チェリー=ライプ) To Lucasta, on going to the wars (戦に赴くルカスタへ)
  A ditty (ある短い歌) The passionate shepherd to his love (情熱的な羊飼いが恋人に)
  Encouragements to a lover (恋する者への励まし) 
 
 Shall I compare thee to a summer's day (きみを夏の一日にくらべたらどうだろう)
  Epilogue (エピローグ)
  マーティン・ベスト (テノール、リュート) レーナ・ヴィレマーク (ソプラノ)
  フレスク四重奏団 室内アンサンブル ニルス・リンドベリ (ピアノ、ハープシコード、指揮)
  スウェーデン放送合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

ABCD033 
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 七重奏曲 変ホ長調 作品20
フランス・ベールヴァルド (1796-1868) 七重奏曲 変ロ長調 (1828)
  ウプサラ室内ソロイスツ  アルフ・ホーベリ (クラリネット)
   アンドリュー・シュヴァルツ (バスーン) フランシス・ウールヴァール (ホルン)
   ニルス=エーリク・スパーフ (ヴァイオリン) ジェイムズ・ホートン (ヴィオラ)
   ラーシュ・フリュクホルム (チェロ) スタファン・シェーホルム (ダブルベース) [ピリオド楽器]

ABCD034 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942)
 ピアノ曲集〈フローセの花〉− 夏の歌 ばらに寄せて お祝い フローセの教会で
  たそがれに イェムトランド ポプラの下で
  エステル・ブーディーン (ピアノ)
 組曲 作品15 (ヴァイオリンとピアノのための)
  献呈 セレナータ まどろみの歌 松明の踊り
  ベルント・リュセル (ヴァイオリン) エステル・ブーディン (ピアノ)
 菩提樹の木陰の乙女 夏の夜露 乙女のばら あなたの窓辺の美しい子
 明るいふたつの星 その日が終わる 若きゼピュロスのように
 暗い森をひとり歩くと あなたの名前を書いた 空にある星のように 森の高い松の木の間に
  ニコライ・イェッダ (ゲッダ) (テノール) ヤン・エイロン (ピアノ)

ABCD035 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 歌曲集
 歌曲集〈フリドリンの歌〉(1900) − 君が微笑んで 待つときほど素晴らしいものはない
 歌曲集〈フリドリンのエデンの園〉(1901) −受け継いだもの、それは憧れ ムンガの五月
  君の目は火のように ボリェビのワルツ アスポケルのポルスカ
 歌曲集〈フリドリンのエデンの園〉(1902) − オロンダル氏 コパルフロイェルンの旅籠で
  ひとつのマドリガル
 歌曲集〈リカルダ・フッフの詩〉(1910)  愛の詩 早春 最後の夜 音楽にこころ動かされ
 歌曲集〈フリートリヒ・ニーチェの詩〉第1巻 (1901)
  私のバラ ヴェネツィア この人を見よ ツァラトゥーストラの輪唱
 〈ヤコブセンの詩による歌曲集〉 作品3 (1887) − 五月の日に イルメリンのバラ
 夕べの気分(ダニエル・ファルストレムの詩による)
 歌曲集〈ブー・ベリマンの3つの詩〉(1921)  昔の踊りのリズム 鋳造所で 天の川のもと
 歌曲集〈アウグスト・ストリンドベリの4つの詩〉(1911)
  私の魔法の城 7つのバラと7つの火 セメレ ヴィレモ 
  ニコライ・イェッダ (ゲッダ) (テノール) ヤン・エイロン (ピアノ)

ABCD036 ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)、スウェーデン放送コンサート
 ジャン・シベリウス (1865-1957) 葦よそよげ 作品36-4 黒いバラ 作品36-1 
 リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) あすの朝 作品27-4 セレナード 作品17-2
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈カルメン〉− 花の歌“おまえが投げたこの花は”
 ピエトロ・マスカーニ (1863-1945)
  オペラ〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉− おかあさん、あの酒は強いね
 ジャコモ・プッチーニ (1858-1924) オペラ〈マノン・レスコー〉− 見たこともないすばらしい美人
  スウェーデン放送管弦楽団 ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団
  ゲオルク・ルートヴィヒ・ヨーフム(指揮) [1958年7月18日]
 ジュール・マスネ (1842-1912) 悲歌
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈真珠とり〉− ロマンス“耳に残る君の歌声”
 ガエターノ・ドニゼッティ (1797-1848) オペラ〈愛の妙薬〉− 人知れぬ涙
 フランチェスコ・チレーア (1866-1950) オペラ〈アルルの女〉− フェデリーコの嘆き“ありふれた話”
  スウェーデン放送交響楽団(ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団)
  トゥール・マン(指揮) [1945年9月28日]
 リヒャルト・ヴァーグナー (1813-1883) オペラ〈ローエングリン〉− 聖杯の物語“はるかな国に”
  スウェーデン放送交響楽団 ステーン・フリュクベリ(指揮) [1952年10月3日]
 アウグスト・セーデルマン (1832-1876) 魔法の湖 ヘイメル王とアスローグ
 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 暗い森をひとで歩くと 森の高いもみの木の間に
 ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927) スウェーデン
  ユシー・ビョーリング(テノール) ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団
  スティーグ・ヴェステルベリ(指揮) [1957年10月5日、1958年12月11日]

ABCD037 フランス・ベールヴァルド (1796-1868)
 交響曲第3番 ハ長調 (1845)Sinfonie singulière (風変わりな交響曲)》
 交響曲第4番 変ホ長調 (1845)
  ロンドン交響楽団 シクステン・エールリング (指揮)

ABCD038 ヨーラン・W・ニルソン、編曲者、ピアニスト、指揮者、作曲家
クロード・ドビュッシー (1862-1918) (ヨーラン・W・ニルソン 編曲)
 前奏曲集 第1集(弦楽オーケストラのための)− 音と香りは夕べの大気の中に漂う
  さえぎられたセレナード 亜麻色の髪のおとめ 吟遊詩人
リレ・ブルール・セーデルルンド (1912-1957)
 組曲〈ハーヴェング〉 (ピアノと弦楽オーケストラのための)
ヨーラン・W・ニルソン (1941-) 編曲
 人気のある6つの旋律 (弦楽オーケストラのための)
  ポエム (フィビッヒ) 聖なる寺の奥深く (ビゼー) 無言歌 (ャイコフスキー)
  ヴェスレモイの歌 (Veslemøys sang) (ハルヴォシェン)
  くまんばちの飛行 (リムスキー=コルサコフ) タイスの瞑想曲 (マスネ)
ヨーラン・W・ニルソン (1941-) ヴィオラと弦楽オーケストラのための瞑想
ヨーラン・W・ニルソン (1941-) 編曲
 3つのスウェーデン民謡 (弦楽オーケストラのための)
  水の精のポルスカ うるわしき水晶 夏の牧舎の古い賛美歌
  マッツ・レヴィン (チェロ) ニルス=エーリク・スパーフ (ヴィオラ)
  オレブルー室内管弦楽団 ヨーラン・W・ニルソン (ピアノ、指揮)

ABCD039 ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 作品35 室内交響曲 ハ短調 作品110a 24の前奏曲 作品
34
  フォルケ・グレースベク (ピアノ) アキ・ヴァリマキ (トランペット)
  ミンスク室内管弦楽団 ヴィターリ・カタエフ (指揮)

ABCD040 
アウリス・サッリネン (1935-)
 弦楽四重奏曲第3番 作品19
 
《ペルトニエミ・ヒントリークの葬送行進曲の諸相 (Aspekteja Peltoniemen Hintriikin surumarssista)
 弦楽四重奏曲第4番 作品25 《静かな歌 (Hiljaisia lauluja)
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 弦楽四重奏曲 ニ短調 作品5 《内なる声 (Voces intimae)
  フレスク四重奏団

ABCD041 ニコライ・イェッダ(ゲッダ)、ブダペスト・ライヴ1984 − ゲーテの詩による作品集
 W・A・モーツァルト (1756-1791) すみれ K476
 フランツ・シューベルト (1797-1828) さすらい人の夜の歌 その1 D224 たゆみなき愛 D138
  羊飼いの嘆きの歌 D121 最初の喪失 D226
 フーゴ・ヴォルフ (1860-1903) めぐりくる春 アナクレオンの墓 羊飼い
 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 悲しみの喜び 作品83-1
  彩られたリボンもて 作品83-3 蚤の歌
 モデスト・ムソルグスキー (1839-1881) 蚤の歌
 ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) ただ憧れを知るもののみ 作品6-6
 アンブロワーズ・トマ (1811-1896)
  オペラ〈ミニョン〉− ヴィルヘルムのロマンス“無邪気な彼女は信じなかった”
   ヴィルヘルムのカヴァティーナ“さらばミニョン、勇気を出して”
 ジュール・マスネ (1842-1912)
  オペラ〈ヴェルテル〉− Alor, c'est ici...O nature Oui! Ce qu'elle m'ordonne
 アリーゴ・ボイト (1842-1918)
  オペラ〈メフィストーフェレ〉− 野から牧場から 地の果てに近づいた
  ニコライ・イェッダ(テノール) エヴァ・パターキ(ピアノ) [1984年2月25日]

ABCD042 ユシー・ビョーリング、グローナ・ルンド録音集 第1集(1958年−1960年)
 セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) 夜の静けさに 作品4-3
 ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈カルメン〉− 花の歌“おまえが投げたこの花は”
 カール・ミレッカー (1842-1899) オペレッタ〈乞食学生〉− 金もなく追放の身
 W・A・モーツァルト (1756-1791) ジングシュピール〈魔笛〉− なんと美しい絵姿
 リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) たそがれの夢 作品29-1 ツェツィーリエ 作品27-2
  セレナード 作品17-2
 アウグスト・シェルリング (1842-1919) 夕べの気分
 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1967-1942) 暗い森をひとりで歩くと 作品5-1
  空にある星のように 作品5-3
 エイナル・エクレーヴ (1886-1954) 朝
 フーゴ・ヴォルフ (1860-1903) 世をのがれて
 フェレンツ(フランツ)・リスト (1811-1886) 愛し合うのは素晴らしいことだろう
 グスタフ・ヌードクヴィスト (1886-1949) 海へ
 ウンベルト・ジョルダーノ (1867-1948) オペラ〈アンドレア・シェニエ〉− 五月の晴れた日のように
 エルネスト・デ・クルティス (1875-1937) 帰れソレントへ
 アウグスト・セーデルマン (1832-1876) 魔法の湖
 アレクサンドル・ボローディン (1833-1887) オペラ〈イーゴリ公〉− 日はゆっくりと終わった
 フランチェスコ・パオロ・トスティ (1846-1916) 理想の人
 ラグナル・アルテーン (1883-1961) 祝福された国よ
 ギー・ダルドロ (1858-1936) なぜかといえば
  ユシー・ビョーリング(テノール) ベッティル・ブークステット(ピアノ)
  ハリー・エーベルト(ピアノ)

ABCD043 J・S・バッハ (1685-1750) ゴルトベルク変奏曲 BWV988
  タティアーナ・ニコラーエワ(ピアノ)
  [録音 1987年9月9日 ベールヴァルドホール (ストックホルム) (ライヴ)]

ABCD044 2CD's ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) オペラ〈リゴレット〉(1851)
  ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)(テノール) エヴァ・プリュッツ(ソプラノ)
  エーリク・スンドクヴィスト(バリトン) シェシュティン・メイエル(メッツォソプラノ)
  ストックホルム王立オペラ管弦楽団 クット・ベンディクス(指揮)
    [ライヴ録音 1957年1月5日ストックホルム王立オペラ]

ABCD045 2CD's ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) オペラ〈トロヴァトーレ〉(1853)
  ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)(テノール)
  ヨールディス・シュムベリ(ソプラノ) ヒゥーゴ・ハッスロ(バリトン)
  エーリク・セデーン(バス) シェシュティン・メイエル(メッツォソプラノ)
  ストックホルム王立オペラ合唱団・管弦楽団 ヘルベルト・サンドベリ(指揮)
    [ライヴ録音 1960年3月6日ストックホルム王立オペラ]

ABCD046
トゥルビョン・イヴァン・ルンドクヴィスト (1920-2000)
 歌曲集〈新たな方へ〉(1989)(ダーグ・ハマーショルドの詩から)
  だからそれは 姿を消していくブナの木 目覚めている 時の飛翔 裸のまま立ちながら
  夏至の夜に 新しい国
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) 歌曲集〈幻の地平線〉作品118
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ (1872-1958) 歌曲集〈旅の歌〉(c.1905)
  ダーヴィド・アーレル(バリトン) ベンクト・フォシュベリ(ピアノ)

ABCD047 フランス・ベールヴァルド (1796-1868)
 交響曲第1番 ト短調 (1842)Sinfonie sérieuse (まじめな交響曲)》
 オペラ〈ソリアのエストレッラ (Estrella de Soria)(1941) − 序曲
 音画〈ハヤデレの祭 (Bajadärfesten)(1842)
 オペラ〈ゴルコンダの女王 (Drottningen av Golconda)(1864) − 序曲
 幻想曲〈ノルウェーの山の思い出 (Minne från norske fjällen)(1842)
 音詩〈妖精の遊び (Älvalek)(1841)
  スウェーデン放送交響楽団 シクステン・エールリング (指揮)

ABCD048 ラテン・アメリカのギター音楽
 エイトル・ヴィラ=ロボス (1877-1959) ショーロ・ティピコ (1920)
  5つの前奏曲 (1940) − 第2番 第4番 12の練習曲 (1928) − 第1番
 イサイアス・サヴィオ (1900-1977) ブラシルの主題
 カトゥロ・セアレンセ(C・バルボーサ=リマ 編曲) わが心の涙
 セクィン・アブレウ(C・バルボーサ=リマ 編曲) ティコ=ティコ
 ジョアン・ペルナムボコ(C・バルボーサ=リマ 編曲) 鐘の音
 マヌエル・ポンセ (1882-1948) スケルツィーノ・メヒカーノ
 シーリア・リンデ 太平洋へのハイウェイ
 アントニオ・ラウロ ヴェネズエラ・ワルツ第2番
 アグスティン・バリオス (1885-1944) 大聖堂
 アルベルト・ヒナステラ (1916-1983) ソナタ 作品47
  シーリア・リンデ(ギター)

ABCD049 ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 組曲 嬰ヘ短調 作品6(2台のピアノのための)
 交響曲第10番 ホ短調 作品93(四手のピアノのための)(ショスタコーヴィチ 編曲)
  アレクサンドル・ゼリヤコフ(ピアノ) フォルケ・グレースベク(ピアノ)

ABCD050 ユシー・ビョーリング(ユッシ・ビョルリング)、歌曲とバラードを歌う
 フランツ・シューベルト (1797-1828) シルヴィアに D891 セレナード D957-4 手風琴に D737
  いやな色 D795-17 春を信じて D686 さすらい人の夜の歌 II D768 
 ジャン・シベリウス (1865-1957) 黒いばら 作品36-1 葦よそよげ 作品36-4
 エミール・シェーグレン (1853-1918) もしも飛べたなら 作品12-6
 ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 森は眠る 作品28-6
 エイナル・エクレーヴ (1886-1954) 朝
 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 夢 作品48-6 
 セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) 夜のしじまに 作品4-3
 リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) ツェツィーリエ 作品27-2
 テューレ・ラングストレム (1884-1947)
  3つのバラード  ラメックの息子たちのバラード 道化と死のバラード 良き眠りのバラード
  ユシー・ビョーリング(テノール) ハリー・エーベルト(ピアノ)
  ベッティル・ブークステット(ピアノ)
  スウェーデン放送管弦楽団 シクステン・エールリング(指揮)
 シベリウス追悼演奏会(1957年 カーネギーホール)から
 ジャン・シベリウス (1865-1957)
  葦よそよげ 作品36-4 逢い引きから帰ってきた娘 作品37-5 夢だったのか 作品37-4
  黒いばら 作品36-1 三月の雪の上のダイアモンド 作品36-6
  ユシー・ビョーリング(テノール) ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団
  マルッティ・シミラ(指揮)

NEXT


HOME

Artwork © AB Frank Hedman (Sweden)