Caprice


作成中

Folk Music

CAP21615 ノーラ (Nåra) − ヴォーカル、フィドル、アコーディオンによるスウェーデン民俗音楽
 ロサリルとおかあさん ヘル・ダンサル・ヤ・メ・メイネ・ガムプレ・スコウル ほか 
 ノーラ  ビョーン・ストービ (フィドル、ヴォーカル) グンネル・マウリツソン (ヴォーカル)
   ベンガン・ヤンソン (アコーディオン、ヴォーカル)

◇民謡調の伝統曲を中心とした作品集。

CAP21648 ドラウプネル
 アンテ・スンディン バムセポルス ブリンド=ペレによるポルスカ スクヴァルトクヴァーン
 変わり者 ノルマンによるポルスカ ペルサポイカーナによるポスルカ
 ペール・ペーションによる結婚行進曲 メーリトのワルツ
 フルム=ウッレの最後の曲/イェルスブー=ユーナスによるポルスカ
 トゥルパンス・アンデシュにょるポルスカ  胸のふるえ/フルト・ラッセによる老ニックのポルスカ
 1984年  ラーシュ=エーリク・フォシュリンによるマッティアスのグランポルスカ
 グルッブ=アンテによるセンポルスカ  自分勝手なふるまい
  ドラウプネル

CAP21693 Väylän virrassa, Musik från Tornedalen (川の流れに、トゥーネ川流域の音楽)
 美しい夏の夕べだった (Oli kaunis kesäilta) ロンッパの踊り (Römppädansen)
 大きな鳥、オジロワシ (Iso lintu merikotka)
 ハパランダ新聞1950年12月16日号に (I Haparandabladet 16 dec 1950)
 やばい仕事の歌 (Jopparilaulu) クオルタネ・ポルッカ ( Kuortaneen polkka)
 幸運な鮭のフンッパ (Den lycklige laxens humppa) エッラ・マリア (Ella Maria)
 エメーリ/もうひとつ (Emelie/En till) 聞いてくれ (Kuule kuule)
 君の枕元にすわり (Istuinpa sänkys laiala) 心から君を愛す (Syämestäni rakastan)
 バラを植えた/ユルカトヘン湖 (Ruusuja istutan/Julkathenjärvi)
 われらの言葉を護って (Oonhän meilä vielä kieli)
  Jord (ユード)  ヤン・ユーハンソン (歌、アコーディオン、ダブルベース)
   グン・オーロフソン (歌、ギター、フルート、打楽器) スサンネ・ランタタロ (歌、打楽器)
   エルリング・フレードリクソン (歌、ダブルベース、ハープ、フルート)

CAP21716 タクシミ − 北緯の地には (På nordliga breddgrader)
 マルガリタズのゼイベキコ レベティコ・クラブズ レベティスをやろう おいで恋人よ 孤独 心を開いて
 チャニアの裏街で 尼僧 遺言 自慢話 健忘症の戦利品 憧れるのは 北緯の地には
 ヤニス・アヴラミディス (ブズーキ、サジ、ウティ、ツラ) クリストス・デスピニアディス (ギター、ラウト)
  アン=カテリーネ・ヘーディン (バグラマ) アントニス・カシタス (ブズーキ・ツラ)
  テリス・パパドプロス (アコーディオン、ピアノ) ベンジャミン・クウィグリー (ベース)
  ヴァンゲリス・ヴラヴィアノス (ブズーキ、ツラ、マンドリン) ホーカン・ヴレスカラ (パーカッション)
  コスクム・イェシルテペレル (ヴァイオリン) ロウラ・マニサノウウ (ヴォーカル)

CAP21733 SACD hybrid (Multichannel/Stereo) スウェーデンの調べ (Låtar)
グンナル・イーデンスタム (1961-)、ユーハン・ヘーディン (1969-) 作曲・編曲
 組曲 I 組曲 II 組曲 III 組曲 IV 組曲 V 組曲 VI
  グンナル・イーデンスタム (オルガン)
  ユーハン・ヘーディン (ニッケルハルパ)

CAP 21753 ノーラ (Nåra) − もしも (Om)
 かあさんのワルツ (Mors vals) 起きろアマリリス (Opp Amaryllis)
 ピーター・パンのページ (Peter Panblad) 天国にて (I himmelen)
 ラッセ・レイレ・デュー (Lasse läilä däu) 別れ (Avsked)
 古代の岩 (Hällebergen) もしも (Om) バラッド (Ballad)
 健やかな者は (Den som frisker är och sund) 愛の歌 (Kärleksvisa)
 おお偉大なる神 (O store Gud) クッレルルの歌 (Kullerullvisan)
 喜びの花 (Glädjens blomster) コルクをつついて (Picka på korken)
 乾杯の歌 (Krogvisa) じいちゃんが話してくれた (Morfar har berättat)
  ノーラ  ビョーン・ストービ (フィドル、ヴォーカル) グンネル・マウリツソン (ヴォーカル)
   ベンガン・ヤンソン (アコーディオン、ヴォーカル)

CAP21801 ソフィア・ヤンノック − 燃えさしのそばに (Ássgáttis)
 Ássgáttis (燃えさしのそばに) Árvas (アウルヴァスのツンドラ) Liekkas (温もり)
 Irene (イレーネ) Davádat (西へ吹く風) Váralas (危険)
 Sámi eatnan duoddarlid (サーミランドの開けたツンドラ) Vuolvojávrri (ヴオルヴォヤウヴリの湖)
 Golle Máze (黄金色のマウゼ) Dulla lulla (ねんねんころり) Vássán áiggit (過ぎ去りし時代)
  ソフィア・ヤンノック (ヴォーカル)
  ペーテル・ティッカネン・トリオ
   ペーテル・ティッカネン (ピアノ) トビアス・ヘレーン (ベース) ユーハン・エングルンド (ドラムズ)

CAP21807 Låtar II (スウェーデンの調べ II)
グンナル・イーデンスタム (1961-)、ユーハン・ヘーディン (1969-) 作曲・編曲
 Diptyque I Halling IV Serra Pigopolskan Gangar Kersti's Polska Spel Jocke
 Procession II Sarabande Armnöpolskan Inner Peace Polska Poem Diptyque II Spring Song
  ユーハン・ヘーディン (ニッケルハルパ) グンナル・イーデンスタム (オルガン)

CAP21812 エッダ・マグナソン − Edda Magnason
 Swirl Ropewalking Drömde Jag Var Hund Ali Playbird Snow The Blue Hour Niece
 Patience Boats Sweet and Sour Emmigrants Goodbye Song
  エッダ・マグナソン (ヴォーカル、ピアノ、キーボード)
  トマス・エベリウス (ヴァイオリン、グロッケンシュピール、ソー、バッキングヴォーカル)
  マッティン・エーリクソン (ベース、ヴォーカル) 
  ユーナス・アンドレ (エレクトリックベース、、キーボード、ヴォーカル)
  ニルス・ベリ (バスクラリネット、フルート) エメーリ・アンドレ (バッキングヴォーカル)

CAP21817 ブート (Boot)Soot
 Itku/Balkan Vallevalsen Soot Godrun Murven Pastillen Dino
 Lillasystern (おちびちゃん) Samu Getingen (キバチ)
 Oxberg/Bingsjö (オクスベリ/ビングシェー) Rödhåringen Stunden (時)
  ブート
   オーラ・ベクストレム (ヴィオラダモーレ・モデルナ、ブズーキ)
   ホルビュス・トッテ・マットソン (エレクトリック・バロックマンドラ、バロックリュート、バロックギター)
   サミュエル・アンデション (パーカッション、ストリングドラム、オクターブフィドル)

 

Non-European Folk Music

CAP21614  Sivan Perwer
 Sebra Mala Nazdar Xerîbê  Sêxa Canê  Sarê  Evin  Çay Berbena
 Yek Mûmik Tembûra Min Dîberê  Dayîk
  Sivan Perwer (Vocals, saz (Turkish lute)) Ismet Alaattin Demirhan (Duduk, zurna, mey, bilûr)
  Hassan Kanjo (Kanûn) Najmaldin Naim (Violin, keman) Dealer Saaty (Darbûka, def)

Sivan Perwer (シヴァン・ペルヴェル) はスウェーデン在住のクルド人シンガーソングライター。愛、戦争、勇気、憧れをテーマに歌う。クルド人とクルドの音楽を紹介するために世界各地にツアーを行う。スウェーデンに住むクルド人ミュージシャンによる民俗楽器の共演。[CAP21614 プレスシートから]

CAP21632 ホンデュラスの音楽 第1集
 ローサのポルカ、プラヤのドラムダンス、ジェシカ・ドローレス、他

◇スウェーデン国立コンサート協会 (Riskkonserter)SIDA (スウェーデン国際開発機関) が共同製作を進めている、開発途上国の音楽シリーズ。第1集には、中米ホンデュラスの沼沢地帯ラ・モスキーティアからその東部地域までの伝統音楽、少数民族レンカの故郷の山岳地帯のダンス音楽、そしてスペイン語を話す多数派民族のアマチュアバンドによる音楽が収録。トゥルビョン・サミュエルソンによる録音が丁寧で、屈託のない音楽が明るく美しい響きで伝わってくる。

CAP21638 ホンデュラスの音楽 第2集
 奇跡だ、なぜ裏切った、ミッチ、茶色の肌をした娘、他

◇第2集は、ホンデュラスの沿岸部と島しょ部に住む少数民族ガリフナの“発見されずに残っていた最後のアフロ=カリビアン音楽”。伝統音楽と現代のエレクトリック・ポップスの両方が収録されており、特にポップスのほうは、今年行われる初めてのヨーロッパ・ツアーでも歌われ、そのリズムが聴衆を驚かせるだろうと言われる。

CAP21640 ゴルバング
 Bashmalle (にぎやかに踊れ) Ghosse (嘆き) Saghi (酌取り) Leili jan (いとしのレイリ)
 Kallbashir (カルバシル) Nazina Baluchana (誇らしげなバルーキス)
 Toye band bande moghon (ナツメヤシの果樹園) Gol be dahan (彼女は花をくわえて)
 Cheshme syah (黒い瞳) Ey momm Jamaya (やあ、ジャマヤのおかあさん)
  ゴルバング  エブリマ・カマラ(パーカッション) アブドゥル・ラーマン・スリザーイ(バンジョー)
   ロスタム・ミルラシャーリ(ヴォーカル) ラムティン・サラモルキ(ギター)
   アーマド・ミルザデー(シンセサイザー) ハッサン・アディンネザデー(ドラムズ)
   ベジャル・ディラン(ベース) エディプ・アイクチン(ダルブーカ、ドーホル)

◇現代スウェーデンの音楽シーンには、刺激的で興味深いグループが多い。ゴルバング Golbang もそのひとつ。ガンビア、イラン、クルジスタン、トルコ、スウェーデン出身のミュージシャンにより1994年に結成。楽器は、バンジョー、シンセサイザー、パーカッション、ベース、ドラムズ、ギター、ダルブカ、ドホル、ジルなど。ロスタム・ミルラシャリ(イラン)のヴォーカルが加わる。イラン民謡を中心に、バルーチーの舞曲やガンビアのリズムによるワールド・ミュージックをレパートリーとする。レイオリエント・フェスティヴァル (ReOrient Festival)、ファールン民族音楽フェスティヴァル (Falun Folk Music Festival)、フォーク・オー・フォーク (Folk o Folk)、リンケビュ・フェスティヴァル (Rinkeby Festival) などに参加。ペルシャ、クルド、トルコ、バルーチーなど多くのエスニック・グループが共存するイランの音楽に触発され、スウェーデンに生まれた、まさにワールド・ミュージック。

CAP21652 モザンビークの音楽
 ママからの知らせ 貧困 かあさん、かあさん 嘆き ありがとう、アミーナ
 お聞き、ジャネット ボムボ わたしはそこらあたりに 苦悩 マワヤン
 いっしょに暴力に立ち向かう 雨よ降れ 道を譲って 祭り メティカル
 子供たち 魔術
  デュオ・ウィリー・アンド・アニバル デイヴィッド・マゼンビー アルベルト・デ・オリヴェイラ 他

Caprice のワールドミュージック・シリーズ最新作。今日のモザンビークの音楽は、アフリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界のあらゆる地域の音楽から影響を受けているといわれる。まさにワールドミュージック。そのモザンビークの伝統の音楽から都会のロックサウンドまでを収録したのが、このディスク。田舎の音楽や少し前の時代のポップスも演奏されている。2000年1月に首都マプトで行われた録音は、スウェーデンのエンジニア、トゥルビョン・サミュエルソンが担当。すばらしい音質で楽しめる、軽い感覚のワールドミュージック。

CAP21673 ベトナムの音楽 第4集 − キム・シンの芸術
 オリジナル曲と民謡の編曲
  キム・シン (ベトナムギター、ハワイアンギター、アルトヴァイオリン、他、ヴォーカル) 他

CAP21674 ベトナムの音楽 第5集 − 中央高地と沿岸地方の少数民族の音楽
 ヴォーカル曲と器楽曲 (全32曲)

CAP21726 マケドニアの音楽 第1
 Snoshti e Dobra/Mitro le Mitro Improvizácija ézgila Sto si tolku Leno gajlelija 他
  Stefche Stojkovski and the Ensemble of National Instruments Muzáfer Mahamud (zurla)
  Orkestar Pece Atanasovski Ansambl Biljana Stara Veleska Chalgija Ensemble Üsref Kaliopi bukle (vocal)

CAP21727 マケドニアの音楽 第2
 Shto e ludo Ovcharska ezgija Ratevka Shapiri lunea tahina 他
  Orkestar Ace Goran Alachki (accordion) Marija Kostova (vocal) Stojanche Kostóvski (kaval, gajda)
  Xan Srájani Synthesis Kitka

◇南東ヨーロッパの国マケドニアは、ギリシア、アルバニア、セルビア、ブルガリアにはさまれたところに位置し、アルバニア人、ルーマニア人、ヴァラキア人、セルビア人、ユダヤ人、その他の少数民族から構成される。地理的、社会的、歴史的にさまざまな伝統と文化が交流した結果、豊かな民俗音楽の伝統がはぐくまれてきた。Caprice のワールドミュージック・シリーズの最新作は、民俗音楽の宝庫と呼ばれながらあまり知られていないマケドニアの音楽を紹介する。マケドニアを代表するミュージシャンによる、tarabukatapantamburagajda (bagpipe)zurlakaval などの民俗楽器による演奏と、アコーディオン、金管アンサンブル、ヴォーカルの演奏を、数々の優秀録音で知られるトゥルビョン・サミュエルソンらスウェーデンスタッフが現地に渡り、収録した。[CAP21726, CAP21727 プレスシートから]

CAP21741 モンテネグロの音楽 (Music from Montenegro)
 娘さん、バラはどこで摘んだの ダニカは病気に 美しい羊飼いの娘 他 (全28曲)
  アンサンブル・ポドゴリカ プラヴ グルバリ 他

◇アドリア海に面した人口65万の国。モンテネグロはヨーロッパでもっとも美しい国のひとつだと言われます。Sida (スウェーデン国際開発協力局) と Caprice Records の共同制作によるワールドミュージック・シリーズ第22作は、そのモンテネグロのあまり知られることのなかった音楽を取り上げます。英雄的な歌、山村で歌われる歌、羊飼いの歌、中欧の伝統に影響された都市の歌。アンサンブル・ポドゴリカをはじめとするモンテネグロのグループが録音に参加しました。

CAP21759 エフカル (Efkar)Back to Anatolia
 Anadolu Fincanin Etrafi Abdal Olsam Serenler Zeybegi Aarix Wedding jam
 
Sad Olup Gülmedim Al Yazma Zeybegi Darbuka solo Bahçada Yesil Cinar
 
Tamzara

  エフカル

◇小アジア、現在はトルコ領のアナトリアからスウェーデンとヨーロッパに移ってきたミュージシャンたち。エフカル Efkar は、彼らが祖国の想いと憧れを音楽によって共有するために結成されました。トルコの人気ミュージシャン、パンクのドラマーとしてヨーロッパで活動している奏者、若い女性ヴォーカル。多様なメンバーが、伝統の楽器とスタイルにより、かつてのトルコ民俗音楽を今に伝えます。

CAP22065 2CD's+Book チェン・シャシャ、デン・ホン − The Sound of the Soul (琴と簫のための音楽)
 Flowing waters Three Variations of the Melody "Plum Blossoms"
 Hearing the Music of a Flute on the Terrace of the Phoenix Tears for Yanhui
 Hearing Someone Play the Flute One Night in the Town of Luo Bamboo Branches
 Dawn over the Jade Palace On the River below the Qingming Festival
 Three Variations on "Parting for Yangguan" Spring Water Flowing over the Rock
 Serene Night Clouds over the Xiao and Xiang Rivers
 Spring Morning Seagulls Never Forget Su Wu Herds Sheep Yellow Clouds, Autumn Wind
 The Phoenix Hairpin (Lu You) The Phoenix Hairpin (Tang Wan) Jingling Pendants in Space
 Pu'an's Prayer From Eighteen Songs about a Nomad Flute Wild Geese Descending on the Sandbank
 Moon over the Mountain Pass The Creak of the Oars
  チェン・シャシャ (琴) デン・ホン (簫)

PREVIOUS (Folk Music in Sweden)  NEXT (Jazz)


HOME