Daphne


スウェーデン放送交響楽団のオーボエ奏者、ビョーン・ウッデーン Björn Uddén が1998年に創設したレーベル。1980年代になってレコーディング・プロデューサーとしての活動を始め、数枚のCDの製作にたずさわりました。数枚のアルバムを製作したのち、そのキャリアを活かして発足させたのがこのレーベル Daphne (ダフネ) です。スウェーデンを代表する作曲家のひとり、ヒルディング・ルーセンベリの3枚のディスクは、発売以来、静かながら根強い人気を誇っています。ちなみに、ビョーンは、作曲家オーケ・ウッデーン Åke Uddén (1903-1987) の息子さんです。

Official Website: http://www.daphne.se


DAPHNE1001 ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985) ピアノ作品集 第1
 8つの人工的な景色 (Åtta plastiska scener) 作品10 (1921)
 ピアノソナタ第1番 作品17 (1923)
 11の小品 (Elva små förendragsstudier) 作品24 (1925)
 ピアノソナタ第3番 作品20 (1926) 即興曲 (Improvisationer) (1939)
  マッツ・ヴィードルンド (ピアノ)

DAPHNE1002 オーボエ協奏曲集
エサ=ペッカ・サロネン (1958-) MIMO II (1992) (オーボエと管弦楽のため)
ダニエル・ベルツ (1943-) オーボエ協奏曲 (1986)
アルネ・ヌールハイム (1931-) ブーメラン (Boomerang) (1985) (オーボエと室内管弦楽のため)
オーレ・シュミット (1928-) オーボエ協奏曲 (1995)
  ベンクト・ルーセングレン (オーボエ) スウェーデン放送交響楽団
  エサ=ペッカ・サロネン (指揮) オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)

DAPHNE1003 ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985) ピアノ作品集 第2
 組曲 (Svit) 作品20 (1924)
  前奏曲 (Preludium) アラベスク (Arabesk) 即興曲 (Impromptu)
  牧歌 (Pastoral) ブルレスク (Burlesk)
 ピアノソナタ第2番 作品27 (1925) ピアノソナタ第4番 作品35 (1926)
 主題と変奏 (Tema con variazioni) (1941) ソナティナ (1949)
  マッツ・ヴィードルンド (ピアノ)

DAPHNE1004 ヴェネツィアのこだま − ビアジオ・マリーニ (c.1587-1665) 器楽作品集
 Sonata per sonar con due corde ソナタ第1(Sonata prima)
 「逃れよ、悲しい心よ」によるソナタ (Sonata sopra "Fuggi dolente core")
 4声のカンツォン第1(Canzon 1 a 4) La Soranza
 エコーによるソナタ (Sonata in Ecco) カデンツァなしのソナタ (Sonata senza cadenza)
 6声のカンツォン第7(Canzon 7 a 6) カプリッチョ (Capriccio)
 バレット第2(Balletto secondo)
 ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ (Sonata a violino e basso)
 3つのヴァイオリンのためのソナタ (Sonata a tre violini) La Zorzi
 4声のカンツォン第5(Canzon 5 a 4) Sonata la Foscarina
 2声のソナタ第2(Sonata seconda a 2) 「ラ・モニカ」によるソナタ (Sonata sopra la Monica)
 Sonata variata
  アンサンブル・コルド

DAPHNE1005 レイフ・セーゲルスタム (1944-)
 7
(July) (指揮者のいない管弦楽のための幻想曲) ヴァージョン1 ヴァージョン2
  SAMIシンフォニエッタ
   エンチョ・ラドゥカノフ (ダブルベース) ヤン・ベンクトソン (フルート)
   マッツ・ヴァリーン (クラリネット) ベンクト・パウルソン (トランペット)
   ミケール・リン (テューバ) マッツ・ニルソン (打楽器) 他
  レイフ・セーゲルスタム (ピアノソロ)

DAPHNE1006 ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985)
 ピアノ協奏曲第1(1930) ピアノ協奏曲第2(1950)
  マッツ・ヴィードルンド (ピアノ) スウェーデン放送交響楽団
  ペッテル・スンドクヴィスト (指揮)

DAPHNE1007 ファゴティッシモ− バスーンのための小品集
ジャコモ・ロッシーニ (1792-1868) アレグロ
ベルンハード・ヘンリク・クルーセル (1775-1838) スウェーデン風のアリア (Air suédois)
ユン・イサン (1918-1995) モノローグ (バスーン独奏のため)
カール=エーリク・ヴェリン (1934-1992) ソロ (Solo) (バスーン独奏のため)
アンドレ・シーニ (1945-) L'abominable fagott des neiges (雪の中のまったくひどいファゴット)
ドロール・フェイレル (b.1951) カヴァナ (Kavana)
フィン・モッテンセン (1922-1983) 幻想曲 (Fantasy) (バスーン独奏のため)
  クヌート・ソンステヴォル (バスーン) ステファン・リンドグレン (ピアノ)

DAPHNE1008 シューマンと詩人たち ロベルト・シューマン (1810-1856)
 アダージョとアレグロ 変イ長調 作品70 (チェロ/ホルンとピアノのための)
 美しいヘドヴィヒ 作品106 (朗読とピアノのためのメロドラマ)
 荒野の少年のバラード 作品122-1 (朗読とピアノのためのメロドラマ)
 ロマンス 作品94 (オーボエとピアノのため)
 逃亡者たち 作品122-2 (朗読とピアノのためのメロドラマ)
 幻想小曲集 作品73 (クラリネットとピアノのため)
  スティーナ・エークブラード (朗読) (スウェーデン語)
  ベンクト・ルーセングレン (オーボエ) シェシュティン・ニランデル (ピアノ)

DAPHNE1009 ヨン・フェーンストレム (1897-1961) 弦楽四重奏曲集
 弦楽四重奏曲第4番 変ホ長調 作品54 (1942) 弦楽四重奏曲第6番 ト長調 作品81b (1946)
 弦楽四重奏曲第7番 作品91 (1950) 弦楽四重奏曲第8番 作品93 (1952) (ドリア旋法の)
  リュセル四重奏団

DAPHNE1010 村の情景 (Dedinské Scény) − チェコとスロヴァキアの民謡から
ベーラ・バルトーク (1881-1945)
 村の情景 (Dedinské Scény) (1924)
  草刈りのとき  花嫁の家で 婚礼の歌 子守歌 若者の踊り
ボフスラフ・マルチヌー (1890-1959)
 新しい小品 (Novýy splalíèek)
  金持ちの恋人 (Bohatá milá) 捨てられた恋人 (Opusténý milý)
 
 あこがれ (Touha) せんさく好きの娘 (Zvédavá dievèa)
  愉快な娘 (Veselá dievè) 悲嘆にくれる恋人 (Smutný milý)
  祈り (Prosba) 高い塔 (Vysoká veza)
アントニーン・ドヴォルジャーク (1841-1904)
 ジプシーの歌 (Cigánské melodie) B104 作品55
  愛の賛歌「私の歌が鳴り響く」 ああ、聴けよ私のトライアングルを
  森はひっそりと静まりかえり 老いた母が歌を教えてくれた時 (わが母の教えたまいし歌)
  弦の調子を合わせて ゆったりと軽い亜麻の服を着て 鷹の翼はタトラの峰高く
 民謡風の歌曲 (V národním tónu) B146 作品73
  おやすみ 草刈り女 ああ、おまえはもういない 私は馬をもっている
レオシュ・ヤナーチェク (1854-1928)
 モラヴィア民俗詩による歌 (Moravská lidová poesie v písních) − 頭痛 (Bolavá hlava)
  あの空は一体何だ (Co je to za nebe) 私の恋人の馬 (Koníèky milého)
ミクラーシュ・シュナイダー=ツルナフスキ (1881-1958) 私の母の畑 (Daleko, siroko) 作男 (Oráè)
 子守歌 (Ukolébavka)
  アンニカ・フダク (メッツォソプラノ) ステファン・ニューマルク (ピアノ)

DAPHNE1011 オット・オルソン (1879-1964) オルガン作品全集 第1
 オルガン小曲形式のグレゴリオ聖歌の旋律 (Gregorianska melodier i form af orgelstycken) 作品30
 古い教会聖歌による6つの小品 (Six Pieces on Old Church Songs) 作品47
 ドリア旋法のグレゴリオ聖歌「めでたき海の星」による10の変奏曲
  (Ten variations on the Dorian plainsong "Ave maris stella")
  スヴェルケル・ユーランデル (オルガン)
  [クリスティーネハムン教会のオルガン]

DAPHNE1012 パルス − 現代スウェーデン・ピアノ作品集
イーヴォ・ニルソン (1966-) パルス (1988 rev.1992)
ユハンネス・ヤンソン (1950-) ナイチンゲール (1983 rev.1984)
ヴェルナー・ヴォルフ・グラーサー (1910-) 前奏曲 (1994) ソスペーゾ (不確かな) (1995)
マッツ・ラーション・グーテ (1965-) ヴァルキューレの騎行 (1994)
シェル・ペルデル (1954-) London Vertigo (ロンドンのめまい) (1993)
モーリス・カーコフ (1927-) 左手のための幻想曲 (1992)
ブー・ニルソン (1937-) Arctic Romance (To Gudrun) (北極のロマンス、グードルンに) (1995)
ヤン・サンドストレム (.1954-) カンバーニ・イン・カンピ・アペルティ (Campani in campi aperti) (1985)
フォルケ・ラーベ (1935-) With love #1 (愛をこめて 第1番) (1984) With love #2 (愛をこめて 第2番) (1984)
  マッティ・ヒルヴォネン (ピアノ)

◇独奏、室内楽、歌曲伴奏と、ピアニストとして多面的な活動をするフィンランドのピアニスト、ヒルヴォネン Matti Hirvonen が得意とする今日のピアノ作品を録音。内部奏法やペダルの打楽器的使用などを駆使して心臓の鼓動を再現しようとする〈パルス〉。〈ナイチンゲール〉は、インドの音楽に関心をもつユハンネス・ヤンソンが、ロマンティックな夜の抒情をとらえた音楽。グラーサーの2曲の奥に流れるのも抒情。ラーション・ゴーテの曲は、同名のヴァーグナーの音楽とは関係なく、“悪夢に悩まされる状態” とも言われる心理の描写 。ペルデルの抒情的な〈ロンドンのめまい〉と同様、ヒルヴォネンに捧げられた。プログラムの中でもっともユニークなのは、実験的音楽の分野もてがけるブー・ニルソンの〈北極のロマンス〉。後期ロマン派と印象主義を足したような音楽を耳にして、「ハービー・ハンコックの即興演奏のよう」との感想まで出た。北欧の憂愁の世界。

DAPHNE1013 オット・オルソン (1879-1964) オルガン作品全集 第2
 コラールの動機による12のオルガン小品 (Tolv orgelstycken över koralmotiv) 作品36
  待降節「主の道を整えよ」 (Advent "Bereden väg för Herran")
  降誕節「栄えあれ、美しき朝よ」 (Jul "Var hälsad, sköna morgonstund")
  降誕節「高き天より」 (Jul "Av himlens höjd")
  新年「見よ、イエスの御名に慰めあり」 (Nyår "Si, Jesus är ett tröstrikt namn")
  顕現祭「あがないの時がきた」 (Trettondedagen "Förlossningen är vunnen")
  悔悟の日「主よ、あなたの恩寵により慈悲を」 (Botdagen "Herre, dig i nåd förbarma")
  聖金曜日 (Långfredag) 復活節「墓所の上に輝く光は」 (Påsk "Vad ljus över griften")
  昇天日「栄光の地へ」 (Kristi Himmelsfärdsdag "Till härlighetens land igen")
  聖霊降臨祭「きたれ聖霊よ、主よ、神よ」 (Pingt "Kom Helge Ande, Herre Gud!")
  聖三位一体の日曜日「三位一体の神よ、我らとともにあれ」 (Hel. Trefaldighetssöndag "Gud trefaldig, statt oss bi")
  感謝祭「わが魂は主を讃えよう」 (Tacksägelsedagen "Min själ skall love Herran")
 コラール「あなたを讃えます、おお偉大な神よ」による幻想曲とフーガ
  (Fantasi och fuga öfver korarlen Vi lofve dig o store Gud) (1909)

  スヴェルケル・ユーランデル (オルガン) [クリスティーネハムン教会のオルガン]

DAPHNE1014 鏡 − 20世紀後期スウェーデン歌曲集
ユーナス・フォシェル (1957-) 鏡 (Spegelen) (1968)
 WB・イェーツの思い出への12の変奏 (Tolv variationer till minne av w. B. Yeats) (1985-91)
 − 1968年の復活祭 (Påsk 1968) 恋するものの嘆き (Älskandes klagan) 時と少女 (Tiden och en flicka)
 マリアへの子守歌 (Vaggvisa till Maria) 頭に一羽の鳥をのせて (Med en fågel sitt huvud) (1998) 
 児童オペラ〈王女と月 (Prinsessan)(1996) − ホロホロチョウ (Pärlhönan) 鐘の音 (Klocktonen)
  天使たち (Änglarna) 雲のひつじ (Molnlammet)
ハンス・ゲフォーシュ (1952-) 愛する地球 (Kära jord)
 ペール・ラーゲルクヴィストの詩による歓びの歌 (Sånger om glädje)
  − ほんとうの歓びのあるところ (Var är den djupa glädja)
  もっとも美しい時は黄昏 (Det är vackrast när det skymmer) 陽のあたる小道 (Solig stig)
 わたしが完璧だったなら (Var jag fullkomlig)
シェル・ペーデル (1954-) 歌曲集〈カント・エロティコ (Canto Erotico)
  ウッレ・ペーション (バリトン) マッティ・ヒルヴォネン (ピアノ)

◇リンドブラード Adolf Fredrik Lindblad (1801-1878) に代表されるスウェーデンの歌曲の伝統は、シェーグレン Emil Sjögren (1853-1918)、ステーンハンマル Wilhelm Stenhammar (1871-1927)、アルヴェーン Hugo Alfvén (1872-1960)、ラングストレム Ture Rangström (1884-1947) らの豊かな表現の世界に受け継がれた。しかし、音楽と詩のモダニズムの台頭により、20世紀後期になると大事な伝統も、ほとんど瀕死状態に近かった。20世紀が終わりに近づいたころ、若い音楽家たちの間でスウェーデン歌曲の復興の動きが芽生えてきた。このディスクの3人の若手作曲家、ユーナス・フォシェル Jonas Forsell、ハンス・ゲフォーシュ Hans Gefors、シェル・ペーデル Kjell Peder は、いずれもオペラの作曲を得意とする人たち。ここで歌われる歌曲では美しい旋律が聞かれ、ポスト・モダニズムのひとつの方向が示されている。作曲者ペーデル自身が詩を書いた〈カント・エロティコ (Canto Erotico)〉は、ウッレ・ペーション Olle Persson とヒルヴォネン Matti Hirvonen により初演された作品。7つの楽器をテーマにし、それぞれの楽器に対する熱い愛を詩と表現的な音楽で “語らせる”。対話を交わす男女の関係のような雰囲気を独唱とピアノが醸し出す。  

DAPHNE1015 Tribute (捧げ物)
アンデシュ・ニルソン (1954-) ピアノ三重奏曲 (1998)
スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-) 幻想曲II
(Fantasia II) (1989)
ユーハン・イェヴェルード (1962-) 序奏 (Introduktion) 遊戯 (Spel) 余韻 (Efterklang)
ヨースタ・F・ハンソン (1957-) Tribute (捧げ物)
  トリオ・マッツ
   マッツ・セッテルクヴィスト (ヴァイオリン) マッツ・ロンディン (チェロ) マッツ・ヴィードルンド (ピアノ)

DAPHNE1016 トリオ・マッツ
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ピアノ三重奏曲第5番 ニ長調《幽霊》 作品70-1
モーリス・ラヴェル (1875-1937) ピアノ三重奏曲 イ短調 (1914)
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 作品67
  トリオ・マッツ
   マッツ・セッテルクヴィスト (ヴァイオリン) マッツ・ロンディン (チェロ) マッツ・ヴィードルンド (ピアノ)

DAPHNE1017 ヨースタ・ニューストレム (1890-1966) 歌曲集
 歌曲集〈海辺の歌 (Sånger vid havet)(1943)
  岩礁で (Ute i skären) 夜景画 (Nocturne)
  海の歌 (Havets visa) 海辺にわたしの家がある (Jar har ett hem vid have)
  月の出を待つ (Jag väntar månen)
 心 (Hjärtat) (1916) むなしさへの言葉 (Ord mot det tomma) (1916)
 ペール・ラーゲルクヴィストの詩集「苦悩」の8つの詩 (4 dikter ur "Ångest" av Per Lagerkvist) (1923-28)
  この世にあるのは君だけ (Det finns ingenting i världen merä n du)
  君にたとえられるものはない (Ingenting är som du) わたしの苦悩は寂しい森 (Min ångest är en risig skog)
  愛はなにもない (Kärleken är inet) 君の唇は雨上がりの森のよう (Dina läppar äro som skogar efter regn)
  君の目はうつろ (Dina ögon äro så bara) わたしのために小道を (För mig på stigar)
  星の下で (Under stjärnorna)
 歌曲集〈3つの愛の歌 (Tre kärleksvisor)〉 − 祈り (Bön) (1927) 愛の歌 (Kärlekensvisa) (1942)
 春の時を愛す (春の夜) (Att älska i vårens tid (Forårsnat)) (1949) 
 老夫婦で家畜の番をしなければ (Gubben och gumman skulle mota vall) (1927)
 カッテガットのほとりに猫がすわり (Det sat en katt vid Kattegatt) (1946)
 歌曲集〈魂と風景 (Själ och Landskap)(1950)
  白い国 (Vitt land) 望み (Önskan) ただ彼らとともに (Bara hos den)
 敬虔 (Andakt) (1914) 夜想曲 (Nocturne) (1924)
  シャルロット・ヘレカント (メッツォソプラノ) アンデシュ・シールストレム (ピアノ)

DAPHNE1018 Solo
ユーハン・ハンメルト (1953-) 前奏曲 (Preludium)7(2000)
ペール=マグヌス・リンドボリ (1968-) Runs and resonances (1996)
ペール・リンドグレン (1952-) Winding Threads (絡みあう糸) (1998)
アンデシュ・ニルソン (1954-) Les Cloches de la Nuit (夜の鐘) (1987)
ロルフ・マッティンソン (1956-) 天秤座 (Libra) 作品36 (1996)
 双子座 (Gemini) 作品46 (1998) 獅子座 (Leo) 作品44 (1997)
ユーハン・ハンメルト (1953-) 前奏曲 (Preludium)3(1999)
  アンデシュ・シールストレム (ピアノ)

DAPHNE1019 Flames − スウェーデンの木管五重奏曲
ロルフ・マッティンソン (1956-) Coloured Flames (木管五重奏のための)
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987)
 木管五重奏のための組曲 (Svit för blåskvintett) 作品71 (1973)
ダニエル・ベルツ (1943-) Winter Pieces 2 (冬の小品 第2) (1982) (木管五重奏のための)
ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985)
 五重奏曲 (Quintetto) (1959 rev.1968) (木管五重奏のための)
  アマデ五重奏団
   スサンネ・ホールベリ (フルート) ベンクト・ルーセングレン (オーボエ) ニクラス・アンデション (クラリネット)
   ヘンリク・ブリクスト (バスーン) ハンス・ラーション (ホルン)

DAPHNE1021 ダーグ・ヴィレーン (1905-1986) 弦楽四重奏曲集
 弦楽四重奏曲第2番 作品9 (1935) 弦楽四重奏曲第3番 作品18 (1941-45)
 弦楽四重奏曲第4番 作品28 (1952-53) 弦楽四重奏曲第5番 作品41 (1970)
  リュセル四重奏団
   ベルント・リュセル (ヴァイオリン) ペール・サンドクレフ (ヴァイオリン)
   トマス・スンドクヴィスト (ヴィオラ) ミカエル・シェーグレン (チェロ)

DAPHNE1022 夢 (Dreams) − ロルフ・マッティンソン (1956-) 作品集
 カリオペー (Kalliope) 作品66b (2004) (弦楽オーケストラのための)
 AS追悼 (A. S. in Memoriam) 作品50b (1999) (弦楽オーケストラのための)
 交響的情景〈Dreams (夢)〉 作品35 (1995)
  マルメ交響楽団 クリストフ・ケーニヒ (指揮)
  [録音 20046月 マルメ・コンサートホール]
 時のおわりに (Ved tidens slut) 作品61 (2002)
 
(フルート、オーボエ、クラリネット、弦楽オーケストラと朗読のための)
  ジャック・ヴェールプ (朗読) マルメ交響楽団 マルクス・レヘティネン (指揮)

DAPHNE1023 ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 交響曲第7番 ハ長調 作品60 《レニングラード》
  スウェーデン放送交響楽団 エフゲニー・スヴェトラーノフ (指揮)
  [録音 1993年 (ライヴ)] [Vanguard Classics]

DAPHNE1024 ヴォカリーズ − チェロのための小品集
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) (レナード・ローズ 編曲) ヴォカリーズ 作品34-14
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) (マリア・シュヴァンベルガー 改訂)
 カプリッチョ風小品 作品62
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) ばらに寄せて (Till rosorna) 作品16-4
エヴェルト・トーブ (1890-1976) (マッツ・ベリストレム 編曲) 夜想曲 (Nocturne) (チェロとギターのための)
イサーク・アルベニス (1860-1909) (ヴェルナー・トーマス=ミフネ 編曲)
 スペイン組曲 作品47 (2つのチェロのための) − アストゥリアス (伝説) キューバ (カプリッチョ)
  セビーリャ (セビリャナス)
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) (グレゴル・ピアティゴルスキー 編曲)
 行進曲 作品65-10 (チェロ独奏のための)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) (マッツ・ベリストレム 編曲)
 シチリアーナ (シシリエンヌ) 作品80-3 (チェロとギターのための) 子守歌 作品16 (チェロとギターのための)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) (パブロ・カザルス 編曲) 夢のあとに 作品7-1
  マッツ・ロンディン (チェロ) スタファン・シェーヤ (ピアノ) マッツ・ベリストレム (ギター)
  ヤン=エーリク・グスタフソン (チェロ)

DAPHNE1025 スウェーデンの偉大な時代の音楽、ウプサラの「デューベン・コレクション」から
サムエル・ペーター・フォン・シドン (1640-1700)
 ソナタとアルマンド、クラント、サラバント、ジグ (Sonata con Allemanda, Courante, Sarabande, Gigue)
カスパー・フェアスター (1616-1673) 3声のソナタ ハ短調
ヨハン・エラスムス・キンダーマン (1616-1655) ソナタ第2番 イ短調
ウィリアム・ブレイド (1560-1630) ヴァイオリンと通奏低音のためのコラール
ヨハン・エラスムス・キンダーマン (1616-1655) ソナタ第1番 ニ短調
グスタフ・デューベン (父) (c.1628-1690) ハープシコード組曲
作者不詳 とても美しいソナタ (Una bellissima sonata) (ヴァイオリン、ヴィオラダガンバと通奏低音のための)
ヴィンチェンツォ・アルブリーチ (1631-1696) 2声のソナタ (ヴァイオリンと通奏低音のための)
作者不詳 ソナタ (2つのヴァイオリン、ヴィオラダガンバまたはトロンボーンのための)
ニコラウス・アダム・シュトルンク (1640-1700) 3声のソナタ

ヨハン・ヴィルヘルム・フルフハイム (c.1635-1682)  ソナタ (2つのヴァイオリンと通奏低音のための)
  ウルリカ・ヴェステルベリ (バロック・ヴァイオリン)
  トレ・クルーノル・バロックアンサンブル  エリーン・ガブリエルソン (バロック・ヴァイオリン)
   ノラ・ロール (ヴィオラダガンバ、リローネ) ミカエル・カールソン (ヴィオローネ)
   ベーリト・リンドベリ (ハープ) ペーテル・レンネルベリ (ハープシコード、ポジティヴオルガン)
   アンデシュ・エーリクソン (テオルボ)

DAPHNE1026 トリオ・ポセイドン
ヨーゼフ・ハイドン (1732-1809) ピアノ三重奏曲第32番 イ長調 HobXV18
ジョン・アイアランド (1879-1962) ファンタジー・トリオ (Fantasy Trio) イ短調 (1906)
ヨハネス・ブラームス (1833-1897) ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 作品8
  トリオ・ポセイドン
   サラ・トルーベック (ヴァイオリン) クレース・グンナルソン (チェロ) ペール・ルンドベリ (ピアノ)

DAPHNE1027 球 (Spheres) − ヴァイオリンとギターのためのデュオ
アルベット・シュネルツェル (1972-) Spheres (球) (2004)
ヘアマン・D・コペル (1908-1998) ヴァイオリンとギターのための二重奏曲 (Duo for violin og guitar) (1987)
エルランド・フォン・コック (1910-2009) 歌と踊り (Canto e Danza) (1975)
ヨーアン・イェアシル (1913-2004) 10の即興曲 (10 Impromptus) (1987)
エーバハード・アイサー (1932-) Correlazione (相互関係) (2006)
スタファン・モッセンマーク (1961-) From Tuscany to Barents Sea (トスカナからバレンツ海へ) (2007) *
  デュオ・スパルフ=ヘーレンスタム
   ニルス=エーリク・スパルフ (ヴァイオリン) ダーヴィド・ヘーレンスタム (ギター)
  イェスペル・ノルダ (エレクトロニクス、サウンドスケープ) *

DAPHNE1028 The Strenuous Life
フリッツ・クライスラー (1875-1962) 美しきロスマリン (Schön Rosmarin)
 ウィーン風小行進曲 (March miniature Viennoise) 愛の悲しみ (Liebesleid)
マッティアス・リュセル Cordes (弦) (ヴァイオリンとダブルベースのための)
チャールズ・R・バルデス ジプシーのセレナード (Serenade du Tsigane)
JS・バッハ (1685-1750) (フリッツ・クライスラー 編曲) ガヴォット (Gavotte)
L・タウンセンド (フリッツ・クライスラー、G・センガー 編曲) 子守歌 (Berceuse)
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) (フリッツ・クライスラー 編曲) 無言歌 (Lied ohne Worte)
アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904) (フリッツ・クライスラー 編曲) わが母の教えたまいし歌
シリル・スコット (1879-1970) (フリッツ・クライスラー 編曲) 蓮の国 (Lotusland)
レイフ・セーゲルスタム (1944-) ポエム (Poem)

R・ドリゴ (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) 火花のワルツ (Valse Bluette)
アレクサンドル・グラズノフ (1865-1936) 瞑想曲 (Méditation)
レオポルト・ゴドフスキ (1870-1938) (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) 古きウィーン (Alt-Wien)
デル・ヴァレ (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) たき火のそばで (Ao pé da fogueira)
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ (1895-1968) (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) タンゴ (Tango)
スピリチュアル (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) 深い河 (Deep River)
マヌエル・ポンセ (1882-1948) (ヤッシャ・ハイフェッツ 編曲) エストレリータ (小さな星) (Estrellita)
スコット・ジョプリン (1868-1917) (イツァーク・パールマン 編曲)
 エリート・シンコペーション (Elite Syncopations) ストレニュアス・ライフ (The Strenuous Life)
  ベルント・リュセル (ヴァイオリン) ウルバン・イェードボルン (ピアノ) ペーテル・リュセル (ダブルベース)

DAPHNE1029 Open Mind − ロルフ・マッティンソン (1956-) 作品集
 Open Mind (2005) (管弦楽のための)
  スウェーデン放送交響楽団 マンフレート・ホーネク (指揮)
 チェロ協奏曲第1(2005)
  マッツ・リードストレム (チェロ) ノールシェーピング交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 演奏会幻想曲〈Exposé(2005) (チェロ独奏のための)
  マッツ・リードストレム (チェロ)
 Shimmering Blue (2005) (フルート協奏曲第1番)
  マグヌス・ボーゲ (フルート) マルメ交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)

DAPHNE1031 アルベット・シュネルツェル (1972-) 室内楽作品集
 Predatory Dances (捕食の踊り) (2003) (ヴァイオリン、チェロとピアノのための)
 Dance with the Devil (悪魔と踊るダンス) (2000) (ピアノのための)
 Frozen Landscape (凍りついた景色) (2002) (チェロとピアノのための)
 レクイエム (Requiem) (2004) (ソプラノとピアノのための)
 Solitude (孤独) (1999) (チェロ独奏のための)
 嘆き (Lamento) (二つ目の傘に入った言うことをきかない子供たちのために) (2004)
  (ヴァイオリン、クラリネットとプリペアードピアノのための)
 Wolfgang is Dancing! (ヴォルフガングが踊っている) (2002)
  (ヴァイオリン、クラリネットとチェロのための)
  トビアス・リングボリ (ヴァイオリン) クレース・グンナション (チェロ)
  ペール・ルンドベリ (ピアノ) スタファン・モッテンソン (クラリネット)
  スサンナ・アンデション (ソプラノ) フランシスカ・スクーグ (ピアノ)

DAPHNE1032 ウォルトマン、コルンゴルトを弾く − エーリヒ・コルンゴルト (1897-1957)
 ヴァイオリンソナタ ト長調 作品6 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  ポール・ウォルトマン (ヴァイオリン) ベンクト・フォシュベリ (ピアノ)
  スウェーデン放送交響楽団 ダーヴィド・ビョークマン (指揮)

DAPHNE1033 2CD's フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) オルガン作品集
 3つの前奏曲とフーガ (3 Präludien und Fugen) 作品37 アンダンテ ニ長調 パッサカリア ハ短調
 コラールと変奏曲 Nachspiel ニ長調 アンダンテ・コン・モート ト短調 フゲッタ ニ長調 フーガ ホ短調
 フーガ ヘ短調 前奏曲 ハ短調 アンダンテと変奏曲 ニ長調 アレグロ、コラールとフーガ
 6つのオルガンソナタ (6 Sonaten für Orgel) 作品65 アンダンテ ヘ長調 アレグロ 変ホ長調
  ハンス・ファーギウス (オルガン)
 [コッコラ教会 (コッコラ、フィンランド) の Åkerman & Lund オルガン]

DAPHNE1034 シャルル・ヴァランタン・アルカン (1813-1888) ピアノ作品集
 ピアノソナタ 作品334つの時代 (Les quatre âges)
 短調による12の練習曲 (12 Études dans les tons mineurs) 作品39 − 交響曲 (Sinfonie)
  ステファン・リンドグレン (ピアノ)

DAPHNE1035 ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) 弦楽四重奏のための音楽
 晩秋の葉 (Senhöstblad) 作品20 (1940) 弦楽四重奏曲第1番 作品31 (1944)
 弦楽四重奏曲第2番 作品44 (1955) 《セレナード風の四重奏曲 (Quartetto alla serenata)
 弦楽四重奏曲第3(1975)
  ステーンハンマル四重奏団
   ペーテル・オロフソン (ヴァイオリン) ペール・オーマン (ヴァイオリン)
   トニー・バウアー (ヴィオラ) マッツ・オロフソン (チェロ)

DAPHNE1036 スタファン・ストルム (1964-) ピアノ作品集
 L'eure bleue (青の時) (2005)
 Trois tableaux (3枚の絵画)
  Les Illes d'or (金の島) (2006) Femmes au jardin (庭のなかの女性) (2004/06)
  La vague violette (すみれ色の波) (2006/09)
 夏の葉陰に (I skuggan av en sommar) (1989) (2台のピアノのための) *
 Lied vom Meer (海の歌) (2009)
  Uraltes Wehn vom Meer (時を知らぬ海風) Meerwind bei Nacht (夜の海風)
  von weit herein... (かなたより来る…) ...im Mondschein (月明かりのなかに…)
 Das Gift (毒) (1993)
  フランシスカ・スクーグ (ピアノ) ローランド・ペンティネン (ピアノ) *

DAPHNE1037
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927) 交響曲第2番 ト短調 作品34
トヌ・コルヴィツ (1969-) 管弦楽のためのパッサカリア
  マルメ音楽大学交響楽団 ニール・トムソン (指揮)

DAPHNE1038 Memento Mei (わたしを覚えておいてください) − アルベットゥス・ピクトルの時代の歌
ジャン・ムトン (c.1459-1522) Alleluia, confitemini Domino
 Quaeramus cum pastoribus (われら羊飼いたちとともにたずねん)
ヨハネス・オケヘム (オケゲム) (c.1410-1497)
 Missa pro defunctis (死者のためのミサ) − 詠唱「Sicut cervus (鹿が水を求めるように)」
ジャン・リシャフォール (c.1480-c.1547) Christus resurgens (そして死者の中から復活させられたキリストは)
ジョスカン・デ・プレ (c.1455-1521) Nunc dimittis (主よ、今こそあなたは)
 Gaude virgo mater christi (喜べ処女、キリストの御母) Ave Maria...virgo serena (アヴェ・マリア)

クレマン・ジャヌカン (c.1485-1558) 鳥の歌 (Le chant des oiseaux)
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ (c.1525-1594) Sicut cervus (鹿が水を求めるように)
ペドロ・デ・エスコバル (c.1465-after 1535) Clamabat autem mulier (カナンの女の信仰)
リチャード・パイゴット (c.1485-1549) Quid petis, o fili (幼子イエスをあやす聖母マリア)
ヤコブ・クレメンス・ノン・パパ (c.1510-1555/1556?) Vox in Rama (ラマで声が聞こえた)
アントワーヌ・ブリュメル (1460-1513) Heth, cogitavit Dominus (主はおとめシオンの城壁を滅ぼそうと定め)
  アカペラ・ホルミエンシス

DAPHNE1039 Music for a Royal Wedding (王室の婚礼のための音楽)
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907)
 トロールハウゲンの婚礼の日 (Bryllupsdag på Troldhaugen) 作品65-6
モニカ・ドミニク (1940-) (ロベルト・マルムベリ 編曲) 献呈 (Tillägnan)
ナンネ・グレンヴァール、ペーテル・グレンヴァール、マリア・ロードステン (ÅE 編曲)
 この世でもっとも美しいもの (Det vakraste)
ヤンネ・クランツ 君への憧れを (Av längtan till dig)
エヴェルト・トーブ (1890-1976) 海がこれほど美しく光ることは (Så skimrande var aldrig havet)
トリニ・ビョーク (1938-) (パトリク・フーゲネス 編曲) 民謡の調子で (I folkviseton)
ウルリク・ノイマン (1918-1994) (マッティン・オステルグレン 編曲) 愛のワルツ (Kärleksvals/Valse d'amour)
グスタフ王子 (1827-1852) ばらの香りに (I rosens doft)

オスカル・メリカント (1868-1924) 白樺のざわめきが (Där björkarna susa)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 待つときほどいいことは (Intet är som väntans tider)
 アスポケルのポルスカ (Aspaåerspolska)
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 君を愛す (Jeg elsker dig) 作品5-3
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) わが心を汝 (な) が御手に (Saa tag mit Hjerte) 作品54
フランツ・シューベルト (1797-1828) アヴェ・マリア (Ave Maria) D839
ジャコモ・プッチーニ (1858-1924)
 私のいとしいお父さん (O mio babbino caro) (オペラ《ジャンニ・スキッキ (Gianni Schicchi)》 から)
レイナルド・アーン (1875-1947) クロリスに (A Chloris)

スタファン・ストルム (1964-) 夏の夜 (Sommarnatt)
  スサンナ・アンデション (ソプラノ) フランシスカ・スクーグ (ピアノ)

DAPHNE1040 雪解け (Dagsmeja)
フレードリク・ヤーコブソン 雪解け (Dagsmeja) 1844年のスケッチ (En skis från 1844) 署名 (Namnteckningar)
 冬至 (Midvinter) 19793月から (Från mars - 79) 国家不安 (Osäkerhetens rike) 雪が降る (Snö faller)
 鷲の岩 (Örnklippan) ふたつの都市 (Två städer)
ホーカン・パークマン (1955-1988) キリエ (Kyrie) エスプレッソ (Espresso)
 無題のハ長調 ([Untitled Work] in C major)
 高貴な毛皮の色合いのある11(November med skiftningar av ädelt pälsverk)
 3:42 丘の頂上から (Från berget) 昼寝 (Siesta)
モーリス・カルコフ (1927-) 黒と白のカササギ (En svartvit skata) 神の御前 (Närvaro av Gud)
  エンマ・トランストレーメル (メッツォソプラノ) アンドレアス・クリューゲル (ピアノ)
  ダーヴィド・ヘーレンスタム (ギター) ベルント・リュセル (ヴァイオリン)

DAPHNE1041 2CD's ユーハン・ヘルミク・ルーマン (1694-1758) 12のキーボード組曲 (ソナタ)
 組曲第1番 変ホ長調 BeRI225 組曲第2番 ニ長調 BeRI226 組曲第3番 ト長調 BeRI227
 組曲第4番 ニ長調 BeRI228 組曲第5番 ト短調 BeRI229 組曲第6番 変ロ長調 BeRI230
 組曲第7番 ヘ長調 BeRI231 組曲第8番 イ長調 BeRI232 組曲第9番 ニ短調 BeRI233
 組曲第10番 ロ短調 BeRI234 組曲第11番 ヘ短調 BeRI235 組曲第12番 ホ短調 BeRI236
  オスカル・エークベリ (ピアノ)

DAPHNE1042 面影 (Relic) − フランスのリュート音楽
フランソワ・デュフォー (c.1604-c.1670) 小曲集 ト短調
ジャック・ガロ (c.1625-c.1695) 小曲集 イ短調
ジャン・メルキュール (c.1600-c.1660) 小曲集 イ短調
ジェルマン・ピネル (c.1600-1661) 小曲集 ニ短調
  アンデシュ・エーリクソン (リュート)
 [楽器 ラーシュ・ヨンソン製作 ハンス・フライ (ボローニャ) (1550年代) 11コース・リュートのコピー (2000年)]

DAPHNE1043 黒いギター (Guitarra Negra)
マヒモ・ディエゴ・プホル (1957-) 5つの前奏曲 (5 Preludios) (1985)
ホセ・ルイス・メルリン (1952-) 思い出の組曲 (Suite del Recuerdo)
アストル・ピアソラ (1921-1992) 勝利 (Triunfal)
アントニオ・ホセ・マルティネス・パラシオス (1902-1936) ギターのためのソナタ (Sonata para Guitarra) (1933)
サラ・バラス (1981-) 黒いギター (Guitarra Negra) (ギターと六重奏のための)
  セバスチャン・カルダス・セバロス (ギター)
  ノルボッテン NEO
 
  サラ・ハンマルストレム (フルート) ロベルト・エーク (クラリネット) クリスチャン・スヴァルヴァール (ヴァイオリン)
   ダーヴィド・ガンメルゴード (チェロ) ダニエル・サウル (打楽器) ユーハン・ウッレーン (ピアノ)
   ペッテル・スンドクヴィスト (芸術監督)

DAPHNE1044 あすの朝 (Morgen)
リヒャルト・シュトラウス (1864-1949) あすの朝 (Morgen) 作品27-4 アモール (Amor) 作品68-5
 ばらの花環 (Das Rosenband) 作品36-1 子守歌 (Wiegenlied) 作品41-1
イングヴァル・リードホルム (1921-) 道に迷うと草が歌い (För vilsna fötter sjunger gräset)
 地中海にて (Vid Medelhavet) マドンナの子守歌 (Madonnans vaggvisa)
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987) 泉 (Källan) わたしの存在の表面から (Från mitt väsens yta)
 無駄なものは何もない (Intet är förgäves) 一通の手紙が (Det kom ett brev)
モーリス・カルコフ (1927-) リス (Ekorren) 暗がりの中、あなたのそばに (I mörkret hos dig)
 タラッタ! (海!) (Thalatta!) 手のひら (Handens inside) 陽当たりのいい日だ (Det är en solig day)
ヨースタ・ニューストレム (1890-1966) ただひとつのもの (Det enda) 浅瀬にて (På reveln)
 信じられない日 (Otrolig dag) 海は歌う (Havet sjunger)
フランツ・シューベルト (1797-1928) セレナード (Ständchen) D957-4 秘められし恋 (Heimliches Lieben) D922
 恋人のそばに (Nähe des Geliebten) D162 月に寄す (An den Mond) D193
  エリーン・スクーリュプ (ソプラノ) ファビエンヌ・ローメル (ピアノ)


HOME

Artwork © Daphne (Sweden)