Helsingin Konservatorio


ヘルシンキ音楽院の自主制作ディスク。音楽院の学生や卒業生のアンサンブルが録音しました。フィンランドきってのバリトン歌手ヨルマ・ヒュンニネンが音楽院の校長ユッカ・クハと共演した、音楽院のコンサートホール落成記念ライヴは、貴重なアルバム。Sペッカ・ヘラスヴオが編曲したシベリウスの弦楽四重奏曲《内なる声》は、これが唯一の録音です。


HKSCD101 ジャン・シベリウス (1865-1957)
 弦楽四重奏曲〈内なる声 (Voces Intimae)〉作品56 (ペッカ・ヘラスヴォ 編)
 メロドラマ〈嫉妬の夜 (Svartsjukans nätter)(1888)
  (朗読、ヴァイオリン、チェロ、ピアノとソプラノのための)
 メロドラマ〈伯爵夫人の肖像(Grevinnans konterfej)(1906) (朗読と弦楽オーケストラのための)
 メロドラマ〈孤独なシュプール (Ett ensam skidspår)(1925 rev.1948)
  (朗読、ハープと弦楽オーケストラのための)
 伯爵夫人の肖像 (朗読なし) 孤独なシュプール (朗読なし)
  ラッセ・ポユスティ (朗読) カトリーナ・ケルッポラ=ハマライネン (ソプラノ)
  ヘルシンキ音楽院室内管弦楽団 ペッカ・ヘラスヴオ(指揮)

HKSCD102 IMU
ルチアーノ・ベリオ (1925-2003) Folk Songs (1964) (ソプラノと7つの楽器のための)
ジェルジ・クルターグ (b.1926)
 A Kis Csáva (The Little Fix) (ピッコロ、ギターとトロンボーンのための)
ユッカ・リンコラ (b.1955)
 Between Two Stages (ふたつの舞台の間で) (1988) (ソプラノ、チェロとピアノのための)
イーロ・オッリラ (b.1971) Kau (III) (1996) (2人のソプラノと室内アンサンブルのための)
マッティ・スネル (b.1963)
 Now...can you stop it? (さて…止められるかい?) (ジェルジ・リゲティへのオマージュ)
  J・マーティナ・ルース (ソプラノ) IMU イーロ・オッリラ (指揮)

HKSCD103 Tassutellen ja tanssien

HKSCD104 ロベルト・シューマン (1810-1856) 歌曲集〈詩人の恋〉作品48
  ヨルマ・ヒュンニネン (バリトン) ユッカ・クハ (ピアノ)
  [1999930日ヘルシンキ音楽院ライヴ]

HKSCD105 ヘルシンキ・コンコルディア − 音楽で描くフィンランドの絵
ジャン・シベリウス (1865-1957) 組曲〈恋するもの (Rakastava)〉作品14
エイノユハニ・ラウタヴァーラ (1928-) ペリマンニたち (Pelimannit) 作品1
アウリス・サッリネン (1935-) 
 ペルトニエミ・ヒントリクの葬送行進曲の諸相 (Aspekteja Peltoniemen Hintriikin surumarssista) (1981)
ペール・ヘンリク・ノルドグレン (1944-)
 ペリマンニの肖像 (Perlimannimuotokuvia) 作品26
  ヘルシンキ・コンコルディア ペッカ・ヘラスヴオ (指揮)


HOME

Artwork © Helsingin Konservatorio (Finland)