Losen Records

ノルウェーのインディペンデントレーベル。


LOS101-2 ダーグ・アルネセン・トリオ − ノルウェーの歌 3 (Norwegian Song 3)
 De nære ting (心のそばに) Astrid mi Astrid (わたしのアストリ) Dialog (対話)
 Pål sine høner (Pål på haugen) (ポールは丘の上で) En morgen på Vareggen (ヴァールエッゲンの峰の朝)
 I balladetone (バラード調で) (グリーグ曲) Den norske dalevise 2 (ノルウェーの谷の歌 2)
 God natt (おやすみ) (トヴェイト曲) Dansende blomst (踊る花) Pausesignalet (休憩の合図) (グローヴェン曲)
  ダーグ・アルネセン・トリオ  ダーグ・アルネセン (ピアノ、シンセサイザー)
   エレン・アンドレア・ヴァング (ベース、エレクトリックベース) ポール・トゥーヴセン (ドラムズ、パーカッション)
  パレ・ミケルボー (トランペット、フリューゲルホルン、ビートボクシング)

LOS102-2 オルガ・コンコヴァ − My Voice
 As Before Never Say I Could A Thought I'll Be Leaving Lament for a Lost Maiden A While
 Snowflakes My Voice
  オルガ・コンコヴァ (ピアノ) ヴェンケ・ロスネゴール (ヴォーカル)
  ポール・ヒッレスタ (パーカッション、ドラムズ) パオロ・ヴィナッチャ (パーカッション)

LOS103-2 フランク・クヴィンゲ − Arctic Skyway
 Childs' Play Snowboarding Down Gaustadtoppen Summit Arabian Blue Hey Baby, Hey
 Boy Sad Latino Boy Twittering after Myllarguten Spring in Bondal Proposal Song
 Engagement Samba My Wedding Waltz Baptism Song The Tuddal Express
 Frank's Tango Arctic Skyway
  フランク・クヴィンゲ (ギター)

LOS104-2 オーレ・マティセン、ペール・マティセン、パオロ・ヴィナッチャ − Elastics
 Systems Init Paolo Entrante Depth Conditioning Elastics Syllinghymne Rabbagast Buoyancy
 Pols Channeling Kicks Ab Himmelhvelving
  オーレ・マティセン (サクソフォーン) ペール・マティセン (ベース) パオロ・ヴィナッチャ (ドラムズ)

LOS105-2 ジョン・サーマン − The Rainbow Band Sessions
 Bedrocks Inn The Wizard Lopsided Going for a Burton My Sketchy Spanish Off Minor
 One Last Waltz Longing
  ヤン・エーリク・コングスハウグ (エレクトリックギター) エルレンド・スレッテヴォル (ピアノ)
  スティーグ・ヴァルリグ (ベース) ロジャー・ヨハンセン (ドラムズ) アンドレアス・ビ (ドラムズ)
  ホーヴァル・フォッスム (サクソフォーン) アトレ・ニモ (サクソフォーン) フルーデ・ニモ (サクソフォーン)
  クヌート・リスネス (サクソフォーン) ロイ・ニコライセン (トランペット) ヨルゲン・イェルデ (トロンボーン)
  ジョン・サーマン (指揮)

LOS106-2 オルガ・コンコヴァ − Return Journey
オルガ・コンコヴァ (作曲)
 Preface: Long Road In a Country, Far Away At My Request My Heroes Way Back When
 Wither Are You Bound? The Collective Unconsciousness Bright & Shiny Return Journey
 Seen from the Past Divine Lost and Not Found Epilogue: the Tale Has Been Told
  オルガ・コンコヴァ (ピアノ)

LOS107-2 ダーグ・アルネセン・トリオ − ノルウェーの歌 第1(Norwegian Song 1)
 ルンダーネで (Ved Rondane) オーラよオーラ、愛しいわが子 (Ola, Ola, min eigen unge)
 マルギット・ユクセ (Margit Hjukse) アリエッタ (Arietta) 向こうにあなたの影が (Eg ser deg ut før gluggjin)
 オーゴットの山の歌 (Aagots fjeldsang) ホーヴァル・ヘッデ (Håvard Hedde)
 イェンディーネの子守歌 (Gjendines bådnlåt) ノルウェーの谷の歌 (Den norske dalevise)
 ファルクヴォル・ルーマンソン (Falkvor Lomansson) セーテルの娘の日曜日 (Sæterjentens søndag)
  ダーグ・アルネセン・トリオ
   ダーグ・アルネセン (ピアノ) テリエ・ゲヴェルト (ベース) ポール・トゥーヴセン (ドラムズ、パーカッション)
 [Resonant Music RM17-2]

LOS108-2 ダーグ・アルネセン・トリオ − ノルウェーの歌 第2(Norwegian Song 2)
 朝の気分 (Morgenstemning) ブローマン、ブローマン (Blåmann, Blåmann)
 杖をもった老婆 (Kjerringa med staven) いつだって人は不平ばかり (Dei vil alltid lkaga og kyta)
 漁師のバラード「タラの漁場まで漕いでいった」(Eg rodde meg ut på seiegrunnen)
 一輪の桜草をもって (Med en Primula veris) ニルス・タッレフィヨルデン (Nils Tallefjorden)
 罪びと (Den skyldige) ダーレビュ・ヨンソン (Dalebu Jonson) 羊のトゥッラと15(Eg gjette Tulla i 15 år)
 険しい山と丘の間を海に向けて (Mellom bakkar og berg)
  ダーグ・アルネセン・トリオ
   ダーグ・アルネセン (ピアノ) テリエ・ゲヴェルト (ベース) ポール・トゥーヴセン (ドラムズ、パーカッション)
 [Resonant Music RM20-2]

LOS109-2 クリステル・フレドリクセン − Urban Country
 JC & DC Passing on 78 and Counting Little Girls 5 IM Simon Says E-minor Signes sang The O
 In a Sentimental Mood
  クリステル・フレドリクセン (ギター) アウドゥン・ラモ (ベース) ビョルン・スティーアウレン (ドラムズ)
  ベンディク・ホフセト (サクソフォーン) インゴルヴ・ホーラン (ピアノ)

LOS110-2 スコピエ・コネクション・ミーツ・エルンスト・ライセガー (The Skopje Connection Meets Ernst Reijseger)
 Giovanni da Nembro Branko, Branko, Branko Gotcha Marsh na V'nka One Legged Tango Zlust Outskirts
 Love Song Tiny Waltz  Kas Kas The Old Man and the Seal Midnight Rooster Gjotzville 2
  スコピエ・コネクション
   ジヤン・エミン (ホルン、メロディカ) ルカ・アキーノ (トランペット、フリューゲルホルン)
   ゲオルギ・サレスキ (ギター)
  エルンスト・ライセガー (チェロ)

LOS111-2 ヒルデグン・オイセト − Stillness
 Hymn to the Stillness Ambrosia Wall View Circle Balance (Pending Extremely Awake In Limbo) Grand
 Homage Enamor Michael Collins
  ヒルデグン・オイセト (トランペット) アイオルヴ・ダーレ (ピアノ) トルビョルン・デュールード (ピアノ)
  マッツ・アイレットセン (ベース) トマス・ストローネン (ドラムズ)

LOS112-2 ホーヴァル・フォッスム、ボリエ=アーレ・ハルヴォシェン・カルテット − Examination of What
 Examination of What Duc des Lombards Little Drummer Boy Catch and Release Arnardo's Rhumba *
 Søta bror At the Lighthouse Tajta Jeans
  ホーヴァル・フォッスム (テナーサックス、ソプラノサックス)
  ボリエ=アーレ・ハルヴォシェン (テナーサックス、アルトサックス、ソプラノサックス) イェンス・フォッスム (ベース)
  ホーコン・ミョーセト・ヨハンセン (ドラムズ) ホーヴァル・カスペシェン (ハンドクラップ) *

LOS113-2 フランク・クヴィンゲ − Wild Birds
 Wild Bird 61'N How You Carried Me O Vos Felices Olga Du/You Inga Litimor Jomfruen/The Maiden
 Riverwide Washing of thes Water
  フランク・クヴィンゲ (アクースティックギター、エレクトリックギター) シュンノヴェ・ルーグンリーエン (ヴォーカル)

LOS114-2 アルネセン、ゲヴェルト、クリスチャンセン − Inner Lines
 Resting Inner Lines I Should Care A Waltz Woodpecker Hope Bilberry Pluck Ictus Bloom
 Alone by Accident Bim Bam Bom That Kid In Your Own Sweet Way With a Bad Back
  ダーグ・アルネセン (ピアノ) テリエ・ゲヴェルト (ベース) スヴァイン・クリスチャンセン (ドラムズ)


HOME

Artwork © Losen Records (Norway)