nosag records


CD051 single dawn earth − ヨーラン・アグドゥル
 winternight conversation (冬の夜の会話) valse miracle (驚きのワルツ)
 the curtain rises (幕があがる) starlight of zizipompom valse yasmin
 the dance of dizziness (くらくらする踊り) valse melancolie (メランコリーワルツ)
 struggle on (争いはつづく) dawn earth the littel boy dreams (少年は夢を見る)
  セミ・スタールハンメル (ヴァイオリン) ヨーラン・アグドゥル (ピアノ)

CD052 ヘッセルビ・モテット合唱団
ヘンリー・パーセル (1659-1695) わが祈りを聞きたまえ 主よ、われらが罪を思い出したもうなかれ
ホーカン・マッティンソン (b.1945) Offertoriehymn 
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) Richte mich Gott
ヤン・サンドストレム (b.1954) サンクトゥス
アントン・ブルックナー (1824-1896) この場所をつくりたもうたのは神である WAB23
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 子供たちを愛する神 (Gud som haver barnen kär)
マルングのコラール (アンデシュ・ニューベリ (b.1955) 編曲) 友はいずこに (Var är den vän)
ジョン・ラター (b.1945) 聖パトリックの祈り (A prayer of Saint Patrick)
 神よわたしの頭の中に (God be in my head) カンターテ・ドミノ
ハヴィエル・ブスト (b.1949) アヴェ・マリア
アンデシュ・オールヴァル (b.1932) このすばらしい夏の季節に (I denna ljuva sommartid)
カイ=エーリク・グスタフソン (b.1942)
 最高に美しいのはたそがれ (Det är vackrast när det skymmer)
クヌート・ニューステット (b.1915) Peace I leave with you (わたしは平和をあなたがたに残し)
 I will praise thee, o Lord (おお主よ、あなたを賛美します)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) 聖処女マリアの賛歌
オット・オルソン (1879-1964)
 6つのラテン語の聖歌 − 詩編120番「苦難の中から主を呼ぶと」 殉教者たちの輝ける王イエスよ
ゲオルグ・リーデル (b.1934)
 Psaltarpsalmer (賛美歌)
  Gud som ger mig liv Bara en vindfläkt är mnniskorna Tacka Herren med sång
  Din godhet och nåd Till Dig, Herre  Ur djupen ropar jag till Dig  Led mig
 なんじはさらに偉大なり (Du som är större)
ステファン・ニルソン (b.1955) 光の歌 (Ljusets sång)
  ゲオルグ・リーデル (ダブルベース) ステファン・ニルソン (ピアノ)
  ヘッセルビ・モテット合唱団 モナ・エーントルプ (指揮)

CD053 チャバ・デアーク (b.1932) ウィンドオーケストラのための作品集
 Anémone de Felix (フェリクスのアネモネ) (1993) (シンフォニックバンドのための)
 クラリネット協奏曲 (1992) (クラリネットとウィンドオーケストラのための)
 Farina Pagus (ミョルビュー) (1984) (シンフォニックバンドのための)
 Memento mare (海の形見) (1995) (混声合唱とウィンドバンドのための)
 ウィンドオーケストラのための交響曲 (1995)
  チェル・ファゲーウス (クラリネット) フィルハーモニック合唱団
  王立音楽高等学校ウィンドオーケストラ アンドレーアス・ハンソン (指揮)

CD054 2×モーレル (2 x Möller) − ライヴ
ユハンネス・V ・モーレル (b.1981) トッカータ
エイトル・ヴィラ=ロボス (1887-1959) エチュード第113番
G・F・ヘンデル (1685-1759) ソナタ イ短調
マウロ・ジュリアーニ (1781-1829) 大ソナタ イ長調 作品85 (フルートとギターのための)
アストル・ピアソラ (1921-1992) タンゴの歴史
フランシス・プーランク (1899-1963) 常動曲
エミール・ペサール (1843-1917) アンダルシア
  マッツ・モーレル (フルート) ユハンネス・モーレル (ギター)

CD055 カタリーナ教会合唱団、待降節に歌う (Sjung in Advent Katarina Choirs)
ピエ・カンツィオーネス (アンデシュ・オールヴァル (1932-) 編曲) 甘き喜びのうちに (
In dulci jubilo)
ゴットフリート・アスグスト・ホミリウス (1714-1785) 主なるわれらが神に感謝します (Deo dicamus gratias)
ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラー (1749-1814) ホサナ (Hosianna)
10世紀のラテン語聖歌 来たれエマヌエル (O kom, o kom Immanuel)
GF・ヘンデル (1685-1759) シオンの娘よ、喜べ (Dotter Sion, fröjda dig) ハレルヤ
カール=ベッティル・アイネスティグ (1924-)
 さあ、もうじきクリスマスを祝うときが (Nu kommer julens högtid snart)
カーリン・ギブソン はじめての待降節 (Första advent)
オット・オルソン (1879-1964) 待降節 (Advent)
ボンド/アンデシュ・オールヴァル (1932-) 主の道をととのえよ (Bereden väg för Herran)
マーガレータ・メリン (詩) 待降節は暗く寒く (Advent är mörker och kyla)
ジョン・ラター (1945-) 天使たちのクリスマスの歌 (Änglars julsång)
サムエル・シャイト (1587-1654) チェントーネ第2番 − 第2楽章 (金管五重奏のための)
JS・バッハ (1685-1750) クリスマス・オラトリオ BWV248 − いと高きにある神に栄光あれ
ステラン・サグヴィーク (1952-)
 聖書のファンファーレ (Biblisk Fanfar)1番 (金管五重奏のための)
 聖書のファンファーレ (Biblisk Fanfar)2番 (金管五重奏のための)
ヤン・サンドストレム (1954-) 喜べ、なんじキリストの花嫁よ (Gläd dig, du Kristi brud)
ウィリアム・バード (1543-1623) 主のつくりたもうたこの日 (Haec Dies)
アンデシュ・オールヴァル (1932-) (編曲)
 行けシオンよ、なんじの王と会うために (Gå Sion din konung att möta)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) ばらの花はない (There is no rose)
グレゴリオ聖歌 Missa Cum Jubilo − サンクトゥス
チャールズ・ウッド (1866-1926) マニフィカト Nunc dimittis
ドイツ民謡 詩編103番「わたしの魂よ、主をたたえよ」
マルコ・エンリコ・ボッシ (1861-1925) カンターテ・ドミノ
ジャン・シベリウス (1865-1957) 栄誉はいらない (Giv mig ej glans) 作品1-4
  カタリーナ教会児童合唱団 カタリーナ教会少年合唱団 カタリーナ教会少女合唱団
  カタリーナ教会室内合唱団 カペッラ・カタリーネ カタリーナ・ノーヴァ カタリーナ教会男声合唱団
  カタリーナ教会信者たち 器楽アンサンブル グンネル・ニルソン (指揮) ラーシュ=エヴェ・ニルソン (指揮)  

CD056 Short Sound − 現代イタリア・ギター作品集
フランコ・ドナトーニ (1927-2000) Algo (1977) (ギターのための2つの小品)
アルド・クレメンティ (b.1925) Dodici variazioni 幻想曲
シルヴァーノ・ブソッティ (b.1931) Rara
ブルーノ・マデルナ (1920-1973) Y Despues
ルチアーノ・ベリオ (1925-2003) セクエンツァ第11番 (1988)
 Brin (1994) (ブルース・チャールズ版) Brin (2001) (エリオット・フィスク版)
  マグヌス・アンデション (ギター)

CD057 世界に生きる (Leva i världen) − ステファン・セーフステーン
 シスタ・ミサ曲 (Kista Mass)
  イェルヴァ・ロステル合唱団 器楽アンサンブル ステファン・セーフステーン (指揮)

CD058 ブートシルカ教会のフランス・オルガン音楽
アレクサンドル・ギルマン (1837-1911) ソナタ第1番 ニ短調 作品42
ガスパール・コレット (c.before 1733)
 第8旋法のミサ曲 (Messe du 8e ton à l'usage des dames réeligeuses) (1703)
 − Cromhorne en Taille Basse de Trompette
フランソワ・クープラン (1668-1733) 修道院のためのミサ − Recit de Chromhorne
 教区のためのミサ − Recit de Cornet
ウジェーヌ・ジグー (1844-1925) オルガンのための10の小品 − メヌエット
シャルル=マリー・ヴィドール (1844-1937) オルガン交響曲第5番 − トッカータ
 オルガン交響曲第4番 − アンダンテ・カンタービレ
ルイ・ヴィエルヌ (1870-1937)
 オルガン交響曲第2番 ホ短調 作品20 − アレグロ カンタービレ フィナーレ
  ルーネ・カールソン (オルガン) [ブートシルカ (Botkyrka/
救済教会) 教会のオルガン]

CD059 マリンボリーノ
デイヴィッド・ジョーンズ (b.1958) Legal Highs (合法的陶酔) (ヴァイオリンとマリンバのための)
エーベルハルト・アイザー (b.1932) DUO 3.C
アナス・コペル (b.1947) タランテッラ (1996)
パブロ・デ・サラサーテ (1844-1908) プライェーラ (祈り) (スペイン舞曲集第5番)
 サパテアード (スペイン舞曲集第6番) ミラマール アンダルシアのロマンス (スペイン舞曲集第3番)
エミール・ルイ・パッサール (1843-1917) アンダルシア (1878)
  マークス・レオソン (マリンバ) セミ・スタールハンメル (ヴァイオリン)

CD060 ベリスラーゲンの心象
グンナル・テュレスタム (1900-1984)
 交響曲第2番《Sinfonia Bergslagiensis (ベリスラーゲン交響曲)》(1980)
クット・アッテルベリ (1887-1914)
 ビリスラーゲン・セレナード (1922) − スレングポルスカ (Slängpolska)
  ソングポルスカ (Sångpolska) 第1番 糸紡ぎ歌 (Spinnvisa)
エルランド・フォン・コック (b.1910) ベリスラーゲン序曲 (Bergslagsuvertyr) (1984)
クリスティーナ・フォシュマン (b.1970)
 ベリ=スラーゲン (Berg-slagen) (ブリキ管、水、鋸と打楽器のための) (1998)
オラヴ・フランセーン (b.1946) 4つの現実 (Four Realities) (1998)
ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985)
 ベリスラーゲンの心象 (Bergslagsbilder) 作品72 (1937) − この明るい夏の夜 (Den ljusa sommarnatten)
  ウーロヴ・フランセーン (朗読) ベリスラーゲン交響楽団 クラース・シェーブルム (指揮)
  グレン・モソップ (指揮) トマス・カプテン (指揮)

◇ベリスラーゲン室内交響楽団は、趣味で楽器を演奏する人たち、音楽学校の学生、音楽教師、プロの音楽家など、中部スウェーデンの音楽家たちが余暇を楽しむために1974年に結成した団体。週末には集まって練習。年間15回から20回のコンサートをこなす。毎年夏に行われるオーケストラ演奏の夏期講習は、この地方の音楽水準の向上に貢献している。このアルバムではベリスラーゲン地方にちなんだ曲が演奏され、なかでもフォン・コック、フォシュマン、フランセーンの作品は、この団体のために書かれた。神秘的な山岳地帯とかかわりのある音楽家たちによる、ダイナミックで開放的、そして内省的な音楽が楽しめる。

CD061 Pearls (サンプラーディスク)

CD062 ホーガリドの待降節とクリスマス
 たくさんのキャンドルに灯がともった (Nu tändas tusen juleljus)
 Gören portarna höga 待降節 (Advent) クリスマスの季節に (I juletid)
 ホザンナ (Hosianna) Tomorrow shall be my dancing day
 クリスマス、輝くクリスマス (Jul, jul, strålande jul) 御子がお生まれになった (Han är född) 
 ベツレヘムの星 (Betlehems stjärna) 急ぎベツレヘムへ (Skynda till Betlehem)
 ひとり幼子が生まれた (A Child is born) 聖しこの夜 天使の歌を聴け (Lyss till änglasången) 
 三人の王 (Tre Kungar) For unto us a Child is born He shall feed his flock ハレルヤ
 クリスマス協奏曲 − アレグロ パストラール
 カンターテ・ドミノ
  ジャネット・シェーン (ソプラノ) ウッレ・ペーション (バリトン) ホーガリド・モテット合唱団
  ホーガリド室内管弦楽団 ヨーテ・ヴィードルンド (指揮)


CD063 フランツ・シューベルト (1797-1828) 歌曲集
 笑いと涙 D777 セレナード D957-4 (歌曲集〈白鳥の歌〉から)
 ガニュメード D544 ます D550
 歌曲集〈美しい水車屋の娘〉 D795 − 第5曲 憩いの夕べに
  第6曲 好奇心の強い男 第15曲 嫉妬と誇り 第19曲 水車屋と小川
 漁夫の歌 D881 月に寄す D193 船乗り D536
 辻音楽師 D911-24 (歌曲集〈冬の旅〉から) タルタロスの群れ (その2) D583
 丘に登る若者 D702 愛の神々 D446 夕べの星 D806 娘の恋の立ち聞き D698
 菩提樹 D911-5 (歌曲集〈冬の旅〉から) 音楽に寄す D547 宴会の歌 D507
  グンナル・クルム (バリトン) ストックホルム・ギター三重奏団

CD064 
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986)
 抒情組曲 (カンタータ)〈変装した神 (Förklädd gud)〉 作品24
ランドル・トンプソン (1899-1984 アメリカ) アレルヤ (1940)
クヌート・ニューステット (1915ー)
 I will praise thee, o Lord (あなたを賛美します、主よ) 作品43-3
スティーヴ・ドブロゴス (1956-) 頌歌 (Cantica)
オット・オルソン (1879-1964) 詩編120番「苦難の中から主を呼ぶと」
オスカル・リンドベリ (1887-1955)
 静かで、美しい夕べのひととき (Stilla, sköna aftontimma) 聖霊降臨祭 (Pingst)
  カーロッタ・ラーション (ソプラノ) グンナル・ビリエルソン (バリトン) マーク・レーヴェングッド (語り)
  エーンシェデ室内合唱団 スウェーデン放送交響楽団員 エヴァ・カルペ (指揮)

◇スウェーデンの人たち −− そして北欧音楽のファン −− に愛されつづける、ラーション Lars-Erik Larsson のカンタータ〈変装した神 (Förklädd Gud)〉の新録音。ストックホルム郊外で活動するエーンシェデ室内合唱団とスウェーデン放送交響楽団のメンバーによるオーケストラの共演。カーロッタ・ラーション Charlotta Larsson とグンナル・ビリエルソン Gunnar Birgersson。若い世代の歌手ふたりの歌とスウェーデンとフィンランドでは有名なパーソナリティ、マーク・レヴェングッド Mark Levengood によるナレーション。そして、若いエヴァ・カルペ Eva Karpe の指揮。アメリカ生まれ、現在スウェーデン在住のスティーヴ・ドブロゴス Steve Dobrogosz (1956-) のジャズのイディオムを活かした〈頌歌(Cantica)〉など、美しいアカペラ作品があわせて録音されました。

CD065 フランス・オルガン作品集
ジョゼフ・ボネ (1885-1944) 演奏会用変奏曲 (Variations de Concert) 作品1
フェルナン・ド・ラ・トンベル 田園詩 (Pastorale) 作品33
アレクサンドル・ギルマン (1837-1911) ソナタ第5番 ハ短調 作品80
セザール・フランク (1822-1890) コラール第2番 ロ短調
ルイ・ヴィエルヌ (1870-1937) 〈幻想小品集〉組曲第3番 作品54 − 月の光 (Clair de Lune)
マルセル・デュプレ (1886-1971) アレグロ
  マティアス・チェルグレン (オルガン)
  [聖マリア・ラ・レアル教会のアリスティード・カヴァイユ=コル・オルガン]

CD066 ブー・エーゲビェル (b.1965) ヴェルムデーラプソディ
 行列歌 (Processionssång) キリエ (Kyrie)
 ヴェルムデーの歌 (Sången om Wermdö) 賛歌 (Lovsång)
 弦楽のための間奏曲 (Intermezzo per Archi)
 誰かが囁きかけるように
(Som någon viskar i mitt öra)
 献呈 (Dedikation) ホルンのための間奏曲 (Intermezzo per Corno)
 主をたたえて歌う (Sången till Dig) 退出歌 (Recessionssång)
  ブー・エーゲビェル (サクソフォーン) 合唱団 器楽アンサンブル

CD067 Impositioner
  ダヴォル・カイフェス (ピアノ) ペーテル・シュバク (チェロ)

CD068 なぜ見捨ててしまったのだろう (Jag tänker på vad jag har vergivit...)
マーガレータ・ハリン (b.1931) ソプラノとクラリネットのための音楽
 わたしは思う (Jag tänker)
 アニアーラ (Aniara) − 歌 第79番 歌 第40番 歌 第25番 歌 第7番
  カレレンの歌 (Sång om Karelen)
 あのように微笑むものだけが (
Så ler bara den) バーンズに (à la Burns)
 神の生まれし日 (Guds födelsedag) ひばり (Lärkan) クラリネット独奏のためのカデンツァ
 梯子 (Trappan) もっとも優秀な作男の歌 (Bäste drängens visa)
 地下鉄のイワシ (Sardinen på tunnelbanan) マドンナの子守歌 (Madonnans vaggvisa)
 子供の祈り (Barnets bön) 説教 (Moralkaka) 月下のひとり酒 (Dricka ensam under månen)
 酒を飲んでしまってから (Efter att ha druckit) 君はまずいコーヒーをいれたものだ (Äckligt kaffe du gör...)
  マーガレータ・ハリン (ソプラノ) チェル・ファゲーウス (クラリネット)

CD069 ポーランドのピアノ音楽
カロル・シマノフスキ (1882-1937)
 アルトゥール・ルビンシテインのための3つのマズルカ 作品50-8 作品62-2 作品50-3
 練習曲 作品4-3
フレデリク・ショパン (1810-1849) 夜想曲 ハ短調 作品48-8 練習曲 変ホ長調 作品10-11
 練習曲 ヘ短調 (遺作) ポロネーズ 変イ長調 作品53 練習曲 嬰ハ短調 作品10-4
 練習曲 嬰ハ短調 作品25-7 練習曲 変ト長調 作品10-5 練習曲 変ト長調 作品25-9
 練習曲 ヘ短調 作品10-9 練習曲 ハ短調 作品25-12
ヤン・エキエル (b.1913) ユモレスク
アルトゥール・マラフスキ (1904-1957) 5つの小品
ヴィトルト・ルトスワフスキ (1913-1994) 5つの牧歌
ステファン・キシエレフスキ (1911-1991) 軽快な踊り (Dans vive)
   ステラ・チャイコフスキ (ピアノ)

CD070 ロルフ・ブロンメ、キンガ・プラーダ・サグヴィーク、土曜の午後のコンサート
ステラン・サグヴィーク (b.1952) 太陽 (Sol) (フルート独奏のための)
 夜想曲 (フルート独奏のための)
G・F・ヘンデル (1685-1759) (アンデシュ・オールヴァル (b.1932) 編曲) その日が近づいてくる
エドヴァルド・グリーグ (1845-1907) Ave Maris Stella (めでたき海の星)
セザール・フランク (1822-1890) 天使の糧
アルベルト・フランツ・ドプラー (1821-1883) ハンガリー田園幻想曲 作品26
アルバート・ケテルビー (1875-1959) 修道院の庭にて (ピアノのための)
ジョン・アラン・グリフィス 夜明け (The Dawn) やさしいイングランド (Sweet England)
ジャン・シベリウス (1865-1957) 三月の雪の上のダイアモンド (Demanten på marssnön) 作品36-6
 愚か者の蜘蛛の歌 (Sången om korsspindeln) 作品27-4
フランソワ・ボルヌ (1840-1920) ビゼーの「カルメン」による華麗な幻想曲 (フルートとピアノのための)
 ロルフ・ブロンメ (バリトン) キンガ・プラーダ・サグヴィーク (フルート)
 サンドラ・ブルッカー (ピアノ) トミー・ストランド (ピアノ)

CD071 打楽器のための音楽
アウスケトル・マウッソン (1953-) 胚芽 (ドラムの歌) (Frum, a drum song) (1995)
 プリーム (Prim) (1984) (スネアドラム独奏のための)
モートン・フェルドマン (1926-1987) デンマークの王 (The King of Denmark) (1964)
イアニス・クセナキス (1922-2001) プサッファ (Psappha) (1975) (打楽器独奏のための)
ポウル・ルーザス (1949-) アラーム (打楽器のためのスリラー) (Alarm, a thriller for percussion)
エクハルト・コペツキ Topf-Tanz
石井真木 (1936-2003) Thirteen drums 作品66 (1985)
ユーハン・ハンメルト (1953-) 打楽器と管弦楽のための協奏曲
 
 マークス・レオソン (打楽器) スウェーデン放送交響楽団 ハインリヒ・シフ (指揮)

 王立オペラ管弦楽団に所属し、スウェーデンを代表する若手打楽器奏者マークス・レオソン Markus Leoson (1970-) の新作。アイスランドの打楽器奏者、作曲家のアウスケトル・マウッソン Áskell Másson (b.1953) の〈プリーム (Prím)〉は、1982年に作曲されたスネアドラムと管弦楽のための協奏曲 (1982) とともに、スネアドラムのリズム感覚が大きな効果を発揮した作品。デンマークの打楽器奏者ゲアト・モーテンセン Gert Mortensen (1958-) のために作曲された。ユーハン・ハンメルト Johan Hammerth (1953-) の協奏曲は初録音。

CD072 庭の一日 (En dag på gården) − ビョン・イーソン・リンド (b.1944) 室内楽作品集
 サロンミュージック第2番 (Salongmusik nr2) (1991) (木管五重奏とピアノのための)
 ヨーロッパ組曲 (Europasviten)Northern Lights (北極光) (木管五重奏のための) (1991)
 別れ (Avskedet) (1991) (木管五重奏のための)
 1905年、窓辺で (Vid fönstret 1905) (1993) (クラリネットとピアノのための)
 Der Wienerwalzer (ウィーンワルツ) (2001) (フルートとピアノのための)
 1913年、たそがれ (Skymning 1913) (コールアングレとピアノのための)
 アラバマのショパン (Chopin i Alabama) (2001) (ピアノのための)
 すべての時を超えて (Över all tid) (1987/2001) (ピアノのための)
 Bars of S:t Brides (1985/2001) (ホルンとピアノのための)
 庭の一日 (En dag på gården) (1990) (ニッケルハルパと木管五重奏のための)
  ヴェストマンニア・アンサンブル  ビョン・グローンベリ (フルート、ピッコロ、アルトフルート)
   アンデシュ・ベリルンド (オーボエ、コールアングレ)
   ヨーラン・ヘグルンド (クラリネット、バスクラリネット) ステラン・イーゲルストレム (ホルン)
   ブー・グローンベリ (バスーン) ヤン・ビューロフ (ピアノ)

  マークス・スヴェンソン (ニッケルハルパ)

◇ビョン・イーソン・リンド Björn J:son Lindh (b.1944) はフルート奏者、そしてピアニストとして知られる。ジャズと現代音楽をレパートリーに、演奏、編曲、作曲したアルバムを多数リリースしている。

CD073 さようならアストリッド (Farväl Astrid...) − アストリッド・リンドグレーン追悼
ビョン・イースフェルト (1942-1997) (ホーカン・マッティンソン 編曲)
 「ライオンハート兄弟 (Bröderna Lejonhjärta)」の主題 (Ledmotiv) (オルガンのための)
民謡 (アンデシュ・オールヴァル 編曲)
 夏の牧舎の古い賛美歌 (Gammal fäbodpsalm) (ソプラノ、フルート、合唱とオルガンのための)
 なんじの大きな翼をひろげ (Bred dina vida vingar) (合唱とオルガンのための)
ゲオルク・リ−デル (b.1934) (ホーカン・マッティンソン 編曲)
 長くつしたのピッピ − みんなおやすみ (Sov alla) (合唱とオルガンのための)
  みんな眠りに (Alla ska sova) (合唱のための)
ベニー・アンデション (イェルケル・レイヨン 編曲) 慰めの歌 (Tröstevisa) (オルガンのための)
マルングのコラール (アンデシュ・ニューベリ (b.1955) 編曲)
 友はいずこに (Var är den vän) (合唱のための)
ラーシュ・エーゲビェル (1930-1986)
 主の善き御心ふかく (Det finns djup i Herrens godhet) (オルガンのための)
アードルフ・フレードリク・リンドブラード (1801-1878)
 森を越え、海を越え (Över skogen, över sjön) (合唱のための)
C・J・L・アルムクヴィスト (1793-1866) こころの花 (Hjärtas blomma) (歌)
 ひとりで歩かないで (Du går icke ensam) (歌)
スウェーデン賛美歌
 主の善き御心ふかく (Det finns djup i Herrens godhet) (合唱とオルガンのための)
 この世はうるわし (Härlig är jorden) (合唱とオルガンのための)
ゲオルク・リ−デル (b.1934) (ホーカン・マッティンソン 編曲)
 貧しい作男 (Fattig bonddräng) (オルガンのための)
オスカル・アーンフェルト (1813-1882) 果てしない森の奥に (I en djup oändlig skog) (歌)
  ホーカン・マッティンソン (オルガン) ジャネット・コーン (ソプラノ)
  キンガ・プラーダ・サグヴィーク (フルート) イレーネ・リンド (歌) マーガレータ・ストレムステット (歌)
  ストックホルム大聖堂合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

CD074 吟遊詩人 (The bard) − ダーヴィド・ヘーレンスタム
ルーランド・ディーエン (b.1956) Tango en ska
マウロ・ゴドイ (b.1965) フーガとタンゴ (Fuga y tango)
ホーカン・ユーハンソン (b.1957) 無 (Ingenting)
クリステル・カールベリ (b.1946) ダーヴィドのための組曲 (Suite for David)
エーバハード・アイサー (b.1932) The Bard (吟遊詩人) ミニメッティ (Minnimetti)
フェレンツ・リスト (1811-86) 2つの小品
ダーヴィド・ヘーレンスタム (b.1972) Remembering north (北のことを思い出しながら)
  ダーヴィド・ヘーレンスタム (ギター) ニルス=エーリク・スパーフ (バロックヴァイオリン)
  グンネル・フレード (朗読) アンデシュ・インゲ (ヴァイオリン) A.C.P. アンサンブル

◇スウェーデンのギター奏者、ダーヴィド・ヘーレンスタム David Härenstam (b.1972) のために作曲された作品に、自作、ルーランド・ディーエン Roland Dyen (b.1956) のポピュラーな曲、リストの作品のギターとアコーディオンのための編曲を加えたアルバム。

CD075 ヴァイオリン・デュオのための作品集 第1
エーリク・フォーラレ (1955-) 二重奏曲第1番 作品1 (1976-79)
ヴェルナー・ヴォルフ・グラーサー (1910-) 二重奏曲 (1966)
アンデシュ・ヒュルトクヴィスト (1955-)
 コンポジション第2番 《Apricot trees exist (アプリコットの木はある)》 (1998/2000)
グンナル・ブクト (1927-) パルティータ (Partita) (2001)
  デュオ・ジュラン
   セシリア・ジュラン (ヴァイオリン) マッティン・ジュラン (ヴァイオリン)

CD+077 URUK − マッティン・ラーション (b.1967) 室内楽作品集
 Spectres Avaunt (チェロとピアノのための)
  ヨン・エーデ (チェロ) カール=アクセル・ドミニク (ピアノ)
 Two Encores ? (to be played as overtures) ((序曲として演奏してほしい) 2つのアンコール) (1998)
 
(フルート、ヴァイオリン、チェロとピアノのための)
  Alternate Quixote Music Sir John paraphrases
  ジョージ・ケントロス (ヴァイオリン) オーサ・オーケルベリ (チェロ) サラ・ハンマルストレム (フルート)
  モッテン・ランドストレム (ピアノ)
 弦楽四重奏曲第1番 (1991)
  ストックホルム四重奏団

 /Trial/Tree/ (2001) (ヴァイオリンとピアノのための)
  ジャン=リュク・リカルドス (ヴァイオリン) スタファン・ビョークルンド (ピアノ)
 金管五重奏曲第1(1997)anders bin ich, lasst euch das nicht seltsam sein
  リンネ五重奏団
 The Hum-drum Saxman's bacon-rap and burgers (サクソフォーン四重奏と混声合唱のための)
  ストックホルム・サクソフォーン四重奏団 110 コーリスツ
 カタリーナに (Till Katarina) (1984) (ピアノのための)
 イローナ・ヤーンキ・プラーダ (ピアノ)

◇今日のスウェーデン音楽界の "enfant terrible" のひとり、マッティン・ラーション Martin Larson。DVD キープケースに収まった、ひと味ちがうアルバム。

CD2078 2CD's ガブリエラ・グッリン (b.1961)
 ある無実の男のためのレクイエム (Requiem per il uomo iccocente)
  イェスパー・トーブ (バリトン) マークス・レオソン (打楽器) ペール・トゥナーフ (オルガン)
  聖クララ・モテット合唱団 ミカエル・ヴァルデンビ (指揮)

CD080 ウーロヴ・フランセーン (b.1946) チェロのための作品集
 見えない今 (The Unseen Present) (1993) (トゥーマス・トランストレーメルの詩による5つの小品)
  金色のスズメバチ (Guldstekel) 号外 (Flygblad)
  バデルンダのナイチンゲール (Näktergalen i Badelunda)
  ロマネスクのアーチ (Romanska bågar) フェルメール (Vermeer)
 オーガニック・ミュージック第2番 《創造されていない光 (The Uncreated light)》 (1995)
 夜明けの音楽 (Gryningsmusik/Dawn Music) (1980) La Terza Via (第3の道) (2000)
  ウーロヴ・フランセーン (チェロ)

◇スウェーデンのチェリストで作曲家でもあるウーロヴ・フランセーン Olov Franzén の独奏チェロのための作品集。音楽の様式よりも、いかに聴き手をひきこむかを重視するためか、“モダニズムよりもモダンだが、わかりにくくない” スタイルの音楽。環境汚染や暴力など、世界を取り巻く諸問題を懸念しており、精神的な価値を豊かにすることを願っているといわれる。

CD2081 2CD's イローナ・ヤーンキ・プラーダ、1965年−1982年演奏会録音集
JS・バッハ (1685-1750) イタリア協奏曲 BWV971  [録音 1965年]
ヨハネス・ブラームス (1833-1897) ピアノソナタ ヘ短調 作品5  [録音 1979年]
ロベルト・シューマン (1810-1856) ピアノソナタ第1番 嬰ヘ短調 作品11  [録音 1982年]
フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58  [録音 1977年]
 バラード第1番 ト短調 作品23  [録音 1977年]
 バラード第2番 ヘ長調 作品38  [録音 1979年]
 バラード第3番 変イ長調 作品47  [録音 1979年]
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1853) ピアノソナタ第8番 変ロ長調 作品84  [録音 1972年]
  イローナ・ヤーンキ・プラーダ (ピアノ)

CD082 キンガ!
ジョルジェ・エネスク (1881-1955) カンタービレとプレスト (1904) (フルートとピアノのための)
セザール・フランク (1822-1890) ヴァイオリンソナタ イ長調 (1886) (フルートとピアノによる)
サミュエル・バーバー (1910-1981) カンツォーネ 作品38 (フルートとピアノのための)
アルベルト・フランツ・ドップラー (1821-1883) ハンガリー田園幻想曲 作品26
JAE・ドゥメルスマン (1833-1866) 演奏会用独奏曲 (Solo de Concert)6
  キンガ・プラーダ (フルート) イローナ・ヤーンキ・プラーダ (ピアノ)

CD083 さすらい (Vandring) − ヤン・ヴァルグレン (1935-1996) 作品集
 「見世物小屋」のディヴェルティメント (Divertimento ur Balangatjik) (1987)
  (オーボエと弦楽四重奏のための)
 さすらい (Vandring) (1995) (バリトンと弦楽四重奏のためのカンタータ)
 Six Blueprints (6枚の青写真) (1987/95) (弦楽四重奏のための)
 カーリンの歌 (Karins sånger) (1992) (メッツォソプラノと弦楽四重奏のためのカンタータ)
  イングリッド・トビアソン (メッツォソプラノ) イェスパー・ハリソン (オーボエ) ウッレ・ペーション (バリトン)
  ストックホルム四重奏団
   ユルヴァ・ラーション (ヴァイオリン) アンナ・ブルンディン・モソップ (ヴァイオリン)
   ヤーコブ・ルートベリ (ヴィオラ) トミー・スヴァンストレム (チェロ)

CD084 Yours sincerely (敬具) − カロリーナ・マッティン、父の思い出に
セルゲイ・ドミトリーエフ (b.1964) ピアノのための小品〈オスティナート (Ostinato)〉 (1987)
モーリツ・モシュコフスキ (1854-1925) エチュード ヘ長調 作品72-6
フレデリク・ショパン (1810-1849) ワルツ 嬰ハ短調 作品64-2 エチュード 変イ長調 作品25-1
 ワルツ第1番 変ホ長調 作品18 《華麗なる大ワルツ (Grande Valse Brillante)
アラム・ハチャトゥリャン (1903-1978) トッカータ (1932)
JS・バッハ (1685-1750) 前奏曲とフーガ 変ロ長調 BWV867 (平均率クラヴィア曲集第1巻)
フェレンツ・リスト (1811-1886) ローレライ (第2版) (1861)
ガザン・ガザノフ トッカータ (1966)
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927)
 ピアノ曲集〈晩夏の夜 (Sensommarnätter)〉 作品33
 − トランクィッロ・エ・ソアーヴェ ポコ・プレスト
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) ドゥムカ (ロシアの農村風景) 作品59
  カロリーナ・マッティン (ピアノ)

CD085 スウェーデンの風 (Swedish Wind)
 − 管楽器のための5つのスウェーデンの新しい音楽
B・トミー・アンデション (b.1964)
 管楽器と打楽器のためのイントラーダ (Intrada per fiati e percussione) (1989)
ダニエル・ベルツ (b.1943)
 交響曲第10(1991-92) (ウィンドシンフォニックオーケストラのための)
カーリン・バートシュ・エードストレム (b.1965)
 Cyd Cybersonix meets Webby Web Webster (1996/98) (ウィンドオーケストラのための)
チャバ・デアーク (b.1932) 交響曲第9(2001) (ウィンドオーケストラのための)
カタリナ・パルメール (b.1963) Tones (1991) (ウィンドオーケストラのための)
  ストックホルム・ウィンドシンフォニー B・トミー・アンデション (指揮)

CD086 ガブリエラ・グッリン (b.1961) オルガンのための作品集
 バラッド風に (Alla Ballata)
 アンプロンプチュ・リスヴェリアート (Impromptu Risvegliato) (活発な即興曲)
 心に残る人たちのために (20世紀が終わってからのメロドラマ)
  (För de i minnet burna - Melodram efter 1900-talets slut) (オルガンと朗読のための)
 アダージョ・カンタービレ (Adagio cantabile)
  アロン・ニルソン (オルガン) ガブリエラ・グッリン (朗読) [録音 聖クララ教会 (ストックホルム)]

CD087 スウェーデン・ラプソディ
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 君の瞳は星のきらめき (Stjärntändningen)
スヴェン=エーリク・ユーハンソン (1919-1997) 詩篇と竪琴 (Psaltare och lyra) (1953)
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 夕べ (Aftonen)
ヤン=オーケ・ヒッレルード (b.1938) (編曲) スウェーデン・ラプソディ (Svenska rapsodi)
 昔のソングポルスカ (Gammal sångpolska)
 うちの農場を売った (Vi sålde våra hemman)
 こんにちはとこんばんはの挨拶を (Si god afton och god kväll) ヴェルムランドの歌 (Värmlandsvisan)

ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) (編曲) 喜びの花 (Glädjens blomster)
 ふたりだけの牧場で (Uti vår hage) そして娘は踊りの輪に加わった (Och jungfrun hon går i ringen)
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 聖霊降臨祭 (Pingst)
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927)
 3つのアカペラ合唱曲 (Tre körvisor) (1890)
  九月 (September) スルタンの宮殿の庭で (I serailles have)
  わたしに孫息子がいたら (Havde jeg en dattersøn, o ja!)
 スウェーデン (Sverige)

ダーヴィド・ヴィーカンデル (1884-1955) スズランの王 (Kung Liljekonvalje) 
トゥール・アウリン (1866-1914)
 4つの水彩画 (Fyra akvareller) (ヴァイオリンとピアノのための) (1899)
  牧歌 (Idyll) ユモレスク (Humoresk) 子守歌 (Vaggsång) ポルスカ (Polska)
クヌート・ホーカンソン (1887-1929) ルストヴィンの歌 (Lustwijns Wijsa) 早春の夕べ (Forvarskvall)
 3つのカールフェルト合唱曲 (Tre Karlfeldtskörer) 作品39 − ブルーサラ (Brusala)
オット・アンデション (1879-1969) (編曲) オステルボッテンの夏の行進曲 (Sommarmarsch fran Österbotten)

ヴァルデマー・オーレーン (1894-1982)
 夏の賛美歌「谷と野原はやさしい緑におおわれ」 (Sommarpsalm "En vänlig grönskas rika dräkt")
  スヴェンスカ・ロステル室内合唱団 ブー・アウレール (指揮)
  サラ・トルーベック (ヴァイオリン) ヤン=オーケ・ヒッレルード (ピアノ) [OT106-2]

◇スヴェンスカ・ロステル (Svenska Röster) (室内合唱団) の“スウェーデン・ラプソディ (Svenska rapsodi)(nosag OT106-2) と“スウェーデンからの響き (Klanger från Sverige)(OT102-2) を組み替えたアルバム。

CD088 ダーグ・ルンディン (b.1943) ピアノ作品集
 春のソナティナ (Sonatina Primavera) (1992)
 アイスランド変奏曲 (Islandsvariationer) (1989 rev.1996)
 旅行かばんから (From My Travelbag) (1999)
 − スーレル島の徒歩の歌 (Marching-Tune from Soller-Island)
  ちょっとしたポルスカ (Trifle-Polska) ポリリズムのポルスカ (Polythythmic Polska)
  哀悼の歌 (Mourning-Tune) 酔っぱらい歌 (Drunken Tune)
  小さな木のバラッド (The Ballad of the Little Tree) 丘のエドマンド (Edmund of the Hill)
 グレンガリーのバラード変奏曲 (Glengarrys Balladvariationer) (1985 rev.1995)
  ソールヴェイ・ヴィークマン (ピアノ)

CD089 ギターのための音楽
エイトル・ヴィラ=ロボス (1887-1959) エチュード第7番 エチュード第8番 前奏曲第4番
カルロ・ドメニコーニ (b.1947) アナトリア民謡による変奏曲 作品15 (1982)
ホアーキン・ロドリーゴ (1901-1999) ソナタ・ジョコーザ
アグスティン・バリオス=マンゴレ (1885-1944) フリア・フロリダ Oración Para Todos
 大聖堂 情熱的マズルカ みつばち (練習曲)
フランク・マルタン (1890-1974) 4つの短い小品
アントニオ・ラウロ (1917-1986) ヴェネズエラ・ワルツ第2番 La Gatica ヴェネズエラ・ワルツ第3
 El Negrito
  ヤーコブ・ヘンリケス (ギター)

◇ヤーコブ・ヘンリケス Jakob Henriques (b.1972) はストックホルム・ギター三重奏団の最初のメンバーのひとり。王立音楽大学 (ロルフ・ラフルール Rolf La Fleur のクラス) で学び、オッコ・カム指揮スウェーデン放送交響楽団の共演、カステルヌーヴォ=テデスコのニ長調のギター協奏曲 (第1番) でコンサートデビュー。2001年、イタリアの国際ギター・コンペティション、"Citta di Voghera" では第1位を受賞した。

CD2090 2CD's スタファン・ビョークルンド (b.1944)
 12 Modulationen, Palindrom und Reminiszenzen (12の転調、回文と回想)
  スタファン・ビョークルンド (ピアノ) [録音 200339日 スウェーデン放送第2スタジオ]

◇バッハの〈平均率クラヴィーア曲集〉に触発され、シュトックハウゼンの〈ピアノ曲集〉の技巧に習った、演奏時間9420秒の大曲。ピアニスト、作曲家ビョークルンド Staffan Björklund が、自己の内面との対話と葛藤を表現した。

CD091 ペッテション=ベリエルと詩人たち (Peterson-Berger och poeterna)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1871-1927) 歌曲集
 冬の歌 (En vintervisa) (1924) 夕べの気分 (Aftonstämning) (1888)
 3つの歌 (Tre Sånger) 作品10 (1895) 
  菩提樹の下の娘 (Jungfrun under lind) 夏の夜露 (Sommarnattsdagg)
  ばらの娘 (Jungfrurosen)
 ティタニア (Titania) (1896)
 リカルダ・フッフの4つの詩 (Vier Gedichte von Richard Huch) (1910)
  愛の詩 (Liebesreime) 早春 (Vorfrühling) 最後の夜 (Der letzte Nacht)
  音楽はわたしに (Musik bewegt mich)
 アウグスト・ストリンドベリの4つの詩 (Fyra dikter av August Strindberg) (1911)
  わたしのトロルの城 (Mitt trollslott) 7つのばらと7つの火 (Sju rosor och sju eldar)
  セメレ (Semele) ヴィッレモ (Villemo)
 グッレバーンの子守歌 (Gullebarns vuggesånger) (1913)
  東の風に聞け、西の風に聞け (Spörj östan, spörj västan)
  蜂がモグモグ、コロコロ、ブンブン (Mumla, tumla, humla)
  トウモロコシの黄金色の粉をふるえ (Sikta, sikta gullkorn)
  東の風は見たろうか、西の風は見たろうか? (Såg östan, såg västan?)
  丘のシダの茂みの空高く (Högt på fallets ormbunkssnår)
 果物の季節 (Frukttid) (1915)
 秋の角笛 (Hösthorn) (1927)
  そぞろ歩き (Vandring) 古い言葉をならべて (Gammal ramsa) マルハナバチ (Humlor)
  ソールヴェイ・ファリンゲル (ソプラノ) レーナ・ヨンソン (ピアノ)

CD092 (FIM CD03-1) よろこびの音楽 2003 (Musik till Glädje 2003)
クロード・ドビュッシー (1862-1918) シューリンクス (1912)
ステラン・サグヴィーク (b.1952) Solar Plexus (太陽神経叢) − 火星 (Mars)
  キンガ・プラーダ (フルート)
オステルヨートランド民謡 ヴェルムランドの歌 (Värmlandsvisan)
民謡 (アンナ・リンドクヴィスト 編曲) あなたのおかげで (Uti din nåd)
シルヴィオ・ロドリーゲス (b.1946) 自由への歌 (Sång till friheten)
  アンナ・リンドクヴィスト (ソプラノ)
ヴィリアム・セイメル (1890-1964) キンポウゲ (Solöga) 作品11-3
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1871-1927)
 フローセの花 (Frösöblomster)1巻 作品16 − 帰還 (Rentrée) 夏の歌 (Sommarsång)
  ローンテニス (Lawn tennis) ばらに寄せて (Till rosorna) お祝い (Gratulation)
エドヴァルド・グリーグ (1842-1907)
 トロールハウゲンの婚礼の日 (Bryllupsdag på Troldhaugen) 作品65-6
 抒情小曲集 (Lyriske stykker)3集 作品43
  カーリン・ハーグルンド (ピアノ)
セザール・フランク (1822-1890) 天使の糧
  アンナ・リンドクヴィスト (ソプラノ) カーリン・ハーグルンド (ピアノ) カーリン・ハーグルンド (ピアノ)
エルランド・フォン・コック (b.1910) みんなのマーチ (Marcia Popular)
マッツ・ルーディウス (b.1956) 世界が手をとり (Världssamfundet) キリストの情け (Kristi medlidande)
  リッラ・アカデミー音楽学校フルートアンサンブル
フランツ・シューベルト (1797-1828) アヴェ・マリア
  アンナ・リンドクヴィスト (ソプラノ) カーリン・ハーグルンド (ピアノ)
ステラン・サグヴィーク (b.1952) Azúur
  リッラ・アカデミー音楽学校フルートアンサンブル・ギターアンサンブル
ジャック・イベール (1890-1962) 間奏曲 (1935)
  アリカ・チェルコヴナヤ (フルート) フェリクス・キーレビンスキ (ギター)

CD093 スティーヴ・ドブロゴス (1956-)
 レクイエム (Requiem) (2001) (ソプラノ、混声合唱、弦楽と管楽器のための)
 テ・デウム (Te Deum) (2002) (混声合唱と弦楽のための)
  ハンナ・ホルゲション (ソプラノ) 聖ヤコブ教会室内合唱団 王立ストックホルム・オペラ管弦楽団
  ゲーリー・グレイデン (指揮)
  [録音 2004319日−21日 聖ヤコブ教会 (ストックホルム)]

CD094 シェエラザード − ヴァイオリンとギターのためのデュオ作品集
シャルル・デュパール (c.1667-c.1740) (クリストフ・イェッギン 通奏低音編曲)
 組曲 ホ短調 (原曲 ヘ短調)
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927) (ユーナス・リンドゴード 編曲)
 2つの感傷的なロマンス (Två sentimentala romanser) 作品28 (ヴァイオリンとギターのための)
ニコロ・パガニーニ (1782-1840) チェントーネ・ディ・ソナテ 作品64-1
 カンタービレ (ヴァイオリンとギターのための)

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) (ヨアキム・ウーナンデル 編曲)
 組曲 作品15 (ヴァイオリンとギターのための) − セレナータ (Serenata)
ニコライ・リムスキー=コルサコフ (1844-1908) (ユーナス・リンドゴード 編曲)
 交響組曲〈シェエラザード〉 作品35 (ヴァイオリンとギターのための)
  ユーナス・リンドゴード (ヴァイオリン) ヤーコブ・ヘンリケス (ギター)

◇マルタン、ラウロらの作品を集めたアルバム (CD089) につぐ、スウェーデンのギター奏者ヤーコブ・ヘンリケス Jakob Henriquesnosag2作。ステーンハンマル、ペッテション=ベリエルらの優雅な音楽と、デュオのために編曲された〈シェエラザード〉 が演奏されている。ユーナス・リンドゴード Jonas Lindgård はスンドスヴァル室内管弦楽団のコンサートマスター。[nosag CD094 プレスシートから]

CD095 ホーガリドの春と夏 (Vår och sommar i Högalid)
民謡 (ニルス・ラーション 編曲) 美しい夏に (Om sommaren sköna)
アントニオ・ヴィヴァルディ (1678-1741) 合奏協奏曲〈春〉 RV269 − アレグロ
フランツ・シューベルト (1797-1828) (ラッセ・バッゲ 編曲) あこがれは青い花 (Längtans blå blomma)
スヴェン=エーリク・ユーハンソン (1919-1997) 春の歌 (Vårvisa)
スウェーデン民謡 (ヨーテ・ヴィードルンド 編曲) あの花咲く季節がやってきた (Den blomstertid nu kommer)
ヘルマン・パルム (1863-1942) ナナカマドとライラックの下に (Under rönn och syrén)
ヴァルデマー・オーレーン (1894-1982) (エヴァ・レーナ・カンスブード、ヨーテ・ヴィードルンド 編曲)
 夏の賛美歌 (Sommarpsalm)
G
F・ヘンデル (1685-1759)
 オルガン協奏曲第13番 ヘ長調 HWV295 《カッコウとナイチンゲール》 − アレグロ
エルランド・フォン・コック (b.1910) 土に咲く花 (De blomster som i marken bor)
ホーカン・ヌールレーン (b.1917) 夏至祭のころの歌 (Visa vid midsommartid)
リレ・ブルール・セーデルルンド (1912-1957) 民衆のワルツ (Folklig vals)
デンマーク民謡 (カール・パウルソン 編曲) 美しい夏のころ (Den sköna sommartid)
エヴェルト・トーブ (1890-1976) (グンナル・エーリクソン、ヨーテ・ヴィードルンド 編曲)
 ボーヒュースレンへの招待 (Inbjudan till Bohuslän)
エヴェルト・トーブ (1890-1976) (ヨーテ・ヴィードルンド 編曲)
 これほど美しい海の光は (Så skimrande var aldrig havet)
アードルフ・フレードリク・リンドブラード (1801-1878) (PG・アルダール 編曲) 夏の一日 (En sommardag)
ハロルド・アーレン (1905-1986) (マール・J・アイザック 編曲) 虹の彼方に
アードルフ・フレードリク・リンドブラード (1801-1878) ある夏の夕べ (En sommarafton)
アンデシュ・オールヴァル (b.1932) このすばらしい夏に (I denna ljuva sommatid)
  ホーガリド教会モテット合唱団 室内管弦楽団 ヨーテ・ヴィードルンド (指揮)
  ペール・アクセルプ (バリトン) エヴァ・レーナ・カンスブード (ソプラノ)
  グンレーグ・ブランディン (ヴァイオリン) ニルス・ラーション (オルガン)

◇ストックホルム、ホーガリド教区のミュージシャンたちが春と夏の喜びを歌う、くつろぎのアルバム。20043月の録音。

CD096 19世紀のギター音楽
ヨハン・カスパル・メルツ (1806-1856) ハンガリー幻想曲 作品65-1 エレジー (Elegie)
アントニオ・ヒメネス・マンホン (1866-1919) Aire Vasco
フェルナンド・ソル (1778-1839) モーツァルトの主題による序奏と変奏曲 作品9
ディオニシオ・アフアド (1785-1849) アンダンテとロンド イ短調
マウロ・ジュリアーニ (1781-1829) ロッシニアーナ第1番 作品119
  ヤーコブ・ヘンリケス (ギター)

CD097 ガムレビのオルガン (Orgel i Gamleby)
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) オルガンソナタ第3番 イ長調 作品65-3
JS・バッハ (1685-1750) コラール前奏曲「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」 BWV659, BWV660, BWV661
 前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV552
アンデシュ・ボンデマン (1937-) 10のコラール前奏曲 (Tio koralförspel)
ヨハネス・ブラームス (1833-1897)
 11のコラール前奏曲 作品122 − わが心の切なる喜び おお愛する魂よ、汝を飾れ
  おおこの世よ、私は汝より去らねばならぬ 一輪のばらは咲きて
  アンデシュ・ボンデマン (オルガン) [ガムレビ教会のオルガン (2001年) (1868年製ストップ)]

CD2098 2CD's 聖ヤコブ教会のオルガン (Orgeln in S:t Jacob)
JS・バッハ (1685-1750) (マルセル・デュプレ 編曲) シンフォニア ニ長調
カスバート・ハリス (1870-1932) カプリース
ピエトロ・アレッサンドロ・ヨン (1886-1943) ユモレスク (L'Organo Primitivo)
セザール・フランク (1822-1890) コラール第2番 ロ短調 英雄的小品 ロ短調
ジャック=ニコラ (ヤーク・ニコラース) ・レンメンス (1823-1881) ファンファーレ
ヒーリー・ウィラン (1882-1968) 序奏、パッサカリアとフーガ 変ホ短調
JS・バッハ (1685-1750) 最愛のイエス、われらここにあり BWV731 われは神より離れず BWV658
 われらみな唯一の神を信ず BWV680 前奏曲 (幻想曲) とフーガ ト短調 BWV542
 パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
レオン・ボエルマン (1862-1897) (ガストン・ショワネル 編曲) フランスのロンド
アンデシュ・ボンデマン (1937-) 「ラ・フォリア」による即興曲 (Improvisation över la Folia)
ミカエル・ヴァルデンビ (1953-) Antiche danze ed arie (古代の舞曲とアリア) 作品28
シャルル=マリー・ヴィドール (1845-1937) オルガン交響曲第6番 ト短調 作品42-2
  アンデシュ・ボンデマン (オルガン) ミカエル・ヴァルデンビ (オルガン)
  [聖ヤコブ教会 (ストックホルム) のマークセン・オルガン (1976年)]

CD100 新緑 (Grönskan) − ビョーン・エルランドソン
 レンナート・シェーグレンの「新緑」から7つの詩 (Sju dikter ur Grönskan av Lennart Sjögren)
 
(メッツォソプラノ、サクソフォーン四重奏とピアノのための)
  放棄 (Övergivet) 傷手 (Såret) 誘惑 (Förförelsen) 仔牛 (Kalven)
  いつもとちがう明るくおだやかな日 (Ovanligt klar och mild gag) Skugglöst ハイタカ (Sparvhöken)
 4つの晩夏の詩 (Fyra sensommarpoem) (ピアノと4つのサクソフォーンのための)
  スズメバチが黄緑色のリンゴを (Bålggetingen gnager på det gröngula äpplet)
  8月の太陽は黄色いリンゴの茂みの間に輝き (Augustisolen lyser genom lovverket pa de gula applena)
  桜の葉は散り (Löven under körsbärsträdet) 梨の木のそばの草は高く (Gräset är högt nära päronträdets stam)
  マルガレータ・メルス (メッツォソプラノ) ヘッスレ・サクソフォーン四重奏団 ビョーン・エルランドソン (ピアノ)

PREVIOUS  NEXT


HOME

CD artwork © nosag records (Sweden)