Opus3


アクースティックな暖かい響きをもった Opus3 の録音はLPの時代から愛されてきました。録音場所に選ばれるのは、教会やコンサートホール。そこで生まれる豊かな音楽が世界中の音楽ファンに伝われば、というのが、録音技師、プロデューサーのヤン=エーリク・ペーションの願いです。CDの時代になっても、いまだにアナログ録音機とミクシングの機材が使われているのは、そのためです。最新録音にもかかわらずディスクの表示が "AAD" となっているのには驚かされます。

近年のディスクは、HDCD(High Definition Compatible Digital) エンコードされています。HDCD 対応のCDプレーヤーで再生すると、オリジナルの録音が一層鮮明に再現できるとされる方式です。もちろん、通常のプレーヤーで演奏しても、まったく問題はありません。

SonyPhilips が推進する SACD (Super Audio CD) のタイトルもリリースが始まりました。Direct Stream Digital ® という1ビットの録音システムが採用され、高域は 100,000Hz まで(通常のCDは 20,000Hz)、ダイナミックレンジは、120dB (通常 96dB) といわれます。Opus3SACD は、いずれもハイブリッド二層構造 (ダブルレイヤー) のディスク。SACD の音質を楽しむには SACD 対応のプレーヤーが必要ですが、従来のCDプレーヤーでも再生できるようハイブリッド仕様になっています。Opus3 のカタログから特に自信のあるディスクが順次 SACD でリリースされる予定です。

エリック・ビブの録音は、3タイトルが LP でもリリースされています。180g のビニールを使用、回転数は 33rpm または 45rpm です。

Official Website: http://www.opus3records.com

Jazz, Blues, Folk & World Music, TestRecords & Samplers


Classical

CD7810
J・S・バッハ (1685-1750) ブランデンブルク協奏曲第3番 − アレグロ
 インヴェンション第14番 インヴェンション第8番
クロード・ドビュッシー (1862-1918) サラバンド 亜麻色の髪の乙女
エンリケ・グラナドス (1867-1916) ゴヤのマハ
モーリス・ラヴェル (1875-1937) 眠りの森の美女のパヴァーヌ 親指小僧 
 亡き王女のためのパヴァーヌ
イサーク・アルベニス (18601909) セヴィリア
ヨハン・パッヘルベル (1653-1706) フゲッタ
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ノルウェー舞曲第4番
ジョン・ダウランド (1562-1626) ラクリメ(パヴァーヌ) エセックス伯のガイヤルド
  ストックホルム・ギター四重奏団

CD7915
G・P・テレマン (1681-1767) ヴァイオリン協奏曲 ト長調
ジロラーモ・フレスコバルディ (1583-1643) フレスコバルディ風のアリア
ドメニコ・チマローザ (1749-1801) ラルゲット ハ短調
J・S・バッハ (1685-1750) 前奏曲第2番 ハ短調 BWV871 前奏曲第22番 BWV867
 ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
  ストックホルム・ギター四重奏団

CD8015
J・S・バッハ (1685-1750) 組曲第2番 ハ短調 BWV997
エイトール・ヴィラ=ロボス (1887-1959) 前奏曲第5番 練習曲第8番
 マズルカ=ショーロ(〈ブラジル民謡組曲〉から)
ホアーキン・トゥリーナ (1882-1949) タレガを讃えて 作品69
シルヴィリウス・レーオポルト・ヴァイス (1686-1750) ド・ロジー伯の墓 シャコンヌ 幻想曲
  ペーデル・リス (ギター)

CD8201 2つのギターのための音楽
フェルナンド・ソル (1778-1839) 2本のギターのための幻想曲 作品54
グイド・サントルソラ (1904-1994) デュオ・ソナタ
ジョン・W・デュアーティ (1919-) フランスの子守歌による変奏曲 作品32
ピエール・プティ (1932-) トッカータ
  ドゥオ・デチマ 
   ラーシュ・カールソン (ギター) ミカエル・ユング (ギター)

CD8502 ダブルベースと管弦楽のための協奏曲
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) ダブルベース小協奏曲 作品45-11
エルランド・フォン・コック (1910-) ダブルベースと管弦楽のためのセレナード
ジョヴァンニ・ボッテジーニ (1821-1889)
 ダブルベース小協奏曲第2番 ロ短調
 エレジア ロ長調 (ダブルベースと弦楽オーケストラのための)
  トゥーヴァルド・フレーディン (ダブルベース)
  オスカースハムン・アンサンブル ヤン=オラヴ・ヴェーディン (指揮)

CD8801
WA・モーツァルト (1756-1791) クラリネット協奏曲 イ長調 K622
ベルンハード・ヘンリク・クルーセル (1775-1838)
 オペラ〈小さな召使い娘 (Den lilla slavinnan)〉− アリア「Från Gangens rika stränder」 *
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) クラリネット小協奏曲 作品45-3
グンナル・ド・フルメリ (1908-1987) 
 クラリネット、弦楽、ハープと打楽器のための協奏曲 作品51 − 第1楽章
  シェル・ファゲーウス (クラリネット、バセットクラリネット)
  ストックホルム王立管弦楽団 エリ・クラス (指揮)
  マリ=アンネ・ヘッガンデル (ソプラノ) *

CD9001 
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847)
 無言歌集 − 瞑想 作品30-1 旅人の歌 作品85-6 安らぎもなく 作品30-2
  羊飼いの嘆き 作品67-5 タランテラ 作品102-3
 弦楽四重奏のための4つの小品 作品81 −アンダンテ(主題と変奏) スケルツォ カプリッチョ  
ヨハネス・ブラームス (1833-1897) 間奏曲 作品118-2 カプリッチョ 作品76-2
 バラード 作品10-2 ワルツ 作品39-3 ワルツ 作品39-6
クロード・ドビュッシー (1862-1918)
 前奏曲集第1集 − 亜麻色の髪の乙女 吟遊詩人
 子供の領分 − ゴリウォグのケークウォーク
 小組曲 (1886-89)
  ストックホルム・ギター四重奏団

CD9202 
フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58
アレクサンドル・スクリャービン (1872-1915) 幻想曲 ロ短調 作品28
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) 前奏曲 嬰ハ短調 作品3-2
ロベルト・シューマン (1810-1856) アラベスケ ハ長調 作品18
フェレンツ (フランツ)・リスト (1811-1886) メフィスト・ワルツ第1番
  ステファン・リンドグレン (ピアノ)

CD9203 モーツァルトからザッパまで
WA・モーツァルト (1756-1791) (ラーシュ=エーリク・リンドストレム 編曲)
 オペラ《フィガロの結婚》 K492 − 序曲W
カール=エーリク・ヴェーリン (1934-1992) フルート二重奏曲 作品59 (1989)
WA・モーツァルト (1756-1791) セレナード第12番 ハ短調 K388
フロラン・シュミット (1870-1958) リートとスケルツォ 作品54
ユーハン・ヘルミク・ルーマン (1694-1758) (ニルス・ホルムステット 編曲)
 ドロットニングホルムの音楽 (Drottningholmsmusiken) (1744) − アレグロ・コン・スピリト
トゥール・アウリン (1866-1914) (ニルス・ホルムステット 編曲)
 4つの水彩画 (Fyra akvareller) (1899) − ユモレスク
ヴィリアム・セイメル (1890-1964) (ニルス・ホルムステット 編曲)
 キンポウゲ (Solöga) 作品11-3
フランク・ザッパ (1940-) ビーバップ・タンゴ
ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868) (グンナル・ユーハンソン 編曲)
 オペラ《セビーリャの理髪師》 − フィガロとロジーナの二重唱
  オムニバス木管アンサンブル

CD19301
WA・モーツァルト (1756-1791)
 クラリネット五重奏曲 イ長調 K581
ヨハネス・ブラームス (1833-1897)
 クラリネット五重奏曲 ロ短調 作品115
  チェル・ファゲーウス (バセットクラリネット、クラリネット)
  セッテルクヴィスト弦楽四重奏団

CD19303
リカード・アンデション (1851-1918) ピアノソナタ ニ長調 (1878)
ユーハン・リンデグレン (1842-1908) ピアノソナタ ロ短調《大ソナタ》 (1869)
ヤーコブ・アードルフ・ヘッグ (1850-1928) ピアノソナタ ニ短調
  ステファン・リンドグレン(ピアノ)

CD19304
ヴィリディタス・ペル・オムニバス (Viriditas per Omnibus)
エイエ・テーリン (1938-1990) チルコ・デラ・ヴィタ
トゥール・アウリン (1866-1914) 4つの水彩画 − 牧歌 子守歌 ポルカ
カール=エーリク・ヴェーリン (1934-1992)
 ヴィリディタス・ペル・オムニバス (Viriditas per Omnibus)
ユーセフ・マッティン・クラウス (1756-1792)
 劇音楽〈アンピトリュオーン〉− ラルゴ アンダンテ ラルゲット アリア アンダンテ タンブラン
ユーハン・ヨアシム・アグレル (1701-1765) 2つのフルートのための二重奏曲
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1897-1942)
 フローセの花 − フローセの教会で 夏の歌
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960)
 組曲〈グスタフ二世アードルフ〉− ブレ 劇音楽〈山の王〉− 羊飼いの娘の踊り
民謡 (カール・スポーア 採譜) 牛寄せの声
  オムニバス木管アンサンブル

CD19403
CD19423 SACD (Multichannel/stereo, hybrid)
 フランク・ザッパの音楽
フランク・ザッパ (1940-1993) (グンナル・ペーション、ペール=ヘンリク・アダムソン、
 ラーシュ=エーリク・リードストレム、レイフ・ハルデーン 編曲)
  Inca Roads (インカの道)
  How Could I Be Such a Fool (どうすれば、そこまでオレは愚かになれるのか)
  Revised Music for a Low Budget Orchestra (低予算オーケストラのための改訂音楽)
  Let's Make the Water Turn Black (水の色を黒に変えよう)
  The Black Page No.2 (ブラックページ第2番) The Black Page No.7 (ブラックページ第7番)
  Igor's Boogie (イゴールのブギ) Be-Bop Tango (ビーバップ・タンゴ)
  Alien Orifice (なじみのない穴) Dog Breath Variations (犬の息の変奏曲)
  Uncle Meat (アンクル・ミート) Sinister Footwear - 2nd Movement (悲惨な履き物、第2楽章)
  Brown Shoes Don't Make It (茶色の靴では具合がわるい) Peaches En Regalia
モーリス・ラヴェル (1875-1937) (ラーシュ=エーリク・リードストレム 編曲) ボレロ  
  オムニバス木管アンサンブル

◇スウェーデンのオムニバス木管アンサンブル Omnibus Wind Ensemble は、センスと技術で聴かせる音楽が、音楽ファンとプレーヤーの両方から愛されているグループ。ロックの分野で人気を誇ったザッパ Frank Zappa の死後、彼を現代のクラシカル音楽の作曲家として最初に評価したのが彼らだった。1994-1995年の録音。1995年にリリースされたCD (C19403) のSACD化。オリジナルテープのリアチャンネル成分によるマルチチャンネルCD。ハイブリッド・ディスク仕様。

CD19406
ミカエル・エードルンド (b.1950) ソロ (1971)
エルランド・フォン・コック (b.1910) モノローグ第3番
ハンス・エークルンド (b.1927) 4つの短い小品 (1963)
マルテ・ペッテション (b.1934) ソロ・カプリス (1975)
チャバ・デアーク (b.1932) ソナティナ (1956)
ヒルディング・ルーセンベリ (1892-1985) ソナタ (1960)
イングヴァル・リードホルム (b.1921) アミチツィア (1980)
グンナル・ブクト (b.1927) クラリネット・スタディ第59番 (1959)
イーゴリ・ストラヴィンスキー (1882-1971) 3つの小品 (1919)
オリヴィ・メシアン (1908-1992) 世の終わりのための四重奏曲 (1940) − 鳥の深淵
クロード・ドビュッシー (1862-1918) シューリンクス (1910)
マルカム・アーノルド (b.1921) クラリネット幻想曲 作品87 (1966)
  シェル・ファゲーウス(クラリネット)

CD19501
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921) アンダンテ
アウグスト・シェルリング (1842-1919) 田園詩
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) ノットゥルノ・エレジアーコ
ヘンク・バーディングス (1907-1987) カンツォーネ
ベルンハルト・ライヒェル (1901-1981) 教会ソナタ
ゲオア・ホエベア (1872-1950) アンダンテ
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 昔の聖歌
民謡(ヨリエン・リードベリ 採譜) 夕べの聖歌
ベルンハルト・クロール (b.1920) ホルンとオルガンのための5つの小品 作品55 《ミサ・ムータ》
  ソーレン・ヘルマンソン(ホルン) ペール=ウーヴェ・ラーション(オルガン)

CD19504
ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827)
 交響曲第1番 ハ長調 作品21
 交響曲第2番 ニ長調 作品36
  ストックホルム・シンフォニエッタ
  オッコ・カム (指揮)

 

CD19506 HDCD ムジカ・サクラ(宗教音楽)
CD19516 SACD (Multichannel/stereo, hybrid)
J・S・バッハ (1685-1750) コラール〈いざ来たれ、異教徒の救い主よ〉BWV659
 協奏曲 ニ短調 BWV596(ヴィヴァルディ 作品3-11 による)
マッティアス・ヴァーゲル(オルガン)
 来たれ甘き死よ(ニューステット、G・エーリクソン 編曲) 
ヤン・サンドストレム (b.1954) サンクトゥス グローリア
ラーシュ・ヤンソン (b.1951) ブラジルの母たちへ/元后あわれみの母
  アンデシュ・パウルソン(サクソフォーン) トゥーマス・イーサクソン(打楽器)
ニルス・リンドベリ (b.1933)(編曲) 祝福された日
オスカル・リンドベリ (1887-1955)(編曲) 美しく静かな夕べのとき
 うるわしき水晶/おおキリスト、我らが光りたる御身/この世の救い主よ、来たれ
クリストバル・デ・モラ−レス (1500-1553) 主よ、われを許したまえ
  アンデシュ・パウルソン(サクソフォーン)
オット・オルソン (1879-1964) イエスの甘き思い出 めでたき海の星
アンデシュ・パウルソン (b.1961) 子守歌
  アンデシュ・パウルソン(サクソフォーン)
作曲者不詳 反進行
  マッティアス・ヴァーゲル(オルガン)
  エーリク・ヴェストベリ・ヴォーカルアンサンブル

CD19601 HDCD フランツ・シューベルト (1797-1928)
 ピアノ三重奏曲第1番 変ロ長調 D898 ソナタ断章 変ロ長調 D28 (ピアノ三重奏のための)
  ストックホルム・アーツ三重奏団
   ダン・アルムグレン (ヴァイオリン) トゥールレイフ・テデーエン (チェロ) ステファン・ボイステン (ピアノ)

CD19602 HDCD オペラ・パールズ
  (ラーシュ=エーリク・リードストレム 編曲)
ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868) オペラ〈セミラーミデ〉序曲
 オペラ〈アルジェリアのイタリア女〉序曲
ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) オペラ〈カルメン〉前奏曲
W・A・モーツァルト (1756-1791)
 オペラ〈ドン・ジョヴァンニ〉K527 − 序曲 手をとりあって あなたの心のやすらぎに
  ドン・ジョヴァンニのセレナード
 オペラ〈コジ・ファン・トゥッテ〉K588 − 序曲
 ジングシュピール〈魔笛〉K620 − 序曲 僧の行進
カール・ニルセン (1865-1931) オペラ〈仮面舞踏会〉FS39 − おんどりの踊り
リヒァルト・ヴァーグナー (1813-1883) オペラ〈タンホイザー〉− 序曲と巡礼の合唱
  オムニバス木管アンサンブル

CD19701 HDCD
イサーク・アルベニス (1860-1909) アラゴン 東洋風 マリョルカ島 カタルーニャ
エンリケ・グラナドス (1867-1916)
 スペイン舞曲集 作品37 − メヌエット第1番 サンブラ(ボレロ)第11番 サラバンダ第3番
  アラベスカ第12番 アストゥリアーナ第8番
モーリス・ラヴェル (1875-1937) 高雅で感傷的なワルツ (1912)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942)
 フローセの花 − ローンテニス ソンマルハーゲンに入る 夏の歌 
  ストックホルム・ギター三重奏団
  (イェンス・キレーン、ヨアシム・ウナンデル 編曲)

CD19702 HDCD
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927)
 弦楽四重奏曲第6番 ニ短調 作品35
スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-)
 弦楽四重奏曲第3(1987)
ミカエル・エードルンド (1950-) ブレインズ・アンド・ダンシン (1981)
  セッテルクヴィスト弦楽四重奏団

CD19802 HDCD
ヴァトナヨークトル・ライヴ (Live at Vatnajökull) − ハトルグリーム教会の即興演奏
 序奏 (Introduction) 座席ベルトをお締めください (Fasten Seat Belts)
 歩行 (Walking) 前進 (Gaining Ground) まもなく (Soon)
 ヴァトナヨークトル・ライヴ (Live at Vatnajökull) 台地 (Plateau) スリップ (Slip)
 衝突 (Bump)
 アイスランド聖歌41番による即興曲 (Improvisations on Icelandic hymn, no:41)
モーリス・ラヴェル (1875-1937) (佐藤允彦 編曲) ボレロ
  マッティアス・ヴァーゲル (オルガン) アンデシュ・オストランド (マリンバ、ヴィブラフォーン、打楽器)

CD19900 HDCD
古典的な楽しみ − 大作曲家たちによる妙なる静けさ
 (Opus 3 のアルバムから選ぶ、やすらぎの時間のためのコレクション)
ベートーヴェン (1770-1827) ラルゲット(交響曲第2番 から)
W・A・モーツァルト (1756-1791) ラルゲット(クラリネット五重奏曲 K581 から)
モーリス・ラヴェル (1875-1937) 亡き王女のためのパヴァーヌ
フレデリク・ショパン (1810-1849) ラルゴ(ピアノソナタ第3番 ロ短調 から) 
ジョヴァンニ・ボッテジーニ (1821-1889) アンダンテ(ダブルベース小協奏曲第2番 から)
トゥール・アウリン (1866-1914) 子守歌(4つの水彩画 から)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 夏の歌(フローセの花 から)
W・A・モーツァルト (1756-1791) アダージョ(クラリネット協奏曲 K622 から)
フランツ・シューベルト (1797-1828)
 アンダンテ・ウン・ポコ・モッソ(ピアノ三重奏曲第1番 変ロ長調 D898 から)
J・S・バッハ (1685-1750) アダージョ・マ・ノン・トロッポ(ブランデンブルク協奏曲第6番 から)
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 昔の聖歌
民謡(スポーア 採譜) 牛寄せの声
  オムニバス木管アンサンブル ステファン・リンドグレン (ピアノ) ほか

CD22011 SACD (Multichannel/stereo, hybrid)
Rauk − アンデシュ・オストランド (1962-) 打楽器のための作品集
 Wedding March (結婚行進曲) Walking Mallets (歩くマレット)
 Three Seconds to D (Dまで3秒) Rauk
  グローバル・パーカッション・ネットワーク

◇新たに結成されたグループ、グローバル・パーカッション・ネットワーク Global Percussion Network の初めてのアルバム。打楽器アンサンブルにつきもののドラムや太鼓のかわりにマリンバとヴィブラフォーンをサウンドの基本とし、旋律を重視した音楽が特色。クラシカル音楽に分類されるが、ときには自由な即興もまじえるなど、ジャズの影響も強く、一種のクロスオーバー音楽としての色彩が打ち出されている。グループの中心となるのが、打楽器奏者、作曲家、アレンジャーのアンデシュ・オストランド Anders Åstrand −− “ヴァトナヨークトル・ライヴ (Live at Vattnajökull)(Opus3 CD19802) の即興演奏が高く評価された。アルバムの曲は、すべて彼が作曲したもの。

 ステレオとマルチチャンネルの互換性あり。フロントの2チャンネルでステレオサウンドを再生しリアーチャンネルにホールの反響音を振り分ける通常のサラウンドサウンドと異なり、ステレオ音場をリアーチャンネルにまで広げるコンセプトで音響設計が行われた。2001年8月、ユッテルイェーナ (スウェーデン) Kulturhuset (文化の家) での録音。SACDプレーヤーだけでなく、一般のCDプレーヤーでも再生可能なハイブリッドディスク。

CD22012 SACD (Multichannel/stereo, hybrid) Across the Bridge of Hope (希望の橋を渡り)
ヤン・サンドストレム (1954-)
 Across the Bridge of Hope (希望の橋を渡り) (1999) (ボーイソプラノと合唱のための)
 Surge Aquillo (北風よ、目覚めよ) (1998) (「ソロモンの雅歌」第4章 第16節)
ラーシュ・ネースブム (1925-) 教会ポルスカ (Kyrkpolska) (1972) (ニッケルハルパのための)
トマス・イェンネフェルト (1954-) 組曲〈Villarosa Sequences(1996)Claviante Brillioso
アンデシュ・オストラン (1962-) Touch (タッチ) (2001) (打楽器アンサンブルのための)
 バガテル (Bagatelle) (2001) (マリンバとヴィブラフォーンのための)
エスキル・ヘムベリ (1938-2004) Thou who art over us (われらのうえにいます汝よ) (1992)
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 聖霊降臨祭 (Pingst) (1911)
ユーハン・メーラク (1928-)
 山の風に寄せるヨイク (Bieggá luohte/Joik till fjällvinden) (ヨイクと儀式ドラムのための)
ヤン・サンドストレム (1954-)
 山の風に寄せるヨイク (Bieggá luohte/Joik till fjällvinden) (1998) (合唱、ヨイクと儀式ドラムのための)
ヤン・フェルム (1963-) I carry your heart (君の思いを僕の胸に) (2000) (ニッケルハルパのための)
  I carry your heart (君の思いを僕の胸に) (2000) (ニッケルハルパ、打楽器と合唱のための)
ヨハンネス・ユーハンソン (1951-) ケルビムの賛美歌 (Cherubim hymn) (1998)

オット・オルソン (1879-1964)
 詩篇120番 (Psalmus CXX) 「苦難の中から主を呼ぶと (Ad Dominum cum tribulare clamavi)
 シメオンの頌歌 (Canticum Simeonis)
  「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり (Nunc dimittis servum tuum, Domine)
 Rex gloriose Martyrum (殉教者の群の栄光の王よ)
  エーリク・ヴェストベリ・ヴォーカルアンサンブル エーリク・ヴェストベリ (指揮)
  アレクサンダー・リントット (ボーイソプラノ) トゥルビョン・ネースブム (ニッケルハルパ)
  アンデシュ・オストラン (打楽器) アンデシュ・オストラン打楽器アンサンブル ユーハン・メーレク (ヨイク)

CD22021 SACD (Multichannel/stereo, hybrid) ヨハネス・ブラームス (1833-1897)
 クラリネット三重奏曲 イ短調 作品114 クラリネット五重奏曲 ロ短調 作品115
  シェル・ファゲーウス (クラリネット) マッツ・リードストレム (チェロ)
  ベンクト・フォシュベリ (ピアノ) ターレ四重奏団

◇シェル・ファゲーウス Kjell Fagéus (1949-) は王立管弦楽団 (ストックホルム) のソロクラリネット奏者 (1976年以来)。モーツァルトのクラリネット協奏曲とラーションのクラリネット小協奏曲 (CD8801)、モーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲 (CD19301)、独奏クラリネット作品集 (CD19406) の録音が Opus 3 からリリースされている。新しいディスクの演奏はニューブルーカイェン 11 (ストックホルム王立音楽アカデミー) の中ホールでライヴ収録された。DSD録音。

CD22031 SACD (Multichannel/stereo, hybrid) オルガン作品集
JS・バッハ (1685-1750) トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
JS・バッハ (1685-1750) (モーリス・デリュフレ 編曲) Jesus bleibet meine Freude
JS・バッハ (1685-1750) (アレクサンドル・ギルマン 編曲) カンタータ第29番 − シンフォニア
JS・バッハ (1685-1750) (ジークフリート・カルク=エーレルト 編曲) G線上のアリア
セザール・フランク (1822-1890) 英雄的小品
チャールズ・アイヴズ (1874-1954) 「アメリカ」による変奏曲
ガブリエル・ピエルネ (1863-1937)
 3つの小品 作品29
  前奏曲 カンティレーナ スケルツァンド
ジークフリート・カルク=エーレルト (1877-1933) かわいいワルツ (Valse Mignonne) 作品142-2
シャルル=マリー・ヴィドール (1844-1937) オルガン交響曲第5番 − トッカータ
  マッティアス・ヴァーゲル (オルガン) [ヘードヴィーグ・エレオノーラ教会 (ストックホルム) のオルガン]

CD22041 SACD (Multichannel/stereo, hybrid) 星がひとつ煌めき (A Star is Shining)
ジョン・ラター (1945-) 降誕のキャロル (Nativity Carol)
 キャンドルライトのキャロル (Candlelight Carol)
バスク地方のキャロル (デイヴィッド・ウィルコックス 編曲)
 ガブリエルのみ告げ (Gabriel's Message)
伝承曲 (オット・オルソン 編曲) 昔のクリスマスの歌 (Gammal Julvisa)
スウェーデン・ブーダ地方 (13世紀)/ヴィッテンベルク伝承曲 (1533)
 主の道をととのえよ (Bereden väg för Herran)/甘き喜びのうちに (In dulci jubilo)
モーテン・ローリドセン (1943-) おお大いなる神秘 (O Magnum Mysterium)
スウェーデン・オイェビン地方の伝承曲 祝福された日 (Den signade dag)
ダーヴィド・ヴィーカンデル (1884-1955) 星がひとつ煌めき (Det brinner en stjärna)
イーヴァル・ヴィデーエン (1871-1951) ベツレヘムの星 (Betlehems stjärna)

オット・オルソン (1897-1964) 星がひとつ煌めき (Det brinner en stjärna) (オルガンのための)
グスタフ・ヌードクヴィスト (1886-1949) クリスマス、輝くクリスマス (Jul, jul strålande jul)
アルフレッド・ホリンズ (1865-1942) クリスマスの子守歌 (Christmas Cradle Song) (オルガンのための)
ミヒャエル・プレトーリウス (1571-1621)/ヤン・サンドストレム (1953-) 一輪のばらが咲いた (Det är en ros utsprungen)
ケルン伝承曲 (1599) 一輪のばらが咲いた (Det är en ros utsprungen)
カール・ニルセン (1865-1931) 語るもふしぎな (Förunderligt och märkligt/Forunderligt at sige)
フーゴ・ディストラー (1908-1942)
 Weihnachtsgeschichte 作品10 − 一輪のばらが咲いた (Es ist ein Ros entsprungen)
フランツ・グルーバー (1787-1863) (ダーヴィド・ヴィーカンデル 編曲) 聖しこの夜 (Den h
eliga natten)
  エーリク・ヴェストベリ・ヴォーカルアンサンブル エーリク・ヴェストベリ (指揮) マヤ・ルンドベック (ソプラノ)
  マッティアス・ヴァーゲル (オルガン) ダニエル・ペッテション (ニッケルハルパ) アンデシュ・オストランド (打楽器)
  ダニエル・サウアー (打楽器)

◇雪に埋もれ、冷たく暗いスウェーデン北部の町、ルレオー。その大聖堂にキャンドルが灯ります。スウェーデンのクリスマスに欠かせない〈ベツレヘムの星〉と〈クリスマス、輝くクリスマス〉、ヤン・サンドストレムがプレトーリウスの単旋聖歌をもとに作曲し、スウェーデンの合唱団の愛唱曲になった〈一輪のばらが咲いた〉、そしてラターの曲。「ムジカ・サクラ」 (CD19516) と「希望の橋を渡り」 (CD22012) が人気のエーリク・ヴェストベリ・ヴォーカルアンサンブルに、「ヴァトナヨークトル・ライヴ」 (CD19802) のマッティアス・ヴァーゲルとアンデシュ・オストランド、ニッケルハルパ (キーフィドル) 奏者のダニエル・ペッテションらが加わり、静かな、暖かいクリスマスの気分でつつんでくれます。

CD22062 SACD (4.0 surround/stereo, hybrid)
A Unique Classical Guitar Collection
JS・バッハ (1685-1750)
 ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV1050 − アレグロ
エンリケ・グラナドス (1867-1916) ゴヤのマハ [CD7810]
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847)
 無言歌集 − 瞑想 作品30-1 タランテラ 作品102-3
 弦楽四重奏のための4つの小品 作品81 −アンダンテ (主題と変奏)
クロード・ドビュッシー (1862-1918)
 前奏曲集第1集 − 吟遊詩人 小組曲 − 小舟にて メヌエット [CD9001]
JS・バッハ (1685-1750) ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051 [CD7915]
  ストックホルム・ギター四重奏団

JS・バッハ (1685-1750) 組曲第2番 ハ短調 BWV997 − 前奏曲 ジグ ドウブル [CD8015]
  ペーデル・リス (ギター)

フェルナンド・ソル (1778-1839) 2つのギターのための幻想曲 作品54 (抜粋) [CD8201]
  ドゥオ・デチマ  ラーシュ・カールソン (ギター) ミカエル・ユング (ギター)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942)
 フローセの花 (Frösöblomster) − ローンテニス (Lawn tennis)
  ソンマルハーゲン入場 (Intåg i Sommarhagen) 夏の歌 (Sommarsång) [CD19701]

◇アルバムタイトルどおり、Opus3 がこれまでリリースした“ユニーク”な四重奏、三重奏、二重奏、ソロのギター録音のコレクション。いずれも4チャンネルのオリジナルマスターによるSACDリマスター。秋の気分が漂います。

Next (Jazz, Blues, Folk & World Music, TestRecords & Samplers) 


HOME

Artwork © Opus3 Records (Sweden)