Opus3


Classical

Jazz

CD7977 セレクション
トゥーマス・オーンベリ − バディ・ボールデン・ストンプ (Buddy Bolden Stomp)
 Mean Blues Achin' Hearted Blues Buddy Bolden Blues Of All the Wrongs You've Done to Me
 Terrible Blues Birmingham Bertha Oh, Daddy Blues Georgia Cabin [Opus3 (LP) 7910]
  トゥーマス・オーンベリ (ソプラノサックス、クラリネット)  ベント・ペーション (トランペット、コルネット)
グンナル・リードベリ − スウィング・ヴァイオリン (Swing Violin)
 I Got Rhythm (アイ・ガット・リズム) The Very Thought of You (あなたのことを思って)
 The Thing We Did Last Summer One Morning in May Sunday Coguette
  グンナル・リードベリ (ヴァイオリン) ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン)
  ペッレ・ヒゥルテーン (ドラムズ) アルネ・ヴィルヘルムソン (ベース) 
[Opus3 (LP) 7904]

ピュグメー・ジャズバンド (Pygmé Jazzband)
 Duff Campbell's Revenge (ダフ・キャンベルの仕返し) Saturday Night Function Red Beans and Rice
 [Opus3 (LP) 7702]
 
スタンス・バンド (Stans Band)
 9.20 Special I'm for It Too I Surrender Dear I Never Knew [Opus3 (LP) 7701]

CD8003
トゥーマス・オーンベリ・ブルー・ファイヴ − フィーチャリング・ケニー・ダヴァーン (featuring Kenny Davern)
 New Orleans Stomp Black Beauty Rocky Mountain Blues Too Busy Bienville Blues
 Let's Sow Wild Oat Mood Indigo
  ブルー・ファイヴ
   トゥーマス・オーンベリ (クラリネット、ソプラノサックス) ベント・ペーション (トランペット、コルネット)
   ブー・ユーリーン (スーザフォーン、テューバ) ウルフ・リンドベリ (ピアノ) ヨーラン・リンド (ベース)
   ホルガー・グロス (バンジョー)
 ほか
  ケニー・ダヴァーン (クラリネット)

CD8302
ラーシュ・エーシュトランド − ラーシュ・エーシュトランドの2つの顔 (Two Sides of Lars Erstrand)
 Gladys Move Land of the Midnight Sun Cavatina (カヴァティーナ) Exactly like You
 Concerto d'Aranjuez (アランフェスの協奏曲) Reunion Blues Sweet and Hop Mop
 Sweet Georgia Fame Invention in C-major
  ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) ルーランド・イーヴェリド (テナーサックス)
  クヌズ・ヨーアンセン (ピアノ) ベッティル・フェーンクヴィスト (ギター) アルネ・ヴィルヘルムソン (ベース)
  ペレ・ヒゥルテーン (ドラムズ)

CD8401 クヌズ・ヨーアンセン・ジャズ・トリオ - Knud Jörgensen Jazz Trio
 Satin Doll Softly as in the Morning Sunrise Too Late Now You Look Good to Me
 It Might as Well Be Spring My Heart Stood Still Teach Me Tonight
  クヌズ・ヨーアンセン・ジャズ・トリオ
   クヌズ・ヨーアンセン (ピアノ) ストゥーレ・オーケルベリ (ベース) ユーハン・ディーレマンス (ドラムズ)

CD8402
ラーシュ・エーシュトランド − ラーシュ・エーシュトランドと4人の兄弟 (Lars Erstrand and Four Brothers)
 Four Brothers There with You Too Good to Be True Body and Soul Crow's Nest
 Sunday London by Night Mambo Inn T and S The Rabbit Jumps
  ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) ルーランド・イーヴェリド (テナーサックス)
  クヌズ・ヨーアンセン (ピアノ) アルネ・ヴィルヘルムソン (ベース) ペレ・ヒゥルテーン (ドラムズ)

CD8421 SACD hybrid (stereo) クヌズ・ヨーアンセン・ジャズ・トリオ − Teach Me Tonight
 Satin Doll Softly as in the Morning Sunrise Too Late Now You Look Good to Me
 It Might as Well Be Spring My Heart Stood Still Teach Me Tonight
  クヌズ・ヨーアンセン・ジャズ・トリオ
   クヌズ・ヨーアンセン (ピアノ) ストゥーレ・オーケルベリ (ベース) ユーハン・ディーレマンス (ドラムズ)

CD8603
エーシュトランド ・リンド・カルテット − ベニー・グッドマン・カルテットに捧ぐ (A Tribute to the Benny Goodman Quartet)
 Memories of You Stompin' at the Savoy I Must Have That Man Don't Be That Way Opus 1/2 Who
 Smiles
 Avalon If Dreams Come True Pick a Rib I've Got a Heart Full of Music
  ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) ウーヴェ・リンド (クラリネット)
  ロルフ・ラーション (ピアノ) ペレ・ヒゥルテーン (ドラムズ)

CD9101 
ラーシュ・エーシュトランド − ドリーム・ダンシング (Dream Dancing)
 Dream Dancing A Beautiful Friendship East of the Sun Sweet Georgia Brown Manha de Carnival
 One for the Woofer But Not for Me Over the Rainbow (虹の彼方に) It Might as Well Be Spring
 In a Mellow Tone Old Folks Just Friends - Friends Again Flying Home
  ラーシュ・エーシュトランド・カルテット
   ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) シェル・オーマン (ピアノ、ハモンドオルガン)
   レイフ・“ガス”・ダールベリ (ドラムズ) トミー・ジョンソン (ベース)

CD9201
ヨアシム・ミルデル − コンセンサス (Consensus)
 Some Day My Prince Will Come (いつか王子様が) Played Twice Darn That Dream
 My Funny Valentine (マイ・ファニー・ヴァレンタイン) Soon Canto Triste I Should Care
 The Masquerade Is Over Some Other Time Alone Together Body and Soul
 Here's That Rainy Day
  ヨアシム・ミルデル (テナーサックス) アンデシュ・ペーション (ピアノ) マグヌス・グラーン (ドラムズ)
  クリスチャン・スペリング (ベース) ユーハン・ヘルレーン (アルトサックス)

CD19102
ブルー・ファイヴ&フレンズ − ノーバディズ・ブルーズ・バット・マイン (Nobody's Blues but Mine)
 My Sweet Lovin' Man Nobody's Blues But Mine Papa Dip Absent Minded Blues Ain't Cha' Got Music
 House Rent Blues Winin' Boy Blues There Ain't No Sweet Man Mandy Lee Blues
 New Orleans Hop Scop Blues Flat Foot Workin' Man Blues St.Claus Blues Dropping Shucks
 Dixie Cinderella Mister Will You Serenade?
  ブルー・ファイヴ
   トゥーマス・オーンベリ (ソプラノサックス、クラリネット) ベント・ペーション (トランペット)
   ウッレ・ニューマン (バンジョー、ギター) ブー・ユーリーン (スーザフォーン)
  ボブ・バーナード (トランペット) キース・ダーストン (ピアノ) モッテン・グンナル・ラーシェン (ピアノ)
  イェプ・ペーテルス (ピアノ) フランス・シェーストレム (バスサックス)

CD19302
ユーハン・ディーレマンス・トリオ − ラウンド・ミッドナイト (Round' Midnight)
 My Heart Stood Still Try a Little Tenderness (トライ・ア・リトル・テンダーネス) Love for Sale
 I've Grown Accustomed to Her Face (あの顔が忘れられない) Come Rain or Come Shine
 I Married an Angel Humph Round' Midnight (ラウンド・ミッドナイト) I'm Old Fashioned
 My One and Only Love Like Someone in Love
  ユーハン・ディーレマンス・トリオ
   アルヴァロ・イース (ピアノ) ウッレ・ステインホルス (ベース) ユーハン・ディーレマンス (ドラムズ)

CD19402
シェル・オーマン − ハモンド・コネクション (The Hammond Connection)
 Summerwind The Favour of the Fool I Let a Song Go out of My Heart Swing House Misty (ミスティ)
 Crazy Rhythm Skating in Central Park I Want to Be Happy Stardust (スターダスト)
 Secret Love (シークレット・ラヴ) Stockholm Sweetnin' But Beautiful 9:20 Special Blues Opus 3
  シェル・オーマン (ハモンドオルガン) ルーネ・グスタフソン (ギター) マス・ヴィニング (ベース)
  レイフ・“ガス”・ダールベリ (ドラムズ) アルネ・ドムネールス (アルトサックス)

CD19404 HDCD
スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ − イッツ・ライト・ヒア・フォー・ユー (It's Right Here for You)
 Shake It and Break It Jazzin' Babies Blues Mr. Jess Gulf Coast Blues Sugar Foot Strut
 Cake Walkin' Babies Weatherburn Blues How Come You Do Me Potato Head Blues
 It's Right Here for You Buddy Burton's Jazz Melancholy Blues Chattanooga Stomp
 Moody melody
  スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ ロイ・ウィリアムズ (トロンボーン)

CD19405
ラーシュ・エーシュトランド − セッションズ (Sessions)
 Don't Take Your Love from Me Afternoon in Paris (パリの昼下がり) Christmas Song
 One Morning in May Jubilee Small Fry Fascinating Rhythm Struttin' with Some Barbecue
 Stuffy The Talk of the Town (うわさの男) A Tisket a Tasket Lester Leaps in
 Easter Parade (イースター・パレード)

  ラーシュ・エーシュトランド・カルテット
   ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) シェル・オーマン (ピアノ、ハモンドオルガン)
   レイフ・“ガス”・ダールベリ (ドラムズ) トミー・ジョンソン (ベース)
  ロイ・ウィリアムズ (トロンボーン) ダニー・モス (テナーサックス) ボブ・バーナード (トランペット)
  ヤン・ルンドグレン (ラングレン) (ピアノ) ロニー・ガーディナー (ドラムズ) アルネ・ヴィルヘルムソン (ベース)

CD19502
ケンネト・アルンストレム − リズム・キング (Rhythm King)
 I Ain't Gonna Give Nobody None of My Jelly Roll Stealin' away Funny Feathers
 Baby Won't You Please Come Home Liza Solitariness Out of the Gallion Forty and Tight
 Sobbin' Blues Sombody Stole My Gal Bluer than Blue Rhythm King
  ケンネト・アンストレム (クラリネット、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、バスクラリネット)
  トゥーマス・オーンベリ (クラリネット、ソプラノサックス) ペント・ペーション (コルネット、トランペット)
  ウッレ・ニューマン (バンジョー、ギター) ヨーラン・エーリクソン (バンジョー) キース・ダーストン (ピアノ)
  ブー・ユーリーン (スーザフォーン) トゥーマス・エークストレム (ベース)

CD19503
ボブ・バーナード − コルネット・チャプ・スーイ (Cornet Chop Suey)
  ボブ・バーナード (コルネット) ラーシュ=エーリク・エーリクソン (クラリネット)
  ウッレ・ニューマン (バンジョー、ギター) ユーハン・ビーシェルク (ピアノ) ビョーン・ハーゲルマン (ベース)
  カッレ・ニューグレン (ピアノ) トゥーマス・オーンベリ (クラリネット)

CD19703 HDCD
スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ − カムズ・ラヴ (Comes Love)
 Apex Blues Buddy Bolden's Blues Shine Worn Out Blues Travellin' Alone
 No One Else but You Red River Blues Here Comes the Band Please Don't Talk about Me
 What Makes Me Love You So I Would Do Anything for You Aunt Hagar's Blues
 Come Love Walk That Broad
  スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ  
  ケニー・ダヴァーン (クラリネット) マーティン・リットン (ピアノ)

CD19801 HDCD ヨースタ・ルンドクヴィスト・トリオ − Treecircle
 For Heaven's Sake Falling Grace A Flower Is a Lovesome Thing
 ヨースタのワルツ (Gösta' Waltz) Turn out the Stars The Meaning of the Blues
 Hannimood Treecircle Walkabout Thoughts How My Heart Sings
  ヨースタ・ルンドクヴィスト・トリオ
   ヨースタ・ルンドクヴィスト (ピアノ) ハンス・アンデション (ベース)
   フレードリク・ルンドクヴィスト (ドラムズ)

CD19803 HDCD シラス − ランズ・エンド (Lands End)
 Leaves November Suspect Sustain Rain O Ango Tango Lands End
 But Still...Song for V 9 Circles Dragon Song Untitled To Monika
  シラス
   アリ・ハラルドソン (サクソフォーン、ディジェリドゥー) ハンス・ニューマン (ギター、メロディカ)
   ペーテル・ニルソン (ギター) アンデシュ・グループ (ダブルベース)
   パトリック・ロバートソン (パーカッション)

CD19901 HDCD
CD19911
SACD hybrid (Multichannel/stereo)

ベニー・ウォーターズ − ポーンショップ (Live at the Pawnshop)
 Out of Nowhere Some of These Days Summertime (サマータイム)
 Ziggin' and a Zaggin' Cherokee (チェロキー) Sofisticated Lady
 Dark Eyes (黒い瞳) I Can't Get Started Indiana Blues Amore
  ベニー・ウォーターズ (サクソフォーン、クラリネット、ヴォーカル) ビョーン・ミルデル (ピアノ)
  ヨーラン・スタチェウスキ (ギター) ヨーラン・リンド (ベース) クリステル・オールソン (ドラムズ)
  [録音 1976427日 ポーンショップ (ストックホルム)]

1976427日、“ポーンショップ The Pawnshop (Stampen)” (ストックホルム) でのライヴ録音。ムードいっぱいのジャズ・ライヴ。

CD22001 SACD hybrid (Multichannel/stereo) Jazz Delights
 Teach Me Tonight
  クヌズ・ヨーアンセン・ジャズトリオ [CD8401]
 Stockholm Sweetnin'
 
 シェル・オーマン (ハモンドオルガン) [CD19402]
 East of the Sun
  ラーシュ・エーシュトランド・カルテット [CD9101]
 Treecircle
  ヨースタ・ルンドクヴィスト・トリオ [CD19801]
 New Orleans (ニューオーリンズ)
  ボブ・バーナード (コルネット) [CD19503]
 Christmas Song (クリスマスソング)
  ラーシュ・エーシュトランド・カルテット ロイ・ウィリアムズ (トロンボーン) [CD19405]
 Leaves (木の葉)
  シラス [CD19803]
 Round' Midnight (ラウンド・ミッドナイト)
  ユーハン・ディーレマンス・トリオ [CD19302]
 Red River Blues
  スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ [CD19703]
 When I Feel the Sea beneath My Soul (心の底に海を感じると)
  タイニー・アイランド [CD19804]
 My Funny Valentine (マイ・ファニー・ヴァレンタイン)
  ヨアシム・ミルデル (テナーサックス) [CD9201]
 Too Good to Be True
  ラーシュ・エーシュトランド・クインテット [CD8402]
 Bluer than Blue
  ケンネト・アルンストレム (クラリネット、テナーサックス) [CD19502]
 Blues Amore
  ベニー・ウォーターズ (アルトサックス、テナーサックス) [CD19911]

CD22013 SACD hybrid (Multichannel/stereo) ボブ・バーナード & スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ
 − 若きルイ・アームストロングに捧げる (A Tribute to Young Louis)
 Oriental Strut You're Next My Heart Melancholy Blues Ory's Creole Trombone Georgia Bo-Bo
 The Last Time Wild Man Blues Everybody Loves My Baby Two Deuces
 Keyhole Blues Sunset Caf Stomp
  ボブ・バーナード (コルネット) ロイ・ウィリアムズ (トロンボーン)
  スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ
   トゥーマス・オーンベリ (クラリネット、アルトサクソフォーン) ウッレ・ニューマン (バンジョー)
   ブー・ユーリーン (スーザフォーン) ヨーラン・リンド (ダブルベース) キース・ダーストン (ピアノ)
   マーティン・リットン (ピアノ) カイ・シーヴェルト (トロンボーン)

◇ディキシーランドスタイルのグループ、スウィーディッシュ・ジャズ・キングズ The Swedish Jazz Kings がボブ・バーナード Bob Barnard とロイ・ウィリアムズ Roy Williams をゲストに迎え、ルイ・アームストロングがソロ活動を行っていた1924年から1929年にかけての作品を演奏したアルバム。ヤン=エーリク・ペーションとトゥーマス・オーンベリ Tomas Örnberg の共同製作。2001年8月19日、23日にDSD録音。センターとサブウーファー・チャンネルは使われていない。

CD22014 SACD hybrid (Multichannel/stereo) ラーシュ・エーシュトランド − The "Complete" Songs
 A Nightingale Sang in Berkeley Square Let Me Call You Sweetheart Life Can Be So Sweet
 A Hundrred Years from Today 'S Wonderful (スワンダフル) Ah! Sweet Mystery of Life Then I'll Be Tired of You
 Song of Songs For You, For Me, For Ever More Tea for Two (ふたりでお茶を) On the Sunny Side of the Street
  ラーシュ・エーシュトランド・トリオ ラーシュ・エーシュトランド・カルテット
   ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) ヤン・ルンドグレン (ラングレン) (ピアノ)
   ハンス・バケンロート (ベース) レイフ・“ガス”・ダールベリ (ドラムズ) ベッティル・フェーンクヴィスト (ギター)
   アンティ・サルピラ (サクソフォーン) ラーシュ・トーンクヴィスト (コルネット)

Opus3 に5枚のアルバムを録音したヴィブラフォーン奏者ラーシュ・エーシュトランド Lars Erstrand が長年にわたって暖めつづけてきた “ドリーム・プロジェクト” のディスク。トリオを基本に、曲によってダールベリ以下のアーティストとカルテットを組んで演奏する。DSD (Direct Stream Digital) 録音。

CD22051 SACD hybrid (4.1 multichannel/stereo)
デイヴィッド・ウィルチェフスキ − 雲の中の部屋 (Room in the Clouds)
 Mio (ミオ) Wayne's World (for Wayne Shorter) April Fools
 無念無想 (Munen-Musou) (Room in the Clouds)
 Elvin Jones (エルヴィン・ジョーンズ) Fun for Kofi Lament to B.G. Goffy in Gdansk
 Blues for Shep Way Back When Speedy For a Smile
  デイヴィッド・ウィルチェフスキ (テナーサックス、ソプラノサックス、クラリネット、アルトフルート)
  ハックス・フラックス・ネッテルマルム (ドラムズ) ペーテル・ニューランデル (ギター)
  マグヌス・ペーション (ヴァイブ、パーカッション) マックス・シュルツ (ギター)
  マッティアス・トレル (ギター) トゥルビョーン・セッテルベリ (ベース)

CD22071 SACD hybrid (4.1 surround/stereo) The Legendary Eva Taylor "Live at the Pawnshop"
 Everybody Loves My Baby I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate
 I Found a New Baby Papa De-Da-Da Cake Walkin' Babies from Home
 Of All the Wrongs You've Done Are They Pickin' on Your Baby
 Mandy, Make up Your Mind High Society I'm a Little Blackbird
  エヴァ・テイラー (ヴォーカル) トゥーマス・オーンベリ (ソプラノサックス、クラリネット)
  ベント・ペーション (トランペット) イェンス・"ジェシー"・リンドグレン (トロンボーン)
  アンドレアス・ヘイモウスキ (クラリネット、バスクラリネット)
  ハンス・ヒゥルトマン=ボイェ (ピアノ) ヨーラン・スタケウスキ (バンジョー)
  レンナット・ブーム (ベース) マルガレータ・タレーン (ヴォーカル) [Kenneth Records (LP)]

CD22081 SACD hybrid (4.1 multichannel/stereo)
Swingcerely Yours − ベスト・オブ・ラーシュ・エーシュトランド 1983年−1995
 Gladys Concerto D'Aranjuez Reunion Blues Too Good to Be True Body and Soul
 The Rabbit Jumps Stompin' at the Savoy I Must Have That Man Avalon
 East of the Sun Sweet Georgia Brown Old Folks One for the Woofer
 Don't Take Your Love from Me It's the Talk of the Town Small Fry
  ラーシュ・エーシュトランド (ヴィブラフォーン) ボブ・バーナード (コルネット)
  ダニー・モス (テナーサックス) ヤン・ルンドグレン (ラングレン) (ピアノ)
  シェル・オーマン (ピアノ、ハモンドB3) クヌード・ヨリセンセン (ピアノ)
  ロルフ・ラーション (ピアノ) ウーヴェ・リンド (クラリネット) ロイ・ウィリアムズ (ベース)
 [CD8302, CD8402, CD8603, CD9101, CD19405]

 

Vocals

CD22032 SACD hybrid (Multichannel/stereo) カティンカ・ウィルソン − One Life
 Why Did You Fly The Boat Bottomline One Life 'Cause I Miss You Heather
 El Morte Sounds The Puppet Grey Dressed Skies Razor Blade Jane

  カティンカ・ウィルソン (ヴォーカル、ギター)
  ヤンネ・ペッテション (ピアノ、キーボード、アコーディオン)
  ハッセ・ラーション (ベース、エレキベース) シェル・セーゲルブラント (ギター、エレキギター)
  ミッケ・ニルソン (パーカッション) デイヴ・ウィルチェフスキ (テナーサックス、ソプラノサックス)

◇スウェーデンの女性ヴォーカル、カティンカ・ウィルソン Katinka Wilson のデビューアルバム。“シンガーソングライターの伝統に生まれた新しい歌を、ポップミュージックで味つけ、アクースティックな環境で録音した”。タイニー・アイランド Tiny Island や、エリック・ビブのバンド、ニーディッド・タイム Needed Time に参加するヤンネ・ペッテション Janne Pettersson がプロデュースと、演奏 (ピアノほか) を担当。“個性的で色っぽいスタイルの歌”をバックアップする。一部共作を含むが、すべての歌をカティンカが作詞作曲した。

CD22063 SACD hybrid (4.1 surround/stereo)
マリア・ヴィンテル (Maria Winther)Dreamsville
 Dreamsville April in Paris (パリの四月) A Foggy Day in London Town
 A Flower Is a Lovesome Thing I've Grown Accustomed to His Face
 You Must Believe in Spring Love Is a Many Splendoured Thing (慕情)
 At Last For Heavens' Sake We'll Be Together Again
  マリア・ヴィンテル (ヴォーカル) ヨースタ・ルンドクヴィスト (ピアノ)
  ヨアシム・ミルデル (テナーサックス) クリスチャン・スペリング (ダブルベース)
  オーラ・ヒュルトグレン (ドラムズ)

 

Blues, Folk & World Music

CD7706
シンディー・ピーターズ&エリック・ビブ − コレクション (A Collection)
 朝日のあたる家 ほか
  シンディー・ピーターズ (ヴォーカル) エリック・ビブ (ヴォーカル、ギター)

CD7723 SACD hybrid (4.1 surround/stereo) エリック・ビブ − Rainbow People
 Catalina Estimada Lonesome Child Blues Look over Yonder Candy Man
 Sunday School Lead Me, Guide Me Encuentro En la Estación Going Home
 Rainbow People
  エリック・ビブ (ギター、ヴォーカル) エド・エプスタイン (ソプラノサックス)
  ペーテル・サーリン (ベース、ギター) フェリクス・ペレイラ (アルパ・トロピカル)
  ルディ・スミス (アルト・パンズ) メルヴィン・プライス (トゥンバ)
  スティーヴ・グリクスタイン (ギター) ヒラリー・アッシュ=ロイ (フルート)
  シンディー・ピーターズ (ヴォーカル) タミー (ヴォーカル、ギター)
  レーナ・ストロンベリ (アルトサックス) スタファン・ラーション (ヴァイオリン)
  ミカエル・ラーション (ヴィオラ) マッツ・ロンディン (チェロ) ビョーン・ハムリン (ハーモニカ)

CD7917
テレーズ・ユーエル − 生きている (Levande)
 あなたに (Till Dig) やあ、いい人 (Hej Du vackra människa) 新年の歌 (Nyårssång)
 秋の気配 (Höstkänning) 魔女 (Häxan) 時はただ過ぎゆく (Tiden bara går)
 トラスドッケダンス (Trasdockedans) 新しいレストラン (Den nya restaurangen)
 新月の下の娘 (Flickan under nymånen) 残り毛糸のカーディガン (Restgarnskoftan)
 世界はどんなふうに (Vilken värld det ska bli)
  テレーズ・ユーエル (ヴォーカル) ストックホルム・ギター四重奏団 コルネット

CD8078
KNOAセレクション A Selection from KNOA
  グループKNOA (ギター、ヴァイオリン、ベース、パーカッション)

CD19401
CD19411
SACD hybrid (Multichannel/stereo)
LP19401
2LP's (45rpm)

エリック・ビブ&ニーディッド・タイム − スピリット&ザ・ブルーズ (Spirit & the Blues)
 Lonesome Valley In My Father's House Needed Time I Am Blessed Just Keep Goin' On
 Where Shall I Be Woke up This Mornin' I Want Jesus to Walk with Me
 You're Gonna Need Somebody on Your Bond Braggin' Water under the Bridge
 Tell Ol' Bill Satisfied Mind Meetin' at the Buildin' Waltz
  エリック・ビブ (ヴォーカル、ギター) ニーディッド・タイム

CD19505
マノロ・イグレシアス − デスティーノ・フラメンコ (Destino Flamenco)
 ブレリアス ダンサ・モーラ アンダルーシア幻想曲 ロンデーニャ・コン・ブレリアス セビィーリヤナス
 マルカ ソレアレス アレグリアス ルンバ・フラメンカ
  マノロ・イグレシアス (フラメンコギター)

CD19603 HDCD
CD19623
SACD hybrid (Multichannel/stereo)
LP19603
2LP's (45rpm)

エリック・ビブ&ニーディッド・タイム − グッド・スタッフ (Good Stuff)
 Good Stuff Saucer 'n' Cup Shigles by Singles Don't Ever Let Nobody Drag Your Spirit Down
 Where the Green Grass Grows Blacksmith Island New World Comin' Through
 Too Much Whisky Nothin' like You Used to Do All of My Love A Simple Song
 Happy Home Recipe Done Laid Around Rough Waters
  エリック・ビブ (ヴォーカル、ギター) ニーディッド・タイム

◇アメリカの歌手、ギタリスト、エリック・ビブ Eric Bibb が、スウェーデンのグループ、ニーディッド・タイム Needed Time と共演したセカンドアルバム。カントリーブルースとフォークのリリカルな曲が集められている。ファーストアルバム “スピリット&ザ・ブルーズ (Spirit & the Blues) ”(1994年)とともに、ビブのブルースとゴスペルのスタイルを融合させた歌唱とバックバンドの雰囲気たっぷりの共演がすばらしく、欧米で高い評価を獲得してきた。Opus3 のロングセラーアルバム。日本にも根強いファンが多い。ニーディッド・タイムのメンバーによる曲とトラッド曲のそれぞれ1曲をのぞき、いずれもビブの作品(一部、共作)。しみじみと歌われるスローバラード "Where the Green Grass Grows (緑の草が茂るところ)" は、このジャンルの古典的名曲になりそうな曲。1996-1997年の録音。1997年のHDCD (CD19603)SACD化。オリジナルテープのリアチャンネル成分によるマルチチャンネルCD

CD19804 HDCD
CD19824
SACD hybrid (Multichannel/stereo)
 タイニー・アイランド Tiny Island
 Le Valse Petit (小さなワルツ) Vaquero Black Sand (黒い砂) 
 When I Feel the Sea beneath My Soul (心の奥に海を感じると)
 My Siren of the Woods (わたしの森の精) Sacred Ground (聖なる土地)
 Lilla Långdansen (かわいい輪舞) Paniolo Dream Pua Kea
  タイニー・アイランド
   ヨーラン・ヴェンネルブラント (ギター、ハワイアンギター、スライドギター、マンドリン)
   ニック・マルメストレム (ギター、10弦マンドラ、ブーズーキ、12弦ギター)
   ヤンネ・ペッテション (アコーディオン、ピアノ、ポンプオルガン、カリンバ、オルガン)
   ウッレ・エーリクソン (ベース、10弦マンドラ) ビョーン・イデオンソン (パーカッション
  ユーハン・ヘーディン (ニッケルハルパ) アーメット・テクビレク (カヴァラ、ネイフルート)

◇タイニー・アイランド Tiny Island は、エリック・ビブとの共演により国際的にも有名になったスウェーデンのグループ、ニーディッド・タイムのメンバーが中心になって結成した。主要メンバーのひとり、ヨーラン・ヴェンネルブラント Göran Wennerbrandt は、ビブの "Spirit & the Blues""Good Stuff" をプロデュースした。南海の島のそよ風とオリエンタル・スパイスの香り、北欧のムード。さまざまな楽器の組み合わせが響かせる音楽は、かなり独特。1998-1999年の録音。1999年のHDCD (CD19804)SACD化。オリジナルテープのリアチャンネル成分によるマルチチャンネルCD

CD20002 HDCD
CD21002
SACD hybrid (Stereo)
CD22002
SACD hybrid (Multichannel/stereo)

エリック・ビブ − ジャスト・ライク・ラヴ (Just Like Love)
 Wrapped up in Her Arms My Charleston Dream Dear John Just Like Love
 She's Still with Me I Wanna Be Ready Katri's Kindness Get It While It's Hot
 Home in That Rock Forever Ago Deep Sea Blues Sail Away Ladies
 All Your Sweetness Rock Island Rocket Marley's Mood That's Why I'm Here Prayin'
  エリック・ビブ (ヴォーカル、ギター) クリステル・リュサリデス (マンドリン、マンドラ、ギター) 
  ヤンネ・ペッテション (アコーディオン、ピアノ、メロディカ、カリンバ) ビッグ・ウォーカー (ハーモニカ)
  ウッレ・エーリクソン (ダブルベース) ブー・ユーリーン (スーザフォーン) リーヴァイ・B・サーンダーズ (バンジョー)

◇1951年ニューヨーク生まれのブルースのシンガー・ソングライター、エリック・ビブの "Sprit & the Blues""Good Stuff" につぐ Opus3 への録音。 〈ホーム・イン・ザット・ロック〉など3曲のトラッド・ナンバーと、アコーディオン・ソロによるヤンネ・ペッテション作曲のスウェーデン/ケイジャンの愛のワルツ 〈オール・ヨア・スウィートネス〉以外は、すべてビブの個人的な体験を歌にしたオリジナル曲。プロデューサのヤン=エーリク・ペーションとの出会いが生んだ暖かい雰囲気のアルバム。

CD22042 SACD hybrid (4.1 Multichannel/Stereo) ペーデル・アーヴ・ユグラス − Autumn Shuffle
 Harvest Song Wino's Dance Autumn Shuffle Central South Passion
 Last Call Far Away Dawn I Sold My Boat Stockholm Passing By Strife Within A Hymn
  ペーデル・アーヴ・ユグラス (エレキギター、ギター、マンドリン、エレキベース、
   キーボード、パーカッション、ピアノ)
  マルテ・シェーストランド (フェンダーローズ、ハモンドオルガン) ヘンリク・ヴァルテル (ドラムズ)
  ブー・ヌーデンフェルト (ベース) パトリク・シルヴェレーケ (アコーディオン)
  ダーヴィド・ヴィルチェフスキ (テナーサックス) ラーシュ・ホービンゲル (トロンボーン)
  ビョーン・ハムリン (ハーモニカ) スヴェン・ビェルハル (ディジャリドー)
  マッティアス・ヴァーゲル (オルガン)
  [ヘードヴィーグ・エレオノーラ教会 (ストックホルム) のオルガン]

CD22102 SACD hybrid (Stereo) スティックス&ストーンズ − Sticks & Stones
 Stick & stones The lilies of the vally Guide me No one but myself to blame Eldsmark Far away
 You don't have to We burned the houses to the ground Al Mansoury Silence People Waiting
  スティックス&ストーンズ
   レベッカ・シェーベリ (リードヴォーカル)
   アレクサンデル・ベリストレム (ギター、ドブロ、マンドリン、ソー、ヴォーカル)
   エーリク・ベリグレーン (ギター、マンドリン、バンジョー、ヴォーカル)
   エンマ・サルモンソン (ギター、ヴォーカル)
   ユーナス・リンドベリ (ベース、マンドリン、ヴォーカル)
  ゲスト ジム・ヴァン・クリーヴ (フィドル)

CD22111 SACD hybrid (Stereo) エリック・ビブ − Blues, Ballads & Work Songs
 Goin' down the Road Feelin' Bad John Henry Take This Hammer Cocaine Blues Candy Man
 Goin' down Slow Sittin' on Top of the World Come back Baby Frankie & Albert Stagger Lee
 Juke Dance My Honey Pie Satisfied Sophisticated Shade
  エリック・ビブ (ギター、ヴォーカル) カハンガ・"マスター・ヴムビ"・デクラ (エレクトリックギター)
  クリステル・リュッサリデス (エレクトリック・スライドギター、マンドラ)
  ルーゲル・エークマン (ヘフネル・ヴァイオリンベース) ブー・ユーリーン (スーザフォーン)
  スヴァンテ・ドレイク (マウスパーカッション、シェイカー)

 

TestRecords & Samplers

CD19400 HDCD
LP9200 1LP (33rpm)
Test CD4.1 (Testrecord 4)
ユーハン・ヘルミク・ルーマン (1694-1758) 
 ドロットニングホルムの音楽 − アレグロ・コン・スピリト
WA・モーツァルト (1756-1791) クラリネット五重奏曲 イ長調 K581 − 第4楽章
ヤーコブ・アードルフ・ヘッグ (1850-1928) ピアノソナタ ニ短調 − 終曲
エイエ・テーリン (1938-1990) チルコ・デラ・ヴィタ
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) 無言歌集 − 安らぎもなく 作品30-2
ラーシュ=エーリク・ラーション (1908-1986) クラリネット小協奏曲 作品45-3 から
 ダブルベース小協奏曲 作品45-11 から
Try a Little Tenderness Played Twice Winin' Boy Blues Sweet Georgia Brown Stompin' at the Savoy
Reunion Blues The King Black Beauty 朝日のあたる家 Look over Yonder

CD19500 Testrecords 1, 2 & 3

CD19692 HDCD  20周年記念特別ディスク
West End Blues Stuffy How Come You Do Me Summerwind Solitariness
Needed Time Latina - Rumba Flamenca
ラーシュ・ヤンソン (1951-) ブラジルの母らへ/元后あわれみの母
フランク・ザッパ (1940-1993) Inca Roads
ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 交響曲第1番 ハ長調 作品21 − 第4楽章
フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58 − スケルツォ
フランツ・シューベルト (1797-1928) ピアノ三重奏曲第1番 変ロ長調 D898 − スケルツォ
オスカル・リンドベリ (1887-1955) 昔の聖歌
マルカム・アーノルド (1921-) クラリネット幻想曲 作品87

CD20000 HDCD
CD21000
SACD hybrid (Multichannel/stereo)

Test CD 5 (Showcase)
 I Can't Get Started Where the Green Grass Grows Vaquero
 The Talk of the Town Blues Opus 3 The Meaning of the Blues
 O Ango Tango Comes Love I Want Jesus to Walk with Me Sanctus
 Orientale Overture to Carmen String Quartet no.6 - 2nd movement Bolero

PREVIOUS (Classical)


HOME

Artwork © Opus3 (Sweden)