Phono Suecia


PSCD101 ヤン・カールステット (1926-2004) 室内楽作品集
 弦楽三重奏曲 作品5 (1955) 
  マッツ・セッテルクヴィスト (ヴァイオリン) ホーカン・オルソン (ヴィオラ)
  エヴァ・リュードストレム (チェロ)
 ディヴェルティメント (Divertimento) 作品17 (1962) (オーボエと弦楽三重奏のための)
  ベンクト・ルーセングレン (オーボエ) マッツ・セッテルクヴィスト (ヴァイオリン)
  ホーカン・オルソン (ヴィオラ) エヴァ・リュードストレム (チェロ)
 バラッタ (Ballata) 作品18 (1961) (チェロ独奏のための)
  トゥールレイフ・テデーエン (チェロ)
 変容 (Metamorfoser) 作品30 (1974) (フルート、オーボエと弦楽三重奏のための)
  トビアス・カロン (フルート) ベンクト・ルーセングレン (オーボエ) マッツ・セッテルクヴィスト (ヴァイオリン)
  ホーカン・オルソン (ヴィオラ) エヴァ・リュードストレム (チェロ)

PSCD103 グンナル・ブクト (1927-) 
 ピアノ協奏曲 (1994)
  ハンス・ポールソン (ピアノ) ヘルシングボリ交響楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)
 ある年の春、私は世界をめざして旅立った (16章からなる管弦楽のための小説)
  (En vår gick jag ut i världen (A novel for orchestra)) (1983-84)
  スウェーデン放送交響楽団 オーラ・カールソン (指揮)
 Coup sur coup pour instruments percussion (打楽器のための “その場に”) (1995)
  クロウマータ
 Georgica (1980)
  スウェーデン放送交響楽団 レイフ・セーゲルスタム (指揮)

PSCD104 銀の呼び声 (The Silver Call) − ユハンネス・ヤンソン (1950-)  
 弦楽四重奏曲第3(1990-93)
  リュセル四重奏団
 独奏フルートのための3つの楽章 (1973)
  アンナ・ノルベリ (フルート)
 The Mutation of Death (死の変異) (1984-85) (ソプラノと管弦楽のための)
  リーナ・セリンデル (ソプラノ) マルメ交響楽団
  オーウェイン・アーウェル・ヒューズ (指揮)
 ナイチンゲール (Näktergalen) (1983-84) (ピアノ独奏のための) 
  ハンス・ポールソン (ピアノ)
 歌曲集〈The Silver Call (銀の呼び声)〉(1979)Light (光) Surrender (降伏)
  ウルフ・ルンドマーク (バリトン) ステファン・ボイステン (ピアノ)

PSCD105 3CD's ブー・ニルソン (1937-) 妖精のささやき − 作品集
 Frequenzen (振動数)
  ストックホルム王立音楽大学アンサンブル グンナル・ヴァルカーレ (指揮)
 Quantitäten (数量)
  ハンス・ポールソン (ピアノ)
 Stunde eines Blocks (ひとまとまりの時間)
  ドロシー・ドロウ (ソプラノ) スウェーデン放送交響楽団器楽アンサンブル グンナル・ステルン (指揮)
 Zwanzig Gruppen (20組)
  ムシカ・ノーヴァ シグフリード・ナウマン (指揮)
 Rendez-vous (ランデヴー)
  ハンス・ポールソン (ピアノ)
 Déja-vu (デジャヴュ)
  ストックホルム木管五重奏団員
 Der Glückliche (幸運な人)
  ルレオ室内合唱団 エイナル・イーサクソン (指揮)
 Revue (レヴュー)
  ノールショーピング交響楽団 ウルフ・ビョーリン (指揮)
 Fragments (断片)
  ライネル・クイスマ (打楽器)
 Flöten aus der Einsamkeit (孤独の笛)  
  イローナ・マロシュ (ソプラノ) マロシュアンサンブル ミクローシュ・マロシュ (指揮)
 Endepunkt
  ストックホルム金管五重奏団
 Brief an Gösta Oswald (ヨースタ・オスヴァルドへの書簡)
  ドロシー・ドロウ (ソプラノ) カール=ベルンハルト・ゼーボン (アルトフルート)
  ベルリン放送交響楽団 フランシス・トラヴィス (指揮)
 Stenogramm (速記文字原稿)
  カール=エーリク・ヴェリン (オルガン)
 Drei Szenen (3つの情景)
  スウェーデン放送交響楽団 ヘルベルト・ブルムステット (指揮) ユッカ=ペッカ・サラステ (指揮)
  ライフ・セーゲルスタム (指揮)
 Fatumeh - Madonna (ファトゥメー − マドンナ)
  ビョン・リンド (フルート) ヤン・シェイファー (ギター) マイク・ワトソン (エレキベース)
  ブーブー・ステーンソン (ボボ・ステンソン) (電子ピアノ) チェル・オーマン (電子オルガン)
  パレ・ダニエルソン (ダブルベース) オーラ・ブルンケルト (ドラムズ) オーケイ・テミス (トルコ・ドラム)
  ヤン・ブルンベリ (朗読) スウェーデン放送合唱団員・交響楽団 スティーグ・ヴェステルベリ (指揮)
 Invitation to Love - Mysteries of Love (愛への誘い − 愛の神秘)
  レイフ・アスプ (ピアノ) スウェーデン放送交響楽団弦楽セクション スティーグ・ヴェステルベリ (指揮)
 La Bran
  クリスチャン・アンカー・グロン (ソプラノサクソフォーン)
  スウェーデン放送合唱団・交響楽団 スティーグ・ヴェステルベリ (指揮)
 A Spirit's Whisper in Swedenborg's Gazebo (スウェーデンボリの見晴台の妖精のささやき)
  アンナ・エークルンド=タランティーノ (ソプラノ) ステファン・ニルソン (シンセサイザー、ピアノ)
  ブー・ニルソン (ピアノ、タイ・ゴング) スウェーデン王立オペラ管弦楽団アンサンブル
  ライフ・セーゲルスタム (指揮)
 From Missilen: Bordun
  レンナート・オーベリ (アルトフルート) ハラルド・スヴェンソン (シンセサイザー)
  オーケイ・テミス (インド象の鈴) ブー・ニルソン (タイ・ゴング、タムタム)
 オース修道院のヒナギク (Tusenskönan från Åskloster)
 甘美な思いを (Jag tänker en ljuvlig tanka)
  トミー・シェルベリ (バリトン) スウェーデン放送交響楽団員 ペール・ブーリン (指揮)
 幽霊のための子守歌 (Vaggivisa för ett spöke)
  ステファン・ニルソン (シンセサイザー)
 Arctic Romance (北極のロマンス)
  ステファン・ニルソン (ピアノ)

PSCD106 2CD's ピアノ・コン・フォルツァ − 現代スウェーデン・ピアノ作品集
ラーシュ・ハルネス (b.1950) 足跡 (Spår) (2台のピアノのための幻想曲) (1974)
ベンクト・ハンブレウス (b.1928) Cercles (環) (ピアノのための) (1955)
ペーテル・ハンセン (b.1958) 緑のトンネル (Coulée Verte) (2台のピアノのための) (1989/94)
カール=オーロフ・アンデベリ (1914-1972)
 ピアノのための3つの小品 (1959) Bewegungen (運動) (1967)
ドロール・ファイラー (b.1951) バリケード (Barrikad) (4手のピアノのための) (1984)
マッツ・ペーション (b.1943)
 スヴェーリンクとの静かな生活 (Stilleben mit Sweelinck) (2台のピアノとテープのための) (1978/97)
クロード・ロヨラ・アルゲーン (1920-1990) (マッツ・ペーション、ビョン・ニルソン 編曲)
 4つの典礼の旋律 (Fyra liturgiska melodier) (2台のピアノのための編曲)
 − 言は肉となって (Et verbum car factum est)
  おとなしく辛抱強い子羊が歩いていく (Det går ett tyst och tåligt lamm)
ヴィーキング・ダール (1895-1945) 感情1 (Sensation 1) 感情2 (Sensation 2) 雨天 (Regnväder) (1917-19)
アーネ・メルネス (1933-2002) Fragile (こわれやすく) (ピアノ版) (1973)
ブー・ニルソン (b.1937) Bewegungen (運動) (1956)
 Schlagfiguren (打撃のかたち) (1956) Qutantitäten (量) (第2版) (1958)
イーヴォ・ニルソン (b.1966) ¿lo mismo? (もう一杯?) (2台のピアノのための) (1996)
ベンクト・ハンブレウス (b.1928) Vortex (渦) (2台のピアノのための) (1987)
  マッツ・ペーション (ピアノ) クリスティーネ・ショルス (ピアノ)

PSCD107 スティーヴ・ドブロゴス (1956-)
 ミサ曲 (Mass) (1992) (合唱、弦楽オーケストラとピアノのための)
  聖ヤコブ教会室内合唱団 ストックホルム室内管弦楽団
  スティーヴ・ドブロゴス(ピアノ) ゲーリー・グレイデン(指揮)
 The Quiet (静寂) (1996) (木管五重奏のための)
  ヴァドー五重奏団
   ヤン・ベンクトソン (フルート) ペール・アンデション (オーボエ)
   ペール・ビルマン (クラリネット) アンナ・ハンズワース (ホルン) クリスチャン・ダーヴィドソン (バスーン)
 Shells (貝殻) (1996) (ヴォーカルとピアノのための)
  アンニカ・スクーグルンド (ソプラノ) スティーヴ・ドブロゴス (ピアノ)
 Inland (内陸) (1985) (弦楽四重奏のための)
  イグドラシル四重奏団
 Resting Place (憩いの場所) (1993) (オーボエとピアノのための)
  ペール・アンデション (オーボエ) スティーヴ・ドブロゴス (ピアノ)
 Underture (1995) (弦楽オーケストラのための)
  ストックホルム室内管弦楽団 ゲーリー・グレイデン (指揮)

PSCD108 モーリス・カルコフ (1927-)
 歌曲集〈白熱する謎 (Glühende Rätzel)〉作品177 (1990)
  マーガレータ・ハリン (ソプラノ) ロルフ・リンドブルム (ピアノ)
 ピアノ曲集〈東洋の絵画 (Orientaliska bilder)〉作品66 (1965)
  − 国境にて (Vid gränsen)
  モーリス・カーコフ (ピアノ)
 歌曲集〈9つの中国の歌 「影の戯れ、澄んだ水 (Skuggspel, klara vatten)」〉 作品173 (1990)
  クリスティーナ・ホーグマン (ソプラノ) ローランド・ポンティネン (ピアノ)
 交響曲第9番 《シンフォニア・ドロローザ (悲しみの交響曲)》 作品149 (1981-82)
 交響曲第11番 《シンフォニア・デラ・ヴィータ (人生の交響曲)》 作品202 (1993-94)
  ヘルシングボリ交響楽団 B・トミー・アンデション (指揮)

PSCD109 3CD's ECHO ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) 自作自演録音集
 交響曲第4番 ハ短調 作品39 《海辺の岩礁から (Från havsbandet)
 交響曲第3番 変ホ長調 作品23 
 スウェーデンラプソディ第3番 《ダーラナラプソディ (Dalarapsodi)》作品47
 ヘルシングランドの昔の歌 (Gammalt kväde från Helsingland) 作品4-10
 交響曲第2番 ヘ長調 作品11 − アレグロ(第3楽章)
 森は眠る (Skogen sover) 作品28-6 夏の香り (Sommardofter) 作品8-2
 交響曲第5番 作品54 (1942年版) (第1楽章のみ)
 スウェーデンラプソディ第1番 《夏至祭の夜明かし (Midsommarvaka)》作品19
 劇音楽〈グスタフ二世アードルフ (Gustaf II Adolf)〉組曲 作品49 − ブライテンフェルトの戦い (Breitenfeld)
 スウェーデン議会設立500年記念カンタータ 作品51 (1935)
 組曲〈スールバッケンのシュンネーヴェ (Synnöve Solbakken)〉 作品50
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) (アルヴェーン 編曲)
 情景音楽〈十字軍兵士シーグル (Sigurd Jorsalfar)〉作品22 − 忠誠行進曲
  ビルギット・ニルソン (ソプラノ) エイナル・アンデション (テノール) ヨルディス・シュムベリ (ソプラノ)
  ヨエル・ベリルンド (バリトン) ハンセル=リーナ・ヨーランソン (ヴォカリーズ) OD (オルフェイ・ドレンガル)
  ウプラサ大学合唱団 王立ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団
  ストックホルム王立管弦楽団 オスロ・フィルハーモニック管弦楽団
  スウェーデン映画産業管弦楽団 ヒゥーゴ・アルヴェーン (指揮)

PSCD111 ユニー・グランデルト (1939-)
 交響曲第5(1976)
  スウェーデン放送交響楽団 B・トミー・アンデション(指揮) 
 弦楽四重奏曲第4(1991)
  ヴィルニュス弦楽四重奏団

PSCD113 コルノ・コン・フォルツァ − 現代スウェーデンのホルン音楽
チェル・ペルデル (b.1954) ヴォクーナX《曇り空 (Cielo Oscuro)》(1996) (ホルン独奏のための)
アーネ・メルネス (1933-2002)
 ランデヴー第5番《狩人とニンフ (Le chasseur et la nymphe)》(1996) (ホルンとハープのための)
カール=エーリク・ヴェリン (1934-1992) ポエム (F管ホルンとピアノのための) (1983)
マデレイン・イーサクソン (b.1956)
 湖の目、青い島 (Tjärnöga - Ö blå) (1990) (ホルン独奏のための)
アンデシュ・エリーアソン (b.1947) ホルン三重奏曲 (1996)
  ソーレン・ヘルマンソン (ホルン) エリカ・グッドマン (ハープ)
  ニルス=エーリク・スパーフ (ヴァイオリン) アーネ・トリエル (ピアノ)

PSCD115 グンナル・ヴァルカーレ (1943-)
 Viaggio (1996) (アコーディオンと室内アンサンブルのための)
  ゲイル・ドラウグスヴォル (アコーディオン)
  カメラータ・ルーマン テリエ・トンネセン (指揮)
 絵画のような世界 (Världen som bild) (1991) (オーボエと合唱のための)
  ベンクト・ルーセングレン (オーボエ)
  ストックホルム王立音楽大学室内合唱団 アンデシュ・エビ (指揮)
 Passage 3, 5 (サクソフォーン独奏のための) (1993)
  ヨリエン・ペッテション (アルトサクソフォーン)
 交響曲第1(1986-89) 
  スウェーデン放送交響楽団 セシーリア・リュディンゲル=アリーン (指揮) 
 Scapes (1997) (室内アンサンブルのための)
  ムシカ・ヴィテ スタファン・ラーション (指揮)
 Funeral Music (葬送音楽) (1989) (リコーダー四重奏のための)
  スウェーデン・リコーダー四重奏団

PSCD116 ぼくの好きなもの (My Cup of Tea) − ステーン・メリン (1957-) 作品集
 Ce n'est pas possible (そんなこと無理だ) (1993) (ピアノのための)
  フレードリク・ウッレーン (ピアノ)
 Q is Q (QQ) (1983) (弦楽四重奏のための)
  アンナ・リンダル (ヴァイオリン) ジェルリー・リー (ヴァイオリン)
  トゥルビョン・ヘーランデル (ヴィオラ) クリカン・ラーション (チェロ)
 2つの歌 (1991) (バリトンとピアノのための)
  ランプ (Lampan) 眠れないオデュッセウス (Sömnlös Odysseus)
  ウッレ・ペーション (バリトン) ヘンリク・ロヴェンマーク (ピアノ)
 シェラーバク変奏曲 (Källarbacksvariationer) (1993) (サクソフォーン四重奏のための)
  ストックホルム・サクソフォーン四重奏団
 ソノーラ (Sonora) (1985) (ピッコロトランペットとピアノのための)
  ウルバン・エーリクソン (ピッコロトランペット) ルーヴェ・デルヴィンゲル (ピアノ)
 存在なき地 (Landet som icke är) (1982) (ソプラノ、ピアノと混声合唱のための)
  マリア・アレクシス (ソプラノ) フレードリク・ウッレーン (ピアノ) 
  エーリク・エーリクソン室内合唱団 エーリク・エーリクソン (指揮)
 nänns (大胆であれ) (1991) (弦楽三重奏のための)
  アンナ・リンダル (ヴァイオリン) パスカル・シッフェルト (ヴィオラ)
  クリカン・ラーション (チェロ)
 静かに (hyssj) (1995) (フルートとギターのための)
  ミカエル・ペッテション (フルート) マグヌス・アンデション (ギター)
 Seven heaven (至福) (1998/99) (ソプラニーノ・サクソフォーン、ピッコロ、ディジェリドゥ、ウクレレ、
  打楽器と男声 (フーリガンたち) のための)
  ヨリエン・ペッテション (ソプラニーノ・サクソフォーン) ミカエル・ペッテション (ピッコロ)
  イーヴォ・ニルソン (ディジェリドゥ) マグヌス・アンデション (ウクレレ)
  ユニー・アクセルソン (打楽器)
  フーリガンたち
   M・アンデション、J・アクセルソン、T・イェンネフェルト、S・メリン、I・ニルソン、他

PSCD119 ラーシュ=エーリク・ロセル (1944-2005)
 7つのコラール〈天使たち、創造の力 (Änglar, skapelsemakter)(1996)
  (メッツォソプラノ、オルガンと合唱のための)
  マリア・ホーグリンド (メッツォソプラノ) エーリク・ルンドクヴィスト (オルガン) ラーシュ・フレデーン (オルガン)
  ストックホルム王立音楽大学室内合唱団 アンデシュ・エビ (指揮)
 弦楽四重奏曲第2番 《ふたつの世界の間で (Mellan tvenne världer)(1994/98)
  セッテルクヴィスト四重奏団
 歌曲集〈はだかの生活 (Naket liv)
  ミカエル・アクセル (バリトン) リーセ=ロッテ・アクセルソン (ピアノ)
 テリー・ライリーへのオマージュ (Hommage à Terry Riley) (3台のピアノのための) (1970)
  マッツ・ペーション (ピアノ) クリスティーネ・ショルス (ピアノ) ラーシュ=エーリク・ロセル (ピアノ)

PSCD120 (keep the change)
ステーン・メリン (1957-) Keep the Change (変化をつづけろ) (1993)
アーネ・メルネス (1933-2002) エンデュミオーン (Endymion) (1993)
イーヴォ・ニルソン (1966-) Totentanz (死の舞踏) (1993-94)
レイネ・ヨンソン (1960-) 自転車旅行について (Om att cykla) (1992/96)
ヤン・M・モッテンソン (1940-) コントラ (Contra) (1990)
クリステル・リンドヴァル (1950-) Sinik (眠り) (1994-95)
  カンマルアンサンブルN B・トミー・アンデション (指揮) ハンヌ・コイヴラ (指揮)

PSCD121 ユーハン・ハンメルト (1953-) ストックホルム・カンタータ (Stockholms kantat) (1997)
  カタリーナ・ダライマン (ソプラノ) ローア・ファルクマン (バリトン) リカルド・ヴォルフ (語り)
  スウェーデン放送合唱団 エーリク・エーリクソン室内合唱団 スウェーデン放送交響楽団
  ライフ・セーゲルスタム (指揮)

PSCD122 The Dream Age (夢の時代) − ラーシュ・エークストレム (b.1956) 作品集
 ピアノと管弦楽のためのロンド (1998)
  ニクラス・シヴェレーヴ (ピアノ)
  プラハ放送交響楽団 オンドレイ・クカル (指揮)
 危険な坑道 (Spröda schakt) (1996)
  マークス・レオソン (打楽器)
 Garden of Ice (氷の庭園) (1996)
  ソナンサ ヤン・リースベリ (指揮)
 〈プリズムの破片を通して (Genom skärvan av en prisma)〉組曲 (1994/2000)
  ストックホルム・シンフォニエッタ ヨルマ・パヌラ (指揮)

PSCD123 鍵 − パヴォル・シマイ (b.1930) 作品集
 木管五重奏とピアノのための六重奏曲〈Bridges (橋)〉(1992)
  プラハ木管五重奏団 ダニエル・ヴィースネル (ピアノ)
 Scenes (情景) (1995)Facing Death (死と向かいあって) (ホルンと6人の打楽器奏者のための)
  ソーレン・ヘルマンソン (ホルン) クロウマータ
 シシフォス (Sysfos) (1984) (ピアノのための)
  フレードリク・ウッレーン (ピアノ)
 Cartoons (戯画) (1990) (木管五重奏のための)
  プラハ木管五重奏団
 クラリソン (Clarisson) (1980/96) (クラリネットとピアノのための)
  マッティン・フロースト (クラリネット) ペール・テングストランド (ピアノ)
 ヌードロン (Nordron) (1979-97) (シンフォニックバンドのための)
  ヨーテボリ・ミュージック B・トミー・アンデション (指揮)

PSCD124 Within Trees (樹の中に) − ヘンリク・ストリンドベリ (1954-) 作品集
 選ばれた (Utvald) (1998) (ソプラノと管弦楽のための)
  アンニカ・スクーグルンド (ソプラノ) スウェーデン放送交響楽団
  B・トミー・アンデション (指揮)
 2 Pianos (2台のピアノ) (1992)
  マッツ・ヴィードルンド (ピアノ) アン=ソフィ・クリングベリ (ピアノ)
 希望 (Hopp) (1997) (アルトサックスと管弦楽のための協奏曲)
  ヨリエン・ペッテション (アルトサックス) ノールショーピング交響楽団 リュー・チャー (指揮)
 Cheap Thrills (つまらないスリル) (ベニー・モーピンのモチーフによる即興 II) (1993 rev.1994) (室内アンサンブルのための)
  ソナンサ ヤン・リースベリ (指揮)
 樹の中に (I träd) (1986-88 rev.1989) (管弦楽のための)
  スウェーデン放送交響楽団 フリートリヒ・ゴルトマン (指揮)

PSCD125 Haunt − 現代スウェーデン、 室内アンサンブルのための作品集
フレードリク・オステルリング (1966-)
 Le vin des amants (愛するふたりのワイン) (メッツォソプラノと室内アンサンブルのための)
クリカン・ラーション (1956-) Tre Campi (3つのフィールド) (1998)
スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-) イントラーダ (1969)
ユーナス・ブーリーン (1963-) Trakt (1992)
ダニエル・ネルソン (1965-) Haunt (1991)
イングヴァル・リードホルム (1921-) トッカータとカント (Toccata e Canto) (1944)
  マリア・ホールリンド (ソプラノ) カンマルアンサンブルN B・トミー・アンデション (指揮)

PSCD126 ペルクッショーネ・コン・フォルツァ − 現代スウェーデン・パーカッション作品集
アンデシュ・フルトクヴィスト (1955-)
 コンポジション (Composition)1番 《アルファベット (Alphabet)(1997-98)
アンデシュ・ブルムクヴィスト (1956-) Tass/A (動物の足/A) (1999)
ケント・オーロフソン (1962-)
 トレッチャ 《ミノタウロスの迷宮 (Minotaur Labyrinth)(1996-97/99)
カーリン・レーンクヴィスト (1957-)
 流れ (Strömmar) (1992) (バス・ツィンバロンのための)
クリステル・リンドヴァル (1950-) Clash (クラッシュ) (1992-93)
シェシュティン・イェプソン (1948-) プロメテウス (Prometheus) (1983)
  ユニー・アクセルソン (パーカッション)

PSCD128 オーボエ・コン・フォルツァ
ダニエル・ベルツ (1943-) オーボエ協奏曲 (1987)
 キタイロン (Kithairon) (1991) (オーボエ独奏のための)
ラーシュ・エークストレム (1956-)
 オーボエと室内管弦楽団のための協奏曲 《Fragile Chain (もろい鎖)》 (1983/1999)
 加速する氷片 (Den accelererande isbiten) (1988) (オーボエ独奏のための)
ヨーラン・ガムストープ (1957-)
 パルス第2番 《始まりの終わりに (Vid börjans slut)(1993) (オーボエ独奏のための)
 オーボエ協奏曲《Pulselife (パルス・ライフ)》 (1991)
  ヘレーン・ヤーレン (オーボエ) ヘルシングボリ交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)
  カンマルアンサンブルN ミカエル・バートシュ (指揮)

PSCD129 エスキル・ヘムベリ (1938-2004) 合唱作品集
 詩編 (2001) Anthem (頌歌) (1998)
 Thou Who Art Over Us (われらが上にいます汝) (1992) 詩編 XCVI (1992)
 Concerning my negotiations with myself and with God (われと神の話し合いに関して) (1980)
 Messa d'oggi (1972) Symptoms of Love (愛の徴候) (1970-72)
 Signposts (道標) (1968) Zoo (動物園) (1962/65)
  オレブルー室内合唱団 アンナ・ヤウリング (ソプラノ) フレッド・シェーベリ (指揮)
  アンサンブル・シンガーズ フィリップ・ブルネル (指揮) ウプサラ大学合唱団 アンデシュ・エビ (指揮)
  スウェーデン放送合唱団 ハラルド・アンデシェーン (指揮) エーリク・エーリクソン (指揮)
  エーリク・エーリクソン室内合唱団 エーリク・エーリクソン (指揮) ウーヴェ・チェーンベリ (朗読)
  スヴェン=エーリク・アレクサンデション (テノール) クレース=ホーカン・アーンシェー (テノール)

PSCD132 トロンボーネ・コン・フォルツァ (Trombone con forza)
ケント・オーロフソン (1962-) トレッチャ (Treccia) (2000) (トロンボーン独奏のための)
クリカン・ラーション (1956-)
 Toile tournee (1991) (アルトトロンボーンとテナーサクソフォーンのための)
クリスチャン・マリーナ (1965-) Vae (1998) (トロンボーン独奏のための)
アーネ・メルネス (1933-2002)
 ランデヴー4 《ホケトゥス (Hoquetus)(1997) (アルトサクソフォーンとトロンボーンのための)
チェル・ペルデル (1954-)
 ヴォクーナII 《イェリコ、イェリコ (Jerico Jerico)(1995) (トロンボーン独奏のための)
ラーシュ・サンドベリ (1955-) 確かな歌の表情とともに (Med ett visst sjungande uttryck) (1998)
イーヴォ・ニルソン (1966-) Rotor II (1999) (打楽器とトロンボーンのための)
  イーヴォ・ニルソン (トロンボーン) ヨリエン・ペッテション (サクソフォーン) ユニー・アクセルソン (打楽器)

PSCD133 Visage of the Voice (声の様相) − 現代スウェーデン歌曲集
アンデシュ・エリーアソン (1947-)
 ゲーテの詩による4つの歌 Gefunden Eigentum 人間の限界 (Grenzen der Menschheit)
  さすらい人の夜の歌 (Wandrers Nachtlied)
スタファン・ビョークルンド (1944-)
 サッフォーの詩による2つの歌
  När en gång Plejaderna
ラーシュ・ハルネス (1950-) Från dunkla silverskyar ner
アーネ・メルネス (1933-2002) 面と向かって (Ansikte mot ansikte) 闇からの声 (Rösten ur mörkret)
 香り (Dofterna)
スヴェン=エーリク・ベック (1919-1994)
 サルヴァトーレ・クァジモドの詩による4つの歌
  Var och en står ensam Kraftlös står natten
  O kära så mycket tid Du har ej förrått mig Herre
カール=ビリエル・ブルムダール (1916-1968)
 5つの歌 (1954)
  Oguno sta solo
 Prendo una foglia caduta Tra vetro e cielo Il cielo Oh, quando un girono
クロード・ロヨラ・アルゲーン (1920-1990) Hela världens små kaniner Ors vimaer lecce
 Campagna 女神 (Gudinna)
  マリア・ホーグリンド (メッツォソプラノ) ヘンリク・ローヴェンマーク (ピアノ)

PSCD134 Failles (間隙) − マドレーヌ・イーサクソン (1956-) 室内楽作品集
 弦の波 (Stråkvåg) (1990) (弦楽四重奏のための)
  MA
   エヴァ・リンダール (ヴァイオリン) アンナ・リンダール (ヴァイオリン)
   トゥルビョーン・ヘーランデル (ヴィオラ) クリカン・ラーション (チェロ)
 あたかも (Som om) (1991-92)
 
(アルトフルート、バスクラリネット、ヴィオラ、チェロ、ダブルベース、打楽器のための)
  MA
   サラ・リンドロフ (アルトフルート) ブー・ペッテション (バスクラリネット) エヴァ・リンダール (ヴィオラ)
   クリカン・ラーション (チェロ) ミカエル・カールソン (ダブルベース) ユニー・アクセルソン (打楽器)
   スタファン・ラーション (指揮)

 inné (内在) (1993) (9つの楽器のための)
  MA
   サラ・リンドロフ (フルート) ケンネト・ブーマン (オーボエ) クヌート・ソンステヴォルド (バスーン)
   クリステル・ヨンソン (アルトサックス) ソーレン・ヘルマンソン (ホルン) エヴァ・リンダール (ヴァイオリン)
   トゥルビョーン・ヘーランデル (ヴィオラ) ミカエル・カールソン (ダブルベース) クリカン・ラーション (チェロ)
   スタファン・ラーション (指揮)
 聖霊の戯れ (Andelek) (1997) (サクソフォーン四重奏のための)
  ストックホルム・サクソフォーン四重奏団
   ヨリエン・ペッテション (ソプラニーノ・サクソフォーン) スヴェン・ヴェステルベリ (ソプラノサックス)
   レイフ・カールボリ (ソプラノサックス) ペール・ヘードルンド (バリトンサックス)
 Failles (間隙) (2003) (トロンボーン、リコーダー、チェロのための)
  ダス・オーケスター (Das Orchester)
   ユーナス・ビュールンド (トロンボーン) シェシュティン・フローディン (リコーダー) クリカン・ラーション (チェロ)
  [録音 20031019日 スウェーデン放送第3スタジオ (ストックホルム)]
 部屋 (Rum) (1999) (アルトフルート、バスクラリネット、チェロ、打楽器のための)
  MA
   サラ・リンドロフ (アルトフルート) ブー・ペッテション (バスクラリネット) ユニー・アクセルソン (打楽器)
   クリカン・ラーション (チェロ) スタファン・ラーション (指揮)
 おお、さすらうものよ (Å Svävare) (1993-95)
  (ソプラノ、メッツォソプラノ、バリトン、ヴィオラ、チェロのための)
  クリスティーナ・ハンソン (ソプラノ) カタリーナ・ボーム (メッツォソプラノ) ミカエル・ヴェイニウス (バリトン)
  トゥルビョーン・ヘーランデル (ヴィオラ) クリカン・ラーション (チェロ) スタファン・ラーション (指揮)

PSCD135 ラーシュ・エードルンド (1922-) 合唱作品集
 イコン (Ikoner) (1994) (混声合唱と室内管弦楽のための)
 楽園 (Pradiso) (1995) (ソプラノ、バリトンと混声合唱のための)
 2つの詩 (1970) (ソプラノ、混声合唱とピアノのための)
 白樺の樹皮 (Näverbitar) (1998) (ソプラノ、バリトン、朗読、混声合唱と室内管弦楽のための)
  ウルリカ・エクストランド (ソプラノ) ジャネッテ・コーン (ソプラノ)
  カール=マグヌス・フレードリクソン (バリトン) ベンクト・フォシュベリ (ピアノ)
  ペール・ミュールベリ (朗読) グスタフ・シェークヴィスト室内合唱団
  ウプサラ室内管弦楽団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

PSCD139 スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-) 混声合唱作品集
 おお主よ、わたしの祈りを聞いてください (Hear My Prayer, O Lord) (1986)
  (ヘンリー・パーセルの未完の曲の補筆完成)
 四月と沈黙 (April and Silence) (1996)
 エチュード第4番、ホ短調のように (Etyd Nr 4 som i E-moll) (1987)
  [Phono Suecia PSCD44]
 揺りかごの歌 − 虎 (A Cradle Song - The Tyger) (1978)
 新しい天と新しい地 (A New Heaven and A New Earth) (1980) Agnus Dei (神の子羊) (1980)
  エーリク・エーリクソン室内合唱団 エーリク・エーリクソン (指揮)

PSCD140 鳥のように自由なほうがいい − レイネ・ヨンソン (1960-) 作品集
 生と死 (Liv och död) (1994) (室内アンサンブルのための)
  カンマルアンサンブルN B・トミー・アンデション (指揮)
 ポケットのなかのボタン (En knapp i fickan) (1990) (弦楽四重奏のための)
  リュセル四重奏団
 真夜中をすぎて (Efter midnatt) (1989) (アコーディオンと木管五重奏のための)
  アニタ・アイナス (アコーディオン) アマデ五重奏団
 頭脳について (Om Hjäran) (1999) (管弦楽のための)
  ヘルシングボリ交響楽団 アルヴォ・ヴォルメル (指揮)

PSCD141 Embrio − シェシュティン・イェプソン (1948-) 作品集
 Impossibile (不可能なこと) (1977) (アルトと室内アンサンブルのための)
  イングリッド・トビアソン (メッツォソプラノ)
  カンマルアンサンブルN ヨアシム・ウナンデル (指揮)
 Embrio (1990) (メッツォソプラノと交響楽団のための)
  変化し (I Förändring) 知らず (Ovetande) 森に入りゆく (Gå ut i skogen)
  カタリナ・ダーライマン (ソプラノ)
  スウェーデン放送交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 弦楽四重奏曲第2(1999-2000)
  ターレ四重奏団
 女性の歌 (Kvinnosånger) (1973)
  ばら (Rosen) 発見 (Upptäckt) 愛の詩 (Kärlekdikt)
  レーナ・ホール (ソプラノ) ベンクト・フォシュベリ (ピアノ)
 闇の天使 (De mörka änglarna) (1980-1988) (3つのモテット)
  汝へ (Till Dig) 汝はまぎれなき慰め (Du är min renaste tröst) 闇の天使 (De mörka änglarna)
  グスタフ・シェークヴィスト室内合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

PSCD144 レンナット・ヘードヴァル (1932-) 作品集
 オペラ〈アメリカ、アメリカ (Amerika, Amerika)(1984) − 序曲
  ノールショーピング交響楽団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)
 歌曲集〈人生に欠かせないこと (Livsgeråd)〉 (ステーン・ハーグリデンの詩から)
 − Årtag bort (1989) Lövdrunkningen (1991) Låt (1988) Bild med kardborre (1988)
 
 Inför omvändelse? (1994) Luftens händer (1998) Inte än (1994)
 歌曲集〈3つの抒情的な歌 (Tre lyriska sånger)〉 (アンデシュ・オステルリングの詩)
  昔の悲しみ (Gammal sorg) (1978) 聖霊降臨祭 (Pingst) (1978) 八月 (Augusti) (1981)
  
ふしぎなこと (Det underliga) (1980)
  スーサン・ヴェーグ (ソプラノ) ベンクト=オーケ・ルンディン (ピアノ)
 チェロと弦楽オーケストラのための協奏曲 (Concerto per violoncello ed orchestra d'archi) (1970)
  クリカン・ラーション (チェロ) ヘルシングボリ交響楽団 スタファン・ラーション (指揮)
 交響曲第1番 《回顧の交響曲 (Sinfonia retrospettiva)(1996-97)
  ノールショーピング交響楽団 リュー・チャー (指揮)

PSSACD146 SACD (Multichannel/Stereo hybrid) Encores (アンコール)
ダニエル・ネルソン (b.1965) フル・スロットル (Full Throttle) (1999)
ドロール・ファイラー (b.1953) Ki (なぜなら) (1998)
ユーナス・ブーリーン (b.1963) Deep Beeps (1998)
カーリン・レーンクヴィスト (b.1957)
 砂丘から救い出してくれ (Rädda mig ur dyn) (1994) (ソプラノサクソフォーンとアルトサクソフォーンのための)
イングヴァル・カーコフ (b.1958) Tzivaeri (1995)
ユーハン・イェヴェルード (b.1962) Piece in Colours of Autumn (秋色の小品) (1989)
エーリク・フォーラレ (b.1955)
 エヴァ・ルーネフェルトの3つの詩 (Tre dikter av Eva Runefelt) (1999) (朗読とアルトサクソフォーンのための)
  荒廃 (Ödsligheten) ゆっくりしていること (Långsamheten) 瞬間 (Ögonblick)
アーネ・メルネス (1933-2002) No Roses for Madame F (マダムFに贈るばらはない) (1991)
エルランド・フォン・コック (b.1910) 舞曲第2(Dans nr2) (1938) (サクソフォーン四重奏のための)
ステーン・メリン (b.1957) シェラルバク変奏曲 (Källarbacksvariationer) (1993)
セルゲイ・ドミトリーエフ (b.1964) イントラーダ (Intrada) (1993)
 ヴァイキングがやってくる (Vikingen kommer) (1998)
S・パトリック・シンメルード (b.1963) Soli (1997) (バリトンとサクソフォーン四重奏のための)
ヤン・W・モッテンソン (b.1940) 賛美歌 (コラール) (Hymn) (1987)
マッツ・ラーション・グーテ (b.1965) ゴパック (Gopak) (1989)
  ストックホルム・サクソフォーン四重奏団  レイフ・カールボリ (テナーサクソフォーン)
   ペール・ヘードルンド (バリトン、バスサクソフォーン)
   ヨリエン・ペッテション (ソプラノ、アルト、バリトンサクソフォーン)
   スヴェン・ヴェステルベリ (ソプラノ、テナーサクソフォーン)
  エヴァ・ルーネフェルト (朗読) イェンス・マルムクヴィスト (バリトン)

◇スウェーデンを代表する4人のサクソフォーン奏者が四重奏団を結成してから、ほぼ20年。彼らのために作曲された作品は400を超え、とりわけ、ストックホルムの王立音楽大学で学ぶ、将来を担う若い作曲家たちに作曲の機会が与えられたことの意義が大きい。ストックホルム・サクソフォーン四重奏団は最近、ストックホルムのテューレガタン53番地にスタジオを設けた。この新しい施設は、カルテットのホームというだけでなく、美術、文学も含む大くの芸術家たちの集う場所として、さまざまな活動の拠点となることが期待される。Phono Suecia の新作では、サクソフォーン四重奏のための曲だけでなく、新しい試みとして、朗読とソロのための作品も録音された。[PSSACD146 ブックレットから]

PSCD147 Air Drum (エアードラム) − マリー・サミュエルソン (1956-) 作品集
 Lufttrumma III (Air Drum) (エアードラム) (1999) (管弦楽のための)
  ノールショーピング交響楽団 トゥオマス・オッリラ (指揮)
 オオカミの眼の中に (I vargens öga) (1997) (サクソフォーンとテープのための)
  ヨリエン・ペッテション (アルトサクソフォーン)
 クロム (Krom) (1994) (金管五重奏のための)  
  ストックホルム・チェンバーブラス
   ウルバン・アイナス (トランペット) トゥーラ・トルスルンド (トランペット)
   ユーナス・ビュールンド (トロンボーン) イェンス・ビョアン=ラーセン (テューバ)
   マークス・マスクニーテュ (ホルン)
 I Am - Are you? (ぼくは − あなたは?) (2001) (ホルン、声とテープのための)
  ソーレン・ヘルマンソン (ホルン) デイナ・ジョンソン (声)
 Flow (流れ) (2000) (室内アンサンブルのための)
  室内アンサンブル N ヨアキム・ウナンデル (指揮)
 島 (Ö) (2002) (ヴァイオリンのための)
  アンナ・リンダール (ヴァイオリン)
 回転 (Rotationer) (1997 rev.2003) (弦楽オーケストラのための)
  ヘルシングボリ交響楽団 ハンヌ・リントゥ (指揮)
 あの夜 (Den natten) (1992) (混声合唱のための)
  アンサンブル・ノートゥス オーロフ・ブーマン (指揮)

PSCD148 Trio Con Forza
アンデシュ・ヒュルトクヴィスト (1955-)
 Rain and After/Composition No.6 (雨、その後/作品第6) (2002)
カイ・ホルムクヴィスト (1960-)
 Crepuscular Radiation (2002-03) (フルート、ヴィオラと10弦ギターのための)
ロルフ・マッティンソン (b.1956) Tics (1997)
アンドレ・シーニ (1945-) Eté3 (1998)
アーネ・メルネス (1933-2002)
 Like Raindrops, Pearls on Velvet (ビロードの上の真珠、雨だれのように) (1997)
クリステル・リンドヴァル (1950-) Wire (1995)
フレードリク・オステルリング (b.1966)
 Nine - The Esotheric Charm of Austerity (9 − 禁欲の深遠な魅力) (2000)
ケント・オーロフソン (1962-)
 Parceas Cordes (パルカイの糸) (2001-02)
 
(アルトフルート、アルトギター、ヴィオラとエレクトロニクスのための)
  HOT3
   テリエ・ティヴォング (フルート) トゥルビョン・ヘランデル (ヴィオラ)
   ステファン・オステルシェー (ギター)

PSCD151 Viola con Forza − 現代スウェーデン・ヴィオラ作品集
ダニエル・ネルソン (b.1965)
 ロマンタトロニック (Romanatatronic) (2000) (ヴィオラ、弦楽オーケストラ、チェレスタと打楽器のための)
  ヘンリク・フレンディン (ヴィオラ) ヘルシングボリ交響楽団 ハンヌ・リントゥ (指揮)
フレードリク・セーデルベリ (b.1966)
 Wrong Music (誤った音楽) (2002) (エレキ・ヴィオラ・グランデ、室内管弦楽とテープのための)
  ヘンリク・フレンディン (ヴィオラ) Gageego! B・トミー・アンデション (指揮) 
ヨリン・ダーフゴード (b.1964)
 For the Sleeping: Dream Sonata (眠る者のために、夢のソナタ) (1997-98) (ヴィオラとテープのための)
ケント・オーロフソン (b.1962)/ヘンリク・フレンディン (b.1963)
 アリネア変奏曲 (Alinea variations) (1999) (ヴィオラとテープのための)
ケント・オーロフソン (b.1962) ネペンテス (Nepenthe) (2003) (ヴィオラダモーレのための)
ヘンリク・フリスク (b.1969) Drive (2003) (エレキ・ヴィオラグランデとライヴエレクトロニクスのための)
ヘンリク・フレンディン (b.1963)/フレードリク・エミルソン (b.1971)
 Soft Christ (優しいキリスト) (2003) (エレキ・ヴィオラグランデとテープのための)
  ヘンリク・フレンディン (ヴィオラ、ヴィオラダモーレ、エレキ・ヴィオラグランデ)

PSCD152 ユーハン・イェヴェルード (1962-) 作品集
 ピアノ五重奏曲 (2002) ピアノ三重奏曲 (2001)
 過ぎ去った日のサロンのための音楽 (Musik för svunna salonger) (2001) (ピアノのための)
  ベンクト=オーケ・ルンディン (ピアノ)
  ウプサラ室内ソロイスツ  ニルス=エーリク・スパーフ (ヴァイオリン)
   パトリク・スウェードルプ (ヴァイオリン) スサンネ・マグヌソン (ヴィオラ)
   ラーシュ・フリクホルム (チェロ)
 駆けゆく時を歌う2つの歌 (Två sånger om tidens flykt) (2000) (混声合唱のための)
  百年の時について (Om hundra år) 若き日の守護精霊 (Ungdomens genius)
 夜の4つの歌 (Fyra sånger om natten) (1999) (混声合唱のための)
  コオロギ (Syrsorna) 夏の日 II (Sommardag II) ロマンティスト (Romantikern) 春の宵 (Vårnatt)
 ブー・ベリマンの詩による3つの歌 (Tre sånger till text av Bo Bergman) (2003) (混声合唱のための)
  仮面芝居 (Maskspel) 謎 (Gåtan) 鬼火と妖精 (Irrblosset och älvan)
  聖ヤコブ教会室内合唱団 ゲーリー・グレイデン (指揮)

PSSACD153 SACD (Multichannel/Stereo hybrid)
ロルフ・エンストレム (1951-) Immeasurable Traces
 ラーマ (Rama) (1998) (混声合唱と電子音のための)
  (シェイクスピアのソネット123番とグンナル・エケレーヴの詩、アーサー・C・クラークとジェントリー・リーの引用による)
  ハンス・ヨンストイ (朗読) ソニー・ヤンソン (朗読) ストックホルム・モテット合唱団 オーロフ・ブーマン (指揮)
 カイロス (Kairos) (1999) (朗読とエレクトロニクスのための放送劇)
  (タリエ・ヴェソスの「夕べの小舟 (Båten om kvällen)」 とシェイクスピアのソネット66番による)
  ハンス・ヨンストイ (朗読) カーリン・エンストレム・サロモンソン (朗読)
 クロノス (Kronos) (2000) (5人の声と電子音のための)
  (シェイクスピアのソネット53番と、聖書と「リグヴェーダ」の断片による)
  ピュリファイヴ (男声アンサンブル)
 Saxplock (2001) (バスサックスとテープのための)
 Ebb (2002) (アルトサックスとテープのための)
 Tide (2002) (ソプラノサックスとテープのための)
  ヨリエン・ペッテション (サクソフォーン)
 天文台の音楽 (Observatoriemusik) (2003)
  [録音 2003107日 (スウェーデン放送 第2スタジオ)、2004526日 (エンゲルブレクト教会、ストックホルム)]

◇ロルフ・エンストレム Rolf Enström (1951-) はエレクトロアクースティック音楽の作曲家。いくつかの作品はスウェーデン現代音楽のクラシックとまで呼ばれ、写真家トマス・ヘルシング Thomas Hellsing との共同作業によるビルトシュピール (bildspiel) も発表しています。Nordiska Musikdagar (北欧音楽の日々) や ISCM (国際現代音楽協会) のフェスティヴァルでの活動や、EMS (Electroacoustic Music in Sweden) で教えていることでも知られます。

PSCD154 Rhizome (根茎) − クリステル・リンドヴァル (1950-)
 ギターのための室内楽作品集
 A Certain Ratio (ある一定の比) (1998-99) (アルトギターと弦楽四重奏のための)
  ステファン・オステルシェー (アルトギター) アルスノーヴァ四重奏団
 アースボウ (Earth Bow) (1996) (アルトサックス、トロンボーン、エレキギターと打楽器のための)
  アンサンブル SON
   ヨリエン・ペッテション (アルトサックス) イーヴォ・ニルソン (トロンボーン)
   マグヌス・アンデション (エレキギター) ユニー・アクセルソン (打楽器)
 1ミリの光 (En millimeter av ljus) (1996-97) (ギター、フルート、オーボエ、クラリネットと弦楽三重奏のための)
  アンサンブル・アルスノーヴァ ハーラル・アイコース (指揮)
 Wenn sie so, dann ich so und Pferd fliegt (2000) (エレキギター、トランペット、ダブルベース、ピアノと打楽器のための)
  クルクラル・アーキペラーゴ五重奏団
   ステファン・オステルシェー (アルトギター) ビョーン・ルヴェーン (トランペット)
   ヤン・エミール・クイスマ (ダブルベース) ウッレ・シェーベリ (ピアノ) ユニー・アクセルソン (打楽器)
 White Nights (白夜) (2000-2002) (アルトギターと室内アンサンブルのための)
  ステファン・オステルシェー (アルトギター) ガギーグー・アンサンブル ピエール=アンドレ・ヴァラード (指揮)

PSCD155 ポイント・ブランク (Point Blank)
ドロール・ファイラー (1953-) ポートレート
 ポイント・ブランク (Point Blank) (2002-03) (室内オーケストラのための)
 シャム・マイム (Sham mayim) (1995) (室内オーケストラのための)
 死んだヨーロッパ人たちのための音楽 (Music for dead Europeans) (1995-96)
  (室内オーケストラのための)
 キ (Ki) (1998) (サクソフォーン四重奏のための)
  ドローフ・ファイラー (コントラバス・サクソフォーン、ソプラニーノ・サクソフォーン)
  アンサンブル・ガゲーゴ! ストックホルム・サクソフォーン四重奏団

PSCD161 ウッレ・アードルフソン (1934-2004) 合唱のための作品集
 今、夕べが訪れると (Nu kommer kvällen) (1972)
 五月の歌 (Majvisa) (1961)
 スウェーデン語ミサ (Mässa på svenska språket) (1983)
 コラール (Koral) (1998) 時は流れ去り (Så rinner tiden bort) (1982)
 アリア (Aria) (1985)
 そうして、われらの時は尽き (Så går vi bort) (1982)
  ストックホルム大聖堂合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

PSCD162 Colours in Play (戯れの色彩) − オーケ・エーリクソン (1937-) 作品集
 ファンファーレ (Fanfar) (1986) (金管六重奏とティンパニのための)
  リンネ五重奏団 ヨン・アクセルソン (トランペット) ダニエル・サウアー (ティンパニ)
 空と海の支配するところ (Där himmel och hav befaller) (1982) (混声合唱のための)
  ウプサラ大学室内合唱団 ステファン・パークマン (指揮)
 雨の森 (Regnskog) (1972 rev.1975)
  マッツ・ペーション (ピアノ)
 Colours in Play for Omnibus (オムニバスのための戯れの色彩) (2003) (木管アンサンブルのための)
  オムニバス木管アンサンブル
 夜想曲 (Nocturne) (1976) (男声合唱のための)
  オルフェイ・ドレンガル (OD) ロベルト・スンド (指揮)
 Straight Out for brass quintet (金管五重奏のためのストレートアウト) (1987)
  リンネ五重奏団
 管弦楽のための戯れ (Spel for orkester) (1993)
  ウプサラ室内管弦楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 エコロジカル・オラトリオ〈裏切られた天地創造 (Skapelse utlämnad)(1986) − 天地創造 (Skapelse) 修復 (Re-paration)
  マリアンネ・エクレーヴ (メッツォソプラノ) グン・アルヴィドソン (語り) モンス・ヴェストフェルト (語り、指揮)
  ウプサラ大学室内合唱団 ウプサラ音楽クラス ウプサラ王立大学管弦楽団

PSCD164 ファゴット・コン・フォルツァ (Fagotto con forza)
ペール・モッテンソン (1967-) バスーン協奏曲 (2002)
  クヌート・ソンステヴォルド (バスーン) スウェーデン放送交響楽団
  アンドレアス・ハンソン (指揮)
アンデシュ・エリーアソン (1947-) Wellen (波) (2003) (バスーンとピアノのための)
  クヌート・ソンステヴォルド (バスーン) イェオリ・オークヴィスト (ピアノ)
アンドレ・シーニ (1945-)
 翡翠色のスクーナー (Goélette de jade) (1999-2000) (バスーンと弦楽オーケストラのための)
  クヌート・ソンステヴォルド (バスーン) ウプサラ室内管弦楽団 アンドレ・シーニ (指揮)
ダニエル・ベルツ (1943-) 協奏曲 (1978-79) (バスーンとウィンドアンサンブルのための)
  クヌート・ソンステヴォルド (バスーン) スウェーデン・ウィンドアンサンブル
  B・トミー・アンデション (指揮)
イーヴォ・ニルソン (1966-) 輝緑岩 (Diabas) (2005) (バスーンと打楽器のための)
  クヌート・ソンステヴォルド (バスーン) ユニー・アクセルソン (打楽器)

PSCD165 フルート、オルガンと打楽器のための音楽
クリスチャン・マリーナ (1965-)
 パッサカリア風に (Alla Passacaglia) (1999) (フルート、オルガンと打楽器のための)
トシュテン・ニルソン (1920-1999)
 Verwerfungen 作品40 (1970) (オルガンと打楽器のための)
イングヴァル・リードホルム (1921-)
 森の牧歌 (Pastoral i skogen) (1988) (フルート、オルガンとヴィブラフォーンのための)
ミクローシュ・マロシュ (1943-)
 Feinschnitten (1993) (フルートと打楽器のための)
 Ricamo (1996) (フルートとオルガンのための)
トマス・リリエホルム (1944-) Link (リンク) (フルート、オルガンと打楽器のための)
  トリオ・トリブカイト=ペッテション=ベリ
   ベンクト・トリブカイト (オルガン) ミカエル・ペッテション (フルート、アルトフルート)
   ダニエル・ベリ (マリンバ、打楽器)

PSCD167 Not Yet Dawn (まだ夜明けには) − レンナット・フレードリクソン (1952-) 作品集
 ヴァイオリン協奏曲 (1999)
  ダン・アルムグレン (ヴァイオリン) ヘルシングボリ交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 トリオ=ソナタ (1990-91) (弦楽三重奏のための)
  ストックホルム・アーツ・トリオ
   ダン・アルムグレン (ヴァイオリン) トゥールレイフ・テデーエン (チェロ)
   ステファン・ボイステン (ピアノ)
 Sonata Scura (ソナタ・スクーラ) (暗いソナタ) (1988 rev.2005) (弦楽オーケストラのための)
  ヘルシングボリ交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 3つの夜の歌 (Tre nattliga sånger) (1986)
  リリスの歌 (Liliths sång) 夜想曲 (Nocturne) まだ夜明けには (Ännu inte gryning)
  レーナ・グランルンド (メッツォソプラノ) グスタフ・シェークヴィスト室内合唱団 グスタフ・シェークヴィスト (指揮)

PSCD168 Clarinetto con forza − 現代スウェーデンのクラリネット音楽
ユーナス・フォシェル (1957-)
 はじめに… (I begynnelsen) (バセットクラリネットと管弦楽のための協奏曲) (2001 rev.2006)
カーリン・バートシュ・エードストレム (1965-) もう朝だ! (Redan morgon!) (2004)
フレードリク・セーデルベリ (1966-)
 Embryo: Wrong Music 2 (胚芽:誤った音楽 2) (クラリネットソロとライヴエレクトロニクスのための)
ヴィーキング・ダール (1895-1945)
 牧神の昼休み (En fauns lunchrast) (1937) (クラリネットソロのための)
イングヴァル・リードホルム (1921-) Amizia (友情) (1980) (クラリネットソロのための)
ハンス・エークルンド (1927-1999)
 室内音楽VII (Musica da camera VII) (1982) (クラリネットと弦楽のための)

スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-)
 ...there is a bluer sky, a wall with roses... (…もっと青い空、ばらの花咲く壁がある…) (2005) (クラリネットソロのための)
スタファン・モッテンソン (1964-)
 「There will never be another you (かけがえのない君)」によるPWへの即興
  (Improvisation to PW: There will never be another you) (2006)
  スタファン・モッテンソン (クラリネット、バセットクラリネット) ヘルシングボリ交響楽団
  トゥオマス・オッリラ (指揮) フレードリク・セーデルベリ (ライヴエレクトロニクス)

PSSACD170 SACD hybrid (5.1 surround/stereo) Cordes − ケント・オーロフソン (1962-)
 Corde (弦) (2002-06) (ギタリストと管弦楽のための)
  ステファン・オステルシェー (チャランゴ、MIDI エレクトリックギター、E-bow (イーボウ)、バンジョー)
  ヨーテボリ交響楽団 マリオ・ヴェンツァーゴ (指揮)
 The Bells (鐘) (2000 rev.2004-05) (独唱者、二重合唱、アンサンブルとエレクトロニクスのための)
  ヴォーカルハルモニン スティーヴン・フィツパトリック (ハープ)
  スタファン・シェーホルム (ダブルベース) トマス・イェルトンソン (ダブルベース)
  モッテン・ランドストレム (キーボード) マッツ・ニルソン (打楽器)
  カール・トゥーション (打楽器) フレードリク・マルムベリ (指揮)

PSCD171 ヴィクトリア・ボリソワ=オッラス (1969-) 作品集
 交響詩〈風の翼 (Wings of the Wind)(1997)
 交響曲第1番 《天国の勝利 (The Triumph of Heaven)
  ノールショーピング交響楽団 マッツ・ロンディン (指揮)
 恋する雄鶏たち (Roosters in Love) (1999) (サクソフォーン四重奏のための)
  ラッシャー・サクソフォーン四重奏団
 Im Kolsterhofe (僧院の庭) (1999) (チェロ、ピアノとテープのための)
  ピア・セーゲルスタム (チェロ) クリストフ・シロドー (ピアノ)
 沈黙の島 (Silent Island) (2000) (ピアノのための)
  エヴァ・シデーン (ピアノ)

PSCD173 Flauto con forza − フルートのための現代スウェーデン作品集
アーネ・メルネス (1933-2002)
 ランデヴー II (Rendez-vous II) (1983) (フルートと打楽器のための)
 Intimate Games per flauto e orchestra da camera (フルートと室内オーケストラのための親しい戯れ) (1992)
ペール・モッテンソン (1967-)
 Dance and Sentimental Song for altoflute and electronics
 
(アルトフルートとエレクトロニクスのための踊りとセンチメンタルな歌) (1998)
 フルート協奏曲 (2002)
アンドレ・シーニ (1945-) Icaregag (2001) (フルートと室内オーケストラのための協奏曲)
 Silent Notes for Madrid (マドリードのための沈黙の音符) (2004) (フルートとギターのための)
  アンデシュ・ユーンヘル (フルート) ダニエル・ノルベリ (打楽器) ヘルシングボリ交響楽団
  ヨーテボリ交響楽団  アンサンブル・ガゲーゴ! ピエール=アンドレ・ヴァラード (指揮)
  ペール・モッテンソン (エレクトロニクス) マッツ・ベリストレム (ギター)

PSCD175 Passages − アーネ・メルネス (1933-2002) 管弦楽のための作品集
 Passages (通路) (1989) (管弦楽のための)
  スウェーデン放送交響楽団 エサ=ペッカ・サロネン (指揮)
 アルトサクソフォーンと管弦楽のための協奏曲 《ラビュリントス (Labyrinthos)(1999)
  ヨリエン・ペッテション (アルトサクソフォーン) ヨーテボリ交響楽団 マルチェッロ・ヴィオッティ (指揮)
 交響曲第1番 《イーカロス (Ikaros)(1986)
  ラトビア国立交響楽団 イマンツ・レスニス (指揮)

PSCD178 サテュリコン (Satyricon)B・トミー・アンデション (1964-) 作品集
 大管弦楽のための舞踊詩《サテュリコン (Satyricon)(2000)
  スウェーデン放送交響楽団 マンフレート・ホーネック (指揮)
 ソネット18番「きみを夏の一日にくらべたらどうだろう」
  (Sonnet XVIII "Shall I Compare Thee to a Summer's Day") (2002) (アカペラ混声合唱のための)
  スウェーデン放送合唱団 ペーター・ダイクストラ (指揮)
 Reflections (投影) (2003) (ソプラノサックスと管弦楽のための)
  アンデシュ・パウルソン (ソプラノサックス) ヘルシングボリ交響楽団 B・トミー・アンデション (指揮)
 Pieces for Pontus (ポントゥスのための小品) (2007) (ピアノソロのための)
  Secret Theatre (秘密の劇場) Ganymedes (ガニュメーデース) Seductive Games (誘惑の遊戯)
  マグヌス・スヴェンソン (ピアノ)
 わたしにくちづけしてくださるように (Kyssar vill jag dricka) (2004) (アカペラ混声合唱のための)
  ノートゥス・アンサンブル ウーロフ・ブーマン (指揮)
 ホルン協奏曲 (1985 rev.1993)
  ソーレン・ヘルマンソン (ホルン) ヘルシングボリ交響楽団 B・トミー・アンデション (指揮)

PSCD180 Unheard of - Again
ヘンリク・ストリンドベリ (1954-) タイムライン (Tidslinje) (2008)
カーリン・レーンクヴィスト (1958-)
 はじまり (Begynnelsen) (ピアノ三重奏曲) (2003) − 実験的な (Provande) (第2楽章)
デュロ・ジヴコヴィチ (1975-)
 海辺の墓地 (Le Cimetière Marin) (2008) (アルトと室内アンサンブルのための)
ヴィクトリア・ボリソワ=ウッラス (1969-) Behind the Shadows (影の背後に) (1998)
ペール・フリード (1977-)
 Déja-vu, over and over again (デジャヴュ、なんどもなんども)
  (七重奏、ラップトップ・ソロとエレクトロニクスのための) (2008)
マッティアス・リュセル (1971-) Gilded Splinters (金メッキした裂片) (2007)
ベンヤミン・ステルン (1978-)
 夜の深いチェロ (Nattens djupa violoncell) (2008) (アルトと室内アンサンブルのための)
  室内アンサンブル ソナンサ アンナ・ラーション (アルト)

PSCD182 Quartetto con forza
マッツ・ラーション・グーテ (1965-)
 弦楽四重奏曲 《ヴィジョンと恍惚 (Visioni ed estasi)(2004)
アンデシュ・ヒルボリ (1954-)
 Kongsgaard Variations (コングスガード・ヴァリエーション) (2006) (弦楽四重奏のための)
ペール・モッテンソン (1967-) 弦楽四重奏曲第1番 《Sediments of Discourse(2007-08)
ミカ・ペロ (1971-) Up, Down, Charm, Strange (2008) (弦楽四重奏のための)
  ステーンハンマル四重奏団
   ペーテル・ウーロフソン (ヴァイオリン) ペール・オーマン (ヴァイオリン)
   トニー・バウアー (ヴィオラ) マッツ・ウーロフソン (チェロ)

PSCD183 the pëarls before swine experienceDebris reassembled
ヘンリク・ストリンドベリ (1954-) 物静かに言う行動 (Lågmälda göranden) (2003)
フレードリク・ヘーデリーン (1965-) ガラス玉演戯 (Pärlspelet) (2004)
クリストフェル・エルグ (1969-)
 センチメンタルな歌による変奏曲 (Variationer över en sentimental visa) (2004/05)
シム・ヘドース (1965-) 直ちに (Så snart) (2005)
マッティアス・ペッテション (1972-) 1st Application (第1のアプリケーション) (2005)
ペール・リンドグレン (1952-)
 Soirée de Noël. Débris rassamblès (クリスマスイブ。組み立て直した破片) (2005)
ペーテル・ハンセン (1958-) Schweinbird (スイスの鳥) (2005)
トゥーニ・ブルムダール (1972-) Anti Focus (アンチ・フォーカス) (2005)
  the pëarls before swine experience (ザ・パールズ・ビフォー・スワイン・エクスピリエンス)
   サラ・ハンマルストレム (フルート) ジョージ・ケントロス (ヴァイオリン) マッツ・ウーロフソン (チェロ)
   モッテン・ランドストレム (ピアノ)

PSCD184 夜の讃歌 (Hymns to the Night) − トミー・ハーグルンド (1959-) ポートレート
 交響詩《Hymnen an die Nacht (夜の讃歌)》 (2005) (ヴァイオリンと管弦楽のための) (Hymns to the Night)
  エリザベス・ピットケアン (ヴァイオリン) ヘルシングボリ交響楽団 ハンヌ・コイヴラ (指揮)
 声の娘たち (Röstens dotter) (2002-03) (2人のヴォーカルとアンサンブルのための) (Daughters of the Voice)
  シャネット・ビューリング (ソプラノ) テューア・オーベリ (ソプラノ)  カーリン・ドゥーンブッシュ (クラリネット)
  ダン・アルムグレン (ヴァイオリン) ヨン・エーデ (チェロ) マリ・オーストレム (ハープ)
  マルクス・レオソン (打楽器) カール=アクセル・ドミニク (ピアノ) ヨアシム・グスタフソン (指揮)
 To the Sunset Breeze (日没の微風に寄せて) (1997 rev.2009) (フレデリク・ディーリアス追悼)
  ジョン・ミルズ (ギター) スティーヴン・フィッツパトリック (ハープ) リュセル四重奏団

PSCD186 リュート・コン・フォルツァ (Liuto con forza)
ベンクト・ハムブレウス (1928-2000) Variazioni per liuto solo (リュート独奏のための変奏曲) (2000)
イーヴォ・ニルソン (1966-) Luta for theorbo (テオルボのためのリュータ) (1999-2000)
エーリク・ペーテシュ (1970-)
 Piece for lute and live electronics (リュートとライブエレクトロニクスのための小品) (2010)
ラーシュ・エークストレム (1956-) Vision and Ashes for theorbo (テオルボのための《ビジョンと灰》) (1996)
イングヴァル・カルコフ (1958-) Four pieces for lute (リュートのための4つの小品) (1985)
ケント・ウーロフソン (1962-) Chemin de silence I-III (沈黙の道 I-III) (2010) (テオルボのための)
  ペーテル・セーデルベリ (リュート、バロックリュート、テオルボ) エーリク・ペーテシュ (ライブエレクトロニクス)

PSCD187 Phonetasy
アンデシュ・ニルソン (1956-) Phonetasy (2008)
ニクラス・ブレーマン (1966-) Dinkum Thinkum II (ディンカム・シンカム II) (2005)
グンナル・ヤンソン (1944-) 四重奏曲第1(1996)
フレードリク・セーデルベリ (1966-)
 オセラトゥス (Ocellatus) (2000) (サクソフォーン四重奏と打楽器のための)
マリ・サミュエルソン (1956-) セイレーン (Sirén) (1996)
ヤン・レーヴァンデル (1959-) ニッセ (Nisse) (1999/2009) (サクソフォーン四重奏と打楽器のための)
 カーチャ・マリの子守歌 (Vaggvisa till Katja Marie) (1999) (サクソフォーン四重奏と打楽器のための)
  スウェーデン・サクソフォーン四重奏団ローリン・フォーンズ
   トゥーヴェ・ニュールンド (ソプラノサックス) クリスティン・ユグラル (アルトサックス)
   ヘレーナ・フリーマン (テナーサックス) ネタ・ノレーン (バリトンサックス)

  ダニエル・サウル (打楽器)

PSCD188 ソプラノサクソフォーンのためのスウェーデン協奏曲
ロルフ・マッティンソン (1956-) ソプラノサクソフォーン協奏曲第1番 《黄金の調和 (Golden Harmony)(2012)
  アンデシュ・パウルソン (ソプラノサクソフォーン) ノルランドオペラ交響楽団 クリストフ・アルトシュテット (指揮)
スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-)
 ソプラノサクソフォーンとシンフォニックバンドのための4つの小品 (Four Pieces for Soprano Saxophone and Symphonic Band) (2003)
  アンデシュ・パウルソン (ソプラノサクソフォーン) ヘルシングボリ交響楽団 トビアス・リングボリ (指揮)
アンデシュ・エリーアソン (1947-) ソプラノサクソフォーンと弦楽オーケストラのための協奏曲 (2002 rev.2008)
  アンデシュ・パウルソン (ソプラノサクソフォーン) ノールショーピング交響楽団 ユハンネス・グスタフソン (指揮)

PSCD189 トリオ・シリアクス=ペーション=ライティネンに捧ぐ (Dedicated to Trio ZilliacusPerssonRaitinen)
スヴェン=ダーヴィド・サンドストレム (1942-) 弦楽三重奏のための5つの小品 (5 Pieces for string trio) (2008)
フレードリク・オステルリング (1966-) 月曜日 (Lundi) (2008) (リコーダーと弦楽三重奏のための)
テボホ・モナコトラ (1972-) 弦楽三重奏のための5つの小品 (5 Pieces for string trio) (2007)
フレードリ・ヘーデリン (1965-) 行為 (Akt) (2005) (弦楽三重奏のための)
ミルヤム・タッリュ (1976-) 冬の島 (Winter Island) (2009)
  トリオ・シリアクス=ペーション=ライティネン
   セシリア・シリアクス (ヴァイオリン) ヨハンナ・ペーション (ヴィオラ) カティ・ライティネン (チェロ)
  ダン・ラウリン (リコーダー)

PSCD190 BOW56
ケント・オーロフソン (1962-) ヒッグス粒子 (Higgs Boson) (2008) (弦楽六重奏とエレクトロニクスのためのカプリッチョ)
オーケ・パーメルード (1953-) 弦楽五重奏曲 (2009)
ホーカン・ラーション (1959-) 印 (Märken) (2008) (弦楽四重奏のための)
アンデシュ・ニルソン (2004) 秋 (Höst) (2004) (弦楽六重奏のための)
  ウプサラ・チェンバー・ソロイスト
   ニルス=エーリク・スパルフ (ヴァイオリン) ベルント・リュセル (ヴァイオリン) クララ・ヘルグレン (ヴァイオリン)
   スサンネ・マグスソン (ヴィオラ) エーリク・ヴァールグレン (チェロ) ユングヴェ・マルクス (ダブルベース)

PSCD192 ペンダント (Pendants) − イェスペル・ヌーディン (1971-) 作品集
 底流 (Undercurrents) (2007) (チェロ、アンサンブルとライブエレクトロニクスのための)
 沸騰間近の表面 (Surfaces scintillantes) (2008) (アンサンブルのための)
 羊飼いの叫び (Cri du berger) (2004) (チェロとライヴエレクトロニクスのための)
 通路 (The Aisle) (2001) (クラリネットと弦楽四重奏のための)
 ペンダント (Pendants) (2009) (アンサンブルとライヴエレクトロニクスのための)
  バンジャマン・カラ (チェロ) Gageego! ピエール=アンドレ・ヴァラード (指揮)

PREVIOUS  NEXT (jazz)


HOME

Artwork © STIM (Sweden)