Point


PCD5151 クリスマス・キャロル
デイヴィッド・ウィルコックス (1919-) (編曲) 神の御子は今宵しも
ウィリアム・マティアス (1934-) 城門よ、頭を上げよ 作品44-2 (1969)
エドガー・ペットマン (1866-1943) (編曲) 天使ガブリエルが御国からやってきた
W・カークパトリック (1838-1921) (ピーター・グレアム (1958-) 編曲)
 はるか遠くの飼葉桶 (神の御子のイエス様は)
ジョン・ラター (1945-) 星のキャロル
グスターヴ・ホルスト (1874-1934) おねむりなさい、いとしい子よ (Lullay my liking)
プレーベン・ネアゴー・クリステンセン (1960-) (編曲)
 天のいと高きところに栄光 (2つのピッコロトランペットとブラスバンドのための)
アンドリュー・カーター (1939-) (編曲) やさしいやさしい処女の歌
メル・トーメ/R・ウェルズ (フィリップ・スパーク (1951-) 編曲) クリスマスの歌 (1946)
ジョン・ラター (1945-) 羊飼いの笛のキャロル
GF・ヘンデル (1685-1759) ハレルヤ・コーラス
16世紀フランスの曲 (デイヴィッド・ウィルコックス 編曲) ディンドン、空高く
フランス伝承曲 (プレーベン・ネアゴー・クリステンセン 編曲) 
 聖なる御子キリストがお生まれになった (2つのピッコロトランペット、合唱とブラスバンドのための) (1995)
コーンウォール伝承曲 (ジョン・ラター 編曲) セント・デイ村のキャロル
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1947) (デイヴィッド・ウィルコックス 編曲) 天にはさかえ
  ケティル・クリステンセン (フリューゲルホルン、ピッコロトランペット)
  ラース・オーレ・スミット (ピッコロトランペット) トーベン・マセン (テノール)
  アスガー・ホアヴィング (テノール) スヴェン・オーレ・コムバク (オルガン)
  ティステズ教会少年男声合唱団 北西ユラン・ブラスバンド 
  プレーベン・ネアゴー・クリステンセン (指揮)

PCD5152 ルクス・エテルナ − 20世紀の世界の教会音楽
エドウィン・フィッシンジャー (1921-1992) ルクス・エテルナ (永遠の光) (1989)
フランシス・プーランク (1899-1963) 悔悟節のための4つのモテット (1938-39)
クシュシトフ・ペンデレツキ (b.1933) ポーランド・レクイエム (1981) − アニュス・デイ
パブロ・カザルス (1876-1973) おお、すべての人びとよ (1942)
ペーア・ネアゴー (b.1932) 3つの合唱曲 作品12 (1955)
ニルス・ラクーア (b.1944)
 3つのラテン語のモテット (1982)
  今日キリストがお生まれになった アヴェ・マリア すべての国よ、主を賛美せよ
ヴァウン・ホルムボー (1909-1996) 
 歌の本第5巻 作品158b (1984) − すべての国よ、主を賛美せよ
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) テ・デウム ハ長調 (1936)
  トリニターティス・カントーリ ペア・エネヴォル (指揮) インゲ・ベネロプ (オルガン)

PCD5154/5 2CD's
J
S・バッハ (1685-1750)/ラース・ビスゴー (b.1947)/ヨハネス・ファブリーシウス
 カンタータ・オペラ〈シルヴィア〉
  マ リアネ・G・ニルセン (ソプラノ) アネテ・シモンセン (メッツォソプラノ)
  ホーヴァー・ステーンスヴォル (バリトン) ヤン・ロン (テノール) スーネ・イェリル (テノール)
  ヤコブ・セトナー=メラー (バス) ビルギット・リングホルム (ソプラノ)
  クリスティーナ・ラングベア (ソプラノ) ティーネ・アン・ゴースダール (ソプラノ)
  ロテ・ホウマン (アルト) モーテン・ラッセニウス・クラムプ (バス) コロナ室内合唱団
  王立デンマーク管弦楽団員 デンマーク国立放送交響楽団員
  ティヴォリ交響楽団 ローランド・ハラルドソン (指揮)

PCD5156 合唱のための20世紀教会音楽
カール・ニルセン (1865-1931) わがイエスよ、わが心に訴えたまえ (1919)
 教えてくれ、夜の星よ (1925)
クヌーズ・イェペセン (1892-1974) いま太陽は東の空に昇る (1936) 聖なる山に基を置き (1936)
 ひとつのことを主に願い (1936)
ベアンハート・レオコヴィチ (1927-) 夕べの歌 (1975)
 3つの詩篇 作品9 (1952)
  全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ 深き淵より 全地よ、神に向かって喜びの叫びをあげよ
ニルス・ラクーア (1944-)
 3つのラテン語のモテット (1992)
  頭を上げよ 主、われらが神に感謝を捧げよう まことに聖なるかな、おお主よ
アーロン・コープランド (1900-1990)
 4つのモテット (1921)
  われらを救ってください、おお主よ なんじエホバよ、永遠にわれらとともに
  われらに憐れみを、おおわが主よ われらの王を讃える歌を歌え
モーリス・デュリュフレ (1902-1986)
 グレゴリオ聖歌の主題による4つのモテット (1960)
  愛と慈しみのあるところ なんと美しいかた、おおマリアよ おまえはペトロ ひれ伏して礼拝しよう
 われらが父 (1978)
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921) なんと立派な (1916)
  ブローゴー室内合唱団 エーリク・デュネセン (指揮)

PCD5157 すべて天空のもとに (Alt under himlen...)
スヴェン・S・シュルツ (1913-1998) 野の花 (De vilde blomster) 最後の歌 (Sidste sang)
ペーア・ドルーズ・ニルセン 
 3つのペトラルカのソネット (3 Petrarca-sonetter)
  祝福 (Velsignet) 流れ速きローヌよ (Du raske Rhone) ゼピュロスの漂うところ (Hvor Zephyr svæver)
ベアンハート・レオコヴィチ (b.1927)
 5つのデンマーク語のマドリガル (5 danske madrigaler) − 存在の詩 (Væredigtet)
  森の太陽 (Skovsol) すぐ怒るご婦人の友へ (Til en følsom veninde)
ニルス・リンドベリ (b.1933) ユールゴーデンのオークの木の下で (Under en Djurgårdsek)
 すべて天空のもとに (Alt under himlen fäste) 判事の踊り (Domardansen)
 愉快に踊ろう (Vi ska ställa te' en rolinger dans)
パウリ・ウイ・サンダジェーレ (b.1955) 思い出をあつめて (Goymi eg minni)
ペーア・スクリヴェア (b.1962)
 3つの海の歌 (Three Sea Songs)
  Break, Break, Break There comes a murmur At Dover Cliffs
ペーター・ブルーン (b.1968) 森の散策 (Wandering in the Woods)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) 水仙に (To daffodils) 作品47-1
アンナ・セーデルベリ=オレテーグ (b.1958)
 「夕べの国」からのスケッチ (Skissar från Aftonland)
  さあ夏の朝だ (Nu är det sommarmorgon) なんじ人よ (Du människa)
  ひな鳥よ、羽を広げよ (Fågelunge, lyft din vinge) 弟よ、おまえの謎を (Gissa din gåta, lillebror)
エヴェルト・トーブ (1890-1976) これほど美しい海の光は (Så skimrande var aldrig havet)
チャールズ・ヴィリヤーズ・スタンフォード (1852-1924) 青い鳥 (The Bluebird)
クヌート・ニューステット (b.1915)
 Peace I Leave with You (わたしは、平和をあなたがたに残し) 作品43-2
  オルボー大学音楽学生室内合唱団 モーエンス・ダール (指揮)

PCD5158 夢の絵 − オルガン愛好曲集 第2集
フレゼリク・クーラウ (1786-1832) (H・グラムストロプ 編曲)
 劇音楽〈妖精の丘 (Elverhøj)〉 作品100 − 序曲
HC・ロンビ (1810-1874) (H・グラムストロプ 編曲) 夢の絵 (Drømmebilleder) (1846)
 
シャンペンギャロップ (Champagnegalop) (1845)
カール・ニルセン (1865-1931) (H・グラムストロプ 編曲) 霧が晴れていく (Tågen letter)
 世紀の変わり目の祝祭前奏曲 (Festpræludium ved Aarhundredskiftet) FS24
ルーズ・ランゴー (1893-1952)
 「ダウマー王妃はリーベで病に臥す」による幻想曲
  (Fantasi over "Dronning Dagmar ligger i Ribe syg") BVN280
ルーズ・ランゴー (1893-1952) (イェスパー・マセン (1957-1999) 編曲)
 Kremàscó (オペラ〈堕地獄 (Fortabelsen) (反キリスト (Antikrist))〉 BVN192 の前奏曲)
フィニ・ヘンリケス (1867-1940) (H・グラムストロプ 編曲) 結婚行進曲 (Bryllupsmarsch)
ヨハン・スヴェンセン (1840-1911) (H・グラムストロプ 編曲) 祝祭ポロネーズ (Festpolonese) 作品12
  ヘルエ・グラムストロプ (オルガン) [聖マルコ教会 (オーフス) のオルガン]

PCD5159 Water in the Fileds (畑の水) − アメリカ合唱作品集
エリック・ウィタカー (b.1970) 水の夜 (Water Night)
サミュエル・バーバー (1910-1981)
 生まれかわり (Reincarnations) 作品16
  メーリー・ハインズ (Mary Hynes) アンソニー・オーデイリー (Anthony O Daly)
 
 娘っ子 (The Coolin')
ジョン・ガードナー (b.1917)
 ウォレス・スティーヴンズの詩による5つのパートソング
  春を前にして憂鬱な (Depression before Spring)
  ピアノを弾くピーター・クウィンス (Peter Quince at the Clavier)
  日曜日に畑を耕す (Ploughing on Sunday)
  動くことこそ人生 (Life is Motion) Cy est pourtraicte
アーロン・コープランド (1900-1990) 4つのモテット
アーロン・コープランド (1900-1990) (アーヴィング・ファイン (1914-1962) 編曲)
 アメリカの昔の歌 (Old American Songs)2集 − チンガリン (Ching-a-Ring-Chaw)
レナード・バーンスタイン (1918-1990) (オットー・フランカー 編曲) サムウエア (Somewhere)
ウォード・スウィングル (b.1927) 好いた同士が肩を寄せ (It was a Lover and his Lass)
ライオネル・バート (b.1930) (ジーン・ピュアリング (b.1929) 編曲) 愛はどこに (Where is Love)
ジョージ・ガーシュイン (1898-1937) (ロデリック・ウィリアムズ 編曲) サマータイム (Summertime)
ジェローム・カーン (1885-1945) (ウォード・スウィングル 編曲)
 あなたのすべてが (All The Things You Are)
アメリカ民謡 (ジェイムズ・アーブ (b.1927) 編曲) シェナンドー (Shenandoah)
  UAK (青年学生合唱団) フレミング・ヴィネキレ (指揮) トマス・リスケル (ピアノ)

PCD5160 ロマンティックスタイルの編曲による21のデンマーク賛美歌 ヘンリク・メツ (1948-) (編曲)
 今だれもが神に感謝する (Nu takker alle Gud) 神よ、賛美歌の言葉をください (Giv mig, Gud, en salmetunge)
 私に千の舌があったら (O havde jeg dog tusind tunger) なんじ、主キリストよ (Du, Herre Krist)
 ばらの園の花々のように (Blomstre som en rosengaard) イエス・キリストよ讃えられよ (Lovet være du, Jesus Krist)
 この世はうるわし (Deilig er jorden) 救い主、あがない主のあなたよ (Hil dig, frelser og forsoner)
 イエスはわが生とともに (Jesus er mit liv i live) 墓の黒い十字架に手を (Tag det sorte Kors fra Graven)
 もっとも力あるキリストよ、信徒たちの主よ (Mægtigste Kriste, Menighedens Herre)
 今、太陽は最高に輝いている (I al sin glans nu stråler solen)
 地上にあり神の言葉を伝えるもの (Talsmand, som på jorderige)
 この世で何よりすばらしいのは (Vidunderligst af alt på jord) 教会は老いし者の家 (Kirken den er et gammelts hus)
 全能の神よ、ほめたたえられん (Almagts Gud, velsignet vær) そこに道あり (Der er en vej)
 神の魂はふたたび生まれ、新たな命を (Guds igenfødte, nylevende sjale)
 いつも哀れな私 (Aldrig er jeg uden våde) 偉大なる主 (あるじ) がおいでになる (Den store mester kommer)
 立てわが魂よ、太陽が昇る (Op min sjæl, thi sol er oppe)
  コペンハーゲン大学合唱団 リレ・ムコ イェスパー・グローヴェ・ヨーアンセン (指揮
)

PCD5161/2 2CD's オーフス大学音楽学生室内合唱団
クラウディオ・モンテヴェルディ (1567-1643) マドリガル曲集第6巻 − アリアンナの嘆き
 アクイリーノ・コッピーニのコレクション (pub.1607) − あなたの頬は美しい
  マリアよ、なぜ墓のほとりで嘆くのですか
クヌーズ・イェペセン (1892-1974)
 4つのデンマーク語のモテット
  ひとつのことを主に願い (Én ting har jeg begæret af Herren) 人とは何か? (Hvad er et menneske)
  主よ、わたしの敵のいかに多いことよ (Herre! Hvor er mine fjender mange)
  わたしの魂よ、主をたたえよ (Min sjæl, lov Herren)
 デンマーク語のパートソング (1943)
  冬のゆうべ (Vinteraften) 新年の夜 (Nytårsnat) 緑の森で (I de grønne skove)
  雨があがり (Bygen flygter) フランスのむかしのクリスマスキャロル (Gammel fransk julevise)
 
2つのパートソング (1961?)
  海辺の乾し草作り (Høbjergning ved havet) 5人の少女 (Fem piger)
 4つのシェイクスピアの歌 (1951)
  吹けよ、吹け、冬の風 (Blæs, blæs du vintervind) 冬 (Vinteren)
  春 (Foråret) 緑の森の木陰で (Hvis du vil ligge her)
 ヨーン殿 (Hr. Jon) (デンマークの古いバラッドによるカンタータ) (1954)
クラウディオ・モンテヴェルディ (1567-1643)
 マドリガル曲集第6巻 − いとしい女の墓にそそぐ恋人の涙
 マドリガル曲集第5巻 − さあシルヴィオ
フィン・マティアセン (b.1928)
 4つのパートソング (1960)
  夏の季節 (Sommerhalvåret) 五月の歌 (Majsang) ヴァルプルギスの夜 (Valborgs nat)
  牧場を越えていこう (Lad os ud over engen gå)
 2つのパートソング (1963)
  こだまの歌 (Ekkosang) 賛美歌 (Salme)
 小さな年鑑 (Lille Almanak) (1964)
  教会墓地のクリスマス (Jul på kirkegården)
  わたしの歩みとともに春が (Jeg går og vårer) 渚で (Ved stranden) 実りの秋 (Rige høst)
 デンマークのふしぎな胸に (I Danmarks Forundringsskød) (1980)
  コペンハーゲンの愛 (Kærlighed i København) ニシン釣り (Sildefangst)
  デンマークの谷 (Danmarks dale) ハーエブロ旅籠の秋の気分 (Efterårsstemning ved Hagebro Kro)
  オーフス大学音楽学生室内合唱団 イェンス・ペーター・ヤコブセン (指揮)

PCD5163 銀の歌 (Sølversange)
スヴェン・ニルセン (1937-) 銀の歌 (Sølversange)
ペーア・ドルーズ・ニルセン (1950-) Canzoni al tempo
ペーア・スクリヴァー (1962-) 海の夢
ヤン=オーケ・ヒッレルード (1938-) 来たれ、エマヌエル (Veni Emmanuel)
イルデブランド・ピッツェッティ (1880-1968)
 〈レクイエム (Messa di Requiem)〉 − レクイエム (Requiem)
カール・ニルセン (1865-1931)
 今宵「輝く白さのたそがれの空 」 (I aften "Det gyldenhvide himmellys") FS18-5
 花はしおれてしまうのか (Skal blomsterne da visne?) FS42-1
スヴェン・S・シュルス (シュルツ) (1913-1998) デンマークは香しく (Yndigt dufter Danmark)
ポウル・シアベク (1888-1949) デンマークに生まれて (I Danmark er jeg født)
ボー・ホルテン (1948-) この世の人生はただ雨と悪天候 (Vort Jordlive er kun regn og rusk)
 北欧組曲 (Nordisk Suite)
ヨハン・クリスチャン・ゲバウアー (1808-1884) 道の曲がるところに (Hist, hvor vejen slår en bugt)
ニルス・リンドベリ (1933-) 雨の日 (Regnvejr)
ニルス・ラクーア (1944-) 町や村に平和がおとずれ (Fred hviler over land og by)
  オルボー大学室内合唱団 モーエンス・ダール (指揮)

PCD5164 デンマークの夏 (Sommer på dansk)
ヴァウン・ホルムボー (1909-1996) 早春 (Tidligt forår)
エイル・ハーダー (1917-1997) 青いアネモネ (Den blå anemone)
スヴェン・シモン・シュルツ (1913-1998) デンマーク再訪 (Gensyn med Danmark)
クヌーズ・イェペセン (1892-1974) 雨があがり (Bygen flygter)
WA・モーツァルト (1756-1791) (クリスチャン・デュアスト (1958-) 編曲) 春へのあこがれ K596
MJ・ニセン (1906-1972) (ハンス=ウルリク・バーフェズ (1935-) 編曲) 夕べの小道 (Aftensti)
ハンス・ハンセン (1817-1878) (オーロフ・リング 編曲) めざめ (Opvåvni)
フィン・マティアセン (1928-1998) 五月の歌 (Majsang)
クヌーズ・イェペセン (1892-1974) フィヨルド (Fjorden)
レオ・エストヴェズ (1902-1986) 白夜 (Den lyse nat)

スヴェン・シモン・シュルツ (1913-1998) 真夏の歌 (Midsommersang)
民謡 (ミケール・ボイェセン (1960-) 編曲) こよなく楽しい夏 (En yndig og frydefuld sommertid)
ヴァルデマー・オーレーン (1894-1982) 夏の賛美歌 (Sommersalme/Sommarpsalm)
スヴェン・シモン・シュルツ (1913-1998) デンマークは香しく (Yndigt dufter Danmark)
ベアンハート・レオコヴィチ (1927-) 森の太陽 (Skovsol)
スヴェン・シモン・シュルツ (1913-1998) 暮れゆく眺め (Udsyn mod aften)
オーロフ・リング (1884-1946) デンマークは今、白夜にまどろむ (Danmark, nu blunder den lyse nat)
セーアン・ビアク (1955-) 夕べ (Aften)
ポウル・ハムブーア (1901-1972) 今夜は星がなんときれいに見えることか (Hvor klart dog stjernen ses in nat)
スヴェン・シモン・シュルツ (1913-1998) 野の花 (De vilde blomster)
オトー・モーテンセン (1907-1986) 夜の徘徊 (Nattevandring)
 九月の空はこよなく青く (Septembers himmel er så blå)
フィン・ヨーアンセン (1936-) (クリスチャン・デュアスト 編曲) 晩夏の歌 (Sensommervise)
  フュン室内合唱団 アリス・グラノム (指揮)

PCD5165 芝生は緑 (Græasset grønnes)1990年代デンマークの合唱作品集
ソンライフ・ラスムセン (1961-) フェロー諸島の5つの歌 (5 Faroese Choir Songs)
エーリク・ヨーアンセン (1912-2005) 北大西洋の歌
スヴェン・エーリク・ヴェアナー (1937-) After Trinitatis
セーアン・バーフェズ (1950-) ソネット33番 作品37
マッティ・ボーウ (1956-) 12の詩
  コペンハーゲン大学合唱団 リレ・ムコ イェスパー・グローヴェ・ヨーアンセン (指揮)

PCD5166 クリスマス・キャロル 第2
フランス・クリスマスキャロル 聖なる子キリストがこの地に生まれた Gloria in Excelsis Deo み空にこだます
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) キャロルの祭典 作品28
ウィリアム・カークパトリック (1838-1921) (P・グレアム 編曲) まぶねの中で
イギリス・クリスマスキャロル サセックスのキャロル
シモン・ロール (1957-) 旅
ハロルド・ダーク (1939-) 木枯らしの風、ほえたけり
ゴードン・ラングフォード (1930-) クリスマス幻想曲
  ティステズ教会青少年男声合唱団 プレーベン・ネアゴー・クリステンセン (指揮) 他

PCD5167 Nights of Passions (情熱の夜)
エクトル・ベルリオーズ (1803-1869) 夏の夜 (Les nuits d'été) 作品7
アルノルト・シェーンベルク (1874-1951) 4つの歌 (Vier Lieder) 作品2
アルバン・ベルク (1885-1935) 7つの初期の歌曲 (7 frühe Lieder)
  ラドミラ・ラジチ・ニュエ (ソプラノ) ウルリク・ステアク (ピアノ)

PCD5168 偉大なるヨーロッパ・アンセム
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) 祝祭テ・デウム
ジョン・ヒルトン (16世紀) 主よ、あなたの優しい慈しみによって
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ (1872-1958) O Taste and See
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード (1852-1914) マニフィカト ヌンク・ディミッティス
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) レクイエム − ピエ・イェズ
ジョージ・ダイソン (1883-1964) マニフィカト ヘ長調 ヌンク・ディミッティス ヘ長調 他 (全14曲)
  ティステズ教会少年少女合唱団 プレーベン・ネアゴー・クリステンセン (指揮)

PCD5169 デンマーク黄金時代のオルガン音楽 (Dansk guldaldermusik for orgel)
ニルス・W・ゲーゼ (1817-1890) 3つの小品 (Tre tonestykker for orgel) 作品22 (1851)
 3つのコラール前奏曲 (Tre koralforspil) (1852)
  暁の星のいと美しきかな (Af Højheden oprunden er/Wie schön leuchtet der Morgenstern)
  ただ愛する神の摂理にまかす者 I (Hvo ikkun lader Herren raade/Wer nur den lieben Gott lässt walten)
  ただ愛する神の摂理にまかす者 II (Hvo ikkun lader Herren raade/Wer nur den lieben Gott lässt walten)

 スヴェンソン提督の葬儀のための葬送行進曲
 「主を賛美せよ」による典礼前奏曲 (Festligt præludium over choralen "Lover den Herre") (1873)
JPE・ハートマン (1805-1900) 幻想曲 イ長調 (1826) 幻想曲 ヘ短調 作品20 (1837)
オット・マリング (1848-1915)
 ダヴィデの詩編の余韻 (Efterklang af Davids Psalmer) 作品89
 
23番「主は羊飼い (Herren er min hyrde)」 33番「主に従う人よ (Pris Herren)
  ニルス・エリク・アゲセン (オルガン) [三位一体教会 (フレゼリシア、デンマーク)]

PCD5171 Be So It − ヴォーカルとオルガンのための音楽
ライフ・カイサー (1919-2001) 3つの詩篇
スヴェン・エリク・ヴェアナー (1937-) マニフィカト 真実の愛 Be So It
ミヒャエル・ラドゥレスク (1934-) 我ら人生のただ中にあって
ベント・セーアンセン (1958-) ライス I & II
ペーア・ネアゴー (1932-) 夏の前奏曲 2つの季節の歌 (2 årstidssange)
エリク・ネアビ (1936-) ピエタ
  ピア・ローゼ・ハンセン (メッツォソプラノ) イェンス・E・クリステンセン (オルガン)

PREVIOUS


HOME

Artwork © OH Musik (Denmark)