Simax


PSC1101 
パウル・ヒンデミット (1895-1963) バステューバソナタ (1955)
トリグヴェ・マドセン (1940-) テューバソナタ 作品34
ニクラス・シヴェレーヴ (1968-) テューバソナタ 作品5
ウィリアム・クラフト (1923-) テューバ独奏のための遭遇 II
モッテン・ゴートハウグ (1955-) テューバと金管五重奏のためのソナタ・コンチェルタンテ
  オイスタイン・ボーズヴィーク (テューバ) ニクラス・シヴェレーヴ (ピアノ) スウェーデン金管五重奏団

PSC1102 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ノルウェー民謡と農民舞曲
 伝承による19のノルウェー民謡 (Hidtil utrykte Norske folkeviser) 作品66 − 牛を呼ぶ声 (Kulokk)
  ひとりの王がオステルダールを統治した (En konge hersket i Østerland) シーリダールの歌 (Siri Dale-visen)
  子守歌 (Bådnlåt) その小さな子は男の子 (Liten var guten) 明日は君の婚礼の日 (Morgon skal du få gifte deg)
  少女がふたり (Der stander to piker)  ランヴェイ (Ranveig) 小さな灰色の男 (En liten grå mann)
  オーラの谷で、オーラの湖で (I Ola-dalom, i Ola-kjønn) 子守歌 (Bådnlåt) 小さなアストリー (Ho vesle Astrid vår)
  イェンディーネの子守歌 (Gjendines Bådnlåt)
 スロッテル (Slåtter) (ノルウェー農民舞曲) 作品72 − オース教区のプリラーレン (Prillaren frå Os prestegjeld)
  ロートナムのクヌート (ハリング) (Røtnams-Knut (Halling))
  ミュラルグーテンによる結婚行進曲 (Bruremarsj etter Myllarguten) ニルス・レクヴェのハリング (Nils Rekves halling)
  クヌート・ルーローセンのハリング I (Knut Luråsens halling I)
  悪鬼の婚礼の行列 (Tussebrureferda på Vossevangen)
  ゲイル・ブートネン (ピアノ) クヌート・ハムレ (ハリングフェレ) ライドゥン・フールヴァイ (歌)

PSC1103 アントニオ・ビバロ (b.1922) ピアノのための作品集
 夕べのピアノ“ソロ”(Piano "Solo" in the Evening) (1977)
  前奏曲 (Prelude) − 夕べのピアノ“ソロ”(Piano "Solo" in the Evening)
  カプリース (Caprice) − パック (Puck "Thou speak'st aright; I am the merry wanderer of the night!)
  夜想曲 (Nocturne) − われらの地球のための子守歌 (Lullaby for our earth)
  型にはまったラグタイム (A conventional ragtime)
   − スコット・ジョプリンへのオマージュ (Homage to Scott Jiplin: Filmstar with a golden cigarette holder) 
 小品 (Miniature) (1955)
  左手の研究 (Studie for ventre hånd) ひとりぼっちの人形 (Ensom dukke)
 4つのバルカンの踊り (Four Balkan Dances) (1956)
 3つのオマージュ (Trois Hommages) (1957-58)
  オーバード (デ・ファリャへのオマージュ) (Aubade: Hommage á Manuel de Falla)
  夜想曲 (シェーンベルクへのオマージュ) (Notturno: Hommage á Schönberg)
  ブルガラ (バルトークへのオマージュ) (Búlgara: Hommage á Bartók)
 トッカータ (Toccata) (1957) ピアノソナタ第1番《2楽章の (i due movimenti)》(1974)
 ピアノソナタ第2番《夜 (La Notte)》(1976)
  アネルス・ブルンスヴィーク (ピアノ)

PSC1104 ヴァイオリンとチェロのための音楽
モーリス・ラヴェル (1875-1937) ヴァイオリンとチェロのためのソナタ (1920-22)
ゾルターン・コダーイ (1882-1967) ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 作品7
ヨハン・ハルヴォシェン (1864-1935) ヘンデルの主題によるパッサカリア
  アトレ・スポーンベルグ (ヴァイオリン) オイスタイン・ビルケラン (チェロ)

PSC1105
ファッテイン・ヴァーレン (1887-1952) ガヴォットとミュゼット 作品24
 4つのピアノの小品 作品22
  夜の小品 (Nachtstück) 高雅なワルツ (Valse noble)
  無言歌 (Lied ohne Worte) ジーグ (Gigue)
 変奏曲 作品23 間奏曲 作品36
ラッセ・トゥーレセン (b.1949)
 ヴァーレンの思い出のための4つのインヴェンション (4 Invensjoner til Valens minne) (1967-68)
 Arise! (よみがえれ) (1980)
 Stages of the Inner Dialogue (内なる対話の段階) (1980)
 太陽の戯れ (Solspill) (1983/86)
  トルライフ・トルゲルセン (ピアノ)

PSC1106
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) キャロルの祭典 (A Ceremony of Carols)
ジョン・ラター (1945-) 踊りの日 (Dancing Day) (1974)
  ヴォーチ・ノビリ マリア・ヘルベックモ (指揮) ヴィリー・ポストマ (ハープ)

PSC1107 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
 抒情小曲集 (18曲)
  エヴァ・クナルダール (ピアノ) リトアニア国立交響楽団 テリエ・ミケルセン (指揮)

PSC1108 ロシアのチェロソナタ
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) チェロソナタ ニ短調 作品40
アルフレード・シュニトケ (1934-1998) チェロソナタ (1978)
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) チェロソナタ ハ長調 作品119
  オイスタイン・ビルケラン (チェロ) イアン・ブラウン (ピアノ)

PSC1109 ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) 交響曲第5番 ホ短調 作品64
  ウクライナ交響楽団 テリエ・ミケルセン (指揮)

PSC1110 アイヴィン・アルネス (1872-1932) 歌曲集
 スクーグスロ (Skogsrån) 作品38-4 世界に出て (Ute i verdi) 作品12-4
 春を歌うささやかな歌 (En litten låt om våren) 作品38-2
 水仙 (Pinselilje) 作品28-2 最後の航海 (Sidste Reis) 作品17-2
 湾のほとりの二月の朝 (Februarmorgen ved Golfen) 作品28-3
 春への憧れ (Vaarlængsler) 作品17-3 海辺に横たわっていた (Jeg laa vid sjøen) 作品2-3
 白夜 (Nordlys) 作品14-4 太陽 (Sol) 作品15-1 リラの季節に (Vid Syrintid) 作品30-2
 夏の朝早く (Tidlig Sommermorgen) 作品30-3 散歩 (Promenade) 作品31-1
 ゆりかごの歌 (Gyngevise) 作品1-4 亡き人 (Borte!) 作品1-1
 若さと
優しさいっぱいの心 (Sindet sødmefyldt og ungt) 作品14-2
 オールドミス (Attergløyma) 作品22-3 夏の旋律 (En sommarmelodi) 作品35-4
 百挺のヴァイオリン (De hundrede violiner) 作品42-2
 ごらん、太陽が沈んでいく (Se nu synker solen) 作品42-1
 ふたりだけの幸せ (Lykken mellom to mennesker) 作品26-1
 あなたが連れていってくれるところ (Der du gjekk fyre) 作品17-1 詩人 (Digter) 作品31-3
 小さなヒシュテン (Liden Kirsten) 作品2-4 おお、生よ (Aa liva) 作品42-3
 衣裳 (Kjolen) 作品29-3 雨 (Regn) 作品45-3 アンネ・クヌーツドッテル (Anne Knutsdotter) (民謡)
  ブーディル・アルネセン (ソプラノ) エルリング・ラグナル・エーリクセン (ピアノ)

PSC1111 ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) 弦楽のための音楽
 前奏曲とフーガ 作品29 ラクリメ (ダウランドの歌曲の投影) 作品48a エレジー (1930) 
 単純な交響曲 作品4 フランク・ブリッジの主題による変奏曲 作品29
  ラーシュ・アネシュ・トムテル (ヴィオラ) ノルウェー室内管弦楽団 アイオナ・ブラウン (指揮)

PSC1112 モーリス・ラヴェル (1875-1937) ピアノ作品集
 高雅で感傷的なワルツ (1912) 夜のガスパール (1908) 前奏曲 (1913)
 ハイドンの名によるメヌエット (1909) シャブリエ風に (1913)
 古風なメヌエット (1895) ボロディン風に (1913) 亡き王女のためのパヴァーヌ (1899)
  シーグル・スロッテブレック (ピアノ)

PSC1113 ハルヴォル・ハウグ (b.1952)
 交響曲第3番《不可解な人生 (Det uutgrunnelige Livet)》(1991-93)
 沈黙 (Stillhet) (弦楽のための) (1977) 勲章 (Insignia) (交響版)
 弦楽オーケストラのための音詩《松の木の歌 (Furuenes sang)》(1987)
  イギリス室内管弦楽団 ノールショーピング交響楽団
  オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)

PSC1114 クヌート・ニューステット (b.1915)
 弦楽四重奏曲第2番 作品23 (1948) 弦楽四重奏曲第3番 作品40 (1956)
 弦楽四重奏曲第4番 作品46 (1966)
 弦楽四重奏曲第5番 作品115 (1988) − アレグレット・グラツィオーゾ
  オスロ弦楽四重奏団

PSC1115 ソナタ風に − ヴァイオリンのための作品集
カロル・シマノフスキ (1882-1937) ヴァイオリンとピアノのための3つのポエム《神話》作品30
アルフレード・シュニトケ (1934-1998) ヴァイオリンソナタ第2番《ソナタ風に》
シェティル・ヴォスレフ (b.1939) ヴァイオリン・ソロ (1980/89)
クシシュトフ・ペンデレツキ (b.1933) カデンツァ (ヴァイオリン独奏のための)
  ラルス=エーリク・テル・ユング (ヴァイオリン) アイナル・ヘンニング・スメビ (ピアノ)

PSC1116 3CD's ハーラル・セーヴェルー (1897-1992) ピアノのための作品全集
 「シーリューステル」の歌と踊り (Slåtter og stev fra "Siljustøl")1組曲 作品21 (1942-44)
  ツリウキソウ (Kristi-Blodsdråper) エーコーの歌 (Dvergmål-slått)
  子守歌 (Bå'nlåt) 夕べの歌と牛寄せの声 (Kvelling-sul og lokk)
  「シーリューステル」行進曲 ("Siljustøl"-marsj)
 「シーリューステル」の歌と踊り (Slåtter og stev fra "Siljustøl")2組曲 作品22 (1942-44)
  ジギタリス (Revebjølle) 水車の歌 (Kvernslått)
  最後の子守歌 (Den siste bå'nlåt) 蜘蛛の巣の糸の上で (På kingelvevstrenger)
  抵抗のバラード (Kjempevise-slåtten) 
 「シーリューステル」の歌と踊り (Slåtter og stev fra "Siljustøl")3組曲 作品24 (1942-44)
  結婚行進曲 (Bruremarsj) 羊飼いの孤独な夜の歌 (Hjuringen 'pi Eismodal)
  熊に注意 (Bjønn'støkk-lokk)
  月の光をうけワタスゲの草が鳴る (Myrdunspele' på månestrålefele)
  鉄槌をもつ雷神トール (Hamar-Tor slåtten)
 「シーリューステル」の歌と踊り (Slåtter og stev fra "Siljustøl")4組曲 作品25 (1950-55)
  高貴な席の歌 (Høgsetestev) 悪夢 (Draumeslåtten) カワセミ (Fossekallen)
  トーネの子守歌 (Tones vuggevise) ロンド・モルト・ガヨ (Rondomoltogâjo) (とても楽しいロンド)
 グラツィエッタ (Grazietta) 作品42 (1985) 鳥笛変奏曲 (Fuglefløytevariasjoner) 作品36 (1968)
 5つのカプリッチョ 作品1 (1918-19) おとぎの国への旅 (Reisen til eventyrland) (1907-08)
 ピアノのためのやさしい小品 (Lette sykker for piano) 作品14 (1939)
  小さなスヴェインの行進曲 (Små svein-gangar) 農家に伝わるブローチ (Syljetone)
  絹の靴下の踊り (Silkesokk-slåtten) 羊飼いの歌 (Gjætle-vise) 丘の歌 (Li-tone)
  風の竪琴の踊り (Vindharpenslåtten) ロンド・アモローゾ (Rondo Amoroso)
 ピアノのための組曲 作品6 (1927-30)
  前奏曲 グラツィオーソ アンダンテ スケルツァンド ロンド
 ピアノのための6つのソナティナ 作品30 (1948-50) ピアノソナタ ト短調 作品3 (1921)
 《ペール・ギュント (Peer Gynt)》第1組曲 作品28-1 《ペール・ギュント (Peer Gynt)》第2組曲 作品28-2
 ピアノのためのやさしい小品 (Lette sykker for piano) 作品18
  逢い引き、でも彼女は来なかった (Stevnemøte -- men hun kom ikke!)
  小鳥のワルツ (Små fugl-vals) 桟橋ワルツ (Bryggevalsen)
  少女のためのワルツ (Vals til en liten pike) クリスティンのワルツ (Venevil/Kristins vals)
 交響的舞曲《シーリュスロッテン (Siljuslåtten)》作品17
 カプリッチョ  メッテのワルツ (Mettes vals) (1980's)
 オスネのワルツ (Åsnes vals) (1980's) リスの踊り (Buskebjønn-slått) (1946) 
 6つのピアノの小品 (1952)
  モデラート アレグロ・モデラート アレグレット・グラツィオーゾ アレグレット
  モデラート アレグロ
 カーリのワルツ (Valzer Carrissimo/Karis vals) (1910's) 死の光景 (Scene macabre) (1980's)
  アイナル・ロッティンゲン (ピアノ)

PSC1117 ノルウェーの軍隊音楽
オスカル・ボルグ (1851-1930) ノルウェーの獅子 (Den norske løve)
 楽しい行進曲 (Freidig Marsch) 皇太子グスタフ行進曲 (Kronprinds Gustav Marsch)
 歌の祭典行進曲 (Sangerfest Marsch)
 アメリカ=ノルウェー行進曲 (Amerika-Norge March)
アドルフ・ハンセン (1852-1911) ティヴォリ・ポルカ (Tivoli Polka)
 アンクル・トムのケーク・ウォーク (Onkel Tom's Cake-Walk)
 オトー・スヴェルドルプの行進曲 (Otto Svedrups Marsch)
 大通り行進曲 (Boulvard March) セレナード (Serenade)
オーレ・オルセン (1850-1927) 連隊行進曲 (Regimentsmarsch)
ヨハン・スヴェンセン (1840-1911) Axvalla Marsch
フリートリヒ・アウグスト・ライシガー (1809-1881) ノルウェー幻想曲 (Norsk Fantasi) 第2番
ヨハネス・ハンセン、フレーデリク・ショルベルグ、ハナ・ベルグヴィツ=ゴッフェングの作品
  オスロ旅団管弦楽団 ヤン・エーリクソン (指揮)

PSC1118 20世紀のフルート音楽
アンドレ・ジョリヴェ (1905-1974) 5つの呪文 (1936)
アンリ・デュティユー (b.1916) フルート・ソナティナ (1942)
ボフスラフ・マルチヌー (1890-1959) フルートソナタ (1945)
オリヴィエ・メシアン (1908-1992) 黒ツグミ (1951)
フィン・モッテンセン (1922-1983) 無伴奏フルートソナタ 作品6
  インゲラ・オイエン (フルート) ゲイル・ブートネン (ピアノ)

PSC1119 アントワーヌ・ド・ロワイエ (1768-1852)
 2本のギターのための3つの協奏的二重奏曲 作品31
 2本のギターのための協奏的幻想曲 作品33
  エーリク・ステーンスタヴォル (ギター) マッティン・ハウグ (ギター)

PSC1120
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907)
 歌曲集《4つのドイツ語の歌》 作品2
  水車屋の娘 (Die Müllerin) 灰色の雲に閉ざされ (Eingehüllt)
  私は陰鬱な夢のなかで (Ich stand in dunkeln Träumen) 何が言えよう (Was soll ich sagen?)
 歌曲集《6つのドイツ語の歌》 作品4
  みなし児 (Die Waise) 朝露 (Morgenthau) 別れ (Abschied)
  狩人の歌 (Jägerlied) 古い歌 (Das alte Lied) 彼らはどこへ行った (Wo sind sie hin?)
フレデリック・ディーリアス (1862-1934)
 歌曲集《ノルウェーの5つの歌》
  まどろみ (Søvnen) 歌え、歌え (Syng, syng)
  さわやかな夏の夕べに憩い (Jeg reiste en deilig sommerkveld)
  憧れ (Lengsel) 日没に (Ved Sonedgan)
 歌曲集《ノルウェーの7つの歌》(1889-90)
  子守歌 (Vuggesang) ルンダーネで (Ved Rondane)
  夕べの気分 (Aftenstemning) ヴェネヴィル (Venevil)
  スペルマン (Spillemænd) 秘めた恋 (愛を隠し) (Dulgt Kjærlighet)
  鳥の歌 (En Fuglevise)
 森で (I Skogen) 作りたての柳笛は (Jeg havde en nyskåren seliefløyte)
パーシー・グレインジャー (1882-1961) タチジャコウソウの春 (The Spring of Thyme)
 6人の公爵は釣りにでかけた (Six Dukes Went Afishin') 柳よ、柳よ (Willow, Willow)
 愛に死す (Died for Love) 愛の力 (Kjærligheds Styrke)
  マーリト・オスネス・オームボー (メッツォソプラノ) グレアム・ジョンソン (ピアノ)

PSC1121 ゲイル・トヴェイト (1908-1981)
 リディアとドリアとフリギア旋法による12のインヴェンション
  (12 tvor ystes fristudier i lydisk, dorisk og frygisk) 作品1 
 ピアノソナタ第29番 作品129 《ソナタ・エテーレ (Sonata Etere) (永遠のソナタ)》
 太陽神の踊り (Danse du Dieu Soleil/Solgudens dans) 作品91-15
  (バレエ《バルドゥルの夢 (Baldurs draumar)》から)
  ゲイル・ブートネン (ピアノ)

PSC1122 イタリア・リコーダーソナタ集
  ベルゲン・バロック

PSC1123 サクソフォーン四重奏のための音楽
ジャン=パプティスト・サンジュレー (1812-1875) サクソフォーン四重奏曲第1番 作品53
フローラン・シュミット (1870-1958) サクソフォーン四重奏曲 作品102
イーダ・ゴトゥコフスキ (b.1933) サクソフォーン四重奏曲
  サクソフォン・コンセントゥス

PSC1124 ヘンリー・パーセル (1659-1695) ヴィオールのためのファンタジア(全曲)
 3声のファンタジア Z.732-Z.734 4声のファンタジア Z.735-Z.743
 1つの音符の上の5声のファンタジア ヘ長調 Z.745
 6声のファンタジア ト短調 Z.746《イン・ノミネ》
 7声のファンタジア ト短調 Z.747《イン・ノミネ》
  ファンタズム
   ローレンス・ドライファス (トレブル・ヴィオール)
   ウェンディ・ギレスピー (トレブル・ヴィオール、テナー・ヴィオール)
   ジョナサン・マンソン (テナー・ヴィオール)
   マルック・ルオラヤン=ミッコラ (バス・ヴィオール)
  ジョアナ・レヴァイン (ヴィオール) スザンナ・ペル (ヴィオール) キャスリン・フィニス (ヴィオール)

PSC1125 W・A・モーツァルト (1756-1791) ピアノソナタ全集 第3集
 ピアノソナタ第7番 ハ長調 K309/284b ピアノソナタ第8番 イ短調 K310/300d
 ピアノソナタ第9番 ニ長調 K311/284c
  リヴ・グラーセル (フォルテピアノ)

PSC1126
セザール・フランク (1822-1890) (ラーシュ・アネシュ・トムテル 編曲) ヴィオラソナタ イ長調
アンリ・ヴュータン (1820-1881) の作品
  ラーシュ・アネシュ・トムテル (ヴィオラ) ホーヴァル・ギムセ (ピアノ)

PSC1127 クヌート・ニューステット (1915-) オルガン作品集
 勝利の幻想曲 (Fantasia Trionfale) 作品37
 永遠の言葉 (Le verbe éternel) 作品133
 オルガンのための序奏とパッサカリア (Introduzione e Passacaglia per Organo) 作品7
 ピエタ (Pietà) 作品50 トッカータ (Toccata) 作品9
 パストラーレ (Pastorale) 作品20-1 英雄的な前奏曲 (Prélude Héroïque) 作品123
 パルティータ《来たれ創り主たる精霊よ (Veni Creator S;piritus)》作品75
 復活 (Ressurexit) 作品68
  グンナル・ペーテシェン=オーヴェルライル (オルガン)
  モナ・ユルスルード (ソプラノ) アルネ・アクセルベルグ (トライアングル)
  [ヴォレレンガ教会 (オスロ) のカシュタン・ルン・オルガン (1986)]

PSC1128 カール・ニルセン (1865-1931)
 弦楽四重奏曲第2番 ヘ短調 FS11 作品5 (1890)
 弦楽四重奏曲第1番 ト短調 FS4 作品13 (1887-88 rev.1897-98)
  ヴェルターヴォ弦楽四重奏団

PSC1129 ピエール・ダニカン・フィリドール (1681-1731) フルートと通奏低音のための組曲
 組曲第4番 組曲第5番 組曲第6番 組曲第9番 組曲第10番 組曲第12番
  ハンス・オラヴ・ゴーセット (フラウトトラヴェルソ) ロルフ・リスレヴァン (リュート)
  パウロ・パンドルフォ (ヴィオラダガンバ)

PSC1130 ラッセ・トゥーレセン (1949-) 合唱のための作品集
 甘く香る永遠の流れから (From the Sweet-scented Streams of Eternity)
 恵みの天より照らす光 (The Light that Is Shed from the Heaven of Bounty)
 わたしの神、わたしの憧れ (Mon Diue, mon Adoré)
 聖なる水夫の石板 (The Tablet of the Holy Mariner)
 ヤ・カーフィ、ヤ・シャーフィ (治癒のための長い祈り) (The Long Healing Prayer)
  アンネ=リーセ・ベルントセン (ソプラノ) ノルウェー・ソリスト合唱団
  グレーテ・ペーデシェン・ヘルゲロード (指揮)

PSC1131 クラウス・エッゲ (1906-1979) ピアノ作品全集
 ピアノソナタ第1番 作品4《夢の詩 (Draumkvædet)(1933)
 ハリング幻想曲 (Fantasi i Halling) 作品12a (1939)
 跳躍舞曲のリズムによる幻想曲 (Fantasi i springar-rytme) 作品12c (1929)
 山羊の角笛の踊り (Gukkoslåtten) (1944)
 2つの小品 作品1 (1927)
  甘いワルツ (Valse dolce) 水彩画 (Akvarell)
 ピアノソナタ第2番 作品27 《哀愁のソナタ (Sonata Patética)
  トゥルライフ・トルゲシェン (ピアノ)

PSC1132 2CD's ゲイル・トヴェイト (1908-1981) ハルダンゲルの50の民謡
 名誉もち歓迎す (Velkomne med æra) 小鬼の笛の響き (Flyteljod)
 求愛の歌 (Friarføter) 歌の終わりが間に合って (Songjen slutt i siste liten)
 婚礼の朝食へむかう途中で (Pao veg té brudlaups)
 婚礼の朝食へようこそ (Velkomne i brudlaupsgarden) 冠をかぶった花嫁 (Krune-brutè)
 花嫁にひとふき (Brurateven) この世で最高に美しい歌 (Dan fagraste viso pao joræ)
 なんという酒! (Noko té øl!) 神の徳を讃えよう (神の徳と神の偉大さ) (Guds Godhet vil vi prise)
 優勝者の自慢の歌はバラッドの調べ (Storskrytarstevsongviseslåtten)
 帽子をかぶった妻 (Skautakono) ふざけ屋ども (Skottrarar) ハリングフェレの歌 (Hardingfelesong)
 空の酒瓶を嘆いて (Syrgjeleg song um ein tom brednevinsdunnk)
 おやすみわが子 (Byssa byssa badne) 子供の歌 (Badnatrall) 最後の別れ (Siste farvel)
 フォルゲフォン氷河は何も語らない (Forgafodne fortel ingjenting...)
 家畜を集めて (Bu-fòra) トヴェイトの山の農場へ (Té Tveitestølen)
 山の古い農家 (Gamalt sel) こだまする角笛 (Luren ljomar)
 山の娘が家畜を呼んでいる (Budeio lokkar) キイチゴと野イチゴ (Moltor og myrabær)
 ランゲレイクの調べ (Langeleiklåt) 家畜を呼ぶ山の声 (Fjell-lokk)
 水車場の秋の夕べ (Haustkveld i kvednhuse) ひげに火がついた (Eldebrand i skjeggje)
 トゥーリドに (Té Turid) 高原の冬の天気 (Vetraver pao Viddæ)
 舟についての涙と笑い (Graot og laott aot ain baot) 金持ちラグナ (Rikje-Ragna)
 フルデルの丘 (Huldrahaugjen) 弦のないハリングフェレ (Hardingfela utan streng)
 冬の夜 (Vøtranotté) 長い長い冬の夜 (Dan långje, långje vettranòtte)
 その子の父 (Barnefaren) 週末の訪問 (Gjisnar-helg)
 銀のボタンの服を着た少年 (Guten med sylvknappar) ステーヴ教会の歌 (Stavkyrkjestev)
 郷愁 (Heimlenkt) 山の男の娘 (Fjedlmansjento) ひいおじいさんの歌 (Langofar-tonen)
 クリスマスの歌 (Jolasong) おお、いとしい娘を僕から (Å, naoe meg no fø mig tusta)
 人のことをしゃべる賢い連中の民謡 (Folkevise av vise folk um visse folk)
 予期せぬ婚礼の妨害 (Uventa brudlaupssjau) 新しい酒 (Upskoka) ハルダンゲルの酒 (Haringøl) 
  ゲイル・ブートネン (ピアノ) ライドゥン・フールヴァイ (歌)

PSC1133 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907)
 組曲《ホルベルグ(ホルベア)の時代から》作品40 
 4つのアルバムの綴り 作品28 − 第4番《アンダンティーノ・セリオーゾ》
 ノルウェー民謡による2つの即興曲 作品29 ノルウェー舞曲 作品35
 ノルウェー民謡の旋律 作品66
  ゲイル・ブートネン (ピアノ) イェンス・ハーラル・ブラトリ (ピアノ)

PSC1134 聞きたまえ − ノルウェー・ソリスト合唱団が歌う合唱作品集
ヘンリー・パーセル (c.1659-1695)/スヴェン・ダーヴィド・サンドストレム (1942-)
 わが祈りを聞きたまえ、主よ (Hear My Prayer, O Lord) (1986)
ボー・ホルテン (1948-) 霧と雨とバラの茂み (Regn og Rusg og Rosenbusk) 
ラッセ・トゥーレセン (1949-)
 甘く香る永遠の流れから (From the Sweet-scented Streams of Eternity) (1995) [PSC1130]
アルノルト・シェーンベルク (1874-1951) 地には平和を 作品13
クヌート・ニューステット (1915-) O Crux (おお、十字架よ) 作品79 (1977)
グスタフ・マーラー (1860-1911) (クリトゥス・ゴットヴァルト 編曲) 私はこの世に捨てられて
  ノルウェー・ソリスト合唱団 グレーテ・ペーデシェン・ヘルゲロード (指揮)

PSC1135
J・S・バッハ (1685-1750) フーガの技法 BWV1072
W・A・モーツァルト (1756-1791) フーガ ト短調 K401/375e
 5つのフーガ K405 (J・S・バッハの作品から)
  ファンタズム

PSC1136 現代ダブルベース作品集 第2集
  ビョルン・イアンケ (ダブルベース)

PSC1137 ヨハネス・ブラームス (1833-1897) オルガン作品集
 前奏曲とフーガ ト短調 (1857) フーガ 変イ短調 (1856)
 コラール前奏曲とフーガ (1856) 11のコラール前奏曲 作品122
  コーレ・ノールストーガ (オルガン) [オスロ大聖堂のオルガン]

PSC1138
ジャン・シベリウス (1865-1957) フィンランディア 作品26 悲しいワルツ 作品44-1
カール・ニルセン (1865-1931) オペラ《仮面舞踏会》FS39 − 組曲
ヒゥーゴ・アルヴェーン (1872-1960) バレエ・パントマイム《山の王》作品37 − 組曲
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 抒情組曲 作品54
  ノールショーピング交響楽団 オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)

PSC1139 フェルディナンド・フィンネ − わが音楽の喜び
JS・バッハ (1685-1750) カンタータ第147番 − コラール「主よ人の望みの喜びよ」
GF・ヘンデル (1685-1759) シャコンヌ ト長調
フランツ・シューベルト (1797-1828) 4つのドイツ舞曲 (16のドイツ舞曲と2つのエコセーズ D783 から)
 ハンガリーの旋律第3番 ロ短調
クロード・ドビュッシー (1862-1918) 映像 第1巻 − 水の反映
モーリス・ラヴェル (1875-1937) 夜のガスパール − 水の精
WA・モーツァルト (1756-1791) ピアノソナタ第11番 イ長調 K331 − トルコ行進曲
 ひとかけのバター
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1727)
 ピアノソナタ第23番 ヘ短調 作品57 《アパッショナータ》 − アレグロ・アッサイ
アルネ・ヌールハイム (1931-) Listen (聴いてくれ)
フレデリク・ショパン (1810-1849) エチュード 変イ長調 作品25-1 《牧童》
 エチュード ハ短調 作品25-12 前奏曲 ト短調 作品28-22
  アイナル・ステーン=ノクレベルグ (ピアノ)

PSC1140 フランツ・シューベルト (1797-1828) 歌曲集《美しい水車屋の娘》 D795
  ペール・ヴォレスタード (バリトン) リヴ・グラーセル (ピアノ)

PSC1141 ハーラル・セーヴェルー (1897-1992) 弦楽四重奏曲全集
 弦楽四重奏曲第1番 作品49
  《ライヴァルふたりのセレナード (Serenades of the Two Rivals)》 (1970/71)
 弦楽四重奏曲第2番 作品52 (1975) 弦楽四重奏曲第3番 作品55 (1978)
  ハンサ四重奏団

PSC1142 J・S・バッハ (1685-1750) トリオソナタ BWV525-530
  コーレ・ノールストーガ (オルガン) [オスロ大聖堂のチャンセル・オルガン]

PSC1143 Still Music of the Spheres (天体の静寂の音楽)
ウィリアム・バード (1543-1623) 6声のファンタジー ト短調 第2番 BE17/13
 5声のイン・ノミネ BE17/19-22 5声のブラウニング BE17/10
 6声のファンタジー 第3番 (6本のヴィオールのための)
 5声のファンタジー ハ長調 BE17/8
リチャード・マイコ (c.1543-1661) 4声のコンソート
 第1巻 − ファンシー第5番 ファンシー第19番
 第2巻 − パヴァーヌ 第2番 ファンシー第4a番 ファンシー第15番 ファンシー第18番
 第3巻 − パヴァーヌ第10番 ファンシー第9番
 第4巻 − パヴァーヌ第4番 ファンシー第6番 ファンシー第7番
  ファンタズム

PSC1144 カール・ニルセン (1865-1931) ヴァイオリン協奏曲FS61 (作品33)
 交響曲第4FS76 (作品29) 《消しがたきもの (Det Uudslukkelige)
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団
  イェフディ・メニューヒン (指揮)

PSC1145 女の定めと幸運 − ランディ・ステーネ、北欧歌曲集
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 歌曲集《ハウグトゥッサ (山の娘) (Haugtussa)》 作品67
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル (1867-1942) 歌曲集《マーリットの歌 (Marits visor)》
ヒューゴ・アルヴェーン (1872-1960) 歌曲集《マリアの歌 (Marias sånger)》 作品21
ペータ・アーノル・ハイセ (1830-1979)
 歌曲集《グドルーンの悲嘆 (Gudruns sorg)》 (「エッダ」から)
 歌曲集《ソールヴェイの歌》 (イプセンの劇「ペール・ギュント」から)
  ランディ・ステーネ (メッツォソプラノ) ブルクハルト・ケーリンク (ピアノ)

PSC1146 チェロとピアノのための作品集 
ボフスラフ・マルチヌー (1890-1959) ロッシーニの主題による変奏曲 (1942)
 チェロソナタ第1番 (1939) スロヴァキアの主題による変奏曲 (1958)
ドミートリー・カバレフスキー (1904-1987) チェロソナタ 作品71 (1962)
  オイスタイン・ビルケラン (チェロ) ホーヴァル・ギムセ (ピアノ)

PSC1147 
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調 作品8 ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 作品67
エルネスト・ブロッホ (1880-1959) 3つの夜想曲
フランク・マルタン (1890-1974) アイルランドの民謡による三重奏曲 (1925)
  グリーグ三重奏団

PSC1148 W・A・モーツァルト (1756-1791) ピアノソナタ全集 第4集
 ピアノソナタ第12番 ヘ長調 K332/300k ピアノソナタ第13番 変ロ長調 K333/315c
 ピアノソナタ第17番 変ロ長調 K570
  リヴ・グラーセル (フォルテピアノ)

PSC1149 W・A・モーツァルト (1756-1791) ピアノ作品全集 第5集
 ピアノソナタ第15番 ヘ長調 K533/494 ピアノソナタ第16番 ハ長調 K545
 アレグロ ト短調 K312/590d ピアノソナタ第18番 ニ長調 K576
  リヴ・グラーセル (フォルテピアノ)

PSC1150 グスタフ・マーラー (1860-1911)
 交響曲形式による音詩《タイタン (Titan)》 (交響曲第1番)
  ノールショーピング交響楽団 オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)
 ピアノ四重奏曲 イ短調 (1876)
  マッツ・ヤンソン (ピアノ) ホルメン四重奏団員

PSC1151 フランシス・プーランク (1899-1963) リベルテ
 悔悛のための4つのモテット (1938-39) ミサ曲 ト長調 (1937)
 小室内カンタータ《雪の夕暮れ》(1944) カンタータ《人間の顔》(1943)
  グレクス・ヴォーカリス カール・ホグセット (指揮)

PSC1152 J・S・バッハ (1685-1750) オルガン作品集
 トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564 前奏曲 (トッカータ) とフーガ ヘ長調 BWV540
 トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 トッカータ (前奏曲) とフーガ ホ長調 BWV566
 前奏曲 (トッカータ) とフーガ ニ短調 《ドリア旋法》 BWV538
  コーレ・ノールストーガ (オルガン)
  [オスロ大聖堂の主オルガン (リューデ&ベルグ 1998)]

◇コーレ・ノールストーガ Kåre Nordstoga (b.1954) は、オスロ大聖堂の首席オルガニスト。ノルウェー国立音楽アカデミーでは、コーレ・オルヌング Kaare Ørnung、ソーレン・ガンフロート Søren Gangfløt、マグネ・エルヴェストラン Magne Elvestrand、ビョルン・ボイセン Bjørn F. Boysen に師事した。1978年にオスロ大聖堂でオルガニストとしてデビューした後、ロンドンに留学し、デイヴィッド・サンガー David Sanger のもとで学んだ。特に得意とするレパートリーは、バッハ、モーツァルト、フランク、ヴィドール、メシアンの作品。

PSC1153 ガブリエルのオーボエ
バッハ、パーセル、ベゾッツィの作品
スカンディナヴィア民謡 (グリーグ、ハルヴォシェン、スヴェンセン 編曲)
セザール・フランク (1822-1890) 天使の糧
ジョルジュ・ビゼー (1838-1875) アニュス・デイ
エンニオ・モッリコーネ (1928-) ガブリエルのオーボエ
JS・バッハ (1685-1750)/シャルル・グノー (1818-1893) アヴェ・マリア
アンドリュー・ロイド・ウェッバー (1948-) ピエ・イェズ
  ブリンヤル・ホフ (オーボエ) コーレ・ノールストーガ (オルガン)

◇ブリンヤル・ホフ Brynjar Hoff (1940-) は、ノルウェーを代表するオーボエ奏者 (オスロ・フィルの首席?) でしたが、手の故障のせいで引退したと聞きます。旧録音 (Libra Classics LCD1006) のリマスター (24bit 98kHz) 再リリースです。

PSC1154 ダブルベース独奏のための現代作品集 第3集
アーネ・ヌールハイム (b.1931) ダブルベースのための3つのスタンツァ
オーセ・ヘードストレム (b.1950) Touche (トゥーシュ) (タッチ)
イアニス・クセナキス (1922-2001) テラプス (Theraps) (1975-76)
ヘンリク・ヘルステニウス (b.1963) Essais sur les temps double (二重のテンポによるエッセイ)
  ビョルン・イアンケ (ダブルベース)

PSC1156 ヨハネス・ブラームス (1833-1897)
 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 作品51-1 弦楽四重奏曲第2番 イ短調 作品51-2
  ヴェルターヴォ弦楽四重奏団

PSC1157 ダブルベースのための室内楽 第1集
クヌート・ギュトラー (b.1943) 独奏コントラバスのための《Greensleeves》
イサン・ユン (1917-1995) ヴァイオリンとコントラバスのための《Together》
アルフレード・シュニトケ (1934-1998) フムヌス?
ルチアーノ・ベリオ (1925-2003) PSY スペインの頌歌
パウル・ヒンデミット (1895-1963) ダブルベースソナタ (1949)
ソフィア・グバイドゥーリナ (b.1931) ソナタ=パントマイム
オイスタイン・ソンメルフェルト (1919-1994) モノローグ
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ (b.1926) セレナード 
  ダン・スティフェ (ダブルベース) オイスタイン・ビルケラン (チェロ)
  アトレ・スポーンベルグ (ヴァイオリン) ゴンサロ・モレーノ (ピアノ)

PSC1158 アルコ − テレフセン・ヴァイオリン小品集
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921) 白鳥
ジュール・マスネ (1842-1912) タイスの瞑想曲
エンリーコ・トセッリ (1883-1926) セレナータ
ジョン・ウィリアムズ (b.1932) 映画《シンドラーのリスト》から《テーマ》《追想》
パブロ・サラサーテ (1844-1908) ツィゴイネルワイゼン − ウン・ポコ・ピウ・レント
ヨーゼフ・ヨアヒム・ラフ (1822-1882) カヴァティーヌ
アントニオ・ヴィヴァルディ (1678-1741) ラルゴ (合奏協奏曲《四季》−《冬》から)
ハインツ・プロヴォスト 間奏曲
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) シシリアーナ
ヨハン・ハルヴォシェン (1864-1935) 若い娘の歌 (Veslemøys sang)
ビャーネ・ブルースター (1895-1978) (編曲) 寝過ごしてしまった (Jeg lagde meg saa silde)

オーレ・ブル (1810-1880) 孤独な時に (メランコリー) (I ensomme stunde (La Mélancholie))
ズデネク・フィビヒ (1850-1900) ポエム
スティーヴン・ソンドハイム (b.1930)
 ピエロたちをよんで (Send in the Clown) (ミュージカル《リトル・ナイト・ミュージック》から)
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) トロンハイム交響楽団 ヨーラン・W・ニルソン (指揮)

PSC1159
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975) ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 作品99
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団
  パーヴォ・ベリルンド (ベルグルンド) (指揮)
JS・バッハ (1685-1750) ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン)
  オスロ室内楽祭弦楽アンサンブル パーヴォ・ベリルンド (ベルグルンド) (指揮)

PSC1160 ブリッジ&ブリテン
フランク・ブリッジ (1879-1941) チェロソナタ (1916-17) 4つの小品 − 瞑想曲 春の歌
 セレナード イ長調 (1903) 子守歌 (1901) スケルツォ (c.1902)
 エレジー (悲歌) (1904) ゆりかごの歌 (1910) メロディ (1911)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) チェロソナタ ハ長調 作品65
  オイスタイン・ビルケラン (チェロ) ヴェービョルン・アンヴィーク (ピアノ)

PSC1161 ブリンヤル・ホフの芸術
ロベルト・シューマン (1810-1856) 3つのロマンス 作品94 (オーボエとピアノのための)
ベンジャミン・ブリテン (1913-1976) オウヴィディウスによる6つのメタモルフォーゼ 作品49
フランツ・ライツェンシュタイン (1911-1968)
 オーボエとピアノのためのソナティナ 作品11 (1937)
WA・モーツァルト (1756-1791) オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K370/368b
  ブリンヤル・ホフ (オーボエ) コーレ・オルヌング (ピアノ)
  ヒンダル三重奏団 [Libra Classics LCD1004]

◇ブリンヤル・ホフ Brynjar Hoff (1940-) はスカンディナヴィアを代表するオーボエ奏者でした。20年間にわたりオスロ・フィルハーモニックの首席を務めながらイギリス、アメリカ、ドイツ、スペイン、ソ連など、北欧以外の国でもコンサートを行い、1981年にはノルウェー作曲家協会の年間最優秀演奏家に選ばれています。その後、指の故障のために引退。Aurora、Simax (Victoria/Libra Classics 録音) などのアルバムだけが、彼の芸術を知るよすがとなってしまいました。

PSC1162 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ヴァイオリンソナタ全集
 ヴァイオリンソナタ第1番 ヘ長調 作品8 ヴァイオリンソナタ第2番 ト長調 作品13
 ヴァイオリンソナタ第3番 ハ短調 作品45
  テリエ・トネセン (ヴァイオリン) アイナル・ヘンニング・スメビ (ピアノ)

Victoria からリリースされていた (VCD19070) 録音。テリエ・トネセン Terje Tønnesen (1955-) は、ノルウェーを代表するヴァイオリニストのひとり。ソロイスト、室内楽奏者として活躍するほか、オスロ・フィルハーモニック (リーダー、ノルウェー室内管弦楽団 (芸術監督)、カメラータ・ルーマン (リーダー) など、トネセンが育成に携わった団体は多い。ピアニストのアイナル・ヘンニング・スメビ Einar Henning Smebye (1950-) は、ノルウェー国立音楽アカデミーの教授職を務めるかたわら、古典から現代までの作品を取り上げた演奏会活動を精力的に行っている。この全曲録音は、グリーグの音楽の多様な魅力をバランスよく表現した演奏として評価が高い。トネセンの気品ある緻密な響きのヴァイオリン、それぞれの曲の性格を把握したスメビのピアノ。アルヴェ・テレフセン Arve Tellefsen (NKF NKFCD50004-2) やヘンニング・クラッゲルード Henning Kraggerud (Naxos 8.553904) の録音とともに、この3曲の代表的な演奏。

PSC1163  21世紀のための21の行進曲 (21 marsjer for det 21. århundre)
スティーヴン・モンタギュー (1943-) 軍隊行進曲 (Marche Militaire)
ビョルン・クルーセ (1946-) 行進曲によるフーガ (Fugue on the March)
マヤ・ソールヴェイ・シェストルプ・ラトシェ (1973-)
 前世紀から残った69の行進曲の小節 (69 Marching Bars Left Over from a Previous Century)
  ノルウェー軍音楽隊 シェル・サイム (指揮)
クヌート・ヴォーゲ (1961-) 前進行進曲 (Fremad Marsj)
マイケル・フィニシー (1946-) 特徴のない行進曲 (Unkarakteristisk March)
ホーコン・ベルゲ (1954-) ナック (Knakk)
  ノルウェー軍西部音楽隊 トマス・リームル (指揮)
トリグヴィ・M・バルドヴィンソン (1965-) 平行調による行進曲 (Marche Paralelle)
フランク・トヴェオル・ノーレンステン (1955-) どうか黙ってください! (Please shut up!)
ヘルゲ・ハウスゴール・スンデ (1965-) 魔力 (Charm)
  ノルウェー軍東部音楽隊 ビョルン・サーグスタ (指揮)
マグナル・オーム (1952-) ヴァ・ベーネ (Va bene) (構わないでくれ)
ルーネ・レブネ (1961-) ホーコン皇太子の行進曲 (KHAAM (Kronprins Haakons Marsj))
ボジダル・スパッソフ (1949-) さらば過去の党行進曲 (By-Bygone-Party March)
  ノルウェー軍中部音楽隊 ビョルン・サーグスタ (指揮)
ティエリー・ド・メイ (1956-) 通行人 (En Passant)
トルグリム・スーリッド (1942-) あとで (Later On)
アイヴィン・ビューエネ (1973-) 1999年の葬送行進曲 (Trauermarsch (1999))
  ノルウェー軍南部音楽隊 ペーテル・セバスチャン・シルヴァイ (指揮) トマス・リームル (指揮)
オラヴ・ベルグ (1949-) Ma-Mon
ダーグフィン・コック (1964-) バヤートを超えて (Beyond Bayät)
エルッキ=スヴェン・トゥール (1959-) UBCのためのハッピーアワー (Happy Hour for UBC)
  王立ノルウェー海軍音楽隊 クリステル・ヨハネセン (指揮)
オーレ=ヘンリク・ムー (1966-) ストライキに入った音楽隊のためのストライクアップ (Strike-ups for Bands on Strike)
ロッタ・ヴェンナコスキ (1970-) 活力 (Tarmo)
シェル・サムコフ (1952-) 古い番号2000(Gammel nr.2000)
  ノルウェー軍北部音楽隊 アイヴィン・グルベルグ・イェンセン (指揮)

PSC1164 ルードヴィーグ・イルゲンス・イェンセン (1894-1969)
 パッサカリア (Passacaglia) (1928)
 祝祭序曲 (Festouverture) 《頌歌 (Canto d'omaggio)(1950)
 宗教的牧歌 (Pastorale religioso)
 歌曲集《日本の春 (Japanischer Frühling)(1917/1922 rev.1957)
  今日 (Heute) 花咲く小枝 (Der Blütenzweig) 風の中の柳 (Die Weide im Wind)
  ひとりの友に (An einen Freund) 愛の音 (Der Liebeslaut) 考えること (Betrachtung)
  無邪気なたわむれ (Nichts leichter) 寂しさ (Einsam) 変わらぬもの (Dauer im Wechsel)
  ラグンヒル・ハイラン・ソーレンセン (ソプラノ)
  ベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団 アイヴィン・オードラン (指揮)

PSC1165
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ピアノ三重奏曲第3番 ハ短調 作品1-3
 ピアノ三重奏曲第11番 ト長調 作品121a (アダージョと、ミュラーのジングシュピール《プラハの姉妹》の
  《私は仕立屋カカドゥ》の主題による10の変奏とロンド)
 ピアノ三重奏曲 変ロ長調 WoO39 (1812)
ヨウニ・カイパイネン (b.1956) ピアノ三重奏曲第3番 作品29 (1986-87)
  グリーグ三重奏団

PSC1166 ベートーヴェン+ 第2
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ピアノ三重奏曲第2番 ト長調 作品1-2
 ピアノ三重奏曲第5番 ニ長調 作品70-1 《幽霊》
サー・ピーター・マックスウェル・デイヴィス (1934-)
 フェア島への航海 (A Voyage to Fair Isle) (ピアノ三重奏のための)
  グリーグ三重奏団
   ヴェービョルン・アンヴィーク (ピアノ) ソルヴェ・シーゲルラン (ヴァイオリン)
   エレン・マルグレーテ・フレシェー (チェロ)

PSC1168 ファッテイン・ヴァーレン (1887-1952) 歌曲全集
 アヴェ・マリア (Ave Maria) 作品4 (1921) ミニョン (Mignon) 作品7 (1927)
 中国の2つの詩 (Zwei Chinesische Gedichte) 作品8 (1926)
 勇気はあるのか、おお魂よ (Darest Thou now, O Soul) 作品9 (1920-28)
 暗き心の夜 (Die dunkle Nacht der Seele) 作品32 (1939)
  シリ・トリエセン (ソプラノ) ホーコン・アウストボー (ピアノ)
  ベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団 クリスチャン・エッゲン (指揮)

PSC1170 SACD hybrid (5.1 surround/stereo) オリヴィエ・メシアン (1908-1992)
 初期のオルガン作品集
 キリストの昇天 (L'Ascension) (1934)
 二枚折の絵 − 地上の生と至福の永遠性に関するエッセイ
  (Diptyque - Essai sur la vie terrestre et l'èternité bienheureuse) (1929)
 前奏曲 (Prélude) (c.1930s pub.2002)
 聖体秘蹟への捧げ物 (Offrande au Saint Sacrement) (c.1930s pub.2001)
 天上の宴 (La banquet céleste) (1928 rev.1960) (第2版)
 永遠の教会の出現 (Apparition de l'église éternelle) (1932)
  インゲル=リーセ・ウルスルード (オルガン)

PSC1171
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61
マックス・ブルッフ (1838-1920) ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団 ヴァーノン・ハンドリー (指揮)

PSC1172 オマージュ
パウロ・ベリナーティ (b.1950) ジョンゴ (Jongo)
ステパン・ラーク (b.1945) 3つのロシア・ワルツ (1997) ソナタ・モンゴリアーナ (1986)
 ルネサンスの誘惑
ドメニコ・スカルラッティ (1685-1757) ソナタ (3曲)
カルロ・ドメニコーニ (b.1947) Koyunbaba
ニキータ・コシュキン (b.1956) アッシャー・ワルツ (エドガー・アラン・ポーにちなむ) 作品29
  スタイン=エーリク・オルセン (ギター)

PSC1173
ジャン・シベリウス (1865-1957) ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団 パーヴォ・ベリルンド (指揮)
ヴィルヘルム・ステーンハンマル (1871-1927) 2つの感傷的なロマンス (ヴァイオリンと管弦楽のための) 作品28
ファッテイン・ヴァーレン (1887-1952) ヴァイオリン協奏曲 作品37 (1940)
  アルヴェ・テレフセン (ヴァイオリン) トロンハイム交響楽団 オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)

PSC1175
フランツ・シューベルト (1797-1828) アルペッジョーネ・ソナタ イ短調 D821
ロベルト・シューマン (1810-1856) アダージョとアレグロ 作品70 民謡風の5つの小品 作品102
 幻想小曲集 作品73
  エルンスト・シモン・グラーセル (チェロ) リヴ・グラーセル (ピアノ)

PSC1177 ポール・デュカース (1865-1935) ピアノ作品全集
 ソナタ 変ホ長調 ラモーの主題による変奏曲、間奏曲と終曲 ハイドンの名による悲しい前奏曲
 牧神のはるかな嘆き (クロード・ドビュッシーの墓碑銘)
  トゥール・エスペン・アスポース (ピアノ)

◇ハルヴォシェンのヴァイオリンとピアノのための作品集 (2L16) のピアニスト、トゥール・エスペン・アスポース Tor Espen Aspaas (1971-) の国際ソロデビュー・ディスク。

PSC1178 「Les Vendredis (金曜日)」の音楽
アルツィブーシェフ セレナード
ニコライ・ソコロフ (1859-1922) ポルカ マズルカ
マクシミリアン・ドステン=ザッケン 子守歌
アナトーリ・リャードフ (1855-1914) マズルカ サラバンド
フェリクス・ブルーメンフェルト (1863-1931) サラバンド
ニコライ・リムスキー=コルサコフ (1844-1908) アレグロ
アレクサンドル・ボロディン (1833-1887) スケルツォ
アレクサンドル・コプィーロフ (1854-1911) ポルカ
アレクサンドル・グラズノフ (1865-1936) 5つのノヴェレッテ 作品15
  ヴェルターヴォ弦楽四重奏団

19世紀末期のサンクトペテルブルク、裕福な材木商ベリャーエフのサロンでは金曜日にコンサートが開かれ、ベリャーエフ・サークルと呼ばれるグループの作曲家たちが彼に献呈した弦楽四重奏のための曲が演奏されました。ラヴェル弦楽四重奏団による同じようなアルバムが以前リリースされ、帝政ロシアの雰囲気を楽しませてくれたとか。ノルウェーのアンサンブル、ヴェルターヴォ弦楽四重奏団による録音も期待できそうです。

PSC1179 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品全集 第1
 交響曲第1番 ハ長調 作品21 交響曲第2番 ニ長調 作品36 バレエ音楽《騎士のバレエ》WoO1
  スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

PSC1180 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品全集 第2集
 交響曲第4番 変ロ長調 作品60 交響曲第5番 ハ短調 作品67 序曲《コリオラン》 作品62
  スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

◇第1番、第2番 (PSC1179) につづく、ダウスゴー Thomas Dausgaard (1963-) とスウェーデン室内管弦楽団のベートーヴェン管弦楽作品集。交響曲はベーレンライター原典版を使用。引き締まっていながら、堅苦しさは感じられない。つぶれた音が“特色の”ドイツ=オーストリア系のオーケストラからはちょっと聴けない、抜けのいい響きが気持ちいい。ベートーヴェンの音楽がロマン派の呪縛から解放されたように聞こえるのは、ノンレガートの奏法とも関係がありそう。透明感のある録音も演奏をバックアップ。デンマーク生まれのダウスゴーは、2001年からデンマーク国立放送交響楽団の首席客演指揮者に就任することが決まった。

PSC1181 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品全集 第3
 ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15 ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19
 ロンド 変ロ長調 WoO6
  ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ) スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

PSC1182 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品全集 第4
 交響曲第7番 イ長調 作品92 劇音楽《エグモント》 作品94
  ヘンリエッテ・ボンデ=ハンセン (ソプラノ) スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

◇交響曲第1番・第2番 (PSC1179)、交響曲第4番・第5番 (PSC1180)、ピアノ協奏曲第1番・第2番 (PSC1181) につづく、Simax のベートーヴェン管弦楽作品全集の最新作。ダウスゴーとスウェーデン室内管弦楽団のコンビの演奏は、ベレゾフスキーがソロを弾いたピアノ協奏曲は Gramophone 誌で、「きわめて活気にみち、感覚が鋭い」 (ブライス・モリソン) と評された。交響曲はベーレンライター版による演奏。《エグモント》は、序曲、4つの間奏曲、獄中のエグモントの場面( メロドラマ)、エグモントの妻クララの歌、勝利の交響曲 (Siegesymphonie) など、劇付随音楽の全曲。クララの2つの歌を歌うヘンリエッテ・ボンデ=ハンセン Henriette Bonde-Hansen は、デンマーク語によるディーリアス歌曲集 (Danacord DACOCD536) を歌ったデンマークのソプラノ。

PSC1183 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品全集 第5
 ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37 三重協奏曲 ハ長調 作品56
  ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ) ウルバン・スヴェンソン (ヴァイオリン) マッツ・ロンディン (チェロ)
  スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

PSC1184 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) 管弦楽作品集 第6
 交響曲第6番 ヘ長調 作品68 《田園》 序曲《レオノーレ》第1番 作品138
 序曲《レオノーレ》第2番 作品72a 序曲《レオノーレ》第3番 作品72b
  スウェーデン室内管弦楽団 トマス・ダウスゴー (指揮)

PSC1185 カミラ・ウィックス、ノルウェー放送ライヴ
ビャーネ・ブルスタード (1895-1978) ヴァイオリン協奏曲第4(1963)
  カミラ・ウィックス (ヴァイオリン) オスロ・フィルハーモニック管弦楽団
  ヘルベルト・ブルムステット (ブロムシュテット) (指揮)
 [録音 ノルウェー放送協会 1968328(mono)]
ウィリアム・ウォルトン (1902-1983) ヴァイオリン協奏曲 (1938-39) 
  カミラ・ウィックス (ヴァイオリン) オスロ・フィルハーモニック管弦楽団 ユーリ・シモノフ (指揮)
 [録音 ノルウェー放送協会 1985926日]
 
PSC1186 クヌート・スクラム オペラアリア集
W・A・モーツァルト (1756-1791)
 オペラ《フィガロの結婚》K492 − Bravo, signor padrone!...Se vuol ballare (伯爵様が踊るなら)
  'Hai già vita a causa!...Vedró mentr'io sospiro
  Tutto è disposito...Aprite un po' quel' occhi (男たちよ目を開けろ)
ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901)
 オペラ《マクベス》− Perfidi! All'angelo contra me v'unite! ...Pietà, rispetto, amore
 オペラ《オテロ》− Vanne! La tua meta...Credo in un Dio crudel
 オペラ《仮面舞踏会》− Alzati! là tuo figlio...Eri tu che macchiavi
リヒァルト・ヴァーグナー (1813-1883)
 オペラ《タンホイザー》− 夕星の歌「死の予感のように…おおなんじ、優しい夕星よ」
 楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
 − ザックスのニワトコの花のモノローグ「にわとこの花のかぐわしさ」
  ザックスの迷いのモノローグ「迷いだ、迷いだ、どこも迷いだ」
  クヌート・スクラム (バリトン) ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団 シモーネ・ヤング (指揮)

PSC1187 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) アカペラ合唱曲集
 アヴェ・マリス・ステッラ (Ave Maris Stella) ドナ・ノビス・パーチェム (Dona Nobis Pacem)
 4つの詩篇 (4 Salmer fritt efter gamle norske Kirkemelodier) 作品74 (バリトン独唱と混声合唱のための)
  美しきかな神の子よ (何と美しい面立ちの神の子よ) (Hvad est du dog skjøn)
  神の子は安らぎを与え給えり (神の子はわれを解き放ちたまう) (Guds søn har gjordt mig fri)
  イエス・キリストはよみがえり給えり (イエス・キリストは蘇りたまう) (Jesus Christus er opfaren)
  天つみ国に (天国の父なる神のもとに行けたなら、どんなに幸せだろう) (I Himmelen)
 男声合唱のための6つの小品
  クリスチャニアの歌い手たちの挨拶 (Kristianienserenes Sangerhilsen)
  インガ・リタモール (Inga Litamor) 西からの風 (Jædervise)
  選挙の歌 (Valgsang) EG149 即興曲 (Impromptu)
 カンタータ《ハルフダン・シェルルフの記念碑で (Ved Halfdan Kjerlufs Mindestøtte)
 ホルベルグ (ホルベア) カンタータ (Holberg-kantate)
   ペール・ヴォレスタード (バリトン) シェル・マグヌス・サンヴェ (テノール)
   オスロ・フィルハーモニック合唱団 リ・スカポリ 男声合唱団 ステファン・ショルド (指揮)

PSC1188
リヒァルト・シュトラウス (1864-1949)
 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》作品28
イーゴリ・ストラヴィンスキー (1882-1971) バレエ《火の鳥》 (1910)
  オスロ・フィルハーモニック管弦楽団 マリス・ヤンソンス (指揮)
 [録音 1998820日-21日 (シュトラウス)、1022日-23日 オスロ・コンサートホール (ライヴ)]

PSC1189 アントワーヌ・ド・ロワイエ (1768-1852) 2本のギターのための作品集
 ギターのための6つの協奏的二重奏曲 作品35
 《6つのセレナード》から 第1番 ロ短調・第2番 ハ長調
  エーリク・ステーンスタヴォル (ギター) マッティン・ハウグ (ギター)

PSC1190 クヌート・ニューステット (1915-)
 キリストへの頌歌 (Kristnikvede) 作品144 (合唱と管弦楽のための)
 A song as in the night (聖なる祝宴の夜のように歌を) 作品149 (ソプラノ、バリトン、合唱と弦楽オーケストラのための) 
  ベルゲン大聖堂聖歌隊 ベルゲン大聖堂管弦楽団 マグナル・マンゲシュネス (指揮)

PSC1191 ウィリアム・バード (1543-1623) コンソートと歌曲
 乙女 (La Verginella) 4声のファンタジー ト短調 BE17/4
 主に向かってよろこべ (Rejoice unto the Lord)
 海の向こうの戦場で (In fields abroard) 美しきブリテン島 (Fair Britain Isle)
 われブラウンなれど (Though I be Brown)
 おお主よ、いかに空しき (O Lord how vain)
 4声のイン・ノミネ第1BE17/16 4声のイン・ノミネ第2BE17/17
 美しいスザンナ (Susanna fair) 奥様は子犬を飼っていた (My Mistress had a little dog)
 野原でアマリリスが踊れど (Though Amaryllis dance in green) 子守歌 (Lullaby)
 なんじら聖なるムーサたちよ (Ye Sacred Muses)
  ファンタズム
  イアン・パートリッジ (テノール) ジェラルディン・マッギーヴィー (ソプラノ)

PSC1192 JS・バッハ (1685-1750) ゴルトベルク変奏曲 BWV988
  シェティル・ハウグサン (ハープシコード)

◇ノルウェーのハープシコード奏者、シェティル・ハウグサン Ketil Haugsand は現在、ケルンの音楽大学のハープシコード科の教授。アムステルダム音楽院でグスタフ・レオンハルトに師事し、1975年には同音楽院の "Prix d'Excellence" を獲得。パリとブルージュの国際コンペティションでも賞を受けた。このディスクは、PSC1032 (イタリア協奏曲 、フランス序曲、ソナタ、アダージョ) と PSC1086 (6つのパルティータ) につづく、 Simax へのバッハ第3作。前2作は、Fanfare (USA) 誌や Gramophone (UK) 誌などから高く評価されました。演奏には、ミートヒェ Miedtche 製作と推測される二段鍵盤ハープシコードのコピー楽器が使われています。

PSC1193 クラウス・エッゲ (1906-1979) 室内楽作品集
 ヴァイオリンソナタ Op.3 (1932) 協奏的二重奏曲 (Duo concertante) Op.23 (1945-51) (ヴァイオリンとヴィオラのための)
 ピアノ三重奏曲 Op.14 (1940)
  アイナル・ヘンニング・スメビ (ピアノ) トール・ヨハン・ボーエン (ヴァイオリン) ベネディクト・ロワイエ (ヴィオラ)
  ヨハンネス・マッテンス (チェロ)

PSC1194 クリスチャン・シンディング (1856-1941) 歌曲集 第1
 「子供の不思議な角笛 (Des Knaben Wunderhorn)」から 作品15
  憐れみの聖母マリア (Maria Gnadenmutter) ローズマリー (Rosmarin)
  ふたりの姉妹が死んだ (Es starben zwei Schwestern)
  物乞いの女が歌う (Die Bettelfrau singt) 子守歌 (Wiegenlied) フーガ (Fuge)
 「アンタルとアブラのアラビアの話」から (Sange af den Arabiske fortælling Antar og Abla)
  戦いの讃歌 (Stridssang) 愛の歌 (Kjærlighetssang)
 歌曲集《狂人の歌 (Galemandssange)》作品22
  恋人を埋葬した (Jeg havde begravet min elskov) 探して、探して (Jeg går og leder)
  五月の夜 (Majnat) 荒れ野の秋 (Høst på heien) おおみそか (Nytårsnat)
 歌曲集《アネモネ (Symra)》作品28
  歌を歌ってくれ (Kom med visor) ついていたのは (Heppen var den) アネモネ (Symra)
  やってみたけれど (Eg hee freistat) 古き峰 (Dei gamle fjelli) 心 (Hugen) 欲望 (Saknad)
  愛の詩 (Elskhugs-kvæde) 人生 (Livet)
  誰もかれもを喜ばせることは (Til lags aat alle kam ingen gjera)
  たくさんの意見が耳に (Ein fær no høyra so mange griller)
  折れた枝がある (D'er brotne kvistar)
 歌曲集《アネモネ? (Symra II)》作品75 − 第3曲 春の日 (Vaardagen)
  第4曲 老ハムレット (Gamle Grendi) 第5曲 秋の歌 (Haustvisa)
 歌曲集《家路へ (Heimfahrt)》作品80 − 第4曲 インガ (Inga)
  第5曲 いま太陽がしずむ (No dalar Soli) 第7曲 夕べ (Kvælden)
 歌曲集《新しい愛にとらえられ (Der neubestellte Irrgarten der Liebe)》作品85
  夜に (An die Nacht) 緑の奇跡 (Das grünen Wunder) ライラック (Flieder)
  肌寒さ (Kälte) 一筋の日の光の歌 (Das Lied vom bißchen Sonnenschein)
 子守歌 (A Cradle Song) 作品126-1 別れ (Farval) 作品130-2
  ペール・ヴォレスタード (バリトン) シーグムン・イェルセット (ピアノ)

PSC1195 クリスチャン・シンディング (1856-1941) 歌曲集 第2
  ペール・ヴォレスタード (バリトン)  シーグムン・イェルセット (ピアノ)

PSC1197 2CD's ベーラ・バルトーク (1881-1945) 弦楽四重奏曲全集
 弦楽四重奏曲第1Sz40 (作品7) 弦楽四重奏曲第3Sz85 弦楽四重奏曲第5Sz102
 弦楽四重奏曲第2Sz67 (作品17) 弦楽四重奏曲第4Sz91 弦楽四重奏曲第6Sz114
  ヴェルターヴォ弦楽四重奏団

PSC1198 ヨハン・ハルヴォシェン (1864-1935) 劇場のための音楽 第1
 劇的組曲《グレ (Gurre)》 作品17 (1900) 劇音楽《アスケラッデン (Askeladden)》組曲
 劇音楽《ヴェニスの商人 (Kjøbmannen i Venedig)》組曲
  ラトヴィア国立交響楽団 テリエ・ミケルセン (指揮)

PSC1199 ヨハン・ハルヴォシェン (1864-1935) 劇場のための音楽 第2
 劇的組曲《国王 (Kongen)》作品19 (1903) 劇音楽《ヴァンサンタセナ (Vasantasena)》組曲
 劇的組曲《トルデンスキョル (Tordenskjold)》 作品18 (1902)
 祝祭行進曲 (Festmarsch)
  ラトヴィア国立交響楽団 テリエ・ミケルセン (指揮)

PSC1200 Second Tale (第2の話) − サクソフォーン四重奏のための現代ノルウェー作品集
ヘルゲ・ハウスゴール・スンデ (b.1965) The Thousand and Second Tale (1002番目の話) (1992)
ラッセ・トゥーレセン (b.1949) Narrative (物語) (1988)
ヨン・オイヴィン・ネス (b.1968) Phylloxera (fy) se vinlus (ネアブラムシ)
ヘンリク・ヘルステニウス (b.1963) Cinq Empreintes du Temps (時代の刻印) (1994)
  サクソフォン・コンセントゥス

PREVIOUS  NEXT


HOME

CD artwork © Simax/Grappa (Norway)