Tutl


ノルウェーとアイスランドの中間の北大西洋に位置する、デンマークの自治領フェロー諸島のレーベルです。Tutl (トゥトル) は、フェロー語で “ささやき”。レパートリーは、フォーク、ジャズ、ロック、ポップス、そしてクラシカル音楽。さまざまな分野にわたる、フェロー諸島の現代と伝統の音楽です。デンマーク生まれの作曲家クリスチャン・ブラクが主宰。クラシカル音楽とジャズの作曲家としてだけでなく、みずからフォーク・ミュージシャン、ジャズ・ミュージシャンとして活躍しています。

中世デンマークとフェロー諸島の伝統のバラッドをモチーフにしたジャズ、海岸の洞窟でライヴ演奏した不思議な響きの音楽には、独特の魅力が発見できるでしょう。フォークグループ “Enekk (エネク)” が伝統の音楽を現代の感覚で聴かせるフォークも、高く評価されています。フェロー諸島の自然を感じさせる音楽が、ユニークです。

(フォーク、ジャズ、ロックなどのディスクのファイルは、作成中です。Tutl のサイトでごらんになってください)

Official Website: http://www.tutl.com

Folk, Jazz, Rock & Pop music


Classical

FKT1 ブルー (Blátt) − 現代フェロー諸島とデンマークの合唱音楽
クヌート・オルセン (b.1949) フェローわが母 (Føroyar min móðir)
イェグヴァン・ヴォウスタイン (1879-1949) かごの中で (Í búri)
ヘンリク・ロング (1807-1872) 母の名 (Moders navn)
ソンライフ・ラスムセン (b.1961) ブルー (Blátt)
パウリ・ウイ・サンダジェーレ (b.1955) グレカリスのミサで (Á Grækarismessu)
ビャーニ・レストーフ (b.1955) ことば (Orðini)
ハンス・ヤコブ・ホイゴー (1904-1992) 海辺の夏の夕べ (Einki er sum summarkvøld)
 死よ、おまえの痛みはどこにある (Deyði! Hvar er nú broddur tín)
 糸紡ぎの娘 (Spunagentan)
賛美歌 (KS・クラウセン 編曲) わたしは主を讃えよう (Eg vil mínum harra prísa)
賛美歌 (KS・クラウセン 編曲) マリアの歌 (Mariuvísa)
賛美歌 (KS・クラウセン、J・ダール 編曲) 天国から今、お告げが響く (Tey boð nú ljóða himni frá)
C・E・F・ヴァイセ (1774-1842) 光の天使 (Lysets engel) 
 美しい大地の太陽が沈んだ (Den skønne jordens sol gik ned)
民謡バラード (KS・クラウセン 編曲) ノルウェーに強い男が住んでいた (Í Noreg búðu raskir menn)
  トウシュハウン室内合唱団 オウラヴル・ヨクラダル (指揮)
  ハウン合唱団 オウラヴル・ホーテュン (指揮)

FKT2 クリスチャン・ブラク (b.1947)
 バレエ音楽〈ハラ・パートルとエリンボー (Harra Pærtur og Elinborg)
  南ユラン交響楽団
  スヴェン・オークヴィスト・ヨハンセン (指揮)

FKT4 警告 (Ávaringar) − エアンスト・ダルスゲアのための作品集
ソンライフ・ラスムセン (b.1961)
 The Naked Destruction (むきだしの破壊) (1990)
  (フルート、クラリネット、ホルン、ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための)
 警告 I (Ávaringar I) (1986) (フルートとピアノのための)
クリスチャン・ブラク (b.1947)
 ハルプ・ルイマ (Harpu Ríma) (1988) (フルートとピアノのための)
 三重奏曲 (Trio) (1985) (フルート、クラリネットとバスーンのための)
 六重奏曲 (Sekstett) (1991) (フルート、クラリネット、ホルン、ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための)
 フルート協奏曲 (Floytukonsert) (1987)
  エアンスト・ダルスゲア (フルート) ポドゥル・ソウルスタイン (ホルン)
  アナ・エリサベト・クレット (クラリネット) ウォルター・ガフロン (ヴァイオリン)
  アン・ターナー (チェロ) ヨハネス・アンドレアセン (ピアノ) イェグヴァン・サカリアセン (バスーン)
  デンマーク放送コンサート管弦楽団 スヴェン・オークヴィスト・ヨハンセン (指揮)

FKT5 Images (映像) − クリスチャン・ブラク (b.1949) 作品集
 弦楽四重奏曲第2番 《Images (映像)》(1987)
 ボヘミアの女王 (Böhmarlands Dronning) (1991) (無伴奏ヴァイオリンのため)
 弦楽四重奏曲第1番 《動作 (Rørsla)》(1985)
 Ariettes (アリエット) (1991) (無伴奏チェロのため)
  Chanson d'Automne (秋のシャンソン) Green (グリーン)
  Ariette oubliée (忘れられたアリエット)
 Nadn (ナドン) (持参金) (1987) (ヴァイオリンとギターのため)
 エリンボー (Ellinborg) (1987) (弦楽四重奏のための)
  モイセス四重奏団 ヨーゼフ・サプカ (ギター)

FKT6 ボレアス (Boreas) − ボレアス木管五重奏団のための音楽
アトリ・ペータセン (b.1963) 木管五重奏曲 (Blásarakvintett) (1991)
ソンライフ・ラスムセン (b.1961)
 「ティーヴィルの娘たち」による幻想曲 (Fantasi yvir Tívils Døtur) (1990)
  (クラリネットとホルンのための)
 冬景色 (Vetrarmyndir) (1991) (木管五重奏とピアノのための)
クリスチャン・ブラク (b.1947)
 スヴァボ (Svabo) (1991) (ヴィオラ、クラリネット、ホルンとピアノのための)
 Dialogue (対話) (1993) (クラリネットとギターのための)
エズヴァート・ニホルム・デベス (b.1960) 霜降る夜の秋 (Heyst við Frostnátt) (1993) (木管五重奏のための)
ヘーイン・マイティル (b.1963) 木管五重奏曲第1番 (1993)
  ボレアス木管五重奏団
   ヨアキム・ダム・トムセン (オーボエ) ニコライ・フォン・ショルテン (フルート)
   アナ・エリサベト・クレット (クラリネット) シーネ・ハウグラン (バスーン)
   ニナ・フレゼリケ・イェペセン (ホルン)
  オーラ・レックム (ヴィオラ) オウラヴル・ヤコブセン (ギター) イェスパー・コック (ピアノ)

FKT7 祖国 (Landið) − フェロー諸島の作曲家の音楽
ソンライフ・ラスムセン (b.1961) 祖国 (Landið) (1993) (ソプラノと交響楽団のための)
 グラーヴェ (Grave) (1990) (無伴奏クラリネットのため)
パウリ・ウイ・サンダジェーレ (b.1955) 
 トウシュハウンのいつもの一日 (Gerandisdagur Havn) (1991) (ソプラノと弦楽合奏のための)  
  渚にて (Á sandi) 絶望の淵から (Úr neyðardýpi)
クリスチャン・ブラク (b.1947) クラリネット協奏曲 (Klarinettkonsert) (1990)
  ヨアナ・ヨハンセン (ソプラノ) アナ・エリサベト・クレット (クラリネット)
  スロヴァキア交響楽団 ペトル・ヴロンスキー (指揮)

FKT8 海の曙光 (Undirlýsi) − クリスチャン・ブラク (b.1947) 作品集
 弦楽四重奏曲第3番 《海の曙光 (Undirlýsi)》(1992)
  モイセス四重奏団
 妖精たちの家 (Álvarann) (1991) (無伴奏ヴァイオリンのための)
  エイズル・ハフステインスドウッティル (ヴァイオリン)
 ダブルベースとバロックオーケストラのための協奏曲 (1993)
  ビョン・マルムクヴィスト (ダブルベース)
  フィンランド=エストニア・バロック管弦楽団 ペッカ・ヘラスヴオ (指揮)

FKT9 無垢の風 (Skærur vindur) − 現代フェローの諸島の合唱音楽
ソンライフ・ラスムセン (b.1961)
 話してくれ、なぜ世界は美しいのだ (Sig mær, hví er foldin føgur)
 四月の夕べの歌 (Kvøldvísa um summarmála)
 歌う岩 (Syngjandi grót) マリゴールドと夜 (Sóljurnar og náttin) ブルー (Blátt)
 ダヴィデの詩篇1番「いかに幸いなことか」 (Fyrsti sálmur Dávids: Sælur er maður)
 春 (Vár) 無垢の風 (Skærur vindur)
  ノウアトウン・ヴォーカルアンサンブル ヨハネス・ラーエ (指揮)
  オドヴェル・ヨハンセン (オルガン)  エアンスト・ダルスゲア (フルート)
  マーティン・モウリセン (クラリネット)
 火と時の過去への流れ (Tid, ild, baglæns)
  アルス・ノーヴァ ボー・ホルテン (指揮)

FKT10 クリスマスの賛美歌
AP・ベアグレン、サミュエル・S・ウェズリー、リンネマン、HJ・ホイゴー、C・バレ、ケルン、クヌート・オルセン、
クルーグ、ヘンリク・ロング、カール・ニルセン、JS・バッハ、J・レグナール、F・グルーバーの作品
  エアンスト・ソンダン・ダルスゲア (テノール) ヘリ・アイストルルイ (オルガン)
  オウラヴル・ヤコブセン (ギター) エッスア・ベク (ヴァイオリン) アウナー・エレビュ (トランペット)

FKT11 春への憧れ (Várlongsil) − トウシュハウン室内合唱団の音楽
クヌート・オルセン (b.1949) 春への憧れ (Várlongsil) 今あたり一面に春が (Nú strýkur vár)
賛美歌 (KS・クラウセン 編曲) わたしは主を讃えよう (Eg vil mínum Harra prísa)
賛美歌 (ニルス・ミジョーア 編曲) 今、主を讃えよ (Lover nu Herren)
賛美歌 (アストリ・ルイン/ヘリ・アイストルルイ 編曲) 黄金色の太陽のように (Sum den gyldne sol)
イェンス・グテセン わたしの神と主 (Mín Gud og Harri)
オウラヴル・ヨクラダル 鹿が水を求めるように (Sum hjørtur hyggur) 取り囲まれて (Innibyrgdur)
ジュゼッペ・ヴェルディ (1813-1901) 主の祈り (Pater Noster)
ソンライフ・ラスムセン (b.1961) マリゴールドと夜 (Sóljurnar og náttin)
 四月の夕べの歌 (Kvøldvísa um summarmála)
ヴァウン・ホルムボー (1909-1996) かにの甲羅 (Krabbaskelin)
ビャーニ・レストーフ (b.1955) 雨 (Regn) ことば (Orðini) 
民謡バラード (H・J・ホイゴー 編曲) ノルウェーに強い男が住んでいた (Í Noreg búðu raskir menn)
  トウシュハウン室内合唱団 オウラヴル・ヨクラダル (指揮)

FKT12 海草の兄弟 (Tongla beiggi) − パウリ・ウイ・サンダジェーレ合唱作品集
パウリ・ウイ・サンダジェーレ (b.1955)
 聖グラカリウスのミサで (Á Grækarismessu) 夕べ (Kvøld) トウシュハウンの秋の夕べ (Heystkvøld í Havn)
 思い出をあつめて (Goymi eg minni) 霧の夜 (Mjørkanáttin) 夢 (Dreymur) 秋の夜 (Heysnátt)
 明るい夢のかすみ (Hitt lætta dreymatám) 渚にて (Gekk eg mær á Sandi)
 切り立った崖の下の愛 (Ást undir homrum) 子供 (Barn) 子守歌 (Svøvnvísa)
 いま一日が終わり、夜になる (Nú aftnar dagur) 飛べ、ムナグロよ (Flýgur tú lógv)
 春にむかって (Móti vári) 鍛冶屋のレーイン (Regin smiður)
  カルミナ・マリティマ エドヴァルド・ニュホルム・デベス (指揮) パウリ・ウイ・サンダジェーレ (指揮、ピアノ)
  ノーミ・アンドレセン (ソプラノ) イェンス・クリスチャン・グテセン (チェロ) ベアヒル・ポウルセン (ソプラノ)
  児童合唱団 カンタービレ アンドレア・ハインドリクスドウッティル (フルート) レネ・イェンセン (マリンバ)
  ヨハネス・アンドレアセン (ピアノ)

FKT13 ハープと管弦楽のための4つの協奏曲
ラース・グラウゴー (1957-)
 The Hand, Unveiled (手、正体をあらわした) (1986-87 rev.1996)
 Ophelia in the Garden (庭園のオフィーリア) (1989) (ハープと弦楽合奏のための)
  ソフィア・アスンシオン・クラロ (ハープ)
  ケレータロ・フィルハーモニック管弦楽団 セルヒオ・カルデナス (指揮)
  [Classico CLASSCD187/188]
クリスチャン・ブラク (1947-) 竪琴 (Harpan) (ハープ協奏曲)
ヤン・メゴー (1926-) Jeu Mosaïque (モザイク遊戯) (ハープ協奏曲) (1995)
  ソフィア・アスンシオン・クラロ (ハープ)
  ヘルシンキ音楽院室内管弦楽団 ペッカ・ヘラスヴオ (指揮)

FKT14 クロード・ドビュッシー (1862-1918)
 前奏曲集 第1集 (1909-10)
 前奏曲集 第2集 (1912)
  アリス・テストロプ (ピアノ)

FKT15 クロッカス (Krokus) − フグラフョールル少女合唱団、ライヴ
イェグヴァン・オ・ラテュニ (b.1952) 温泉 (Varmakelda) 月明かりの中で (Í mánalýsl)
 微笑が見えた (Sá eg bros)
エイオン・オ・ラテュニ (b.1959)
 おまえ、短いわらよ/春の光/クロッカス (Tú litla strá/Várljós/Krokus)
 さあ、たくさんのろうそくに火がともった (Tað brenna 1000 ljós)
ヘンリー・パーセル (c.1659-1695)
 羊飼いよ、羊飼いよ、罠から離れなさい (Shepherd, Shepherd leave Decoying)
マックス・ブルッフ (1838-1920) 森 (Der Wald)
シグフース・エイナルソン (1877-1939) さわやかな夕べ (Kvølds i bliða bleinum)
アーサー・ハーツォグ 神よ子供に恵みを (God bless the Child)
黒人霊歌 (ヨン・ホイビ 編曲) 彼は走らねばならなかった (He had to run)
クリスチャン・アルヴェズ 朝の調べ (Morgunlag)
GB・マルティーニ (1706-1784) イェズ・レックス (王イエス) (Jesu Rex)  
ヨン・ホイビ (b.1939) 復活祭だ (Det er påsk) サウルとダヴィデ (Saul och David)  
JS・バッハ (1685-1750) (ヨン・ホイビ 編曲) グローリア (Gloria)
フリッツ・ヨハネセン (b.1944) 夜露 (Náttardøgg) 子守歌 (Vøgguljóð)
パウル・ヘルムート (1879-1919) 静けさ (Kvirra)
  フグラフョールル少女合唱団 フリッツ・ヨハネセン (指揮) エイオン・オ・ラテュニ (ピアノ)
  イェグヴァン・オ・ラテュニ (ピアノ) ゴトフレズ・ヨンセン (ピアノ、ベース)
  ヘーイン・カムスダール (オルガン) ケネス・マクラウド (トランペット)
  [録音 1996年8月4日 フグラフョールル教会、1986年7月 ラウングホルト教会 (レイキャヴィーク)]

◇フグラフョールル少女合唱団 Fuglafjarðar Gentukór は、フェロー諸島の村フグラフョールルの教会の合唱団。フェロー諸島の合唱指揮者で作曲家のフリツ・ヨハネセン Frits Johannesen が指揮者を務める。このディスクは、1996年の教会コンサートと、1986年のアイスランド・ツアーの際のラウングホルト教会でのコンサートの録音を収録したもの。フェロー諸島のイェグヴァン・オ・ラテュニ Jógvan á Lakjuni とエイオン・オ・ラテュニ Eyðun á Lakjuni らのポップな雰囲気の曲、クラシカルの作品、アメリカの歌など、多彩なプログラムを、デンマークの作曲家ヘルムート Paul Emil Friederich Helmuth の〈静けさ (Kvirra)〉の優しい旋律が締めくくる。アイスランドの作曲家シグフース・エイナルソン Sigfús Einarsson の〈さわやかな夕べ (Kvølds i bliða bleinum)〉と、デンマークのギタリスト、作曲家のクリスチャン・アルヴェズ Christian Alvad の〈朝の調べ (Morgunlag)〉も美しい。アーサー・ハーツォグの曲は、ジャズシンガーのビリー・ホリデーが歌詞を書いたゴスペル調の歌。ヨン・ホイビ John Høybye は、デンマークの合唱指揮者で作曲家。(2曲とも)スウィング感のある音楽が楽しい。フェロー諸島国内向けのアルバムのため、歌詞と英語による解説はつけられていない

FKT16 破壊 (Brotið) − ルーニ・ブラッタベアグ、歌曲を歌う
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 岸辺のもみの木の下で (Under strandens granar) 作品13-1
 若い狩人 (Jägargossen) 作品13-7 死よ、近づくな (Kom nu hit död) 作品60-1
 迷い (Vilse) 作品17-4
フランツ・シューベルト (1797-1828) 船乗り D536 夜の曲 D672 魔王 D328
 御者クローノスに D369
モデスト・ムソルグスキー (1839-1881) 神学生 (1866) 牡山羊 (1867) 古典学者 (1867)
 蚤の歌 (1879)
レーイン・ダール (b.1918) (S・ラスムセン 編曲)
 君にはダイアモンドと真珠がある (Tú hevur tær dýrastu perlur) 流浪者 (Útlegd)
ソンライフ・ラスムセン (b.1961) まばたきした丘 (Fjallið í blunkaði) 言葉の正体 (Orðasamleiki)
 破壊 (Brotið, ið fór við einseminum) 
  ルーニ・ブラッタベアグ (バス) ハンス=オット・エールストレム (ピアノ)

FKT17 ダン・マーモースタイン (b.1954) 夜が明けるわずか前に (Just before the dawn)
 夜が明けるわずか前に (Just before the dawn) (1994) (ピアノとサンプルのための)
 前戯 (Foreplay) (1998) (ギター四重奏のための)
  ダン・マーモンスタイン (ピアノ) コロナ・ギター四重奏団

◇ダン・マーモースタイン Dan Marmorstein は、アメリカ生まれのジャズミュージシャン。マル・ウォルドロンとセシル・テイラーにピアノと作曲を学んだ。現在は、コペンハーゲンを本拠にさまざまな活動を行っている。シリアス・ミュージックの分野の作曲もてがける。〈夜が明けるわずか前に (Just before the Dawn)〉は、ある五月の朝、“夜が明けるわずか前” に録音された鳥の声と即興によるピアノ演奏を重ねた、3分2秒の音の彫刻。〈前戯 (Foreplay) 〉は、コペンハーゲンを中心に活躍するコロナ・ギター四重奏団の委嘱により作曲された。タイトルは3つの意味に解釈される。(「遊んで(プレイ)いるときが一番人間的」という意味と重ねて) 4人の奏者が一緒にプレイ(演奏)すること、あとに何かを予感させる前奏曲、(もっとも親しまれている)官能的な意味。全曲のもとになる定旋律 (cantus firmus) は、1997年にギリシャのコローニで作曲された。コロナ・ギター四重奏団のメンバーの注釈によると、この “コスモポリタン” な曲は、シェーンベルクとロック・グループのグレートフル・デットという異なった音楽のパラフレーズとのこと。穏やかな情緒的盛り上がりをもった、いわば幻想曲とでも呼びたい音楽 (22分27秒)。

FKT18 Roto mooseMatrix
  イェンス・ホアスヴィング (エレクトロニクス) アナ・クレット (バスクラリネット)

◇バスクラリネットとエレクトロニクスのための環境音楽 (ambient music)

NEXT


HOME

Artwork © Tutl (Faroe Islands)