VNP (Vest-Norsk Plateselskap)


西ノルウェー、クレッペストーのレコードレーベルです。

作成中


VNP0090-0017 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 4手のピアノのための作品集
 ノルウェー舞曲 (Norske danser) 作品35 ワルツ=カプリース (Valse-kapriser) 作品37
 交響的舞曲 (Symfoniske danser) 作品64
  ヤン・ホーヴデン (ピアノ) アイナル・ロッティゲン (ピアノ)

VNP0088-0018 セレナータ − トスティ、ベッリーニ、モーツァルト、シューマン、グリーグの歌曲
  エリーサベト・ノルベルグ=シュルス (ソプラノ) アウドゥン・カイセル (ピアノ)

VNP0090-0019 スヴェッレ・ベルグ (1915-1980) 弦楽四重奏曲第1(1958) 弦楽五重奏曲 (1969)
  ノルウェー弦楽四重奏団 マレク・コンスタンティノヴィス (ヴィオラ)

VNP0091-0021 フルーデ・トゥーシェンのリコーダー
GF・ヘンデル (1685-1759) ソナタ ロ短調
ジャック・オットテール (1674-1762) 前奏曲
フランソワ・クープラン (1668-1733) クラヴサン小曲集 から
ピエトロ・ロカテッリ (1695-1764) ソナタ ト長調
ヤーコプ・ファン・アイク (c.1590-1657) 前奏曲
オラヴ・アントン・トメセン (1946-)
 The Block-bird (1981) (アルトリコーダー、またはテナーリコーダーのための)
フルーデ・トゥーシェン (1958-) I, II, III, IV
  フルーデ・トゥーシェン (リコーダー) エリック・ミルンズ (ハープシコード)
  ハンス・クヌート・スヴェーエン (ハープシコード) リカルド・オドリオソーラ (バロックヴァイオリン)
  エギル・ハウグラン (ギター)

VNP0091-0022 ノルウェー・ユース室内管弦楽団
WA・モーツァルト (1756-1791) セレナード ト長調 K525 《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》
GP・テレマン (1681-1767) ヴィオラ協奏曲 ト長調
パウル・ヒンデミット (1895-1963) 葬送音楽
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) 弦楽セレナード ハ長調 作品48
  ラーシュ・アネシュ・トムテル (ヴィオラ、指揮) ノルウェー・ユース室内管弦楽団

VNP0091-0023 ライフ・ウーヴェ・アンスネス 16
フレデリク・ショパン (1810-1849) ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58
ベドジフ・スメタナ (1824-1884)
 演奏会用練習曲 嬰ト短調〈海辺で〉 B119 (作品17)
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827)
 ピアノソナタ第31番 変イ長調 作品110
  ライフ・ウーヴェ・アンスネス (ピアノ) [録音 1987年]

VNP0093-0024 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ピアノ作品集
 伝承によるノルウェー民謡のピアノ編曲 (Hiltil utrykte norske folkeviser sat for piano) 作品66
 ノルウェー民謡による変奏曲形式のバラード
  (Ballade i form av variasjoner over en norsk folketone) ト短調 作品24
  アウドゥン・カイセル (ピアノ)

VNP0093-0025 生誕150周年、エドヴァルド・グリーグへのオマージュ
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ピアノソナタ ホ短調 作品7
ベドジフ・スメタナ (1824-1884) チェコ舞曲 T112 − めんどり オート麦 熊
モーリス・ラヴェル (1875-1937) ソナティナ
ゲイル・トヴェイト (1908-1981) ハルダンゲルの100の民謡 から (6曲)
  グドムン・ネーセ (ピアノ)

VNP0083-0026 Sounds from an Old House
ヘンリー・エクルズ (?1675/85-?1735/45) チェロソナタ
アントニオ・ヴィヴァルディ (1678-1741) チェロソナタ
フランソワ・クープラン (1668-1733) コンセール曲集 から
フランソワ・フランクール (1698-1787) チェロソナタ
ジョヴァンニ・バッティスタ・サンマルティーニ (1700-1775) チェロソナタ 作品4
  ヤン・ホーヴデン (ピアノ) アイナル・ロッティンゲン (ピアノ)  

VNP0093-0027 グリーグ・メモリアルアルバム − エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ピアノ作品集
 抒情小曲集第3集 作品43 抒情小曲集第4集 作品47
 組曲〈ホルベルク (ホルベア) の時代から (Fra Holbergs Tid)〉作品40
  イェンス・ハーラル・ブラトリ (ピアノ)

VNP0096-0041 セーヴェルーへのオマージュ
ハーラル・セーヴェルー (1897-1997)
 弦楽四重奏曲第3番 作品55 (1976-78)
  ノルウェー弦楽四重奏団
 ピアノのためのやさしい小曲集 作品14 − ロンド・アモローゾ (Rondo Amoroso)
  風の竪琴の踊り (Vindharpeslåtten) 小さなスヴェインの行進曲 (Småsveingangar)
  農家に伝わるブローチ (Syljetonar) 羊飼いの歌 (Gjætle-vise)
 「シーリューステル」の歌と踊り 第1組曲 作品21 − ツリウキソウ (Kristi-Blodsdråper)
  夕べの歌と牛寄せの声 (Kvelling-sull og lokk) 子守歌 (Bå'nlåt)
 「シーリューステル」の歌と踊り 第2組曲 作品22 − ジギタリス (Revebjølle)
  最後の子守歌 (Den siste bå'nlåt) 水車の歌 (Kvernslått)
  抵抗のバラード (Kjempeviseslåtten) 蜘蛛の巣の糸の上で (På kingelvevstrenger)
 「シーリューステル」の歌と踊り 第3組曲 作品24 − 鉄槌を投げる神トール (Hammartorslåtten)
  羊飼いの少年の孤独な夜の歌 (Hjuringen 'pi Eismodal) 結婚行進曲 (Bruremarsj)
  熊に注意 (Bjønn'støkk-lokk)
 〈ペール・ギュント (Peer Gynt)〉組曲 作品28 − ベイグに抵抗する聖歌 (Salme mot Bøygen)
  悪魔の五段飛び (Faens femsteg)
  アウドゥン・カイセル (ピアノ) ヤン・ホーヴデン (ピアノ) ゲイル・ブートネン (ピアノ)
  アイナル・ロッティンゲン (ピアノ) グドムン・ネーセ (ピアノ)

VNP0098-0046 イェヴァ・ストルサイテの芸術
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36
ベドジフ・スメタナ (1824-1884) 6つの夢 T112
セザール・フランク (1822-1890) 前奏曲、コラールとフーガ (1884)
  イェヴァ・ストルサイテ (ピアノ)

VNP0099-0049 エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ピアノ小曲集
 〈ペール・ギュント (Peer Gynt)〉第1組曲 作品46 − 朝の気分 (Mogenstemning)
 ユモレスク (Humoresk) 作品6-4
 25のノルウェーの民謡と踊り (25 Nordiske folkeviser) 作品17
 
− スプリンガル (Sprindgans)
  スールファーゲルと蛇の王 (Solfager og ormekongen) ヨルステルの舞曲 (Jølstring)
  小さな娘を知っている (Eg veit ei lita jente) 農民の踊り (Stabbelåten)
 アルバムのページ (Albumblad) 作品28 − 嬰ハ短調
 気分 (Stemninger) 作品73 − ヴァルドレの民謡 (Folketone fra Valdres)
 抒情小曲集第3集 作品43 − 春に寄す (Til våren) 蝶々 (Sommerfugl)
 抒情小曲集第5集 作品54 − 羊飼いの少年 (Gjetergutt) 夜想曲 (Notturno)
 抒情小曲集第6集 作品57 − 過ぎ去った日々 (Svundne dage) 秘密 (Hemmelighet) 郷愁 (Hemve)
 抒情小曲集第7集 作品62 − 家路 (Hjemad)
 抒情小曲集第8集 作品65 − 農夫の歌 (Bondens sang)
 抒情小曲集第9集 作品68 − 子守歌 (Bådnlåt) あなたのそばで (For dine føtter)   
 伝承によるノルウェー民謡のピアノ編曲 (Hiltil utrykte norske folkeviser sat for piano) 作品66
  − こんな馬鹿なことはない (Det er den største dårlighed)
  オーラの谷で、オーラの湖で (I Ola-dalom, i Ola-tjønn)
  明日は君の婚礼の日 (Morgo ska du få gifte deg)
  考えごとをしながらさまよって (Jeg går i tusind tanker)
 スロッテル (ノルウェー農民舞曲) (Slåtter) 作品72 − オースのプリラール (Prillaren fra Os)
  クヌート・ルーローセンのハリング (Knut Luråsens halling) 第1番 丘陵地帯の民俗舞踊 (Haugelåt)
  アウドゥン・カイセル (ピアノ)

VNP0099-0051
レオシュ・ヤナーチェク (1854-1928) 草陰の小道を通って 第1
エリーク・サティー (1866-1925) 3つのグノシエンヌ 第1
  イジー・フリンカ (ピアノ)

VNP0099-0054 ノルウェー・ロマンス (歌曲) 集
ヴァルデマー・トラーネ (1790-1828) ノルウェーの山の歌 (Norsk Fjeldsang)
ハルフダン・シェルルフ (1815-1868) 道を知っていたのか (Vidste du vei) 作品3-5
 魅惑の調べ (Lokkende toner) 作品3-6 ヴェネヴィル (Venevil) 作品6-6
 イングリーのバラード (Ingrids vise) 作品6-4 海辺で (Ved sjøen) 作品14-4
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) ソールヴェイの子守歌 (Solveigs vuggevise) 作品23-26
 パウルセンの5つの詩 作品26
  希望 (Et håb) 心地いい夏の夕べにさまよい (Jeg rejste en deilig Sommerkvæld)
  希望にみちて (Den Ærgjerrige) 早咲きの桜草とともに (Med en Primula veris)
 
 森の小道で (På Skogstien)
クリスチャン・シンディング (1856-1941) 野原のケシ (Valmu i vange) 作品50-6
 娘はケシの原を歩いていく (Den jomfru gikk i valmuvang) 作品50-5 五月の夜 (Majnat) 作品22-3
 琥珀 (Rav) 作品19-2 
スヴェッレ・ユーダン (1889-1972) 歌っておくれ、わたしの弦よ (Syng mine strengjer) 作品41-3
 明るい日は過ぎて (Den lyse dag er omme)
 ごらん、娘は若者のほうへやってきた (Og se hun kom imot ham) 小川 (Bækken) 作品18-6
オーレ・オルセン (1850-1927) 日没の歌 (Solefaldssang)
アイヴィン・アルネス (1872-1932) (編曲) 寝過ごしてしまった (Jeg lagde mig saa sildig)
 アンネ・クヌーツドッテル (Anne Knutsdotter)
アルフレード・パウルセン (1849-1936)
 北ノルウェーの子供時代の思い出 (Barndomsminne fra Nordland)
  アン・クリスティン・ソルヴォーグ (ソプラノ) アウドゥン・カイセル (ピアノ)

VNP2000-0055 平和主義者 2000年 − ウォズニコフスキーと友人たち
フレデリーク・ショパン (1810-1849) 前奏曲 作品25-4 (ダブルベースとピアノのための)
 練習曲 ホ長調 作品10-3 《別れの曲》 (ダブルベースとピアノのための)
ジョヴァンニ・ボッテジーニ (1821-1889) 大二重奏曲 (クラリネット、ダブルベースとピアノのための)
 悲歌 ニ長調 (ダブルベースとピアノのための)
 「わが心、もはや虚ろになりて」 による主題と変奏 (パイジェッロのオペラ〈身分違いの恋〉から)
ラヨス・モンターグ (1906-) エクストレーム (Extrème) (極度) (ダブルベースとピアノのための)
アルカンジェロ・コレッリ (1653-1713) サラバンダ (ダブルベースとハープシコードのための)
エンリケ・グラナドス (1867-1916) 間奏曲 (〈ゴイェスカス〉から) (ダブルベースとギターのための)
ヨハン・マッティアス・シュペルガー (1750-1812)
 ロマンス 嬰ハ短調 (ダブルベースと弦楽四重奏のための)
ジョヴァンニーノ (17世紀) ヴァイオリンとハープシコードのためのソナタ
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ヴォカリーズ 作品34-12 (ダブルベースとピアノのための)
  アンジェイ・ウォズニコフスキー (ダブルベース) アウドゥン・カイセル (ピアノ)
  ラース・クリスチャン・ホルム・ブリニルセン (クラリネット) スタイン=エーリク・オルセン (ギター)
  ハンス・クヌート・スヴェーエン (ハープシコード) リカルド・オドリオソーラ (ヴァイオリン)
  グリーグ・アカデミー弦楽四重奏団

◇アンジェイ・ウォズニコフスキー Andrzej Woznikowski (b.1942) は、ポーランド生まれのダブルベース奏者。カトヴィチェのシマノフスキー音楽アカデミーでヴィクトル・ガジンスキ Wiktor Gadzinski に師事(1967年の卒業)。在学中の1964年からはビトムのシュレジェン・オペラに参加し、1966年にはシュレジェン・フィルハーモニック管弦楽団 (カトヴィチェ) の第2首席奏者に就任する。1972年から3年間、ヴェネズエラのマラカイボ交響楽団のソロイストを務めた後、シュレジェン・フィルハーモニックに復帰。1980年にベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団と契約。オーケストラで演奏するかたわら、ソロコンサートやオーケストラとの共演を行ったり、1997年からはベルゲン大学音楽学部グリーグ・アカデミーの教職にもある。しっかりとした技巧を持っているのは確かだとしても、テクニックを披露するよりは、じっくりと音楽を聴かせるタイプ。友人たち (グリーグ・アカデミーの同僚たち) と共演したこのディスクでも、多彩なプログラムを楽しく聴かせる。

VNP2001-0056 2CD's
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) スロッテル (ノルウェー農民舞曲) (Slåtter) 作品72
ゲイル・トヴェイト (1908-1981) ハルダンゲルの50の民謡 (Femti Folkatonar frao Hardanger) 作品150
  トルゲイル・シンネ・スールスヴィーク (ピアノ)

 ノルウェー、ハルダンゲル地方生まれのピアニスト、スールヴィーク Torgeir Kinne Solvik (1979-) による、グリーグとトヴェイトの民謡を素材にした作品集。スールヴィークは、最初ヘレナ・スールベルグ Helena Solberg にピアノを学び、その後ゲイル・ブートネン Geir Botnen に師事した。ベルゲンのグリーグ・アカデミーに入学。イエヴァ・ストルザイテ Ieva Struzaite のクラスに入るとともに、イルジ・フリンカ Jiri Hlinka の個人レッスンを受けた。ヤン・ホーヴデン Jan Hovden に師事したことをきっかけに、この録音が実現実現。民謡のもつリズム感を強調した演奏に荒削りの魅力が感じられておもしろい。20003月と8月、20013月、ヌールハイムスン教会での録音。ヤン・ホーヴデンがプロデュースを担当した。

VNP2002-0057 ハンサ四重奏団
シェティル・ヴォスレフ (1939-) クラリネット五重奏曲 (1982)
スヴェッレ・ベルグ (1915-1980)
 ノルドロークの主題によるエピグラム (Epigrammer etter et motiv av Nordraak) (1973)
  (弦楽四重奏曲第2番)
ケンネト・シヴェットセン (1961-) 石の庭 (Steingarten) (1991)
  ラース・クリスチャン・ブリニルセン (クラリネット)
  ハンサ四重奏団
   リカルド・オドリオソーラ (ヴァイオリン) アンネ=ヘルガ・マッティンセン (ヴァイオリン)
   ヘルガ・ステーン (ヴィオラ) ヴァルテル・ハイム (チェロ)
  [録音 20001211日−13日、2001421日 (ヴォスレフ) ストゥーレトヴェイト教会]
  [制作 リカルド・オドリオソーラ、ハンサ四重奏団、ラース・クリスチャン・ブリニルセン、ヤン・ホーヴデン]
  [録音 ヤン・ホーヴデン]

VNP2002-0058 フランツ・シューベルト (1797-1828)
 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D960 楽興の時 D780
  アウドゥン・カイセル (ピアノ) [録音 2002106日、7日] [制作 ダーグ・フルーゲ 録音 スタイナル・バケモ]

◇アウドゥン・カイセル Audun Kayser (1946-) はベルゲン生まれ。ウィーン音楽大学のピアノ科で学んだ他、パリでイヴォンヌ・ルフェビュール、チューリヒでゲーザ・アンダに師事した。現在はベルゲン大学グリーグ・アカデミーの助教授。代表的録音のひとつはグリーグのピアノ作品集 (VNP0099-0049)2002年修復の1878年製スタインウェイにより録音。

VNP2003-0060 クリスチャン・イーレ・ハドラン
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) ピアノソナタ第4番 ハ短調 作品29 《古い手帳から》
ニコライ・メトネル (1880-1950) ピアノソナタ ハ短調 作品25-1 《おとぎ話》
ヴォルフガング・プラッゲ (1960-)
 ベートーヴェンの〈バガテル 作品126〉の反映 (Reflections on Ludwig van Beethovens "Bagatelles op.126") 作品113
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907)
 抒情小曲集 (Lyriske stykker)3集 作品43
  蝶々 (Sommerfugl) 孤独なさすらい人 (Ensom vandrer) ふるさとで (I hjemmet)
  小鳥 (Småfugl) エロティック (Erotikk) 春に寄せて (Til våren)
  クリスチャン・イーレ・ハドラン (ピアノ) [録音 2003919日] [制作 イジー・フリンカ]

◇クリスチャン・イーレ・ハドラン Christian Ihle Hadland1983年、スタヴァンゲル生まれ。インゲボルグ・ソンゲ・メッレル Ingeborg Songe Møller とエルリング・ラグナル・エーリクセン Erling Ragnar Eriksen に学び、1999年からイジー・フリンカ Jiri Hlinka の弟子。1999年スタヴァンゲル国際室内楽フェスティヴァルに最年少のプレーヤーとして参加した。2003年にプラハで行われた国際ルドルフ・フィルクシュニー・コンペティションの優勝者。

VNP2004-0061 Reflections (内省) − エドヴァルド・ハーゲルプ・ブル (1922-) 室内楽作品集
 エピローグ (Epilogue) 作品26
 
《失われた世界の記憶へのオマージュ (Hommage à la mémoire d'un monde perdu)(1961)
  (弦楽オーケストラのための)
  室内管弦楽団 リカルド・オドリオソーラ (指揮)
 ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲第2番 作品44c (1973)
  リカルド・オドリオソーラ (ヴァイオリン) アイナル・ロッティンゲン (ピアノ)
 カッサシオン (Cassation) 作品22 (1959) (室内オーケストラのための)
  室内管弦楽団 リカルド・オドリオソーラ (指揮)
 ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲第1番 作品18a (1956)
  リカルド・オドリオソーラ (ヴァイオリン) アイナル・ロッティンゲン (ピアノ)
 ソナタ・コン・モート (Sonata con Moto) 作品51b (1982) (ピアノ三重奏のための)
  トルライフ・トルゲルセン (ピアノ) リカルド・オドリオソーラ (ヴァイオリン) オイスタイン・ソンスタード (チェロ)

VNP2004-0062 ロマンス (Romanser) − 北欧の歌
グスタフ・ヌードクヴィスト (1886-1949) リンダギュルの王冠 (Lindagulls krona) 昔むかし (Det var en gång)
 漕げよ、漕げ (Ro, ro...) 古い悲しみ (Gammal sorg) ダールブーの調べ (Dalbolatå 吹き寄せる雪 (Drivsnö)
 こころ (Hjärtat) クリスマス、輝くクリスマス (Jul, jul strålande jul) プサルテリウムと竪琴 (Psaltare och lyra)
 わたしの魂は沈黙して (Allenast i Gud söker min själ sin ro) それは神の庭に芽吹く (Det spirar i Guds örtagård)
 神よ、わたしを憐れんでください (Gud, var mig nådig) ひろく、ひろく (Vida, vida)
 山のむこうに何かが (Det er något bortom bergen) 今しばしの命を (Låt mig leva en liten tid) 公海で (Till Havs)
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 詩 (Poesien) 作品18-5
 HC・アンデルセンの詩による「心の歌」 ("Hjertets melodier" af H.C. Andersen) 作品5
  茶色のふたつの瞳 (To brune øjne) 海の永遠の動きをあなたは知らない (Du fatter ej bølgernes evige gang)
  君を愛す (Jeg elsker dig) 私の思いは高い峰のように (Min tanke er et mgtigt fjeld)
 ヘンリク・イプセンの6つの詩 (Sex digte af Henrik Ibsen) 作品25 − 詩集の一節 (Stambogsrim) (小句集)
  睡蓮に寄せて (Med en vandlilje) (睡蓮とともに)
  ロルフ・ニークマーク (バリトン) アウドゥン・カイセル (ピアノ)

◇グスタフ・ヌードクヴィスト Gustaf Nordqvist (1886-1949) はストックホルム生まれ。1914年からアードルフ・フレードリク教会のオルガニストを務め、1932年に王立音楽アカデミーの会員に選ばれた。200あまりの歌を書き、シベリウスの賞賛を受けた〈吹き寄せる雪〉 、クリスマス風景に欠かせない〈クリスマス、輝くクリスマス〉など、多くの作品がスウェーデン芸術歌曲のレパートリーを彩っている。ロルフ・ニークマルク Rolf Nykmark はノルウェーのバリトン歌手。ノルウェー国立音楽アカデミーを卒業し、ビルギット・ニルソン、セーナ・ユリナッチにも師事した。オペラ、オラトリオ、リサイタルのほか、テレビとラジオの出演も多い。

VNP2004-0063 JS・バッハ (1685-1750)
 無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007
 無伴奏チェロ組曲第2番 イ長調 BWV1008
 無伴奏チェロ組曲第6番 ト長調 BWV1012
  セバスチャン・ドルフレル (チェロ)

 

VNP2004-0065 JS・バッハ (1685-1750)
 無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV1009
 無伴奏チェロ組曲第4番 変ホ長調 BWV1010
 無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011
  セバスチャン・ドルフレル (チェロ)

 


HOME

Artwork © Vest-Norsk Plateselskap (Norway)