エイナル・エングルンド Einar Englund 主要作品リスト


エイナル・エングルンド Einar Englund (1916-1999)


ユモレスク (Humoresque) (1935) (ピアノのための)

ピアノ五重奏曲 (1941)

交響曲第1番 《戦争交響曲 (Sotasinfonia)(1946)

交響詩〈エピニキア (Epinikia) (勝利の賛歌)(1947)

交響曲第2番《クロウタドリ交響曲 (Mustarastassinfonia)(1947)

劇音楽〈万里の長城 (The Great Walls of China)(1949) (マックス・フリッチュ)
演奏会組曲〈万里の長城 (The Great Walls of China)〉(1949) (管弦楽のための)
 第1曲 序曲 (Ouvertura)  第2曲 中国庭園の仮面舞踏会 (Masquerade in a Chinese Garden)
 第3曲 審問 (Inquisition)  第4曲 ルンバ (Rumba)
 第5曲 グリーンテーブル・タンゴ (Vihreän pöydän tango)
 第6曲 ショスタコーヴィチ風の行進曲 (Marche à la Shostakovich)
 第7曲 ジャズ間奏曲 (Jazz-intermezzo)  第8曲 フィナーレ・ポロネーズ (Finale-Polonaise)

序奏とトッカータ (Introduzione e Toccata) (1950) (ピアノのための)

劇音楽〈桜の園〉 (1951) (アントン・チェーホフ)
 → 演奏会ワルツ〈ウラルワルツ (Valsuralia) (1951)

小バレエ〈シヌヘ (Sinuhe)(1953) (ピアノのための) (エルサ・シルヴェステション)
 (ミカ・ヴァルタリの小説「エジプト人シヌヘ」による)
小バレエ〈シヌヘ (Sinuhe)(1953 rev.1963) (管弦楽のための)
 → 4つの踊りの印象 (Neljä tanssi-impressiota) (1954) (管弦楽のための)

映画音楽〈白いトナカイ (Valkoinen peura)(1954) (エーリク・ブルムベリ)
演奏会組曲〈白いトナカイ (Valkoinen peura)(1954) (管弦楽のための)

チェロ協奏曲 (1954)

ピアノ協奏曲第1(1955)

小バレエ〈オデュッセウス (Odysseus)(1959) (管弦楽のための)
組曲〈オデュッセウス (Odysseus)(1959) (管弦楽のための)

ソナティナ第1番 ニ短調 (1966) (ピアノのための)

夜想曲 (Notrurno) (1967) (ピアノのための前奏曲)

シャコンヌ (Chaconne) (1969) (混声合唱、トロンボーンとダブルベースのため、またはアカペラ混声合唱)

序奏とカプリッチョ (Introduzione e capriccio) (1970) (ヴァイオリンとピアノのための)

交響曲第3番《バルバロッサ (Barbarossa)(1971)

パッサカリア (Passacaglia) (1971) (オルガンのための)

ピアノ協奏曲第2(1974)

墓の賛歌 (Hymnus Sepulcralis) (1975) (混声合唱のための)

交響曲第4番《郷愁 (Nostalginen)(1976) (弦楽と打楽器のための)

パノラマ (Panorama) (1976) (トロンボーンのための)

葬送行進曲 (Marcia Funerale) (1976) (オルガンのための)

殿方といっしょに牧場で (Med herrarna i hagen) (1977) (女声合唱のための民謡の編曲)

てぶくろ (Rukkaset) (1977) (女声合唱のための民謡の編曲)

交響曲第5番《フェニカ (Fennica) (フィンランド風)》(1977)

ピアノソナタ第1(1978)

ウプサラ・ディヴェルティメント (Divertimento Upsaliensis) (1978) (管楽五重奏、弦楽五重奏とピアノのための)

ヴァイオリンソナタ (1979)

Arioso interrotto (1979) (ヴァイオリンのための)

悲しいセレナード (Serenata elegiaco) (1979) (ヴァイオリンのための)

深き淵より (De profundis) (1980) (14の金管楽器のための)

見張り (Valvokaa) (1980) (混声合唱のための)

12のチェロのための協奏曲 (1980-81)

ヴァイオリン協奏曲 (1981)

チェロソナタ (1982)

ピアノ三重奏曲 (1982)

交通信号 (Merkkituli) (1983) (男声合唱のための)

弦楽のためのセレナード (Serenata) (1983)

パヴァーヌとトッカータ (Pavane e Toccata) (1983) (猫ビアンカの思い出に)

パヴァーヌ (Pavane) (1983) (ヴァイオリンとピアノのための)

ピアノソナティナ第2番 《パリジャン (Pariisilainen)(1984)

カンテレタル組曲 (Kanteletar-sarja) (1984) (女声合唱のための)
 第1曲 愛しい人を訪ねた (Kävin minä armasta katsomassa)
 第2曲 森よ、わが男たちの勇気を知れ (Mielly metsä miehi'ini)
 第3曲 裏切られたものの呪い (Petetyn kirous)  第4曲 男の子と女の子 (Poika ja tyttoö)

交響曲第6番《格言 (Aforismeja)(1984) (合唱と管弦楽のための)

弦楽四重奏曲 (1985)

フルート協奏曲 (Concerto per flauto traverso e orchestra) (1985)

前奏曲とフゲッタ (Preludium & Fughetta) (1986) (ピアノのための)

チェロ組曲〈最後の島 (Viimeinen saari)(1986)

ラハティ・ファンファーレ (Lahti-fanraari) (1986) (11の金管楽器のための)

式典音楽〈1917年〉 (Juhlasoitto "1917") (1986) (交響楽団のためのファンファーレ)

祝典序曲〈オデイオン (Odéion)(1987) (管弦楽のための)

間奏曲 (Intermezzo) (1987) (オーボエのための)

交響曲第7(1988)

Opening Brass (オープニング・ブラス) (1988) (15の金管楽器のための)

管楽五重奏曲 (1989)

アカデミア万歳 (Vivat academia) (1989) (金管オーケストラのためのファンファーレ)

シャコンヌ、シベリウスへのオマージュ (Ciacona - Hommage à Sibelius)(1990) (管弦楽のための)

クラリネット協奏曲 (1990-91)


めんどりたちが語ること (Mitä kanat kertovat) (ピアノのための)

小鬼 (Menninkäinen) (ピアノのための)

スケルツィーノ (Scherzino) (ピアノのための)


HOME