ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル Wilhelm Peterson-Berger 主要作品リスト


ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル Wilhelm Peterson-Berger (1867-1942)


良家の人たちの曲 (En herrskapstral) (1883) (ピアノのための)

ヴァルス・ブルレスク (Valse burlesque) (おどけたワルツ) (1886) (ピアノのための)

3つの歌 (Tre sånger) 作品3 (1887) (歌とピアノのための)
 第1曲 メーデーに寄せて (Til Majdag) (JP・ヤコブセン)
 第2曲 ある朝、馬に鞍をつけ (Jeg sadled min Hest en Morgenstund) (エルンスト・フォン・デル・レッケ)
 第3曲 イルメリンのばら (Irmelin Rose) (JP・ヤコブセン)

ヴァイオリンソナタ第1番 ホ短調 (1887)

夕べの気分 (Aftonstämning) (1888) (歌とピアノのための) (ダニエル・ファルストレム)

カンツォネッタ (Canzonetta) (1888) (ピアノのための)

フーガ (Fuga) (1889) (ピアノのための)

ギュンター・ヴァリングの詩による7つの歌〈愛の物語 (En kärlekssaga)〉 (1889-90 pub. 1896)
(声とピアノのための)

東洋風舞曲 (Orientalisk dans) (1890) (ピアノのための)
東洋風舞曲 (Orientalisk dans) (1890) (管弦楽のための)

交響曲第1番 変ロ長調 《旗 (Baneret)(1889-90, 1903 rev.1932-33)

慰めになるだろうか (Kan det tröste) (1891) (混声合唱のための) (クリスチャン・ヴィンター)

日没の歌 (Solefallssang) (1891) (混声合唱のための) (ヌールダール・ロルフセン)

アーネの5つの詩 (Fem dikter ur Arne) (1891) (混声合唱のための)
 第1曲 アーネの歌 (Arnes sång)  第2曲 母の歌 (Moderns sång)
 第3曲 ヴェネヴィル (Venevil)  第4曲 インゲリッド・スレッテン (Ingerid Sletten) (1893)
 第5曲 木 (Trädet)

混声合唱のための歌 (Sånger för blandad kör) (1890-94)
 第1曲 水の精 (Näcken) (1894)  第2曲 金色の鳥 (Guldfågel) (1890)
 第3曲 春の歌 I 「かぐわしい春よ、ふたたび微笑んでくれ」 (Vårsång I "Du fagra vår som åter ler) (1891)
 第4曲 春の歌 II 「だんだん明るくなってくる」 (Vårsång II "Det ljusnar, det ljusnar") (1892)
 第5曲 六月の夜
(Juninatt) (1891)
 第6曲 東の国に光が (Det står ett ljus i Österland) (1892)
 → 六月の夜 (Juninatt) (1891) (男声合唱のための)

春の歌 III 「ヴァルプルギスの夜に春が来た」 (Vårsång III "Våren kom en Valborgsnatte") (1894)
(混声合唱のための)

気分「舟はゆっくり揺れ」 (Stämning "Båten gungar sakta, sakta") (混声合唱のための)
(シーグリド・エルムブラード)

森の憩い (神秘のコーラス) (Hvile i Skoven (Chorus mysticus)) (1894) (混声合唱のための)
(ヨン・ヴェルハーヴェン)

そして騎士は東方の国へ行った (Och riddaren drog uti Österland) (1892) (声とピアノのための)
(アウグスト・ストリンドベリ)

ヴァルツェリーノ (小ワルツ) (Valzerino) (1892) (ピアノのための)

民謡風の4つの歌 (Fyra visor i folkton) 作品5 (1892) (声とピアノのための) (ヴェンデラ・ヘッベ)
民謡風の4つの歌 (Fyra visor i folkton) 作品5 (1892) (声と管弦楽のための) (ヴェンデラ・ヘッベ)
(イーヴァル・ヘルマン (1939) 編曲)
 第1曲 暗い森をひとり歩くと (När jag för mig själv i mörka skogen går)
 第2曲 君の名を書いた (Ditt namn jag hade skrivit)
 第3曲 空にある星のように (Som stjärnorna på himmelen)
 第4曲 森の高い松の間に (Bland skogens höga furustammar)
 → 暗い森をひとり歩くと (När jag för mig själv i mörka skogen går) 作品5-1 (声と管弦楽のための)
 → 空にある星のように (Som stjärnorna på himmelen) 作品5-3 (混声合唱のための)
 → 森の高い松の間に (Bland skogens höga furustammar) 作品5-4 (声と管弦楽のための)

演奏会序曲〈ストックホルムの五月カーニバル (Majkarneval i Stockholm)(1892-93) (管弦楽のための)

イェムトランドの思い出 (Jämtlandsminnen) 作品4 (1893) (声とピアノのための)
(W・ペッテション=ベリエル)
 第1曲 山歩き (Fjällvandring)  第2曲 徒歩の歌 (Locklåt)

山の小旅行 (En Fjällfärd) 作品6 (1893) (男声合唱のための)
 第1曲 プロローグ (Prolog)  第2曲 さすらいの歌 (Vandringssång)
 第3曲 陽のあたる山で (På fjällt i sol)  第4曲 嵐の山で (På fjällt i regn)
 第5曲 ユモレスク (Humoresk)  第6曲 セレナード (Serenad)
 第7曲 別れ (Afsked)  第8曲 エピローグ (Epilog)

ヴァイキングの掟 (Vikingabalk) (ピアノのための)

結婚行進曲 (Bröllopsmarsch) (1894) (ピアノのための)

花嫁の行進 (Brudmarsch) (1895) (ピアノのための)

2つの東洋の歌 (To orientaliske sange) 作品8 (1895) (声とピアノのための) (ホルガー・ドラクマン)
 第1曲 オスマンの歌 (Osmans sang)  第2曲 クト=アルクルブ (Kut-Alkulub)

2つの歌 (Två sånger) 作品9 (声とピアノのための)
 第1曲 郷愁 (Hemlängtan)  第2曲 セレナード (Serenata) (ヘレナ・ニューブルム)

混声合唱のための10の歌 (Tio sånger för blandad kör) (1889-1895 pub.1926)
 第1曲 青春の夢 (Ungdomsdröm)  第2曲 夏の思い出 (Sommarminnen)
 第3曲 夏が来た (Sommaren kommer)  第4曲 フィヨルドの夕べ (Aften ved Fjorden)
 第5曲 誘惑の旋律 (Lokkende toner)  第6曲 僕の野望 (Min hu)
 第7曲 王女 (Prinsessen)  第8曲 オラヴ閣下 (Herr Olav)
 第9曲 魔法のルーン文字 (Trollruna) 第10曲 花嫁衣装 (Bröllopsskruden)

3つの歌 (Tre Sånger) 作品10 (1895) (エルンスト・フォン・デル・レッケ)
 第1曲 菩提樹の陰の乙女 (Jungfrun under lind)  第2曲 夏の夜露 (Sommarnattsdagg)
 第3曲 ばら娘 (Jungfrurosen)

ご婦人方のアルバム − 7つの献呈曲 (Damernas album: Sju dedikationer) (1895) (ピアノのための)
 第1曲 ファニー・クラウス嬢に (An Fräulein Fanny Clauss)
 第2曲 アンナ・ティレーン夫人、旧姓エングルンドに (Till Fru Anna Tirén, född Englund)
 第3曲 アンナ・オルテンブラード夫人、旧姓ヘルストレムに (Till Fru Anna Årtenblad, född Hellström)
 第4曲 ヒゥルダ・ティレーン夫人、旧姓エングルンドに (Till Fru Hulda Tirén, född Englund)
 第5曲 シッリ・ダンクヴァルト=リリエストレム嬢に (Till Fröken Cilly Danckwardt-Lillieström)
 第6曲 エレン・ヘルストレム嬢に (Till Fröken Ellen Hellström)
 第7曲 わが妹イェルダに (Till min syster Gerda)

4部の男声合唱のための歌 (Fyrstämmiga sånger) (1895-96)
 第1曲 バルデルは倒された (Balder är fallen)  第2曲 野ばら (Vildrosor)
 第3曲 あこがれに苦悩する魂はすべて (Varje själ som längtan bränner)
 第4曲 賛歌 (Hymn)  第5曲 約束を覚えているか (Och minns du vad du lovade)
 → 賛歌 (Hymn) (混声合唱のための)

マーリトの歌 (Marits visor) 作品12 (1896) (声とピアノのための) (ビョルンスチェーネ・ビョルンソン)
マーリトの歌 (Marits visor) 作品12 (1896) (声と管弦楽のための) (ビョルンスチェーネ・ビョルンソン)
(スヴェン・ショルド 編曲)
 第1曲 山羊よ、少年のところへ (Kom bukken til gutten)
 第2曲 夕暮れどきの太陽は優しく (Solen skinner vakkert om kvælden)
 第3曲 君が愛してくれるなら (Holder du av mig)

組曲 作品15 (1896) (ヴァイオリンとピアノのための)
 第1曲 献呈 (Tillegnan)  第2曲 セレナード (Serenata)
 第3曲 まどろみの歌 (Slummersång)  第4曲 たいまつの踊り (Fackeldans)

フローセの花 第1巻 − ピアノのための8つのメロディ
(Frösöblomster Häfte 1: 8 Melodier för piano) 作品16 (1896)
 第1曲 帰還 (Rentrée)  第2曲 夏の歌 (Sommarsång)  第3曲 ローンテニス (Lawn tennis)
 第4曲 ばらに寄せて (Till rosorna)  第5曲 お祝い (Gratulation)
 第6曲 フローセの教会で (Vid Frösö kyrka) 第7曲 たそがれに (I skymningen)
 第8曲 あいさつ (Hälsning)
〈フローセの花〉 組曲 第1(Frösöblomster, Svit för orkester nr.1) (1896 rev.1934) (管弦楽のための)
 第1曲 夏の歌 (Sommarsång)  第2曲 フローセの教会で (Vid Frösö kyrka)
 第3曲 ばらに寄せて (Till rosorna)  第4曲 お祝い (Gratulation)  第5曲 あいさつ (Hälsning)

スウェーデン抒情詩 (Svensk lyrik) 作品17 (1896) (声とピアノのための) (スウェーデン抒情詩 I:1)
 第1曲 花嫁に (Till bruden) (ヴェルネル・フォン・ヘイデンスタム)
 第2曲 五月 (Maj) (オスカル・レヴェルティン)
 第3曲 ティタニア (Titania) (グスタフ・フローディング)

フロレスとブランセフロール (Florez och Blazeflor) 作品18-1 (1896) (声とピアノのための)
(オスカル・レヴェルティン) (スウェーデン抒情詩 I:2)
フロレスとブランセフロール (Florez och Blazeflor) 作品18-1 (1896 rev.1898) (声と管弦楽のための)
(オスカル・レヴェルティン) (スウェーデン抒情詩 I:2)

秋の歌 (Höstsång) 作品18-2 (1896) (バリトンとピアノのための) (ヴェルネル・フォン・ヘイデンスタム)
(スウェーデン抒情詩 I:3)
秋の歌 (Höstsång) 作品18-2 (1896) (バリトンと管弦楽のための) (ヴェルネル・フォン・ヘイデンスタム)
(スウェーデン抒情詩 I:3)

若いゼピュロスのように (Liksom den unga Zephyr) (声とピアノのための) (ギュンテル・ヴァリング)

ミルテとジャスミンの花の間を (Ibland myrten och jasminer) (声とピアノのための) (ギュンテル・ヴァリング)

ピアノのための6つの旋律 (Sex låtar för klaver) (1897)
 第1曲 ナナカマドの花が咲くとき (När rönnen blommar)  第2曲 徒歩の歌 (Gångtrall)
 第3曲 西の山地で (Vest i fjellom)  第4曲 スペルマン (Spelman)
 第5曲 神秘のコーラス (Chorus mysticus)  第6曲 二次会 (Nachspiel)

2声のインヴェンション (Invention à 2 voci) (1897) (ピアノのための)

流れゆく雲 (Glidande skyar) (1897) (ピアノのための)

星の少年たち (Stjärngossarne) (1897) (ピアノのための)

混声合唱のための8つの歌 (8 sånger för blandad kör) 作品11
 第1曲 気分 (九月) (Stemning) (1891)  第2曲 松林で (I fyrreskoven/I furuskogen) (1893)
 第3曲 海辺で (Ved havet) (1894)  第4曲 山の小道で (På fjeldesti) (1890)
 第5曲 小さな花 (Vesleblomme) (1892)  第6曲 小さな雄山羊 (Killebukken) (1892)
 第7曲 誘惑ごっこ (Lokkelge) (1894)  第8曲 フィドルは踊りをさそう (Dans! ropte Felen) (1894)

カンタータ〈スウェーデンのガルドラル (Sveagaldrar)(1897) (独唱、合唱と管弦楽のための)

音画 (Tonmålningar) (ピアノのための)
 第1曲 森の中で (Skogsinteriör)  第2曲 鐘が鳴る (Klockringning)  第3曲 海景色 (Marin)

河が娘に (Älven till flickan) (1898) (声とピアノのための) (ヴィクトル・リュードベリ) (スウェーデン抒情詩 I:4)
河が娘に (Älven till flickan) (1898) (声と管弦楽のための) (ヴィクトル・リュードベリ) (スウェーデン抒情詩 I:4)

森の精 (Skogsrået) (1898) (声とピアノのための) (ヴィクトル・リュードベリ)

オペラ〈ラン (Ran)(1899-1900)
 踊りのゲーム (Danslek)

ノルランド・ラプソディ (Norrländsk rapsodi) (1900) (ピアノのための)

フローセの花 第2巻 − 抒情アルバム (Frösöblomster Häftte 2: Lyrisches Album) (1900)
 第1曲 太陽にあいさつを (Solhelsning/Sonnengruss)  第2曲 イェムトランド (Jämtland)
 第3曲 はるか森の中に (Långt bort i skogarna/Fern in den Wälden)
 第4曲 聖ラウレンティウスの祭で (Vid Larsmess'/Zur Larsmess, Anfang des Herbstes)
 第5曲 岸にむかう波 (Vågor mot stranden/Wellen am Ufer)  第6曲 思い出 (Minnen/Erinnerungen)

ニーチェの詩 第1(Dikter av Nietsche Häfte 1) (1901) (歌とピアノのための)
 第1曲 わたしのばら (Mein Rosen)  第2曲 ヴェネツィア (Venedig)
 第3曲 この人を見よ (Ecce Homo)  第4曲 ツァラトゥストラの歓喜の歌 (Zarathustras Rundgesang)

ニーチェの詩 第2巻 − ディオニュソス讃歌 (Dikter av Nietsche Häfte 2: Dionysos-Dithyramb) (1901)
(歌とピアノのための)
 第1曲 Nicht lange durstest du noch...  第2曲 わたしが生きた日 (Tag meines Lebens!) 
 第3曲 Heiterkeit, güldenne, komm!...

「フリードリンの歌」から (Ur "Fridolins visor") (1900) (声とピアノのための) (EA・カールフェルト)
(スウェーデン抒情詩 II:1)
 第1曲 収穫祭の季節の月への賛歌 (Månhymn vid Lambertsmässan)
 第2曲 あなたは微笑み (Du ler)  第3曲 ホップのつるの歌 (Humlevisa)
 第4曲 ヨルム (Jorum)  第5曲 待つときほどいいことは (Intet är som vä ntans tider)
 → 収穫祭の季節の月への賛歌 (Månhymn vid Lambertsmässan) (声と管弦楽のための)
    (スヴェン・ショルド 編曲)
 → 待つときほどいいことは (Intet är som väntans tider) (声と管弦楽のための)
    (アルベット・ヘンネベリ 編曲)

4つの踊りの詩 (Fyra danspoem) (1900) (ピアノのための)
 第1曲 前列の踊り手たちに (Till föredansarna)  第2曲 夏の夢 (Sommardrömmar)
 第3曲 朝のそよ風 (Morgonbris)  第4曲 セレナード (Serenad)

「フリードリンの園」から (Ur "Fridolins lustgård") (1901) (声とピアノのための) (EA・カールフェルト)
(スウェーデン抒情詩 II:2)
 第1曲 受け継いだもの、それは憧れ (Längtan heter min arvedel)
 第2曲 ムンガの五月 (Maj i Munga)  第3曲 君の瞳は炎と燃え (Dina ögon äro eldar)
 第4曲 ボリェビのワルツ (Böljebyvals)  第5曲 アスポケルのポルスカ (Aspåkerspolska)
 → ボリェビのワルツ (Böljebyvals) (声と管弦楽のための)
 → アスポケルのポルスカ (Aspåkerspolska) (声と管弦楽のための) (イーヴァル・ヘルマン 編曲)
 → アスポケルのポルスカ (Aspåkerspolska) (女声合唱のための) (ペール・ルンドクヴィスト 編曲)

「フリードリンの園」から (Ur "Fridolins lustgård") (1902) (声とピアノのための) (EA・カールフェルト)
(スウェーデン抒情詩 II:3)
 第1曲 オッロンダール氏 (Herr Ollondal)
 第2曲 宿屋コッパルフロイェルンで (På värdshuset Kopparflöjeln)
 第3曲 マドリガル (En madrigal)

ダーラナ行進曲「行進はテゥーナへ向かって」 (Dalmarsch "Marschen går till Tuna") (1902)
(声とピアノのための) (EA・カールフェルト)
ダーラナ行進曲「行進はテゥーナへ向かって」 (Dalmarsch "Marschen går till Tuna") (1902)
(混声合唱のための) (EA・カールフェルト) (イーヴァル・ヴィデーエン 編曲)

6つのピアノの小品〈去年の夏 (I somras)(1903)
組曲〈去年の夏 (I somras)(1903) (管弦楽のための)
 第1曲 山 (Fjället)  第
2曲 湖 (Sjön)  第3曲 荒れ地をこえて (Över heden)
 第4曲 リスと野鳩 (Ekorre och skogsduva)  第5曲 トウヒの林 (Granskogen)
 第6曲 山の小川 (Fjällbäcken)

音楽史譚〈幸福 (Lyckan)(1903)
組曲〈眠れる森の美女 (Tornrossagan)〉 (管弦楽のための) (1903 orch.1934)

フィンランド牧歌 (Finsk idyll) (1903) (合唱のための) (JL・ルーネベリ)

混声合唱のための6つの歌 (1905)

「荒野と愛の歌」から (Ur "Voldmarks- och kärleksvisor") (1905) (EA・カールフェルト) (声とピアノのための)
(スウェーデン抒情詩 II:4)
 第1曲 夢見た幸せ (Drömd lycka)  第2曲 セレナード (Serenad)
 第3曲 ルーサリンドの物語 (Sagan om Rosalind)  第4曲 フィドル弾きの歌 (En spelmansvisa)

4つの陽気な歌 (Fyra muntra visor) (1905) (EA・カールフェルト) (声とピアノのための)
(スウェーデン抒情詩 II:5)
 第1曲 新兵の歌 (Beväringsvisa)  第2曲 収穫を終え、歌う (Sång efter skördeanden)
 第3曲 ベリ曹長 (Fanjunkar Berg)  第4曲 セリンダとレアンデル (Selinda och Leander) 
 → 収穫を終え、歌う (Sång efter skördeanden) (声と管弦楽のための) (ヨン・フェーンストレム 編曲)

放浪者の歌 (Löskekarlarnes sång) (1906) (バリトンとピアノのための) (EA・カールフェルト)
(スウェーデン抒情詩 II:6)

スウェーデン民俗音楽ピアノ曲集 (Svensk folkmusik satt för piano)1巻 − 民謡 (Folkvisor) (pub.1960)
スウェーデン民俗音楽ピアノ曲集 (Svensk folkmusik satt för piano)2巻 − 舞曲 (Dansar) (pub.1960)
 ダルスランド・ポルスカ (Dalslandpolska)  オンゲルマンランドのワルツ歌 (Sångvals från Ångermanland)
 エッバ・ブラーヘのポルスカ (Ebba Brahes polska)  昔のソングポルスカ (Gammal sångpolska)
 イェムトランド・ポルスカ (Jämtpolska)

六月王の入場 (Kung Junis intåg) (pub.1907) (ピアノのための)

オペラ〈アルンヨット (Arnljot)(1907)
 アルンヨットのイェムトランドへの挨拶の歌 (Arnljots hälsningssång till Jämtland) (バリトンと管弦楽のための)

山歩きの歌 (Fjällvandrarsång) (1907) (混声合唱のための) (GW・ブラット)

ピアノのための5つの調べ (5 låtar för piano)〈旅の思い出 (Färdminnen)(1908)
 第1曲 旅の途中で (På vägen)  第2曲 日照り雨 (Solregn)
 第3曲 地主館のご婦人たち (ショパン風間奏曲) (Herrgårdsfröknarna (Intermezzo à la Chopin))
 第4曲 はるかな眺め (Fjärrsyn)  第5曲 過ぎてしまった (Förbi)

ヴァイオリンソナタ第2番 ト長調 (1910)

交響曲第2番 《旅は南風にさそわれ (Sunnanfärd)(1910)

リカルダ・フッフの4つの詩 (Vier Gedichte von Richard Huch) (1910) (声とピアノのための)
 第1曲 最後の夜 (Der letzte Nacht)  第2曲 愛の詩 (Liebesreime)
 第3曲 音楽がわたしの心をあなたに (Musik bewegt mich)  第4曲 早春 (Vorfrühling)

アウグスト・ストリンドベリの4つの詩 (Fyra dikter av August Strindberg) (1911) (声とピアノのための)
(スウェーデン抒情詩 III:1)
 第1曲 わたしのトロルの城 (Mitt trollslott)  第2曲 7つのばらと7つの火 (Sju rosor och sju eldar)
 第3曲 セメレ (Semele)  第4曲 ヴィッレモ (Villemo)

EA・カールフェルトの4つの詩 (1911-12) (合唱のための)

夏の夕べ (Sommarkväll) (1912) (男声合唱のための) (ヴィルヘルム王子)
夏の夕べ (Sommarkväll) (1912 rev.1937) (混声合唱のための) (ヴィルヘルム王子)

交響曲第3番 《ラップランド (Same-Ätnam)(1913)

グッレバーンの子守歌 (Gullebarns vuggesånger) (1913) (メッツォソプラノとピアノのための)
(ヴェルネル・フォン・ヘイデンスタム) (スウェーデン抒情詩 I:6)
グッレバーンの子守歌 (Gullebarns vuggesånger) (1913) (メッツォソプラノと管弦楽のための)
(ヴェルネル・フォン・ヘイデンスタム) (スウェーデン抒情詩 I:6)
 第1曲 東の風に聞け、西の風に聞け (Spörj östan, spörj västan)
 第2曲 蜂がモグモグ、コロコロ、ブンブン (Mumla, tumla, humla)
 第3曲 トウモロコシの黄金色の粉をふるえ (Sikta, sikta gullkorn)
 第4曲 東の風は見たろうか、西の風は見たろうか? (Såg östan, såg västan?)
 第5曲 丘のシダの茂みの空高く (Högt på fallets ormbunkssnår)

いけにえの花冠 (Offerkransar) (1914) (歌とピアノのための) (アンデシュ・オステルリング)
(スウェーデン抒情詩 III:2)
 第1曲 灰塵に帰すことはない (Det blir ej till stott)  第2曲 ヘスペリオス (Hesperis)
 第3曲 おお生よ、お前を見た (O liv, jag såg dig)  第4曲 帰還 (Återkomst)

フローセの花 第3巻 − ピアノのためのユモレスクと牧歌
(Frösöblomster Häftte 3: Humoresker och idyller för piano) (1914)
 第1曲 前奏曲 (Förspel)  第2曲 ソンマルハーゲン入場 (Intåg i Sommarhagen)
 第3曲 夕陽にうつる景色 (Landskap i aftonsol)  第4曲 庶民のユーモア (Folkhumor)
 第5曲 荒野の呼び声 (Vidmarken lockar)  第6曲 ポプラの下で (Under asparna)
 第7曲 何年もたってから (Om många år)

静かな歌 (De tysta sångerna) (1914) (テノール独唱と男声合唱のための) (EA・カールフェルト)

ロマンス (Romans) ニ短調 (1915) (ヴァイオリンと管弦楽のための)

果物の季節 (Frukttid) (1915) (アンデシュ・オステルリング)

音楽喜劇〈最後の審判の予言者 (Domedagsprofeterna)(1912-17 rev.1928)
 → 〈最後の審判の予言者 (Domedagsprofeterna)〉 のコラールとフーガ (管弦楽のための) (グンナル・ユーハンソン 編曲)

ピアノのための7つの音詩〈エアリナ (Earina)(1917)
組曲〈エアリナ (Earina)(1917) (管弦楽のための)
 第1曲 祈願 (Åkallan)  第2曲 花を捧ぐ (Blomsteroffret)
 第3曲 武器の清め (Vapenvigning)  第4曲 神殿の儀式 (Tempelceremoni)
 第5曲 吟遊詩人は歌う (Rapsoden sjunger)  第6曲 幸運のルーン文字 (Lyckorunor)
 第7曲 誓い (Löfte)

舞曲形式の3つのアルバムのページ (Tre albumblad i dansform) (1917) (ピアノのための)
 第1曲 メヌエット (Menuett)  第2曲 ガヴォット (Gavott)  第3曲 ワルツ (Vals)

ブー・ベリマンの2つの詩 (Två dikter av Bo Bergman) (1919) (声とピアノのための)
(スウェーデン抒情詩 III:3)
 第1曲 メロディ (Melodi)  第2曲 運命の歌 (Ödevisan)

九月 (September) (1920) (ピアノのための)

ルレオー市300年祭カンタータ〈北の大地 (Norrbotten)(1921) (独唱、合唱と管弦楽のための)

ブー・ベリマンの3つの詩 (Tre dikter av Bo Bergman) (1921) (声とピアノのための)
(スウェーデン抒情詩 III:4)
 第1曲 昔の踊りのリズム (En gammal dansrytm)  第2曲 鍛冶場の炉のそばで (Vid assjorna)
 第3曲 天の川の下で (Under vintergatan)

ウメオー市300年祭カンタータ (1922) (独唱、合唱、ヴァイオリン、オルガン、ピアノと軍楽隊のための)

ストックホルム王立劇場150周年記念日カンタータ
(Kantat vid Kungliga Teaterns 150-årsjubileum 18 januari 1923) (1922) (独唱、合唱と管弦楽のための)

5つの音詩〈イタリアーナ (Italiana)(1922) (ピアノのための)
組曲〈イタリアーナ (Italiana)(1922) (管弦楽のための)
 第1曲 太陽の賛歌 (Solhymn)  第2曲 踊るニンフ (Dansande nymf)
 第3曲 いにしえの幻影:バッコスを祝福す (Vision antique: Evoe Bacche)  第4曲 エステ荘 (Villa d'Este)
 第5曲 ソレントのセレナード (Sorrentinsk serenad)

3つの新しい踊りの詩 (Tre nya danspoem) (1914-23) (ピアノのための)
 第1曲 母が若かったころ (När mor var ung)  第2曲 菩提樹の下の草の上で (På gräset under lindarna)
 第3曲 人生の踊りのゲーム (Livets danslek)

ピアノのための3つの音詩 (Tre Tondikter för piano)
 第1曲 幸福 (Lycka) (1925)  第2曲 追悼 (In memoriam) (1926)  第3曲 アメリカの踊り (Amerikansk dans)

音楽史譚〈アドリスとエリーシヴ (Adlis och Elisif)(1921-24)

グスタフ・フローディング2つの歌 (Två sång av Gustaf Fröding) (pub.1924)
 第1曲 愛の歌 (En visa om kärlek) (1914) (スウェーデン抒情詩 III:5)
 第2曲 冬の歌 (En vintervisa) (1924) (スウェーデン抒情詩 III:6)

ピアノのための音詩〈アナクレオン讃 (Anakreontika)〉 第1(1922)
 第1曲 竪琴に (Till lyran)  第2曲 鳩に (Till duvan)  第3曲 夢の暗示 (Drömtydning)

同志の歌 (Kompankörer) (1924) (E・A・カールフェルト)

「秋の角笛」から (Ur "Hösthorn") (1928) (EA・カールフェルト) (声とピアノのための)
 第1曲 古い言葉をならべ (Gammal ramsa)  第2曲 マルハナバチ (Humlor)
 第3曲 そぞろ歩き (Vandring)

ヴァイオリン協奏曲 (1928)

交響曲第4番 《ストックホルム (Holmia)(1929)

カンタータ〈日の出 (Soluppgång)(1929) (独唱、合唱、少年合唱、四重唱と管弦楽のための)

5つの音詩〈孤独 (Solitudo)(1932) (ピアノのための)
 第1曲 おしゃべり (Glam)  第2曲 なぞ (Gåtan)  第3曲 田園詩 (Bukolikon)
 第4曲 子供にも許される映画 (エチュード) (Tonfilm, barntillåten) (Etyder)
 第5曲 独り者のワルツ (Ungkarlsvalsen)

交響曲第5番 《孤独 (Solitudo)(1932-33)

ストックホルムへ捧げる歌 (Sång till Stockholm) (1935) (声または合唱 (ユニゾン) とピアノのための)
(ユーハン・ベリマン)

ピアノのための音詩〈アナクレオン讃 (Anakreontika)〉 第2(1935)
 第1曲 神託 (Oraklet)  第2曲 ペネイオスの笛吹き (Flöjtspel på Peneios)
 第3曲 エロースへ (Till Eros)  第4曲 アナクレオンの踊り (Anakreons dans)

国旗の歌 (Fansång) (1936) (混声合唱のための) (W・ペッテション=ベリエル)

森の歌 (Skogssång) (pub.1950) (混声合唱のための) (アルベルト・テオドール)


HOME