Local Line

11 January - 16 August 2007

 

816

Zig Zag Territoires ZZT 070802
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン (1770-1827) ヴァイオリンソナタ全集 第1
 ヴァイオリンソナタ第1番 ニ長調 作品12-1
 ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調 作品12-2
 ヴァイオリンソナタ第3番 変ホ長調 作品12-3
  ミドリ・ザイラー (ヴァイオリン) ジョス・ファン・インマゼール (フォルテピアノ)
  [楽器 イタリア18世紀中期 (バロックヴァイオリン)
       クリストファー・クラーク製作ワルター 1988年 (フォルテピアノ)]

◇アニマ・エテルナとジョス・ファン・インマゼールがベートーヴェンの交響曲全曲録音をすることが正式に決まりました。それに先立ち、アニマ・エテルナのコンサートマスター、ミドリ・ザイラーとインマゼールによるヴァイオリンソナタ全曲録音の第1集がリリースされます。

Zig Zag Territoires ZZT 070902
アントニオ・ヴィヴァルディ (1678-1741) 協奏曲集〈調和の霊感〉 から
 協奏曲第1番 ニ長調 RV549 協奏曲第4番 ホ短調 RV550
 協奏曲第7番 ヘ長調 RV567 協奏曲第10番 ロ短調 RV580
 3つのヴァイオリンのための協奏曲 ヘ長調 RV551
 4つのヴァイオリンのための協奏曲 変ロ長調 RV553
  キアラ・バンキーニ (ヴァイオリン、指揮) アンサンブル415


628

Accent ACC24187 SACD (Multichannel/stereo hybrid)
WA・モーツァルト (1756-1791) カッサシオン第1番 ト長調 K63
 カッサシオン第2番 変ロ長調 K99/63a
 ディヴェルティメント第7番 ニ長調 K205/167A
  ラ・プティット・バンド シギスヴァルト・クイケン (指揮)

Accent ACC24171 2CD's CPE・バッハ (1714-1788) フルートと通奏低音のためのソナタ集
 ソナタ ホ短調 Wq.24/H551 ソナタ ニ長調 Wq126/H553 ソナタ ト長調 Wq127/H554
 ソナタ ニ長調 Wq129/H556 ソナタ 変ロ長調 Wq130/H560 ソナタ ト長調 Wq133/H564
 ソナタ ト長調 Wq123/H550 ソナタ 変ロ長調 Wq125/H552 ソナタ ト長調 Wq134/H558
 ソナタ イ短調 Wq128/H555 ソナタ ニ長調 Wq131/H561
  バルトルド・クイケン (フラウト・トラヴェルソ) エヴァルト・デマイヤー (フォルテピアノ)


67

Zig Zag Territoires ZZT2030903 2台のピアノのための作品集
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921)
 死の舞踏 (Danse macable) 作品40 (2台のピアノのための)
 ベートーヴェンの主題による変奏曲 作品35 (2台のピアノのための)
セザール・フランク (1822-1890) 前奏曲、フーガと変奏曲 作品18
マヌエル・インファンテ (1883-1958) アンダルシア舞曲 (Danzas andaluzas) (1921)
フランシス・プーランク (1899-1963) 悲歌 (Elégie) (1959)
 キテール (シテール) 島への船出 (L'embarquement pour Cythère) (1951)
 「仮面舞踏会」によるカプリッチョ (Capriccio d'aprè 'Le bal masqué') (1952)
  ジョス・ファン・インマゼール (ピアノ) クレール・シュヴェリエ (ピアノ)
  [楽器 1897年エラール・ピアノフォルテ (インマゼール)、1904年エラール・ピアノフォルテ]
  [録音 1999712日-15日 ルナ劇場 (ブリュッセル)]

Artwork © Zig Zag Territoires (France)


127

Halle CDHLL7513
クロード・ドビュッシー (1862-1918) 3つの交響的スケッチ《海》
クロード・ドビュッシー (1862-1918) (コリン・マシューズ (1946-) 編曲)
 前奏曲集
  霧 西風の見たもの 吟遊詩人 カノプスつぼ 音と香りは夕暮れの大気に漂う
  ヴィーニョの門 枯葉 風変わりなラヴィーヌ将軍 パックの踊り 交代する3度
  野をゆく風 亜麻色の髪の乙女
  ハレ管弦楽団 マーク・エルダー (指揮)

Artwork © Hallé Orchestra (UK)

hyperion CDA67594 フレデリク・ディーリアス (1862-1934) 歌曲集
 7つのノルウェーの歌
  子守歌 (Vuggesang/Cradle Song)
  ルンダーネで (家路に向かって) (Ved Rondane/The Homeward Journey)
  夕べの気分 (夕べの声) (Aftenstemning/Evening Voices)
  ヴェネヴィル (やさしいヴェネヴィル) (Venevil/Sweet Venevil)
  スペルマン (吟遊詩人) (Spillemænd/The Minstrel)
  秘めた恋 (愛を隠して) (Dulgt Kjærlighet/Love Concealed)
  鳥の歌 (小鳥のさえずり) (En Fuglevise/The Bird's Story)
 スルタンの宮殿の庭で (I Seraillets Have) イルメリンのばら (Irmelin Rose)
 ヴェルレーヌの3つの歌
  巷に雨の降るごとく、わが心にも涙の雨が降る (Il pleure dans mon coeur)
  空は屋根の上に (Le ciel est pardessus le toit) 急げ、わが馬 (Plus vite, mon cheval)
 白い月 (La lune blanche)
 父さん、白鳥はどこへ飛んでいくの (秋の歌) (Far, hvor flyver Svanerne hen/Autumn)
 白夜 (夏の夜) (Lyse Nætter/Summer Nights) あこがれ (Længsel/Longing)
 日没 (Solnedgang/Sunsset)
 ナイチンゲールには金の竪琴 (The Nightingale has a lyre of gold)
 イ・ブラジル (I-Brazil) グアの夏 (Sommer i Gurre/Summer Landscape)
 わが歌は汝 (な) が瞳から (Aus deinen Augen fliessen meine Lieder)
 愛しいひとはとても色白で (Hun er så hvid) 水仙に寄せて (To Daffodils)
 愛の哲学 (Love's Philosophy)
 心地よい夏の夕べにさまよい (夏のゆうべ) (Jeg reiste en deilig Sommerkvæld/Summer Eve)
  イヴォンヌ・ケニー (ソプラノ) ピアーズ・レーン (ピアノ)

◆ノルウェーのパウルセン、シェルルフ、ムンク、デンマークのヤコブセン、ドラクマン。北欧の詩人たちにも共感を寄せたディーリアスの歌曲集。イヴォンヌ・ケニー Yvonne Kenny は、英語の歌詞で歌っていると思われます。

Artwork © hyperion records (UK)


119

Profil PH07015
ヨーゼフ・ハイドン (1732-1809) ヴァイオリン協奏曲 ト長調 Hob.VIIa/4
ミヒャエル・ハイドン (1737-1806) ヴァイオリン協奏曲 変ロ長調 P53
WA・モーツァルト (1756-1791)
 アダージョ ホ長調 K261 (ヴァイオリンと管弦楽のための)
  ルーカス・ハーゲン (ヴァイオリン、指揮) カメラータ・ザルツブルク

◆ハーゲン四重奏団の第1ヴァイオリン、ルーカス・ハーゲン Luka Hagen (1962-) のソロイストとしての録音がドイツのレーベル、Profil からリリースされます。ハイドン、ミヒャエル・ハイドン、モーツァルトのヴァイオリンと管弦楽のための作品。ウィーン古典主義の音楽は、現代の音楽とともに、ハーゲン四重奏団とルーカス・ハーゲンのレパートリーの中心です。その音楽を、ルーカス・ハーゲンみずからカメラータ・ザルツブルクを指揮して録音しました。

 カメラータ・ザルツブルグ Camerata Salzburg は、シャンドル・ヴェーグとの録音で親しまれたアンサンブル。そのころは Camerata Academica des Mozarteums Salzburg という呼称でした。現在の首席指揮者はサー・ロジャー・ノリントンです。現代楽器のアンサンブルをピリオド楽器のアプローチで磨きあげた音楽は、ルーカス・ハーゲンのスタイルと自然に融け合うはず。楽しみです。

 Profilhänssler classic (ヘンスラー・クラシック) の創始者、ギュンター・ヘンスラー Günter Hänssler のレーベル。ヘンスラー氏はヨーロッパの音楽家たちとの深い交流で知られるプロデューサー。いい音楽センスと、たしかな耳の持ち主という評判です。ハーゲン四重奏団のDG録音には、弦の音色がきつくなりがちという不満がありました。4D Recording になってからは特に、再生に工夫が必要なのか録音そのものがよくないのか、いい音で聴けないという声を耳にします。ルーカス・ハーゲンのヴァイオリンは、もっと美しい音のはず。新しい Profil のディスクは音質も期待できるので、このアルバムは思わぬプレゼントになりそうです。

 なお、この録音でルーカス・ハーゲンは、オーストリア国立銀行所蔵のアントニオ・ストラディヴァリ、"Rewark" を弾いています。

Artwork © Profil (Germany)


115

Chandos (Opera in English) CHAN3138 2CD's レオシュ・ヤナーチェク (1854-1928)
 オペラ《マクロプロスの秘事 (マクロプロス事件)》
  シェリル・パーカー (ソプラノ、エミリカ・マルティ)
  イギリス・ナショナルオペラ管弦楽団・合唱団
  チャールズ・マッケラス (指揮) 他 [英語歌詞]

Chandos とピーター・ムーアズ財団 Peter Moores Foundation が共同制作する "Opera in English" シリーズ。オペラ《マクロプロスの秘事》 は、「リブレット対訳と解説」が日本ヤナーチェク友の会から発行されたばかり。チャールズ・マッケラスによる録音のリリースは、いいタイミングです。英語歌詞による演奏は、これが初めての録音。“マクロプロスの秘事” の邦題については、同書 (p.22) に詳しく触れられています。

日本ヤナーチェク友の会 公式ホームページ http://www.janacek-jp.org/

Chandos CHSA5047 SACD (multichannel/stereo hybrid)
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ (1872-1958)  海の交響曲 (交響曲第1番)
 劇付随音楽〈すずめばち〉 序曲
  スーザン・グリットン (ソプラノ)
  ジェラルド・フィンリー (バリトン)
  ロンドン交響楽団・合唱団
  リチャード・ヒコックス (指揮) [ライヴ録音]

Artwork © Chandos (UK)


111

Gimell CDGIM041
グレゴリオ・アレグリ (1582-1652) ミゼレーレ (Miserere)
 ミゼレーレ (デボラ・ロバーツによる装飾版)
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ (c.1525-1594)
 スタバト・マーテル (Stabat Mater)
 教皇マルチェルスのミサ (Missa Papae Marcelli) 汝はペテロなり (Tu es Petrus)
  タリス・スカラーズ ピーター・フィリップス (指揮)
  [録音 2005330日−31日、43日−4日 マートン・カレッジ礼拝堂 (オックスフォード)]

◆ローマ、システィーナ礼拝堂のために書かれたアレグリ Gregorio Allegri の〈ミゼレーレ〉 をタリス・スカラーズ The Tallis Scholars が再録音。メンバーのひとり、デボラ・ロバーツ Deborah Roberts が装飾を施した版とオリジナルのふたつのエディションで歌われています。

Artwork © Gimell (UK)

PREVIOUS  NEXT


HOME

© Nordic Sound Hiroshima