Newsletter No.128   15 August 2009

 

リリース情報 − Classical & Contemporary

Acte Prealable AP0224 Together in Music − アイスランドとポーランドのフルート音楽
アウルニ・ビョルンソン (1905-1995)
 4つのアイスランド民謡 (Fjögur íslensk þjóðlög) (1950) (フルートとピアノのための)
ヨウナス・トウマソン (1946-) 緑色の雪 (Grænn snjór) (1990) (フルートとピアノのための)
アトリ・ヘイミル・スヴェインソン (1938-)
 21分間の音楽 (Tuttugu og ein tónamínúta) (1982) (フルートソロのための) から (7曲)
 バレエ《王女ディンマリム (Dimmalimm)》 − 間奏曲 (Intermezzo) (フルートとピアノのための)
 最後の歌 (1983)
アトリ・インゴウルソン (1962-)
 3つの瞬間 (Þrjár andrár) (1986) (フルートとピアノのための)
ソルケトル・シーグルビョルンソン (1938-) カライス (Kalaïs) (1976) (フルートソロのための)
パルツ・クレツキ (1900-1973) フルートとピアノのための協奏曲 作品34 (1940)
ヘンリク・ミコワイ・グレツキ (1933-) 3つの図表 作品15 (1959)
タデウシュ・シェリゴフスキ (1896-1963) フルートソナタ (1953)
  アウスヒルドゥル・ハーラルスドウッティル (フルート) エヴァ・ムラフスカ (フルート)
  ヨアンナ・ザティ=ヴィチンスカ (ピアノ)
 [録音 2009218日-19日、27日-28日 パデレフスキ音楽アカデミー新ホール (ポズナン、ポーランド)]

Alba ABCD276 ロシアのトランペット (The Russian Trumpet)
セルゲイ・ボロチン (1912-1994) ロマンティック・エチュード
 バレエ《タラス・ブーリバ》の幻想曲 エレジー
ドミートリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 バレエ《お嬢さんとならず者 (街角の天使)》 − 序曲 ダンス
 映画《馬あぶ》のロマンス ダンス ガヴォット ワルツ エレジー 機械人形
アレクサンドル・スクリャービン (1872-1915) 前奏曲
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ああ、私の畑よ
ロジオン・シチェドリン (1932-) アルベニスのスタイルで
セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) メロディ 作品35-2
ヴラディーミル・ペスキン (1906-1988) ポエム第1番 前奏曲第1
セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ロマンス
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) セレナード ロマンス ワルツ
ミリー・バラキレフ (1837-1910) グルジアの歌
  ヨウコ・ハルヤンネ (トランペット) カリ・ハンニネン (ピアノ)

Alba ABCD277 トランペット・ソナタ名作集 (The Great Trumpet Sonatas)
パウル・ヒンデミット (1895-1963) トランペットソナタ (1939)
エリック・イウェイゼン (エワゼン) (1954-) トランペットソナタ (1995)
ジェイムズ・M・スティーヴンソン三世 (1969-) トランペットソナタ (2001)
カール・ピルス (1902-1979) トランペットソナタ (1935)
  ヨウコ・ハルヤンネ (トランペット) カリ・ハンニネン (ピアノ)

Alba ABCD282 De Angelis
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン (1098-1179) おお、いと気高き緑よ (O nobilissima viriditas)
クレタ島のメソメデス (二世紀)
 太陽賛歌「あかつきの光の父 (Chionoblepharou Pater Aous)(c.130) (太陽神の賛歌)
シリア聖歌 (四世紀) 小さな鳩 (Yawnu tlitu) (器楽)
モサラベ聖歌 (六世紀−七世紀) もし私が天に昇ると (Si ascendero in caelum)
改宗者オバデヤ (十二世紀)
 モーセのほかにホレブの山に登った者は (Mi al har Horeb) (器楽)
スペインのセファルディ・ユダヤ人 (十二世紀) わたしの鳩よ (Yonati)
アムブロシア聖歌 (六世紀) いと高き天より (A summo caelo)
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン (1098-1179)
 聖霊は生の源の生 (Spiritus Sanctus vivificans vita) おお、なんじ天使らよ (O vos angeli)
 O gloriossimi lux vivens angeli
ヤン・ヤコブ・ヴァン・アイク (エイク) (c.1590-1657) イギリスのナイチンゲール (Engels nachtegaeltje)
スウェーデン・コラール本 (1697年) 祝福された日 (Den signade dag)
イタリア伝承曲 (十四世紀) トリスターノの嘆き/ラ・ロッタ (Lamento de Tristano/La Rotta)
ヴァルター・フォン・デル・フォーゲルヴァイデ (c.1170-1230)
 菩提樹の下に (Unter der Linden)
『ピエ・カンツィオーネス』 (1582年) われは異教徒の地に立ち (Sum in aliena provincia)
フィンランド民謡 すずめの賛美歌 (Varpuisen veisu)

フィンランド伝承のバラード 聖カトリーナの伝説 (Katriina)
イングリア民謡 はるか遠くに (Etägällä)
カレリアの哀悼歌 愛する人の埋葬の賛美歌 (Kalmah-heitändä virsi)
  アンネリーナ・コスキネン (ソプラノ、Cフルート、葦笛、鐘、ロリマン笛、テナーレベック、
   シンフォニア、ケルトハープ、5弦カンテレ)
 [録音 20087月 コウヴォラ、フィンランド]
 [制作 アンネリーナ・コスキネン、トンミ・トイヨネン  録音 トンミ・トイヨネン]
 試聴盤

◇ソプラノ歌手アンネリーナ・コスキネン Anneliina Koskinen1993年、アーリーミュージック全般をカバーするプログラムのコンサートでシベリウス・アカデミーの音楽修士課程を修了。中世のさまざまな楽器の研究も行い、その後の演奏活動に活かしてきました。紀元二世紀、クレタ島の音楽家メソメデスの《太陽賛歌》、四世紀シリアの聖歌、グレゴリオ聖歌の成立以前にスペインで歌われたモサラベ聖歌、六世紀のアムブロシア (アンブロジア) 聖歌、吟遊詩人ヴァルター・フォン・デル・フォーゲルヴァイデの愛の歌、ヒルデガルトの歌曲、フィンランドとスウェーデンの宗教歌。さまざまな姿で現れる、神のみ使い "天使" への賛歌が歌われます。

Alba ABCD285 SACD hybrid (5.0 multichannel/stereo) ナジ・ハキム (1955-)
 水仙 (Påskeblomst) (弦楽のための) オルガンと弦楽のための協奏曲第1
 グレゴリオのスケッチ (Esquisses Gregoriennes) (オルガンのための)
  Nos autem (主イエズス・キリストの十字架のほかに、わたしたちは)
  Ave maris stella (めでたし海の星) Pater noster (天にましますわれらの父よ)
  Ave verum (めでたし、まことのおからだよ) O filii et filiae (おのこよ、おみなよ)
 オルガンと弦楽のための協奏曲第3
  ヤン・レヘトラ (オルガン) ミケル市管弦楽団 (聖ミカエル弦楽オーケストラ)
  ペトリ・コムライネン (指揮)
 [ユヴァ教会のパーシェン・オルガン (Paschen) (2002年)]
 [録音 20081029日-112日 ユヴァ教会 (ユヴァ、フィンランド)]
 [制作 ヤン・レヘトラ  録音 ミカ・コイヴサロ]
 試聴盤

◇ナジ・ハキム Naji Hakim1955年ベイルートのビジネスマン家庭の生まれ。ピアノとオルガンを学び、ラヴェルとドビュッシーとプーランクが若いナジのアイドルだったと言われます。カトリック教徒だった一家は1975年に始まるレバノン内戦を前にフランスに移住。ナジは、エンジニアになる訓練を受けた後、パリ音楽院に入学し、ジャン・ラングレの下でオルガンを学ぶことになりました。さまざまな科目のディプロマとともに音楽院を卒業した後、サクレクール寺院のオルガニストを経て、1993年にはオリヴィエ・メシアンの後を継いでサントトリニテ教会のオルガニストに就任し、2008年までこの職を務めました。現在、ブローニュ・ビランクール地区国立音楽院 Conservatoire National de Région de Boulogne-Billancourt (パリ) の音楽分析教授、ロンドンの王立音楽アカデミーの客員教授。2007年にはローマ教皇ベネディクトゥス十六世から "Augustae crucis insigne pro Ecclesia et Pontifice" を授与されています。

ハキムは作曲者として、オルガンをはじめとする器楽作品、声楽作品、管弦楽作品を発表してきました。彼の作品には、かつてアイドルだったフランスの巨匠たち、そしてストラヴィンスキーとガーシュウィンの音楽が影響を与えていると言われます。新しい Alba のアルバムで演奏される《水仙》と2曲の《オルガンと弦楽のための協奏曲》は、このジャンルの代表作に挙げられる作品です。弦楽のための《水仙》は10曲の曲集。NFS・グルントヴィ N.F.S. Grundtvig の詩によるカール・ニルセン Carl Nielsen (1865-1931) の男声合唱曲《水仙「水仙よ、つよき香りの一滴を」 (Påske-Liljen "Påskeblomst! en Draabe stark")(FS59) に基づく《賛美歌 (Hymne)》 が第1曲です。ヴィヴァーチェの楽章から始まるオルガンと弦楽のための協奏曲第1番、ビートと推進力をもった第3番の協奏曲。グレゴリオ聖歌5曲のパラフレーズ《グレゴリオのスケッチ》は、組曲ともオルガン・ミサ曲ともみなされる作品です。

ヤン・レヘトラ JanLehtola (1972-) はシベリウス・アカデミー出身。アムステルダム、シュトゥットガルト、リヨン、パリでもオルガンを学びました。今日の作曲家たちと積極的な共同作業を行い、多数の作品を初演。2003年には第1回国際ナジ・ハキム・フェスティヴァルのヘルシンキ開催の実現に努めました。サン=サーンスのオルガン作品集 (ABCD225)、バッハ・トランスクリプション集 (ABCD233)、ピアノとオルガンのための作品集 (ABCD255)、ラウタヴァーラ作品集 (ABCD265)、オスカル・メリカント作品集 (Ondine ODE973-2) などを録音。楽器とレジスターの選定、様式を踏まえた解釈に見られるセンスのよさに賛辞が呈されてきました。指揮者のペトリ・コムライネン Petri Komulainen はヘルシンキ音楽院とシベリウス・アカデミーで学び、2005年、卒業コンサートとしてラハティ交響楽団を指揮しました。2001年からラハティ交響楽団の副首席ホルン奏者を務め、2005年にはラハティ・ポリテクのオーケストラの指揮者に就任しました。

 《水仙》と《グレゴリオのスケッチ》は、これが初録音。美しく、また、スリリングな音楽が楽しめるアルバムです。

Altarus (USA) AIR-CD9038 サムイル・フェインベルク (1890-1962) 歌曲集
 呪文 作品4-1 雪の夜 作品7-2 わが愛しの人 作品16-2 三つの泉 作品26-5
 燃された手紙 作品26-7 囚われの騎士 作品28-2 夢 作品28-3
 ヘブライの旋律 作品28-4 ルサルカ (川の精) 作品28-5
 歌曲集《マリツァ》 作品47 他
  リタ・アホネン (メッツォソプラノ) サミ・ルッティネン (バス) クリストフ・シロドー (ピアノ)
 [録音 1999年、2000年、2003年]

Arthaus Musik 101384 DVD-video ヤン・サンドストレム (1954-)
 舞踊劇《地主屋敷の物語 (The Tale of a Manor/En herrgårdssägen)
  ヨハンナ・ビョルンソン マッティン・レアンデル ゲード・アンデション スサンナ・カールソン
  ミケール・メンガレッリ クレア・ヴィークホルム イシュトヴァーン・キッシュ (踊り手)
  王立スウェーデン・バレエ スウェーデン放送交響楽団 ユーナス・ドミニク (指揮)
 [セルマ・ラーゲルレーヴの小説に基づくペール・イースベリとベンクト・ヴェンネホシュトによるTVのための舞踊劇]
 [振付 ペール・イースベリ  装置・衣装 ブー=ルーベン・ヘードヴァル]
 [録画 スウェーデン放送 (ストックホルム) スタジオ]
 [NTSC All region 4:3 PCM stereo Color 74min] (字幕なし)

◇『ニルスのふしぎな旅』の作者、ノーベル文学賞を受賞したセルマ・ラーゲルレーヴ Selma Lagerlöf (1858-1940) の小説の基づくTVのための舞踊劇 (dance-drama)。トロンボーンと管弦楽のための《モーターバイク協奏曲》で注目され、プレトリウスの単旋聖歌に基づく《一輪のばらが咲いた (Det är en ros utsprungen)》 やフォルケ・イーサクソンの詩によるオラトリオ形式の《闇から光へ (Från mörker till ljus)(Swedish Society Discofil SCD1136) を書いたヤン・サンドストレム Jan Sandström (1954-) が作曲。ペール・イースベリ Pär Isberg (1955-) が振付を、時代を偲ばせる贅沢な装置と衣装をブー=ルーベン・ヘードヴァル Bo-Ruben Hedwall がデザインを担当しました。『美女と野獣』を思わせるゴシック物語の展開する舞台。ヨハンナ・ビョーンソン Johanna Björnson とマッティン・レアンデル Martin Leander が主役を務めます。

BIS SACD1710 SACD hybrid (Multichannel/stereo) グスタフ・マーラー (1860-1911)
 交響曲第9番 ニ長調
  王立ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団 アラン・ギルバート (指揮)

BIS SACD1721/22 2SACD's hybrid (5.0 surround/stereo) JS・バッハ (1685-1750)
 ブランデンブルク協奏曲 (全6曲) (新録音) 管弦楽組曲 (全4曲) (既発売録音)
  バッハ・コレギウム・ジャパン 鈴木雅明 (指揮、ハープシコード)

BIS SACD1813 SACD hybrid (Multichannel/stereo) ヨーゼフ・ハイドン (1732-1809)
 人形オペラ《フィレモンとバウチス (Philemon und Baucis)
  クリストフ・ゲンツ (テノール、フェレモン) マレン・エンゲルハルト (メッツォソプラノ、パウチス)
  ヤン・ペトリカ (テノール、アレト) アレクサンドラ・ラインブレヒト (ソプラノ、ナルチッサ)
  ヴォーカルフォーラム・グラーツ ハイドン・シンフォニエッタ・ウィーン マンフレート・フス (指揮)

BIS CD1924/26 5CD's for price of 3 ジャン・シベリウス (1865-1957)
 作品全集 第9集 − 室内楽作品 第2集 (ピアノ五重奏、金管合奏、チェロ)
 水滴 (Vattendroppar) JS216 空中楼閣 JS65 ** アンダンティーノ (Andantino) JS40
 アンダンテ・モルト (Andante molto) JS36 セレナータ (Serenata) JS169 **
 メヌエットとアレグロ (Menuetto-Allegro) JS128 **
 デンポ・ディ・ヴァルス (Tempo di valse) JS193 (カレヴィ・アホ ピアノパート補筆) **
 デュオ (Duo) JS68 ** 主題と変奏 JS196 (無伴奏チェロのための) (第4変奏は2種) *
 レント (Lento) JS76 ** モデラート (Moderato) (1885/9) ** マズルカ (Mazurka) (1887/9) (2種) **
 アンダンテ (Andante) JS91 ** アンダンティーノ (Andantino) JS92 **
 アンダンテ・モルト (Andante molto) (1888/9) **
 アンダンテとアレグロ (Andante-Allegro) JS31 (ピアノ五重奏のための) カノン (Canon) JS50 **
 アンダンティーノ (Andantino) (1889) (弦楽三重奏のための) **
 組曲 (Suite) JS186 (弦楽三重奏のための) * 幻想曲 (Fantasia) JS79 (チェロとピアノのための) **
 アダージョ (Adagio) JS15 **
 テンポ・ディ・ヴァルス (ルル・ワルツ) (Tempo di valse, Lulu Waltz) 嬰ヘ短調 JS194 (チェロとピアノのための)

 序曲 (Overture) ヘ短調 JS146 (金管七重奏のための) アレグロ (Allegro) JS25 (金管七重奏のための)
 アンダンティーノ−メヌエット (Andantino - Menuetto) JS45 (金管七重奏のための)
 ヴィヴァーチェ (Vivace) JS31 (ピアノ五重奏のための) ピアノ五重奏曲 ト短調 JS159
 メヌエット (Menuetto) (1891) ** 前奏曲 (Förspel/Preludium) (1891) (金管七重奏のための)
 デュオ (Duo) JS66 (ヴァイオリンとピアノのための) *
 メロドラマ《嫉妬の夜 (Svartsjukans nätter)JS125 (朗読、ヴァイオリン、チェロとピアノのための)
 弦楽三重奏曲 JS210 * ロンド (Rondo) (ヴィオラとピアノのための)
 カノン (Canon) (弦楽三重奏のための) ** モデラート (Moderato) JS130 (カンテレのための) **
 ドルチッシモ (Dolcissimo) JS63 (カンテレのための)
 ワルツ (Valse) JS222 (カンテレとヴァイオリンのための)
 音詩《ティエラ (Tiera)JS200 (金管七重奏と打楽器のための)
 行進曲 (1897/9) (金管七重奏と打楽器のための) **
 マリンコニア (Malinconia) (メランコリー) 作品20 (チェロとピアノのための)
 劇付随音楽《とかげ (Ödlan)》 作品8 (ヴァイオリンと弦楽五重奏のための) *
 2つの荘重な旋律 (Zwei ernste Melodien) 作品77 (チェロとピアノのための)
 4つの小品 (4 Pieces) 作品78 (チェロとピアノのための)
  トゥールレイヴ・テデーエン (チェロ) タネリ・トゥルネン (チェロ) ヨエル・ラークソ (チェロ)
  ヤーコ・クーシスト (ヴァイオリン) ラウラ・ヴィークマン (ヴァイオリン) 今井信子 (ヴィオラ)
  アンナ・クレータ=グリバイチェヴィチ (ヴィオラ) フォルケ・グレースベク (ピアノ)
  スヴィ・レヘトネン=グレースベク (カンテレ) ブラス・パートアウト 他 [* 初リリース、** 世界初録音]

cpo 777 409-2 ユーセフ・マッティン・クラウス (1756-1792) 宗教作品集
 ミゼレーレ (Miserere) ハ短調 VB4 レクイエム (Requiem) ニ短調 VB1
 Stella coeli (天の星) ハ長調 VB10
  アンネマイ・ブレッシング=ライハウゼン (ソプラノ) パウル・ゲアハルト・アダム (カウンターテナー)
  カルメン・シュラー (メッツォソプラノ) ユリアン・プレガルディエン (テノール)
  エッケハルト・アベレ (バス) ドイツ室内合唱団 ラ・スタジオーネ・フランクフルト
  ミヒャエル・シュナイダー (指揮)

Danacord DACOCD689 2008年度フーズム城音楽祭ライヴ録音 − 稀少ピアノ作品集 第20
ジャン=バプティスト・リュリ (1632-1687) (レオポルト・ゴドフスキ (1870-1938) 編曲)
 サラバンド ホ短調 (1906)
ニコライ・ラコフ (1908-1990) (グリゴリー・ギンツブルク (1904-1961) 編曲) ロシアの歌
マヌエル・インファンテ (1883-1958) セビリャーナ (Sevillana) (1922)
  ダニエル・バーマン (ピアノ)
フランシスコ・タレガ (1852-1909) (コージ・アトウッド 編曲)
 アランブラの思い出 (Recuerdos de la Alhambra) (1896)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) (コージ・アトウッド 編曲) ゆりかご (Les berceaux) 作品23-1
  コージ・アトウッド (ピアノ)
フェレンツ・リスト (1811-1886) トッカータ S197a
ヨーゼフ・マルクス (1882-1964) アルバムのページ (Albumblatt) (1916)
ジャン・ヴィエネ (1896-1982) ジャワ (Java) (1957)
  ドニ・パスカル (ピアノ)
アードルフ・ヴィークルンド (1879-1950)
 ピアノ組曲《わが家の窓から (Från min fönster)》 − 物思いにふけって (I tankar)
カロル・シマノフスキ (1882-1937) マズルカ 作品50-2 マズルカ 作品50-3
  ペーテル・ヤブロンスキ (ピアノ)
アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー (1871-1942) 愛 (Liebe) 作品9-3
エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト (1897-1957)
 ピアノソナタ第2番 ホ長調 作品2 − ラルゴ、コン・ドローレ
イグナーツ・フリードマン (1883-1948) 前奏曲 作品96-3
  ペーター・フロウンジャン
イグナーツ・フリードマン (1883-1948) Masque galante 作品81-2
 アルルキナード (Arlequinade) 作品81-3
ニーノ・ロータ (1911-1979) (ローランド・ペンティネン 編曲)
 『フェリーニのアマルコルド』のテーマによる即興曲 (Improvisations on themes from Fellini's "Amarcord")
  ローランド・ペンティネン (ピアノ)
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ (1895-1968) 糸杉 (Ciprèssi) 作品17
シャルル・トレネ (1913-2001) (アレクシス・ヴァイセンベルク (1929-) 編曲) 
 巴里で四月に (En avril, à Paris) 街角 (Coin de rue) ブン (Boum!)
  マルク=アンドレ・アムラン (ピアノ)
 [録音 2008816日-23日 フーズム (ドイツ) (ライヴ)]
 [制作 ペーター・フロウンジャン、イェスパー・ブール  録音 スヴェン・ヴィル]
 試聴盤

Linn CKD339 SACD hybrid (Multichannel/stereo) ジョン・ウォード (1571/c.1589-1638)
 5つと6つのヴィオールのためのコンソート・ミュージック
  ファンタズム
   ローレンス・ドレイファス (トレブルヴィオール) ウェンディ・ギレスピー (トレブルヴィオール)
   ジョナサン・マンソン (テナーヴィオール) マルック・ルオラヤン=ミッコラ (バスヴィオール)
   エミリア・ベンジャミン (テナーヴィオール) ミッコ・ペルコラ (バスヴィオール)

Medici Arts/Idealeaudience 3078648 DVD-video
エサ=ペッカ・サロネン (1958-) LAヴァリエーション (L.A. Variations) (1996-97)
ジャン・シベリウス (1865-1957) 交響曲第5番 変ホ長調 作品82
  UBSヴェルビエ・フェスティヴァル管弦楽団 エサ=ペッカ・サロネン (指揮)
 [収録 2007726日 ヴェルビエ・フェスティヴァル (ヴェルビエ、スイス) (ライヴ)]
 [NTSC All region 16:9 anamorphic PCM stereo Color]

naïve OP30479 WA・モーツァルト (1756-1791) オペラの序曲と管弦楽曲集
 オペラ《皇帝ティートの慈悲 (La clemenza de Tito)K621 − 序曲 行進曲
 ジングシュピール《魔笛 (Die Zauberflöte)K620 − 序曲 僧侶の行進
 オペラ《フィガロの結婚 (Le nozze di Figaro)K492 − 序曲 行進曲 (第3幕フィナーレ)
 オペラ《コジ・ファン・トゥッテ (Così fan tutte)K588 − 序曲
 オペラ《ドン・ジョヴァンニ (Don Giovanni)K527 − 序曲
 バレエ《レ・プティ・リアン (Les petits riens)KAhn10/299b
 ジングシュピール《後宮からの誘拐 (Die Entfuhrüng aus dem Serail)K384 − 序曲
 音楽つき喜劇《劇場支配人 (Der Schauspieldirektor)K486 − 序曲
 オペラ《ポントの王ミトリダーテ (Mitridate, rè di Ponto)K87/74a − 序曲 行進曲 (第1幕第10曲)
 オペラ《イドメネオ (Idomeneo)K366 − 序曲 行進曲 (第3幕第7曲) パスピエ
 ジングシュピール《バスティアンとバスティエンヌ (Bastien und Bastienne)K50/46b − 序奏
  ノルウェー国立オペラ管弦楽団 リナルド・アレッサンドリーニ (指揮)
 [録音 20085月]

2008412日、オスロの新しいオペラハウスがこけら落としを迎えました。オスロフィヨルドのピーペル湾に面したビョルヴィーカ地区。国立オペラの創設に奔走したソプラノ歌手ヒシュテン・フラグスター (キルステン・フラグスタート) に因み、所在地には Kirsten Flagstads pl.1 の地番がつけられています。国立オペラの新たな時代の始まりを記念。国立オペラのオーケストラをリナルド・アレッサンドリーニ Rinaldo Alessandrini (1960-) が指揮するモーツァルトのオペラとジングシュピールの管弦楽曲集が録音されました。

ノルウェー国立オペラ・ウェブサイト http://www.operaen.no/

ノルウェー大使館ウェブサイト http://www.norway.or.jp/news_events/2008/nyopera_2008.htm

Ondine ODE1152-2 フィンランド・ライフスタイルの四季 (Seasons of Finnish Lifestyle)
[春]
エルッキ・メラルティン (1875-1937)
 劇音楽 《眠れる森の美女 (Prinsessa Ruusunen)》組曲 作品22 − 蝶々のワルツ (Perhosvalssi)
  タンペレ・フィルハーモニック管弦楽団 レイフ・セーゲルスタム (指揮)
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 劇音楽《ペレアスとメリザンド (Pelléas et Mélisande)》 組曲 作品46 − 田園詩 (Pastorale)
  タピオラ・シンフォニエッタ トゥオマス・オッリラ=ハンニカイネン (指揮)
エイノユハニ・ラウタヴァーラ (1928-)
 ヴィジリア (Vigilia) (1971-72 rev.1996) − 祈りの詩編 (Avuksihuutopsalmi)
  フィンランド放送室内合唱団 ティモ・ヌオランネ (指揮)
オスカル・メリカント (1868-1924) リンゴの花 (Omenankukat) 作品53-1
  ヨルマ・ヒュンニネン (バリトン) イルッカ・パーナネン (ピアノ)
ジャン・シベリウス (1865-1957) 春はいそぎ過ぎゆく (Våren flyktar hastigt) 作品13-4
  ソイレ・イソコスキ (ソプラノ) ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 レイフ・セーゲルスタム (指揮)
[夏]
フィンランド民謡 美しい夏の夜だった (Ol' kaunis kesäilta)
  シニッカ・コンティオ (カンテレ) マッティ・コンティオ (カンテレ)
オスカル・メリカント (1868-1924) 夏の夜のワルツ (Kesäilta valssi) 作品1
  ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 レイフ・セーゲルスタム (指揮)
エルッキ・メラルティン (1875-1937) 森の小道をぶらついて (Minä metsän polkuja kuljen) 作品4-1
  ヨルマ・ヒュンニネン (バリトン) タンペレ・フィルハーモニック管弦楽団 ウルフ・セーデルブルム (指揮)
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 組曲 (Suite) ロ短調 作品117 − 田舎の景色 (Country-scenery) その夏に (In the Summer)
  ペッカ・クーシスト (ヴァイオリン、指揮) タピオラ・シンフォニエッタ
ヴァイノ・ライティオ (1891-1945) 
 ハメの夏景色 (Kesäkuvia Hämeestä) (1935) − 羊飼いの歌 (Paimenlaulu) 花の女王 (Kukkien kuningatar)
  タピオラ・シンフォニエッタ トゥオマス・オッリラ=ハンニカイネン (指揮)
[秋]
ジャン・シベリウス (1865-1957)
 劇音楽《テンペスト (Stormen)》組曲第1番 作品109-2 − 収穫をする男たち (The Harvesters) 情景 (Scène)
  ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 ライフ・セーゲルスタム (指揮)
タネリ・クーシスト (1905-1988) フィンランドの祈り (Suomalainen rukous)
  ソイレ・イソコスキ (ソプラノ) ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 ヨン・ストゥールゴールズ (指揮)
エイノユハニ・ラウタヴァーラ (1928-) 秋の庭 (Autumn gardens) (1999) − トランクウィッロ (Tranquillo)
  ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 ヴラディーミル・アシュケナージ (指揮)
トイヴォ・クーラ (1883-1918) 秋の想い (Syystunnelma) 作品2-1
  カリタ・マッティラ (ソプラノ) イルモ・ランタ (ピアノ)
ラッセ・モッテンソン (1934-) 九月の嵐 (Syyskuun myrsky)
  カリタ・マッティラ (ソプラノ) ユヴァスキュラ交響楽団 リク・ニエミ (指揮)
[冬]
レーヴィ・マデトヤ (1887-1947) 冬の月明かりの下 (Talvikuutamolla) 作品26-5
  ヘレナ・ユントゥネン (ソプラノ) グスタヴ・ユープシェーバカ (ピアノ)
ペッカ・ヤルカネン (1945-) クリスマスに神がこの世に (Jouluna Jumala syntyi)
  タピオラ合唱団 エルッキ・ポホヨラ (指揮)
アウリス・サッリネン (1935-) 冬はきびしく (Vintern var hård) 作品20-1
  タピオラ合唱団 タピオラ・シンフォニエッタ オスモ・ヴァンスカ (指揮)
セリム・パルムグレン (1878-1951)
 組曲《フィンランドの情景 (Kuvia Suomesta)》作品24 − そりの旅 (Rekimatka)
  ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 ライフ・セーゲルスタム (指揮)
ジャン・シベリウス (1865-1957) 三月の雪の上のダイアモンド (Demanten på marssnön) 作品36-6
  ソイレ・イソコスキ (ソプラノ) ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団 ライフ・セーゲルスタム (指揮)
ヘイッキ・サルマント (1939-) (アウヴォ・サルマント 編曲) 歌う雪 (Hanget soi)
  タピオラ合唱団 カリ・アラ=ポラネン (指揮) [英語・ドイツ語解説付]
 試聴盤

◇フィンランドと聞いてイメージされるのは森と湖、オーロラと雪景色。そして今、フィンランドは、世界市場で大きなシェアを占める Nokia の携帯電話や、優れた人材を育てる教育システムとともに語られます。そのフィンランドでは妻運びレース、蚊取り世界選手権、エアギター世界選手権、サウナ我慢大会、氷中水泳世界選手権といった風変わりなレースや選手権が行われ、CNN のニュースなどを通じて世界の人々に知られるようになりました。フィンランドの誇る先進技術や人々の憧れるデザインは、フィンランドの人たちのさまざまなライフスタイルと深くつながっていると言われます。四季折々の生活を撮ったフィンランド政府観光局提供の写真と、人々に親しまれるシベリウス、オスカル・メリカント、ラッセ・モッテンソンらの小品を収録したデジパックアルバム「フィンランド・ライフスタイルの四季」。コーヒーテーブルの上に置いておきたくなる1枚です。

Praga PRDDSD250257 SACD hybrid (Multichannel/stereo)
ベドジフ・スメタナ (1824-1884) 弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 《わが生涯より》
ジャン・シベリウス (1865-1957) 弦楽四重奏曲 ニ短調 作品56 《内なる声 (Voces intimae)
 アンダンテ・フェスティーヴォ (Andante Festivo) JS34a (弦楽四重奏のための)
  コチアン四重奏団 [録音 20094月]

 

リリース情報 − Jazz

Alba ABCD279 センプリーチェ (Semplice)
 デュオ・インプロヴィゼーション I (Duo Improvisation I) センプリーチェ (Semplice)
 ナルシス (Narcis) アンビエンス (Ambience) デュオ・インプロヴィゼーション II (Duo Improvisation II)
 パーツ (Parts) デュオ・インプロヴィゼーション III (Duo Improvisation III)
 Low Expectations デュオ・インプロヴィゼーション IV (Duo Improvisation IV)
 Colors In Orval デュオ・インプロヴィゼーション V (Duo Improvisation V)
  アキ・リッサネン (ピアノ) ロビン・ヴァーヘイエン (サクソフォーン)

◇アメリカのジャズ・サックス奏者、ロビン・ヴァーヘイエン Robin Verheyen とフィンランドのピアニスト、アキ・リッサネン Aki Rissanen の即興セッション。

Crystal Air Music CAR013 ベーリト・オプハイム − Song, trø lett på hjarta mitt (歌よ、心を踏むならやさしく)
 Song, trø lett på hjarta mitt (歌よ、心を踏むならやさしく) To Månar (ふたつの月)
 Til henne som sendte meg ei plate (レコードを送ってくれた彼女へ)
 Elvi burtanom fjorden (はるか向こうのフィヨルドの川)
 Kom ikkje med heile sanningi (真実のすべてを語らないで) Eit ord (ひとつの言葉)
 Me sigler ikkje same havet (わたしたちは違う海を行く) Stegi (階段)
 Kirsebartreet (サクランボの木) No syng det atter (ほら、また歌声が聞こえる) Skjer (岩礁)
 Vinternatt (冬の夜) Og eg var sørg (そして、わたしは悲しみ)
  ベーリト・オプハイム (ヴォーカル) ダーグ・アルネセン (ピアノ、キーボード)
  コーレ・オプハイム (ドラムズ、パーカッション) ビョルン・シェレミル (ベース)
  オラヴ・ダーレ (サクソフォーン、フルート)
 [録音 クリスタル・エア・スタジオ (ヴォス、ノルウェー)]
 [制作 ラーシュ・K・フーストフト  録音 イングヴェ・ホイラン、ラーシュ・K・フーストフト]
 試聴盤

◇「口で真似するスロッテル (Slåttar på tunga)(2L46) の民謡歌手ベーリト・オプハイム Berit Opheim (ベーリト・オプハイム・ヴェシュト Berit Opheim Versto) が、「ノルウェーの歌 (Norwegian Song)(Resonant Music RM17-2, RM20-2) のピアニスト、ダーグ・アルネセン Dag Arnesen らジャズミュージシャンと共演。オラヴ・H・ハウゲ Olav H. Hauge 作詞、ペール・インドレフース Per Indrehus 作曲の "心の歌" 13曲をヴォス Voss のクリスタル・エア・スタジオ Crystal Air Studio で録音しました。ヴォスは、ノルウェーでもっとも長く、深いとされるソグネフィヨルドのグドヴァンゲンに近い町。フィヨルドの空気そのままに、穏やかなセッションの行われたことが想像できるアルバムです。

dB Productions dBCD130 アンナ・ルンドクヴィスト・カルテット、クリスチャン・ハルボリ − Borderline Fiesta
 Not Meant to Be Are You Insane? Happy Time Restless Feet Paint Me a Picture Changing
 Surprising Refrain How to Walk Away
  アンナ・ルンドクヴィスト・カルテット
   アンナ・ルンドクヴィスト (ヴォーカル) ダニエル・フレーダル (ピアノ)
   マッティアス・グロンルース (ベース)  ヨン=エーリク・ビョーランゲ (ドラムズ)
  クリスチャン・ハルボリ (サックス)

Herman Records HJCD1038 Jazzin' BabiesLive in Holland
 Dippermouth Blues Snake Rag We Three Chattanooga Stomp Wrap Your Troubles in Dreams
 Oh! Baby My Heart Copenhagen
  Jazzin' Babies
 [録音 2008314日-15日 オランダ (ライヴ)]

Herman Records HJHDCD1040 SACD hybrid (Multichannel/stereo) Union Rhythm KingsA Hot Reunion
 At the Jazz Band Ball The Chant Doctor Blues The Love Nest Kansas City Stomps
 Keyhole Blues You Took Advantage of Me WA-DA-DA Rhythm King Jazz Me Blues
 The Pearls Chattanooga Stomp Royal Garden Blues Higginbotham Blues Black Bottom Stomp
  Union Rhythm Kings
 [録音 2008125日]

Hot Club Records HCRCD259 ルーセンベルグ・トリオ − Seresta
 There'll Never Be Another You All the Things You Are Wasso's Waltz
 Ou est-tu mon amour Les yeux noir On Green Dolphin Street Valse a Rosenthal
 Pent-up House Seresta Bossa Dorado Les feuille mortes
 Chega de saudade Nuages Georgia on My Mind Troublant bolero
 There Is No Greater Love When Day Is Done
 [Bonus tracks (previously unreleased)] There'll Never Be Another You (take 2)
  Misty La gitane Sophisticated Lady
  ルーセンベルグ・トリオ
   ストーケロ・ルーセンベルグ (ギター) ヌーシェ・ルーセンベルグ (ギター)
   ノニー・ルーセンベルグ (ベース)
 [録音 1989106日、112日]

Nor Wind Records NWD072 DVD-video Sketches of Spain/One Night at the Opera
ギル・エヴァンズ (作曲・編曲)
 Concierto de Aranjues (Adagio) (アランフェス協奏曲のアダージョ) (ホアキン・ロドリーゴ 曲)
 Will o' the Wisp (鬼火) (マヌエル・デ・ファリャ 曲) The Pan Piper Saeta Solea
  アルヴェ・ヘンリクセン (トランペット) ノルウェー・ウィンドアンサンブル マリア・シュナイダー (指揮)
 [収録 2008年 オペラハウス (オスロ)]
 [PAL All region 16:9 anamorphic DTS surround/PCM stereo Color]

◇ノルウェー・ウィンドアンサンブルの誕生は1734年。ノルウェー最古の音楽アンサンブルといわれます。このアンサンブルがアルヴェ・ヘンリクセン Arve Henriksen をソロイストに迎え、ギル・エヴァンズに学び共同作業も行ったマリア・シュナイダー Maria Schneider の指揮で録音したエヴァンズ作品集 "Sketches of Spain"2007年のリリース以来、ウィンドミュージックのファンとジャズファンを中心に支持されてきました。このプログラムを映像でも楽しめるよう、ノルウェー・ウィンドアンサンブルはDVDアルバムの制作を企画。オスロの新しいオペラハウスで録画が行われることになりました。オスロの新名所でのセッション。ミュージシャンたちの "対話" する情景が12台のカメラを使って収録されました。

Nor Wind Records NWD071 ノルウェー・ウィンドアンサンブル − Sketches of Spain
ギル・エヴァンズ (作曲・編曲)
 Concierto de Aranjues (Adagio) (アランフェス協奏曲のアダージョ) (ホアキン・ロドリーゴ 曲)
 Will o' the Wisp (鬼火) (マヌエル・デ・ファリャ 曲) The Pan Piper Saeta Solea
  アルヴェ・ヘンリクセン (トランペット) ノルウェー・ウィンドアンサンブル マリア・シュナイダー (指揮)
 [録音 2005915日 ハルデン学生連盟 (ハルデン、ノルウェー)]
 [録音 カイ・アンデシェン]
 試聴盤

NORCD NORCD0982/Ozella Music OZ025CD カール・セーグレム − NORSKjazz.no
 Portugalsong Nattsong Året Hallar Song for To Stengde Dører Lull Sein Song
  カール・セーグレム (テナーサックス) アンドレアス・ウルヴォ (ピアノ) シーグル・フーレ (ベース)
  ユーナス・ホウデン・シェーヴォーグ (ドラムズ、バーカッション)
 [録音 200891日-3日 スウェーデン]

Stunt Records STUCD08222 ストリング・スウィング (String Swing)Waiting for the Good Times
 Things Have Changed Pool And Darts No Difference Lady with the Braid
 I'm Glad There Is You Waiting for the Good Times Dragana Galic
 Comment Te Dire Adieu (さよならを教えて) You Fascinate Me So Hey Hey Hey  Jive
  ストリング・スウィング  アリス・カレリ (ヴォーカル)
   セーアン・シオムフェルト (Cメロディ・サクソフォーン) ヤコブ・フィッシャー (ギター)
   レーイン・フレンドーフ (エレクトリックギター) エヴァ・スキパー (ベース)
 [録音 20085月 コペンハーゲン]

◇コペンハーゲンのジャズバンド、ストリング・スウィング (String Swing)"Red Shoes" (STUCD01082)"Blue Hat" (STUCD01442) に次ぐアルバム。ボブ・ディラン (Things Have Changed)、ドリー・プレヴィン (Lady with the Braid)、フランソワーズ・アルディ (さよならを教えて)、ブロッサム・ディアリー (You Fascinate Me So)、ボビー・ダーリン (Jive) らの曲とセーアン・シオムフェルト Søren Siegumfeldt のオリジナル曲によるプログラム。

Stunt Records STUCD09042 tRIOAfter the Carnaval
 Esperando o Malta Nostalgia After the Carnaval Rainha do Mar Ao Mestre Cartola
 Yemanja Moto Continuo Tupizinho Sete Pétalas
  トマス・クラウセン (ピアノ、フェンダーローズ) セリア・マニェイロス (ギター、ヴォーカル、パーカッション)
  カルロス・マルタ (ソプラノサックス、フルート)
 [録音 20083月]

"Back to Basics" (STUCD07062) のリリカルでメロディアスな音楽が人気のデンマークのピアニスト、トマス・クラウセン Thomas Clausen、ブラジル出身のセリア・マニェイロス Celia Malheiros、マルチ管楽器奏者のカルロス・マルタ Carlos MaltatRIO が演奏するブラジル・コンテンポラリーアルバム。

Stunt Records STUCD09062 イェスパー・ティロ − Remembering Those Who Were
 Donna Lee When Sunny Gets Blue Ghost of a Chance Dindi Cherokee
 I Remember Clifford Moonlight Serenade Divertimento Remembering Those Who Were
  イェスパー・ティロ (テナーサックス、ソプラノサックス、クラリネット) オリヴィエ・アンテューヌ (ピアノ)
  ボー・スティフ (ベース) フランス・リフビェア (ドラムズ) オーレ・コック・ハンセン (編曲、指揮、ピアノ)
  ストリングズ
 [録音 20088月、10月 デンマーク]

◇デンマークのサックス奏者、イェスパー・ティロ Jesper Thilo、フランス・リフビェア Frands Rifbjerg、ボー・スティフ Bo Stief、そしてフランス出身のピアニスト、オリヴィエ・アンテューヌ Oliver Antunes のカルテットがチャーリー・パーカー、マーヴィン・フィッシャー、ヴィクター・ヤング、アントニオ・カルロス・ジョビン、レイ・ノーブル、ベニー・ゴルソン、グレン・ミラーのスタンダード曲とオーレ・コック・ハンセン Ole Kock Hansen の曲を演奏。ハンセンが編曲を行い、ストリングズの指揮とピアノも担当しています。

Zonic Entertainment ZEN2005 The Mar Vista PhilharmonicNo Forest Fire
 No Forest Fire Prison Bush Bitches Castle Here, Geroge
  The Mar Vista Philharmonic
   トミー・マーズ (キーボード) ブルース・ファウラー (トロンボーン)
   ウォルト・ファウラー (トランペット) カーク・マクゲトリック (バリトンサックス)
   ラリー・クライマス (ソプラノサックス) アーサー・バロウ (ベース) ヴィニー・コレイウタ (ドラムズ)
 [録音 2002822日 ロサンジェルス]

 

リリース情報 − Blues, Folk, Pop & World Music

Sundance SU9076-2 ウルリク・エルホルム (Ulrik Elholm)It All Comes Back to You
 When You're Alone It All Comes Back to You When You Go When I Hold You
 You Got It! I Don't Know Why Innocence For Sale Been Around Time Ash
  ウルリク・エルホルム (ヴォーカル) クリストファー・メラー (ピアノ) アスケ・ヤコビ (ギター)
  カスパー・テーエル (ベース) クリス・ミン・ドーキ (ベース) ヨーナス・ヨハンセン (ドラムズ)
  カーティス・スティガーズ (テナーサックス) ヘンリク・ダム・トムセン (チェロ)
  ヤン・リスダール (バッキングヴォーカル、ギター)

◇デンマークのシンガーソングライター、ウルリク・エルホルム Ulrik Elholm のファーストアルバム。彼は、フランク・シナトラ、ノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラール、エラ・フィッツジェラルドらアメリカのシンガーとイギリスのプログレッシヴ・ロックバンド、ピンク・フロイドの音楽を聴いて育ったといわれます。ベーシストのクリス・ミン・ドーキ Chris Minh Doky、デンマーク国立交響楽団首席チェリストのヘンリク・ダム・トムセン Henrik Dam Thomsen、そしてアメリカのジャズミュージシャン、カーティス・スティガーズ Curtis Stigers がセッションに参加しています。

Ocora (France) C56 0225 Between triol and sextondel − ニッケルハルパのための音楽
  さまざまのミュージシャン

◇スウェーデン伝統のキーフィドル、ニッケルハルパのソロ。ニッケルハルパにハーモニカ、フルート、ギターを加えたデュオ、トリオ、クインテット。北から南、東から西、スウェーデン各地のミュージシャンたちが演奏する三連符 (triol) と十六分音符 (sextondel) のポルスカが収録されています。


HOME

© Nordic Sound Hiroshima

CD Artwork © Acte Prealable (Poland), Arthaus Musik (Germany), BIS, dB Productions (Sweden), Crystal Air Music, Nor Wind Records/Norwegia Wind Ensemble, NORCD (Norway), Danacord, Sundance Music (Denmark), naïve, Ocora/Radio France (France), Ondine (Finland)