Newsletter No.56   15 June 2003

 

リリース情報

BIS CD917 ヴァウン・ホルムボー (1909-1996)
 室内協奏曲第8番 作品38 《協奏交響曲 (Sinfonia Concertante)(1945) (管弦楽のための)
 室内協奏曲第10番 作品40 (1945-46) (木管、金管、弦と管弦楽のための)
 陽気で真摯な協奏曲 作品132 バレエ組曲《怒りっぽいトルコ人》 作品32b
  オルボー交響楽団 オーウェイン・アーウェル・ヒューズ (指揮)

BIS CD1113/4 2CD's JS・バッハ (1685-1750) フランス組曲 BWV812-817
 組曲 イ短調 BWV818a 組曲 変ホ長調 BWV819a
  鈴木雅明 (ハープシコード)

BIS CD1116 エンリケ・グラナドス (1867-1916) (アンデシュ・ミオリン 編曲)
 スペイン舞曲集 作品37 (全12曲)
  アンデシュ・ミオリン (10弦ギター)

BIS CD1244 ニコス・スカルコッタス (1904-1949) 室内楽作品集
 2つのヴァイオリンのための協奏曲 オーボエ、トランペット、バスーンとピアノのための四重奏曲
 オーボエとピアノのための小協奏曲 トランペットとピアノのための小協奏曲
 タンゴとフォックストロット (オーボエ、トランペット、バスーンとピアノのための)
 協奏的ソナタ (バスーンとピアノのための)
  千々岩英一 (ヴァイオリン) ニーナ・ジンバリスト (ヴァイオリン)
  アレクセイ・オグリンチュク (オーボエ) エリーク・オービエ (トランペット)
  マルク・トレネル (バスーン) ニコラオス・サマルタノス (ピアノ) フリストフ・シロドー (ピアノ)

BIS CD1247 アレクサンドル・チェレプニン (1899-1977) ピアノ協奏曲第2番 作品26
 ピアノ協奏曲第4番 作品78 《幻想曲》 交響的祈り 作品93 偉大なる聖母 作品41
  小川典子 (ピアノ) シンガポール交響楽団 ラン・シュイ (指揮)

BIS CD1260 セルゲイ・プロコフィエフ (1891-1953) ピアノ作品集
 ピアノソナタ第1番 ヘ短調 作品1 ピアノソナタ第6番 イ長調 作品82
 ピアノソナタ第7番 変ロ長調 作品83 トッカータ ハ長調 作品11 練習曲 ホ短調 作品2-1
  フレディ・ケンプ (ピアノ)

BIS SACD1291 SACD hybrid (Multichannel/stereo) エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 管弦楽作品集第2
 ノルウェー舞曲 (Norske danser) 作品35 (ハンス・ジット 編曲)
 交響的舞曲 (Symfoniske danser) 作品64 抒情組曲 (Lyrische Suite) 作品54
  ベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団 オーレ・クリスチャン・ルード (指揮)

BIS CD1293/94 3CD's for price of 2 ヨーゼフ・ハイドン (1732-1809) キーボードソナタ全集 第9
 ソナタ第1番 ト長調 HobXVI/8 第2番 ハ長調 HobXVI/7 第3番 ヘ長調 HobXVI/9
 第4番 ト長調 HobXVI/G.1 第5番 ト長調 HobXVI/11 第6番 ニ長調 HobXVI/10
 第7番 ニ長調 HobXVI/D.1 第8番 イ長調 HobXVI/5 第9番 ニ長調 HobXVI/4
 第10番 ハ長調 HobXVI/1 第11番 変ロ長調 HobXVI/2 第12番 イ長調 HobXVI/12
 第13番 ト長調 HobXVI/6 第14番 ハ長調 HobXVI/3 第15番 ホ長調 HobXVI/13
 第16番 ニ長調 HobXVI/14 第17番 変ホ長調 第18番 変ホ長調
 第19番 ホ短調 HobXVI/47 第20番 変ロ長調 HobXVI/18
  ロナルド・ブラウティハム (フォルテピアノ) 

Finlandia 0927-49774-2 2CD's ジャン・シベリウス (1865-1957) アカペラ男声合唱のための作品全集
 6つの合唱曲 作品18
  そこなわれた声 (Sortunut ääni) ごきげんよう、月よ (Terve kuu) 舟の旅 (Venematka)
  島の火 (Saarela palaa) きこりの歌 (Metsämiehen laulu) わが心の歌 (Sydämeni laulu)
 流れをとめろ、泡立つ滝よ (Heitä, koski kuohuminen) (1893) *
 恋するもの (Rakastava) 作品14
  どこにいるのか、私の大切な人よ (Missä armahani?)
  愛するものの小径 (Armahan kulku) こんばんは、わたしの小鳥よ (Hyvää iltta, lintuseni)
  手を首にまわして、わたしの小鳥よ (Käsi kaulaan, lintuseni)
 歌の力 (Laulun mahti) (1895) * 朝靄の中で (Aamusmussa) (1896) *
 1896525日 (賛歌)「苦しみの世界に生まれたもう」 (25.V.1895 (Hymn) "Natus in curas")
  作品21 (21-2)
 響け、神への栄誉を讃えて (Soi kiitokseksi Luojan) 作品23-6a *
 風よ、やさしく吹いておくれ (Tuule, tuuli leppe mmin) 作品23-6b *
 月明かりの下で (Kuutamolla) (1898) つぐみが働くとき (Min rastas raataa) (1898) *
 祖国に (Isänmaalle) (1899 rev.1900/08) * 雪は深く積もり (On hanget korkeat) 作品1-5 *
 わが兄弟は異国の地に (Veljeni vierailla mailla) (1904)
 おまえに勇気があるか (Har du mod?) 作品31-2 *
 嘆くなかれ (アルベルト・エーデルフェルトの思い出に 1905824日)
  (Ej med klagen) (Till minnet av Albert Edelfelt 24.8.1905) (1905)
 栄誉はいらない (En etsi valtaa, loistoa) 作品1-4 *
 ウースマーの人々の歌 (Uusmaalaisten laulu) (1912) *
 5つの合唱曲 作品84
  ラーゲル氏と美しい娘 (Herr Lager och skön fager) 山の上で (På berget)
  夢のハーモニー (Ett drömackord) 永遠の愛 (Evige eros) 海へ (Till havs)

 フリードリンの愚行 (Fridolins dårskap) (1917)
 うなる波が押し寄せ (Brudande rusar en våg) (1918)
 外の嵐の音が (Ute hörs stormen) (1918) ヨナの航海 (Jone havsfärd) (1918)
 ヴィープリのラウル・ヴェイコット男声合唱団の栄誉行進曲
  (Viipurin Laulu-Veikkojen kunniamarssi) (1920) *
 肖像 (Likhet) (1922)
 2つの合唱曲 作品108
  ユモレスク (Humoreski) 遠い道を行く旅人たち (Ne pitkän matkan kulkijat)
 橋の警備兵 (Siltavahati) (1928)
 ヴィープリのラウル・ヴェイコット男声合唱団の栄誉行進曲
  (Viipurin Laulu-Veikkojen kunniamarssi) (1929)
 フィンランディア讃歌 (Finlandia-hymni) (1940)
  ヘルシンキ大学男声合唱団 (YL) マッティ・ヒュオッキ (指揮) [* 男声合唱版初録音]

◇ヘルシンキ大学男声合唱団 (YL) (Ylioppilaskunnan Laulajat)2003年春、創設120周年を迎える。それを記念して、シベリウスのアカペラ男声合唱のための作品を再録音した。1985年の録音 (Finlandia 4509-95849-2) の後に見つかった曲も会わせ、12曲はこれが初めてのCD録音。《歌の力》はヤセプス・ヴィートル Jazeps Wihtol の曲のシベリウスによる編曲。それぞれ1920年と1929年に作曲された《ヴィープリのラウル・ヴェイコット男声合唱団の栄誉行進曲》 は、まったく別の曲。1920年の作品は前回の録音の際には発見されていなかった。混声合唱などのための曲をシベリウス以外の作曲家が編曲した曲は、いずれもシベリウスにより承認されたもの。[Finlandia プレスシートによる]

Finlandia 2564-60346-2 エストニアの前奏曲
マルト・サール (1882-1963) 前奏曲 (28曲)
エドゥアルド・トゥビン (1905-1982)
 2つの前奏曲 ETW30 (1928)
  コン・カルマ (変ロ短調) (第1番) モデラート、コンエスプレッシオーネ (ヘ短調)
 3つの前奏曲 ETW33 (1934-35)
  モデラート・ソステヌート、エスプレシーヴォ (ヘ短調) (第2番)
  エストニアの調べ (Eesti viis) (ハ長調) (第3番) ある瞬間 (Hetk) (ホ短調)
 前奏曲 ニ長調 ETW36 (1937) 前奏曲 ETW42 (1949)
 7つの前奏曲 ETW46 (1976)
  モデラート・ソステヌート (第4番) アレグレット・モデラート (第5番)
  アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ (第6番) レント・モデラート (第7番)
  エストニアの調べ (Eesti viis) (第8番) ヴァルス・モルト・レント (第9番)
  シャコンヌ (Chaconne) (第10番)
  ヴァルド・ルメセン (ピアノ)

◇マルト・サール Mart Saar (1882-1963) はエストニア、ヒュッパッサーレ Hüpassaare の生まれ。サンクトペテルブルク音楽院でリムスキー=コルサコフに作曲を学んだ。音楽院ではオルガン、後にピアノ演奏も学び、彼のピアノ作品には、ピアニストとして卓越した才能が強く反映している。彼がピアノのための書いた前奏曲は、エストニアのピアノ音楽のもっとも重要な業績に数えられる。前奏曲は、1905年から1940年まで、彼の生涯を通じて作曲された。かなりの数を書いたとされるが、1921年、自宅火災に際に、彼の他のピアノ曲といっしょに消失。28曲だけが現存する。ショパンやドビュッシーの前奏曲が手本となっているものの、独自の魅力をもった作品群。1974年、ヴァルド・ルメセン Vardo Rumessen (b.1942) により、タリン劇場音楽博物館ではじめて一般に演奏された。この録音は、手稿譜と初期の印刷譜を基に、1971年、ルメセンが校訂したサールのピアノ作品全集第1巻による。

 エストニアに生まれ、1944年にスウェーデンに亡命したエドゥアルド・トゥビン Eduard Tubin (1905-1982) は、10曲 (完成したもの) の交響曲をはじめとする規模の大きな音楽で人気が高い。前奏曲は、トゥビンが折々の気分を簡潔な形式の中にまとめることのできる才能を示した曲として、彼の作品群のなかでも重要。エストニア民謡による変奏曲という形式をとった《モデラート、コンエスプレッシオーネ》 (ETW30-2) が、前奏曲というジャンルの音楽としてはユニーク。

トゥビンはマルト・サールの音楽を敬愛しており、《マルト・サールの主題によるシャコンヌ形式のバラード (Ballade en forme de chaconne sur un thème de Mart Saar)(1945) (合唱曲「苔むした7つの墓」が主題) というピアノ作品を、彼へのオマージュとして作曲した。

 マルト・サールの曲はほとんどが初録音。トゥビンは、ルメセンによるピアノ作品全集 (BIS CD414/416) でも演奏されていたが、今回、ルメセンが手稿譜と以前の出版譜を基に校訂、 全14曲がまとめて出版されたのを機に、あらためて録音された。[注 ETW 番号は、ルメセンが中心になって作成しているトゥビン全作品のカタログ番号。各曲のカッコ内の番号はトゥビンが《10の前奏曲 (10 prelüüdi)》 として、まとめた際の番号] [Finlandia プレスシート、Eduard Tubin: Prelüüdi (Nordiska Musikförlaget, 2002) による]

Nytorp Musik Nytorp 6 四季の歌 (Songs in Season)
フェリクス・メンデルスゾーン (1809-1847) 春の歌 (Frühlingslied) 作品34-3
エドヴァルド・グリーグ (1843-1907) 春 (Våren) 作品33-2
オットリーノ・レスピーギ (1879-1936) 庭 (Il Giardino) (庭にて (Nel Giardino))
スタファン・ストルム (b.1964)
 ユールゴーデンの春 (Våren på Djurgården) − ソロマドリガル (Solomadrigal)
アーロン・コープランド (1900-1900) 自然、それは優しい母 (Nature, the Gentlest Mother)
シャルル・ケクラン (1867-1950) 夏 (L'été)
グスタフ・マーラー (1860-1911) 夏に鳥はかわり (Ablösung im Sommer)
ハンス・ゲフォーシュ (b.1952) 以前の夏 (Förra sommarn)
フランツ・シュレーカー (1878-1934) これほどまで美しい日々 (Sie sind so schön)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924) 秋 (Automne) 作品18-3
フェレンツ・リスト (1811-1886) 風はそよぐ (Es rauschen die Winde)
カタリーナ・バックマン (b.1961) ◯ (Unquiet)
ジェラルド・フィンジ (1901-1956) 夏を待ち、夏が終わり (Before and After Summer) 作品16-2
ジャン・シベリウス (1865-1957) アリオーゾ (Arioso) 作品3
ピョートル・チャイコフスキー (1840-1893) 冬の夕べ (Winterabend) 作品54-7
トマス・イェンネフェルト (b.1954) 結氷 (Isarna)
  マレーナ・エルンマン (メッツォソプラノ) フランシスカ・スクーグ (ピアノ)
  [録音 200218日−11日 スウェーデン放送局第2スタジオ]
  [制作 マッツ・ローヴィング 録音 ハンス・ラーション]

1998年、ストックホルムの王立オペラ公演のスヴェン=ダーヴィド・サンドストレムのオペラ《都会 (Staden)》 とロッシーニの《セヴィリャの理髪師》 (ロジーナ) での大成功をきっかけに、ベルリン、パリ、ロンドンなど、ヨーロッパ各地の舞台に立つようになった、スウェーデンのメッツォソプラノ、マレーナ・エルンマン Malena Ernman (b.1970)。同じ1998年にストックホルムで “ソロイスト賞 (Solistpriset)” を受け、その後録音したプロコフィエフ、ラヴェル、バルトーク (Caprice CAP21594) とブラームス (Nytorp Musik Nytorp5)CDが好評のスウェーデンのピアニスト、フランシスカ・スクーグ Francisca Skoogh (b.1973)。このふたりが共演する初めてのディスクは、四季折々の歌を4曲ずつ歌ったコンセプトアルバム。各季節の最後の曲は、このアルバムのために、スウェーデンの作曲家4人 −− スタファン・ストルム Staffan Storm (b.1964)、ハンス・ゲフォーシュ Hans Gefors (b.1952)、カタリーナ・バックマン Catharina Backman (b.1961)、トマス・イェンネフェルト Thomas Jennefelt (b.1954) −− に委嘱された。ふたりのアーティストのそれぞれの季節への想いにじっくりと耳を傾けたいアルバム。スウェーデン語解説と原詞、英語解説と訳詞、それぞれを2冊のブックレットに分けてデジパックに収めたデザイン。

Smekkleysa SMK27 レイヴル・ソウラリンソン (1934-1998) 最後に探求したもの
 キプロスにて (Á Kýpros) (レイキャヴィーク室内管弦楽団のための協奏曲)
 Rent (1976) (弦楽オーケストラのための)
 わが心の春 (Vor hjarta mínu) (12人の奏者のための室内協奏曲)
 「家」の夢 (Draumur um "Húsið") (ハープと弦楽オーケストラのための間奏曲)
 Angelus Domini (メッツォソプラノと室内管弦楽のための)
 Styr − ノットゥルノ・カプリッチョーゾ (Notturno Capriccioso) (ピアノと室内管弦楽のための協奏曲)
  グヴズルーン・エッダ・グンナルスドウッティル (メッツォソプラノ)
  アンナ・グヴズニー・グヴズムンスドウッティル (ピアノ) レイキャヴィーク室内管弦楽団
  ベルンハルズル・ヴィルキンソン (指揮)

◇レイヴル・ソウラリンソン Leifur Þórarinsson (1934-1998) が室内オーケストラのために書いた作品を集めたディスク。《Rent》はレイヴルがコペンハーゲンに住んでいた時代の作品。NOMUS (北欧音楽委員会) がスウェーデン室内管弦楽団のために委嘱した。タイトルは、当時のレイヴルの逼迫した家計事情 −− 家賃 −− と超過利潤 の意味を重ね合わせたと言われる。《「家」の夢 (Draumur um "Húsið")》は構想されながら実現しなかったオペラ《家 (Húsið)》のための断片から作られた。いろいろにイメージされた夢が連なる、ふしぎな柔らかさをもった音楽。

 

リリース情報 − Jazz

Trumpet Jungle Records TJ2 Just Friends (ジャスト・フレンズ)
 
You got it (ユー・ゴット・イット) Cipriana Ceora Night in Tunisia (チュニジアの夜)
 Naima (ネイマ) Groovin Hard (グルーヴィン・ハード) Strollin (ストローリン)
 Waltz for Debby (ワルツ・フォー・デビー) Just Friends (ジャスト・フレンズ)
  トランペット・ジャングル  フランク・ブルダール (トランペット) ビルギット・シュース (トランペット)
   マリウス・ハルトリ (トランペット) エクハルト・バウアー (トランペット)
  ハルグリム・ブラトベルグ (ギター) エヴェン・スカテルード・アンデシェン (トロンボーン)
  ニルス・ヤンセン (サクソフォーン)


HOME

© Nordic Sound Hiroshima

CD artwork © BIS, Nytorp Musik (Sweden), Smekkleysa (Iceland)