生活の中に北欧の音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

RELEASE INFO 

『Eskapist(現実逃避者)』 


バレエ振付のフロントランナーのひとり、アレクサンデル・エークマンと作曲家ミケール・カールソンのコラボレーションによるバレエ『現実逃避者』。2019年、王立スウェーデン・バレエが初演し、「見たことも聞いたこともなければ、考えもしなかったことでいっぱい」と、話題に挙がった作品です。

詳しくはこちら

『ペール・ギュント』 


グリーグの付随音楽で初演されたイプセンの劇詩『ペール・ギュント』による「バレエ」。マリボル・バレエの監督を務めるエドワード・クルーグが台本と振付を担当した舞台を2018年、ウィーン国立バレエが再演しました。グリーグの付随音楽をベースに、さまざまなダンスを組み合わせた振付によって物語が展開して行きます。

詳しくはこちら

『マンテュヤルヴィの合唱音楽』 


ケンブリッジ・トリニティ・カレッジ合唱団と音楽監督スティーヴン・レイトンの新作。《4つのシェイクスピアの歌》や《シュード・ヨイク(ヨイクに似せて)》で知られるフィンランドのヤーコ・マンテュヤルヴィに彼らが委嘱した《トリニティ・サーヴィス(三位一体の礼拝)》をメインに据えたプログラム。

詳しくはこちら

『ピーター・グライムズ』


ベルゲン・フィルハーモニックと首席指揮者ガードナーによるブリテンの《ピーター・グライムズ》。スチュアート・スケルトンがタイトルロールを歌った公演は、2017年のベルゲンとエディンバラの国際フェスティヴァルで好評を博し、2019年、ベルゲン国立オペラで再演されました。グリーグホールでのセッション録音です。

詳しくはこちら
 ページの先頭へ


MENU

ページの先頭へ

Our Selects


 
"Our Select" は、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムです。このコーナーに "Our Select" のディスクをまとめました。

LinkIcon"Our Select" のコーナー

Choice


  
契約しているディストリビュータの取り扱いレーベルからリリースされる「北欧」以外のおもしろそうなアルバムを "Choice" として紹介しています。"Choice" のディスクをまとめたコーナーです。

LinkIcon"Choice" のコーナー

LINK

















LinkIconMore


営業時間 11:00 – 20:00 

〒730-0016
広島市中区幟町14-2
ウエセン幟町 401 

PHONE 082-502-9600

8月の定休日 

  
  8月5日(水曜)
  8月19日(水曜)  

       We are closed on
         Wednesdays
         August 5 and 19

学生価格

  
  学生証をご提示ください。
  表示の本体価格から10%割引
  いたします。 

ページの先頭へ