生活の中に北欧の音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

Release Info

『Moya』 


モザンビーク生まれ、ノルウェーを本拠に活動するイヴァン・マズゼのアルバム第2作。霊的な意味の「魂、風」と訳されるツォンガ語のタイトル。アフリカとインドの伝統音楽のメロディとリズムに基づいた曲を中心にした「ソウル・ミュージック」のアルバム。

詳しくはこちら

『ラヴェル ピアノ独奏曲全集』 


ノルウェーのホーコン・アウストボーの新作。現代音楽を主なレパートリーとする彼が、ラヴェルの音楽の「解けない謎」を「70歳の今」の視点から演奏。楽器は1893年製のスタインウェイ。アルネ・アクセルベルグが共同制作と録音を担当しています。 Our Select

詳しくはこちら

『カレヴィ・アホ 金管楽器のための協奏曲』 


ヨルゲン・ファン・ライエンが個人委嘱、トロンボーンの可能性と彼の技巧と個性を投影した《トロンボーン協奏曲》。ウィンドオーケストラのテクスチュアとハーモニックスを活かした美しい《トランペット協奏曲》。

詳しくはこちら

『フィンランド悲歌(A Finnish Elegy)』 


ユハ・カンガスとオストロボスニア室内管弦楽団のノルドグレン・シリーズ。荒々しく、暗く、悲劇的な《ヴァイオリン協奏曲第4番》。「岩に刻んだ音楽ファンタジー」《ロック・スコア》。メランコリックで優しい気分が基調の《ホルン協奏曲》。

詳しくはこちら
 ページの先頭へ


MENU

ページの先頭へ

Our Selects


 
"Our Select" は、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムです。このコーナーに "Our Select" のディスクをまとめました。

LinkIcon"Our Select" のコーナー

Choice


  
契約しているディストリビュータの取り扱いレーベルからリリースされる「北欧」以外のおもしろそうなアルバムを "Choice" として紹介しています。"Choice" のディスクをまとめたコーナーです。

LinkIcon"Choice" のコーナー

LINK

















LinkIconMore