生活の中に北欧音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

Release Info

 

J・S・バッハ、ギター編曲作品集 第2集


フィンランドのギタリスト、イスモ・エスケリネンが、自身の編曲で演奏するJ・S・バッハの作品集。第2集のプログラムは、ハ短調とホ短調のリュート組曲、《前奏曲、フーガとアレグロ》、コラール「目覚めよと呼ぶ声あり」。

詳しくはこちら

『イギリス弦楽音楽のお気に入り』


[Our Select オストロボスニア室内管弦楽団と首席指揮者サカリ・オラモのセカンド・アルバム。ブリテンの《フランク・ブリッジの主題による変奏曲エルガーの《セレナード》とフィンジの《ロマンス》、ブリッジの「主題」と《2つの古いイギリスの歌》。

詳しくはこちら

『瞑想』


アイスランド、ハトルグリーム教会の「諸聖人の祝日」と「死者の日」に歌われるアカペラ合唱曲。マクミラン、タヴナー、ローリドセンとウィテカー、エシェンヴァルズ、ペルト、そしてアイスランドの作曲家の作品を、レイキャヴィーク・スコラ・カントルムが録音。

詳しくはこちら

室内オペラ《両性具有者》


ノルウェーを代表する作曲家のひとり、トンメセンの《両性具有者》。『マルコによる秘密の福音書』、ロートレアモン、D・H・ロレンスの作品をテクストに採り、人のセクシャリティ(性的指向)の目覚めを寓意物語のうちに語る「バレエ・オペラ」。

詳しくはこちら
ページの先頭へ


ページの先頭へ

MENU

ページの先頭へ

Our Selects




毎月リリースされるディスクの中から、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムを選んで“Our Select”としました。このコーナーでは“Our Select”のディスクをまとめて紹介しています。

LinkIcon“Our Select” のコーナー

 

Choice




ノルディックサウンド広島が契約している輸入会社の取り扱いレーベルからは「北欧」以外にも興味深いアルバムがリリースされています。このコーナーでは、特におもしろいディスクを選んで紹介します。

LinkIcon“Choice” のコーナー

LINK

















LinkIconMore